またカーディーラーに行って車を見てきた

ちょっと買い物ついでに再びカーディーラーに寄ってきました。ホンダです。

今はキャンペーン中で旗を立てて大幅値引きもやっている様子。スタッフも張り切っていて、車の説明から試運転までさせてもらって、ラッキーでした。

見てきた車はやっぱり気になるホンダのオデッセーです。革張りでシートがキャプテンシートっていう飛行機のビジネスクラスより楽じゃね?みたいな車。後部座席がほとんどフルフラットになりますし、年寄りや病人にとっては最高のはず。

2015-08-15_02h05_09

今回は初めて3列目にも座ってみました。これまた広いのでびっくり。大人が座っても全く問題なしで、3列目は子供専用なんてこともなし。またエアコンが3つあるとのことで、運転席と助手席、そして二列目、三列目はそれぞれの温度調節ができるとのこと。これってかなり高得点。

私が今乗っているのもオデッセイですが、古くて今の型とはまるで違う。運転しても静かだし今時のIT技術が満載で良いと思いました。

日本製ってのも気に入ったところなんですが、よーく見てみると作りが雑で安っぽいのね。私の今のオデッセーは3リッターで一番上の車種でしたが、それと比べても雲泥の差がある。なんなんでしょうか。革のシートもなんだかどこかわけのわからない東南アジア製のソファを連想させるもので、ちょっといただけないと思いました。

ピープルムーバーというカテゴリーの車としては世界中で売れているようで、7人ー8人乗り。でも世界を相手にするとなるとやっぱりニーズに合わせてコストダウンをしているんでしょうね。中国で一番売れているんじゃないかなぁ。

それとSUVのCR-Vもしっかり見てきました。

内装はCR-Vの方がオデッセーより良いかもしれないと思うぐらい。

hero01

寸法から判断するとちょっと小さいなぁと思うのですが、後部座席に座ってみても狭いって感じはなく、私みたいなデブが座っても全く問題なし。ま、足が短いからってこともあるんでしょうが。

そんなこんなで、良いと思っていたオデッセーがイマイチの雰囲気だったこと、CR-Vじゃ・・・なんて思っていたのは逆にかなり良いかもしれないと思うようになりました。KLの道路事情、駐車場事情を考えますと大きな車は大変だと思うし。

このCR-Vがよく見えたというのは私にとっては嬉しい事で、やっぱりこれでいいかな?って感じ。

ただし、セールスのオヤジと話していたのですが、年寄りはCR-Vに乗るときに登る感じになって嫌がると言っていました。SUVでもそんなに乗車位置が高いわけでもありませんが、年寄りってそうなんですね。でもオデッセーならその辺は全く問題ないし、後部座席て横になって寝ることさえ出来る。

両親のことを最優先すればオデッセーが一番。それもマレーシアでは免税で買えないので、こちらで買って持っていくことになります。オーストラリアだって車が安いわけではありませんが、マレーシアで買うよりはやっぱり安い。でもその代わり、保証も何も無い。

CR-Vはマレーシアで生産していますので、免税で買える。もしオデッセーをマレーシアで買うと輸入車なのでCR-Vの丁度2倍ぐらいの価格。

やっぱり年老いた両親を中心に考えたいのですが、両親と毎日一緒に過ごしている姉に聞きますと、一緒に車に乗ってあちこち出かけられる状態ではないわよ、とのこと。まぁ、その内、病院に行ったり来たりが始まるのかもしれませんし、たまには空気の良い田舎にでも連れて行ってやりたいと思うのです。でも現実的な姉は、無駄!と言い切ります。私が思っているほど両親は元気ではなさそうですし、病院ってことはそれが最後だろうと姉は言う。また、出かけたいという気力も日に日に落ちていると。

もしもまだ元気だけれど車いすという状態ならそれなりの車が必要だし、後部座席が広いとか、乗り降りが楽だからどうなるようなもんじゃないと。

毎日一緒にいていろいろわかっている姉の意見はやっぱり尊重するべきか・・。下手に私の自己満足で終わるようじゃ困りますし、そもそも自分で乗りたいと思うような車でもないし。

