野良犬的処世術(笑)

野良犬的処世術があると前の日記(コメントかな?)に書きました所、それに興味があるという方がいらっしゃいましたので、触りだけ書いてみることにします。

私は野良犬のように生きてきたといつも書いていますが、これって自虐的でもなんでもなくて事実です。そして中小企業のオヤジだった私の父も、小さな商店を受け継いで経営していた母も同じ。そして親戚一同みんな野良犬です(笑)何十人もいる親戚の中でサラリーマンは一人しかいませんでした。

こういう野良犬の生き方って親子はもちろん仲の良い親戚の中でノウハウの交換が当たり前に行われるんですね。中には成功して何十億も稼ぐのもいれば、倒産するのもいる中で、一体どうしてそういう結果になったのかは決して「他人事」ではありませんから、かなり真剣に情報交換が行われてきました。

まず野良犬的処世術の一番大事なところはここで、人生好き勝手に生きるのではなくて、こういう周りにある現実を共有する、情報交換すること。これなくしては何も始まらないんですね。右も左もわからない者が思いつきで、あるいはやりたいようにやって生き抜けるほど世の中は楽じゃないですから。でもこれはサラリーマンでも同じで、大事なノウハウは共有されるし、それを部下に教えられない上司はバカですが、サラリーマンの世界って特殊だと私は考えていて、皆が仲間のようで実は敵でもあって、大事なことは仲間でも教えないところが多々あると感じています。でも野良犬の世界は横のつながりが密であると言えると思っています。

ただ生き残りも厳しいですからやっぱり「親族の中」でその情報って交換されていて、同業者とか友人間では「敵同士」でもあって大事な話はしない。

二番目に大事なことは、人間は長い間に必ず失敗することがありますが、その時に「再起不能になる負け方はしない」ということ。私の知り合い、友人で独立して頑張っていたのは多くいますが、これがわかっている人って意外に少なくて、「仕事は全力投球するもの」だと信じているのね。だから有り金全部つぎ込むし、金融機関から借金をする、友人知人から借りるなんてことを平気でする。これじゃ一度失敗したらそこで終わりか、再起するまでに5年10年楽に掛かっちゃうんですね。でも同じやり方をすればまた同じ結果になる。これに気が付かない人って本当に多いと思います。

だから極論を言えば「借金しない」であり、手形商売もしないってこと。今の時代は知りませんが、私の若いころは中小企業なんて手形商売が当たりまえで大手企業と取引をしてもそれは同じ。ところがこれが時限爆弾であちこちに金を貸しまくるのと同じじゃないですか。自分は大丈夫でも取引先がひっくり返っただけでこちらも多大な被害を被る。

でも手形じゃなければ注文が取れないとしたら、そういう仕事は諦めるしかないんですね。逆を言えばちょっと景気が良くなると「手形なら」ということで注文なんかいくらでも取れるんですね。ここで「売上倍増だ~」なんて素人は喜ぶ。「会社を大きくするのは実は簡単だという事実」を知らない人が多いのね(縮小するのは難しい)。そしていつか痛い目にあう。この手形を受け取ってはいけないのと同時に、自分も手形を振り出したら駄目なんですね。半年の手形が出せる状態なら、半年分の売上がキャッシュとして手元に残りますから、凄い儲かった気分になる(笑)。経理上はそうではないのですが、この精神的なものってどうしても隙を作るし(その金を投資にどうしても回したくなる)、それを乗り越えるのってかなり難しいと思います。借金が簡単な時代でもそれを喜んでは駄目ですよね。

我が一族は皆、商人の出ですから、こういう「現金商売」が基本。せいぜい末締めの翌月末払い。現金商売に拘る商人って多くいますが、それこそ何十年、何百年の歴史があるからなんですね。普通の人間だと「手形」、これは借金と同じですが、それをコントロールして大きくするのはかなり難しいことであって、大企業も同じですよね。だから「借りない」「貸さない」が基本の基本。

でも金がなかったらどうするのか。それは簡単で、投資家を募る(借金ではない)。これだけなんですね。他人の褌で相撲を取る。でも誰も投資なんかしてくれないよ、というのならその程度の仕事でしかないわけですよ。あるいは自己資本の中だけでどうにかすることを考えるしかない。

それでも失敗(倒産)して借金を作ることはありますが、ここで大事なことが2つあります。

一つは、迷惑をかける相手が必ず出て来るわけですが、迷惑をかける相手と、絶対に迷惑を掛けない相手と区別するってこと。本来倒産すれば債権者は一律に並ぶわけですが、倒産するのが見えた場合、守る相手は必ず守るってこと(法律的に良い悪いは別の話)。あるいは倒産するまで待たずに、プラマイゼロで誰にも迷惑をかけない時点で閉鎖する(これも難しい)。どちらにしてもこれが再起、再建の道に繋がる。私は逃げ足が早いですから、この仕事の将来性はないかも・・と思ったらすぐに撤退します。頑張りません。(笑)

