保守系が見るとスカッとする番組

私は自分では保守系の中道だと思っているんですが、実際はどうなんでしょうね。自分の定規で自分を測れば、自分がちょうどよいと思うのは当たり前で、他人から見ると右に見えたり、左に見えたりするんでしょうね。

私としては日本は完全な左寄りになっていると思っていて、自民党でさえもそう。そういう意味で安倍総理の誕生は非常に嬉しいと思っています。安倍氏が完璧だなんてことはもちろんあり得ませんが、他に誰が居る?と見渡してみると誰もいない。

言論の世界では保守系の人はそれなりにいて、私から見ると「まとも」に見えます。

でもそういう人たちの意見や解説を聞くのは実は簡単ではないんですね。反日と言えるような報道、番組はいくらでも巷にあふれていますが、保守系でそういうのは産経新聞か、あの大川隆法氏が率いる宗教団体ぐらいか。

ところがですね、いつの頃からか面白いインターネット番組が始まっています。これに関して多分このブログで紹介したことはありませんが、毎日保守系の論客が出て「メディアには乗らない言いたい放題」の番組があります。これのスポンサーはあの化粧品などで大躍進しているDHCなのですが、今日、紹介する番組はなるほどと思いつつ笑えて非常に面白かったので紹介しようと思います。

皆さん、ケントギルバート氏はご存知ですよね。彼が最近、いささか今の現状に頭が来たようで、活発な活動を開始したんですね。ご自分のフェイスブックで日本語・英語で発信をしていますし、保守系のメディアに登場する機会が増えてきました。彼の韓国・中国、そして日本の左派批判は的を得ていて、アメリカ人が、そして影響力がある彼がそうであるのは非常に嬉しいし、話を聞いているとスカっとします。(笑)

虎ノ門ニュースという番組で、時間もたっぷりで地上波では言えないことを言ってくれという番組で、日替わりでコメンテーターが変わりますが、テレビによく出て来る人たちでもテレビでは言えないことをガンガン話すので本当に面白いと思います。

出来ることなら左派の人たちが彼らの言い分にどう反論するのかを聞いてみたい。

1.5倍速で聞いても十分聞き取れるはず。

こういう番組が増えると良いのだけれど、でもどうしてテレビも新聞も左寄りなんでしょうか。ほんとうに不思議です。

私としてはGHQによる洗脳が大きく関係していると思いますが、日本人の性格がぴったり合っているような気がしています。原理原則が好きで、たとえば「戦争はダメ」となると集団的自衛権から自衛隊、日の丸や国歌まで「戦争のイメージに繋がるもの」を全否定する。また確かに大東亜戦争後日本は戦争に巻き込まれることはありませんでしたが、「平和は簡単に手に入る」と考えているフシがあるのを感じます。「望めば手に入る」と。平和平和と叫ぶ割には憲法違反の自衛隊は認め、前線で戦わないにしても後援やお金の支援は平気でする。こういうのを私は「嘘つき」だと思うわけです。

理想論としては「世界がそうなれば良いねぇ」とは思いますが、その理想論を自国の政府にぶつけるのではなくて、中国やシリア、あるいはチベットやウイグルに言って雄弁を振るってきて欲しいと切に願っています。

正直な所、私はシールズのあの青年が言ったことは許せないのです。いや、誰が何を考え、何を主張しようと勝手なのですが、ああいう頭の周りにチョウチョが飛んでいるような理想論を現実の政治に持ち込もうとする若者を作り上げた環境に腹が立ちます。民主党なんてその最たるもので、純粋な人たちを政治的に利用するばかりで、では筋の通った主張、代案があるかというとそれもない。そういう意味では私は共産党の方が筋が通っていると思うくらい。

---------(後記)-----------

今日の放送も面白かった~。青山繁晴氏と日本に帰化した元中国人の石平氏。絶対に地上波に出てこない話が出てきます。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

保守系が見るとスカッとする番組” への4件のコメント

  1. これもおもしろいですが、KAZUYAチャンネルというのもおもしろいです。
    毎日3分程度更新されてるんですが、チャンネル登録が30万件以上になった人気番組です。