でもま、CR-Vは思ったより広いし、我らが一族6人が一緒に乗ることは不可能ですが、荷物がたくさん詰める車であるのは重宝する場面は多いはず。

ただ両親のことは考えないで良いということになると、またスケベ根性が出て来るんですね。あれは?これは?って。(笑)

マレーシアには経済難民としてお金を貯める目的、言い換えれば稼ぐつもりで行くわけですから、贅沢はもちろん、好きな車に・・・なんていうのはとんでもない話し。

でもねぇ、車ぐらい好きな車に乗るやる気がなくてどうするんだ?とも思うわけですよ。守り一辺倒の老後なんて所詮無理かもしれない。そもそも今までそんな生き方をしたこともないのに。こういう守りの考え方って、実は恐怖を隠すため、自信のなさの現れでもあるんですよね。今までの私ですと、どうしても欲しいものがあるなら買う。そして頑張って死ぬ気で稼ぐ。やっぱりその線で行くのが良いし、きっと自分の力を発揮するにはそういう環境に自分を置かないと駄目なんじゃないかと思ったり。

じゃ、アストンマーチンでも買っちゃうか?(笑)

なーんてバカなことは妄想さえもしません。実は私の欲なんてちっぽけで可愛いもの。

でもその楽しみはどうせ車は二台必要ですから、二台目のために夢は温存しておいて、とりあえずは汎用型のCR-Vに落ち着くんだろうと思います。

マツダのCX-5は?なんて過去の日記を読んでる人は思うのかもしれませんが、CX-5の2.5リッターはマレーシアで作っていないと業界人(Telemon6さん)から聞きましたので保留中。マツダのサイトを見るとCKD、つまりマレーシアで生産していると書いてあるんですが・・・

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

またカーディーラーに行って車を見てきた” への8件のコメント

  1. daboさん
    今晩は
    久しぶりに車のお話、
    正直に言います
    最初はdaboさん程の
    車歴をお持ちの方が
    ホンダ叉はマツダと?
    ん ??何故と思いました
    其処でヤナセの
    担当者に聞いてみた処
    SUVタイプはマツダと
    ホンダ は良い車で
    日本でも 可なり
    売れ筋だそうです
    特にマツダの車が
    最近バカ売れ…と
    確かに注意してみると
    マツダの車が多く
    走っていますね
    全く相手にしませでしたけど
    良く見ると
    スタイルも内容も
    良かったです
    マツダさんホンダさん
    馬鹿にして御免なさいです

    しかし 私は良い処後10年
    ドイツ車を全うする
    積もりです

    • ユキさん、今では日本勢も頑張っていますが、でも走りに拘るとドイツ車には一日の長があると思っています。

      ただですね、ある時気がついたんですよ。私の車の趣味は身分不相応だったと。またお金って使うと無くなるんだ・・・ってアタリマエのことに気がついて衝撃を受けまして、若い頃から車につぎ込んだお金を計算し、それによって失ったものの大きさに愕然としたんです。夜の世界につぎ込んだ額のほうが大きいですが。(笑)

      でもま、楽しい思いはしたので後悔はしていませんが、同じことを一生続けるのはやめようと思いました。ですから今でもポンコツオデッセーに乗っているわけです。

      いつか十分稼いだと納得が行くようになれば好きな車に乗ろうかと・・・

  2. 私もクルマに使った費用を計算すると、ぞっとします。でも100パーセント後悔していません。

    • 使った費用もそうですが、若いころって年収の何倍もするようなのを平気で買っちゃうんですよね。もしも車なんて動けば良いんだなんて思うようなタイプなら、そういう金を投資に回して・・・・なんて計算すると、今の資産を超えていたなんてね。