もう一つは、ヨメさんが心得るべきことですが、我が家には一つの伝統があります。母がヨメに伝えることなんですが「ヘソクリを作り、その存在を絶対に旦那に教えないこと」です。

これは私のヨメさんも結婚した時に、私の母に呼ばれてこれを伝えられたそうです。(笑)

このヘソクリが再起の原資になるってことなんですね。これって出来そうで出来ないことでもあって、仕事をしていてどうしても資金がショートする時ってあるじゃないですか。あるいはどうしてもここで勝負したい時がある。そういう時に旦那は必ずヨメさんに聞くんですね。「うちにはいくら金があるんだ?」って。旦那は「チャンスは今しかない」と信じているし、ここでヨメとしては旦那に頑張ってもらいたいし、自分でもチャンスだと思うと「XXXXあるわよ」と言ってしまう。これが駄目なんですね。「ないわよ」とかあるいは適当な小さな額を言わねばならない。「お前、うちにはそれしか金がないのか?」なんて言われても動じてはならない。(笑)

うちのヨメさんも今では偉そうに言うんですよ。「ポケットにオニギリを持っていて、何かあった時にはそれを皆で分けあって食べる。これしかないと言いつつ、実はもう一つのポケットにもオニギリを隠し持つ。これがヨメの仕事だ」と。(笑)

こういうことは一度悲惨な状態を経験すると誰しも次はそうしようと思うはずなんですが、それじゃ遅いんですね。これはそういうものだと最初からしなくてはならないこと。

こういう基本があると、そこからいろいろなことが連想できるはずで、例えば「個人保証はしてはいけない」なんてもそれで、これは我が家ではたとえ親子でも兄弟でも絶対にしてはならない禁止事項で「家訓」でもあります。家を買うのに保証人が必要なんだけれど・・なんて話はよくありますが、それも絶対に駄目ってことです。

これが野良犬的処世術の基本の基本。

簡単でしょ?でも実際にやろうと思うとかなり難しいんですよ。でもここだけは絶対に守らないと、いつか本当にゴミ箱を漁る野良犬になってしまうし、再起不可能なんてことが簡単に起きる。

野良犬って裸で何も持っていませんが、世間に出て戦うときにはそういう状態で常に戦うのが基本なんですね。自分には何もないという背水の陣でしょうか。

ところがですね、ちゃんと自分の秘密基地は持たなければならないんですね。そこには食料も備蓄もおいて、家族もそこで「どんな環境になっても」生きていられる場所を確保する。また自分が傷だらけになってもそこに帰ればまたいつか元気になり、外へ出られるってこと。

多分こういう考え方って江戸時代、いやもっと昔から商人が普通に持っていた生き残りのノウハウのはずで、基本中の基本なんですね。何も難しそうには見えませんが実はこれを実行するのは非常に難しくて、どうしても手を出したい、背伸びしたい、ここで飛躍してみたいと考えることが常に出て来るのが人生ですが、それを許すと何百年続いた老舗でも簡単に潰れてしまう。当然、ゼロから築きあげるにしてもいつか砂の山が崩れるように、「こんなはずじゃなかった・・・」ということが簡単に起きる。

でも逆を言えば、これさえ守っていれば「よほどのバカでも(笑)」生きていけるってことでもあるんですね。家を継ぐ者がたとえアホでもこれだけ守っていれば家は潰れない。農家も同じじゃないですかね。土地にしがみつくのが当たり前で、転用じゃ有効利用じゃ考えだすと恐ろしいことになるのを良く知っているんでしょう。

現代の世の中は仕事も、金融の世界も複雑でいろいろ出来ますが、それは便利になったと考えるより、貧乏人から金を巻き上げる方法がいろいろ考えられた結果だと考えるほうが良いと思います。でも自分に自信があって、本当に天才的な知識と能力があるのなら、それを自由自在に使いこなして大きくなれるのは間違いがない。ソフトバンクの孫さんなんてそれの典型ですし、ホリエモンもそうでしょう。また多くの優良企業と言われる大手企業もそうだと思います。

ここで問題なのは、さて自分にはそれだけの能力があるのか?ってところ。

ま、誰しも夢を見てチャレンジするのは自由ですが、そこに大きな落とし穴があるんじゃないですかね。

だからチャレンジをするべきじゃないってことではなくて、そのチャレンジが失敗した時のことを考えて「安全な着地点を確保しておく」ことが重要であって、その着地点が確保できないことに手を出すのはチャレンジとは言わず、無謀な冒険としか言えないと思っています。でも世の中はそういう無謀なことでもチャレンジしろという風潮ですよね。私はそれこそが貧乏人から金を巻き上げるシステムだと思うくらい。でも「天才なら」あるいは「幸運なら」そこから何かを生み出していける。

これは商売や金儲けだけじゃなくて、マレーシアにロングステイじゃ、海外で子育てじゃってのも全く同じなんですね。世の中では良く「チャレンジが大事」「当たって砕けろ」と言う人がいますが、簡単に「砕けちゃう」のが人生で、やり直しができないこと、悔やむことって本当にたくさんある。

童話に「アリとキリギリス」「ウサギと亀」の話がありますが、あれこそがこの世の中の真実だと私は思っています。自然界で起きていることと我々の社会で起きていることは全く同じ。一体どうやったら長く生き延びられて、そして遠くへ行けるのか?

ま、若い時、あるいは独り身ならいろいろやってみたいと思うのはよくわかりますが、結局、最後はここにたどり着くのが人生じゃないかと・・・。ここを理解するのが「野良犬的処世術」の根本。

ということで、私が学んできた野良犬的処世術の基本だけ書いてみました。他にも持つべき理念とかいろいろあるんですが、又の機会に・・。

ま、生き方は生きる人の数だけあるわけですが、この基本を守ったからこそ我が一族は生き延びて来ました。父は二度の倒産に近いことを経験し(いや3度だ 笑)、私も危ないことはあったものの乗り越えられたのは、その教えがあったから。そして作り上げた形のあるものないものも含めて次の世代に渡していける。これは商人も農家もそれが普通なわけで「決して選ばれたものだけが生き延びるわけじゃない」。そのポイントを子どもたちにも伝えたいと思っています。また人生にチャレンジは絶対に必要ですが「飛べる範囲のことをする」ってこと、それだけなんですね。でも出来ることをするのはチャレンジではないわけで、先細りになってしまう。ここも大事なポイントですが、意味がわかりますでしょうか。

子供は社会に出てから学べば良いなんてとんでもない話で、大事なことは学校でも社会でも教えてくれないんですね。学校を含む社会が教えることは「所属するシステムの中で従順でよく働く労働者になる方法」だけだと私は思っています。日本の教育はそれそのもの。特に酷いのは「お金に関して」全く教えないこと。これって「危険物取り扱い」と同じで(笑)、きっちり教えるべきだと思うんですけどね~。それも幼い頃から洗脳みたいにして。

天才なら自分で道を切り開くことが出来るんでしょうが・・・。またサラブレッドにはサラブレッドの違う世界「帝王学」があるんでしょうが、私にはそれはわかりません。商人にも農家にも何百年、いや千年以上の歴史とノウハウの積み重ねがあるわけで、今のように進んだ世界だからといってバカにしてはならないと思います。またグローバル化なんてのに浮かれると大変なことになる。自分が勝ち組になれるという前提で良い所ばかりみたら危険極まりないのがグローバル化で、弱肉強食、格差の拡大。つまり貧乏人から富を巻き上げるシステムの集大成がグローバル化だと思うぐらいが調度良いと思っています。強いものがより強くなり、より多くの富を求める動きがグローバル化で、これが人間の幸せに通じるとは私には思えないのです。古いね~~~。(笑)

「やってみなくちゃわからない」のは事実ですが、「何でもありの生き方はギャンブラーの発想」であり、また世の中のカモになるだけだと思っています。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

野良犬的処世術(笑)” への10件のコメント

  1. 野良犬的処世術基本編、ありがとうございます。

    「野良犬は、再起不能な負け方をしない」という箇所がとても気になって。。

    以前、お母様が、お父様の事業が資金繰りに困った時には、へそくりはださず、いよいよ事業を整理するときに?へそくりをだしたというエピソード紹介されてましたね。それも、目から鱗でした。

    手形が大変なところに回ってしまって難儀したとか、投資話で先祖代々の田畑をなくしてしまったとか。(地主さんがレバレッジきかしてマンション建てたり)。サラリーマンしてて小金が入った時に、株や不動産の投資が副業が一番手軽にできるから、それで火傷したり、独立して商売して、再起不能な事例を見聞きしてきました。
    「商売を拡大するのは簡単」、「現代の世の中は仕事も、金融の世界も複雑でいろいろ出来ますが、それは便利になったと考えるより、貧乏人から金を巻き上げる方法がいろいろ考えられた結果」という言葉もなるほどなと思います。

    日本の学校でお金のことを教えない、、「危険物取扱い」と同じで学ぶ必要があるというのは本当ですね。

    子供の頃読んだ、雨月物語で、黄金の精が、「金が、愚昧貪欲の人にのみ集まるみたいな言われ方する」と憤慨してる場面があって、不思議でしたが、今考えると、清貧は尊いみたいな教えはあった気がします。

    前にdaboさんが、ガレージセールを自分はやらない理由を書いていて、人間観察なさってるなーと思いましたが、、人間、貧すれば鈍するといいますが、私も、人がお金がからむと豹変してしまう場面に遭遇し苦い思いしたことあるので。。

    いろいろ参考になりました。ありがとうございます。
    ぜひ、続編を。秋の夜長に酒をくみかわしながら、、、でなく、マレーシアですから、常夏の夜になりますね。。

    • はーーい。とりあえず基本編ですが参考になりましたでしょうか。(笑)

      こんなことはちゃんと考えればアタリマエのことなんですが、それが出来ない。後でどれだけ悔やんでもどうにもならないのに・・・。

      父がもうダメだ、どうにもならない、会社を整理すると決めた時にかなりの額のお金が必要だったのですが、母がそれをポンと出した時には家中の皆がひっくり返るぐらいびっくりしました。何年も何十年も掛けてコツコツ貯めていたんですね。無い無いと嘘をつきながら(笑)。たいしたもんです。

      ま、もう我々はこれから危険な道に入ることはないにしても、ヘソクリの件は是非お嬢様に徹底的に教えたほうが良いと思います。万が一の時の為に、そして自分だけ船から逃げるときにも使えますし。(笑)

      ま、マレーシアに行ったら時間はたっぷりありますので、いっぱい飲みながらバカっぱなしでもしましょう。楽しみにしています。

  2. (海外での)生卵殺菌方法検索して偶然、立ち寄ってびっくりしました。ありがとうございます。

    ノウハウが一族で交換されるって羨ましい。もっともわかってなかった~と唸ったのは、ヨメのくだり。自分で自分がなんとかするときのことを考えて試行錯誤してきたけれど、ヨメの立場って視点でなかったんですよね。ヨメとしてはダメでした。完敗です。反省です。

    6年前結婚して、夫(日本人)が仕事する欧州に引越し、私の滞在許可が下りてすぐに仕事を見つけ、内定して自分の給与言っちゃった。ここが最初の間違いだったと(いまにして)思う。入社直前、夫が仕事を勝手に辞めてきて起業。5年たっても食えてません。2年前までは失業保険などで彼なりに自分で自分の生活はやりくりしてきたから「世話にはなってない」そうで。手当が切れてから私が負担しています。ここが2つ目の間違い。あれこれ試してみましたが、夫が無謀な冒険家タイプかつ横のつながりを全然できない人と覚悟ができました。

    そして、これからの軌道修正。ヨメ的立場を貫くなら、心を鬼にしてお金を切り上げて離婚してでも追い込むか、または、わたしがオット的立場でこれから一生夫を食わしていく覚悟をするのか。ほぼ気持ちは落ち着いてるんですが、後学のために差支えなければご意見をお聞かせねがいたいです。

    拝読するに、ダボさんはオット的夫でらっしゃるので考慮されたことがないかもしれないですが、今わたしは上記のように女性だからヨメという図式にすんなり当てはまらない状況に直面してます。

    性別に依らず家庭でのヨメ的またはオット的立場を選択することが”できる”難しい環境の場合、結局何が、ヨメ的人生、オット的人生を選択させるのでしょう。どういう状況だったらなれますでしょう?男の意地とかそういうのもありだと思います・・・

    わたしは稼げと言われれば稼ぐことができるかもしれないですが、それでも大黒柱になるというのには抵抗があるんですよね、ぼんやりと。でもなぜかわからない。それが何なのか考え中。よかったらぜひコメントください。

    選択の自由、なんて必ずしもいいばかりではないです・・・

    • minminさん、いらっしゃいませ~~。

      悩んでいますねぇ~。(笑)

      解決方法の正解ってのはないと思うのですが、唯一あるとすれば今minminさんがそうであるように悩み続けること。それしかないような気がします。普通、適当なところで妥協しちゃうから、そこで将来も消えちゃうんですね。

      ヨメ、というか守る立場の人間はそれなりの考え方を持たないとならないというのをこの日記に書いたつもりなんですが、それは私は私の母から学んだこと。というか母からヨメへと伝えるのが我が家の決まりなんですが、それでもまだわからないことがあるんですよ。