    • KAZUYAチャンネルも見てますよ~。(笑)

      ただ最近、彼が他のチャンネルで対談方式のちょっと長めのをやっているんですが、ああやって長い話を聞いているとやっぱりKAZUYA君はKAZUYA君でしか無くて、考え、読みが浅いと思いました。

      ある動画には「そんな居酒屋で仲間内で話をして憂さを晴らすような内容ばかりでどうするつもり?」と嫌味コメントを書いてやりました。

      でもま、保守思想を広げる意味での彼の活躍は素晴らしいし、最近各地での講演も増えているようで応援はしています。

  2. daboさんこんばんはー!

    いやー面白いですねぇこの番組。ケントさんが中二病まで知ってるとはw
    韓国は中二病ってw それにしても完全に未熟、子供扱いでしたね韓国に対しては。

    『平和平和と叫ぶ割には憲法違反の自衛隊は認め、前線で戦わないにしても後援やお金の支援は平気でする。こういうのを私は「嘘つき」だと思うわけです。』
    この部分に関して先日日本から友人が来ていて、彼女がやはり反安倍の9条守れ、守れば戦争に巻き込まれないという理想主義者だったんですが、私も同じようなことを言ったんです。
    今までだってイラクやらアフガンやらでドンパチやってる裏で、コーホーシエンという名のもとに武器や兵器、レーダーなどの整備や修理を行ったり、これから爆撃に行く戦闘機に給油したりしているのは戦争じゃないのかって。すでに戦争に加担していて、今回の安保法案だけがなぜ戦争法案なのか?って。今までだって厳密には憲法違反であって、グレーゾーンで、解釈の拡大でここまで来ていて、グレー度合いが少し濃くなったくらいにしか私には見えないって言ったんですよ。結局彼女としては今までも憲法違反だから今回こそは必ず止めなきゃいけないって。絶対戦争はダメ、と。でも私も戦争は絶対ダメって思ってるし、そのためには力の均衡が必要だって言うと、いや、日本は武装放棄すべきだと。このとき私ヨハネスブルグかなんかのゲトーで完全に丸腰でノーテンキに歩いてる彼女の姿を想像しちゃってもうドキドキしちゃいましたよ。
    どうして日本だけ丸腰にしようとするのか私には訳が分かりません・・・。同時に中国や北朝鮮はもちろん世界中の国やテロ集団も含めて武器放棄または軍事削減を叫ばないといけないと思うのですが・・・。まあ日本よりも軍事削減しなければ力の均衡を保てないような国の方が多いと思いますが。

    • は~~い、こんばんは~~。って朝ですが。(笑)

      女性が理屈抜きで暴力を否定するのはもう本能だからしょうがないと思うしか無いと思ってます。安全第一で物事を考えるのも。なぜ世界中の国々で歴史的にはなが~~~~~~~~い間、参政権を与えなかったのかわかりますねぇ。(笑)

      家や車に鍵もかけずに放置することが出来るのか?ここですよねぇ。でも「鍵は良いのよ、泥棒に暴力を振るってはダメ」ってことなんでしょうけど、武力が鍵の役目をするってのが理解できないんでしょうね。

      もちろん軍備拡張に走れば国は滅ぶのはわかりきっていますが、左手で武器を持って右手で握手をしながら「武力の削減をしよう」って話し合うのが世の中で、素手で「やめて~~~~~」って言えばどうにかなると思うのでしょうか。

      私の親の世代は女性でも「一度戦争に負けたぐらいでジタバタするな!」と男に発破を掛けるのもいたようですが、やっぱり平和ボケなんでしょうね。また子どもたちも「喧嘩は絶対にしちゃだめよ」「は~~~い」の中で育つからシールズみたいになるんでしょう。

      そういう人も同じ一票を持っていて、政治家にもなれるって良いことなのか悪いことなのかわからなくなります。民主主義とは戦って勝ち取るものだという歴史も意識もないからなんですかね。

      この日本の甘さを海外が利用して情報戦を仕掛けてくるのがどうにも我慢できません。

      たまにケント氏の発言を聞いてスカッとしないと・・・。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です