      実は私の父も車好きで、90近いのにあの車は良いとか悪いとか言っています。車に費やした無駄遣いの話をすると笑っちゃうんですが、姉が生まれた時にお祝いにと言って車を買ったんですよ。母が言うには、子供が生まれるのに病院にも来ないで何をしているのかと思ったら、窓の下から大声で父が呼んだそうです。見てみたらオープンカーが停っていたと。(笑)

      日本がサンフランシスコ条約に調印して独立した直後の話しですが、父いわく、同じ値段で表参道に300坪の土地があったんだそうです。悩んだけれど車にしたと。(笑)

      バカだよね~~~って大笑い。

  3. daboさん、この前の思い出の写真記事で、紹介なさっていたお車、私、フェアレディZと間違えていて、主人に聞いたんです、『フェアレディZとフェアレディ2000ってそんなに違うの?』そしたら「まったく違う車!daboさんは、なんて、すごい車にのってるんだー」と騒いでました。あと、フェアレディではなく、フェアレデーなんだとか、、。車のことがわからん奴が、失礼なこと書くなって。。ごめんなさい。。

    • いやー、フェアレディ2000って数々の記録を作ったり早いし面白い車だったんですが、でも凄い車ってほどじゃなかったですよ。凄いっていうとやっぱりトヨタ2000GTとかがあったし、ヨーロッパから凄いのがいくらでも入ってきていましたし。

      でも当時は個性のある面白い車がいっぱいあったんですよ。性能から言えば今の車のほうがよっぽど凄いんだけれど、なんとも言えない魅力があったんですね。

      その点、フェアレディZって本当につまらない車で、スタイルに惚れてノーズが長い240ZGってのを(自分の金ではじめて)買ったんですが、スポーツカーの形をしたちょっと早い程度の普通の乗用車でしかありませんでした。ま、誰にでも運転できる車ってことでは良いのかもしれませんが、スポーツカー好きには最悪でした。Z432という車はまた別ですが。

      フェアレディにもいろいろあるんですよ。Zにもいろいろ。2+2(四人乗り)でただでもらっても乗りたくないと思うようなのもあったし。(笑)

  4. daboさん
    おはようございます
    我々にとって 車って
    若い頃は 少しでも良い車に乗りたくて
    車以外は可也 節約したものです
    私の友人なんか 三食カップラーメン
    総て車に注ぎ込み 中には
    車に靴を脱いで 社内用の靴に履きえ替えている
    変なカーキチが居ました そう言えば 最近
    カーキチなんて言葉 消えて無くなりましたね
    daboさんの言う通り
    以前から思っていました
    好きな車 維持するのと 
    持たないで その都度 毎回 日本交通か国際交通の
    ハイヤー チャーターした方が 半分の費用で済む事は知っていました
    車購入費 車検 保険 駐車場 ガソリン等々計算すると
    とんでもない金額に 
    小生なんぞ 相変わらず もう一台は 趣味で廃車出来ない車も
    Z3です プレミヤが付くまで お墓まで持っていく積りです
    一年間に三回くらいしか乗りません
    daboさんの家のプールと一緒です
    そう言えば へレンズベルのプールは 約15年の間に
    10回位しか入りませんでした でも
    その内半分は ポンツーンで捕獲した マッドクラブを
    食した記憶です、
    カミサン曰く マッドクラブは臭いので プールサイドで
    食べてくれと言われ プールに浸かりながら 食べたのが
    一番 多かった記憶が有ります
    プールって 泳ぐより あれは 額に入った絵画同様
    各部屋から 眺める物と思っていました
    可也 話が飛びましたので この辺で
    失礼します

                           ユキ

    • 思い出せば良い時代だったのかもしれませんね。怖いものも無かったし、メチャクチャやってもそれを世間も許したし。

      日本は貧しかったんでしょうね。やりたいことをやれるのは貧乏人の特権みたいなもので守るべきものが少なかったような気がします。でもそうやって生きていても日本そのものがガンガン伸びて結果的にどうにかなったのかも。

      今こうやって生きていられることに感謝しないと・・・なんてことを日々思っています。歳なんですかねぇ。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *