ヨーグルト:ヤクルト密造計画に変更

ヨーグルトを作るようになってからどの位経ちましたかね。

最初はわけがわからずいろいろ作ってみました。

◯ 日本から取り寄せたカスピ海系
◯ 日本から取り寄せたブルガリア系
◯ 日本から取り寄せたケフィア
◯ 日本から取り寄せたビフィズス系
◯ オーストラリアで手に入れたブルガリア系の酸っぱいもの、酸っぱくないもの
◯ オーストラリアで手に入れた生のケフィア、水ケフィア
◯ 市販のヨーグルト(ブルガリア系)の増殖
◯ 市販のヤクルトの増殖

いろいろやりましたねぇ。それも牛乳を使ったりスキムミルクを使ったりいろいろ試してみましたが、一番面倒がないのが市販のヨーグルトを買ってきてそれを増殖させる方法。分量はいつも適当ですが、多めに「種」を入れれば出来上がりは早いという結果で、入れすぎたから失敗という経験はありません。

また菌の餌になるものは砂糖、グルコースは使わず、血糖値が上がりづらいオリゴ糖(FOS)、イヌリン、難消化性デキストリンを使っています。この量も適当。出来上がってから甘さが足りないと思うことが多く、その場合はオリゴ糖(FOS)、ステビアを使い、代替甘味料としては一番オモシロイと思っているエリスリトールとか。

結局、ほぼ毎日作りますので、面倒なのがダメなんですね。ですのでいつの頃から市販のヨーグルト+市販のステビア+FOSを作るようになりました。

でもそれも飽きてくるんですね。段々と売れ行きが悪くなってきて、前なら1日でちょうど2リットルぐらいなくなっていたのが、余るようになり、そして2日、3日と作る間が開くようになりました。

やっぱりヨーグルトって効能は凄いのかもしれませんが、良くなった体感がなく、続ける意味があるのか?なんて思うようになりました。

でもヨメさんの乾癬が良くなったのはヨーグルトのおかけもあるかもしれず、止めるのにはちょっと抵抗があります。市販のヨーグルトも大きな入れ物のは安いですし、この方が良いんじゃね?なんて思うのですが・・・

そこで昨日から、ヤクルトを作ることにしました。

ヤクルトも良くなった体感は無いものの、美味しいと感じます。これは前にも書きましたが、ヤクルトオーストラリアが製法までサイトに書いてありまして、スキムミルクから作り、あの味は柑橘系のもので味付けし、最終的には2倍に薄めているとのこと。

その辺りからいろいろ想像してやってみましたが、結局、ヨーグルトにしてもヤクルトにしても全く同じものは作れないにしろ、培養そのものは簡単だと思うようになりました。

難しいと言われるヤクルトも全くそんなことは無く、2リットルの低脂肪牛乳、それにあの小さいボトルを3本、そして餌になる食物繊維(糖質)を適当に入れて、私の場合は38度で14~24時間程度、大きな鍋に容器を入れてお湯を張り、低温調理機で温度管理をしますので、これまた楽勝。

ただ難しい点が無くはなくて、それはいつの時点を出来上がりとするか。

これははっきりした決めごともなく、適当ですが、美味しいヤクルトの大量生産には成功しています。

ただ不思議なのは、ちょっと長めに培養しますと、普通のヨーグルトは下にヨーグルトが固まり、上に透明のホエーが出来ることがあるのですが、ヤクルトの場合はこれが逆で、下にホエー、上にヨーグルトの固まりが出来ます。なんなんでしょうね。

どちらにしましても我が家は「飲むタイプ」が好きですので、出来上がり後は必ずハンディブレンダーで撹拌し、味、甘みの調整をしてから冷蔵庫に入れてしまうので全く問題なし。

ヤクルトって宗教みたいなもので、美味しい、効く、という先入観がありますし、実際に美味しいと感じますので、しかし買うと高く、ガブガブ飲むのは不可能ですから、これからはヤクルト密造計画が主体となると思います。

最近はヨーグルトの話題で書くことはありませんが、相変わらずやってますよ~~というレポートです。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ヨーグルト:ヤクルト密造計画に変更” への4件のコメント

  1. 私、ジョア大好きなんですが・・ヤクルト社のジョアチャレンジってのは無いですよね^^

    • ヤクルトジョアって聞いたことはありますが、こちらでは売ってない様子。見た覚えがありません。

      でも増殖は同じようにできるんじゃないですかね。

      ただ出来上がった時の菌種の割合、密度はどうなるかわかりませんが(笑)、味があるものなら同じように味を付け足せばかなり似たものはできるんじゃないですかね?

      無責任ですいません。

  2. 私もヨーグルト作ってます。やり方は極めて簡単 ミルク1リットルに対して玄米をパラッと(小さじ1杯位)入れて 36℃で14~5時間放置 元気のよいヨーグルト出来ています。2回目からは5-6時間で出来上がります。 その後は延々と継いで行けます。私は季節の変わり目毎に新しい玄米(菌)を入れて作っています。温度は不思議と36℃が良いです。37℃だとチョッと水っぽくなる感じです。(色々試して戴けたら良いと思います。)

    牛乳は高いのは知りませんが コールズの牛乳が一番良い様に思います。マタ 豆乳で作っている人も結構います。

    (ウェブサイトにリンク貼っときました。)

    だぼさん御存知かもですが 市販のヨーグルトは殺菌しています。どんなに綺麗な遠方の姉ちゃんより隣のチョッと綺麗な姉ちゃんの方が 実用には良い筈です。

    それに生きている菌と 殺菌された菌では違いが明らかです。
    あくまでも私の感覚ですが。
    しかしだぼさん 凄い一日3度の更新ですか? 読むのさえ大変です。ましてや書くとなると・・・本当に知能が高くて 頭の良い人なんですね。

    • へーー、玄米でヨーグルトですか?それって乳酸菌より酵母の方が強いんじゃないですかね。出来たものを食べてみたことがないのでわかりませんが。私がケフィアグレインでの培養をやめたのは実は酵母の味が強すぎたから。どうも酵母は苦手です。それと豆乳も私は苦手なんです。すいません。ただココナッツミルクからは作ってみようかと・・。

      つなぎで作っているんですか?それってやっぱり酵母が主じゃないかと思いました。酵母は非常に強いですし、乳酸菌は結構つなぎで作ると変わりますから。

      私の使っている種のヨーグルトは種菌の種類をチェックして、生きているのを使っています。その他のヨーグルトは知りませんが死滅しているようなヨーグルトもあるんでしょうか。でもま、培養できて味見をしてみると私が欲しい菌が入っているかどうか大体わかりますし今のところは全く問題なしです。

      日記の更新ですが、気が向いたら5つでも10でも書きます。ってそんなに書いたことはありませんが、暇ですから・・。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です