      他の日記に書いたことなんですが、私の父は相場で大損をした経験を持ち、真面目に頑張ろうと思った中小企業でも結局はオイルショック、ニクソンショックにやられて閉鎖をしないとならなくなりました。日記のも書きましたが、会社って大きくするより縮小、閉鎖する方が難しんですね。金が掛かりますから。

      そんな父を救ったのも「内緒のヘソクリ」を溜め込んでいた母なのですが、その後、随分歳をとってから父が「全財産を賭けて相場で勝負をしたい」と母に土下座したんですよ。

      当然「いい加減しろ、バカ」の世界ですが、母はなんとそれを承諾したんです。母は父の男としての自身をなくし、目に輝きもなくなったのを感じていたんでしょう。どういう結果になるかわからないものの母は「輝いた目をする旦那」を見たかったんだと思います。

      でも神様は非情で、父にはさらなる試練を与えたんですね。つまりその勝負も負けたということ。

      その時は父は落ち込み病気になり、精神的にもやられて妄想妄言は始まり衰弱し、このまま死ぬんだろうと皆が思っていたのにどうにか元に戻った。これも母の力なんですね。

      本当の勝負師は父ではなくて母であったということだと思うのですが、私はこの一件で考え方が随分変わったんです。安全を求めてあの手この手を考えるのが主婦の仕事ではあると思うものの、本当に大事なものって決して「安全」ではないということ。

      では何が大事で、守るべきものって一体何なのか。その答えは今の私にもわからないんです。

      私が単純にminminさんの立場を想像してみますと、やっぱり我が家の母みたいな生き方も一つの選択ではないかと思うのです。母は立場としてはヨメの立場でいながら、実は我が家をコントロールしていたのは母であったというオット的存在だったんですね。

      minminさんが前面に出れば解決することもあるかもしれませんが、それによってご主人の「男」が死ぬこともあるんですね。それでも家庭がうまく行けばよいのかどうか。

      私の両親のケースですと、結局父は男を奪回するどころか恥の上塗りをしたことになりましたが、それでも今は幸せ。かけがえのない夫とヨメの関係。

      お前は引っ込めとご主人を抑えこんでそれで生活の安定があったとして、それで良いのか。ここが考えどころかもしれませんね。

      でも父がそうであるように、自分の実力(の無さ)をはっきり認めて、ヨメを尊敬し感謝しながら幸せに生きる道もあるんでしょうし、どんなもんなんでしょうね。

      もしここでどうあるべきか母に聞いたとすれば「相手次第」という答えが返ってきそうな気がしないんでもないんです。ヨメに感謝する亭主もいれば、でしゃばりやがってといつまでも自分の自我、自己顕示欲を捨てられない人もいるんでしょうし。

      とにかくやってみたら良いと思うことはやってみるってのが一番かもしれませんね。自動車のハンドルと同じで、一度方向を決めたら二度と進路変更は出来ないなんてことはあり得ないのですから、とにかく思い立ったら試してみて、様子がおかしいと思ったらまた違う手を考えるしかないんじゃないでしょうかね。

  3. 早速のお返事ありがとうございます!

    そうなんですよね。まさにわたしのもやもやは、おっしゃるところ、ここでわたしが攻側にでちゃってオット的役割を担ったら、夫の「男」をほんとうに潰してしまうんじゃないか、そんな人をつれあいとできるのか、と思うところにあります。お母様が、「いい加減にしろ、バカ」的なお父様のお願いをのんだ、それに近いところにわたしは立ってるんじゃないかなという。

    今までの2回の失敗も「いい加減にしろ、バカ」だった。後から遡って考えればわかりやすい失敗ですが、これが場合によっては失敗になるかもしれないと思っていなかったわけでもない。やってみてしか夫がどういうリアクションするかやっぱり先にはわからない。あれこれ話した方がよかったかとか泣いたらよかったかとか仕事しなきゃよかったかとかそりゃあゴマンと考えましたけれど、どうなるかはわたしもわからなかったけど、結局行けるかもと見たのはわたし。そして、本人もわかってなかったんじゃないでしょうか。お父様と同じで、勝負は勝つと思って出ているにはちがいない。だから、この失敗はこうなるしかなかった失敗で、とりえあずわたしは爆死してないのでぎりぎり失敗として可ラインです。しかし、3度はない。

    お父様が恥の上塗りをして病気になられて、それでも元に戻されたお母様。言葉で表せない、時間や関係に裏打ちされたものだと想像しますが、それでもどうされたのか片鱗でも聞いてみたい。お父様のなにがお母様のその精神を支えたのか・・・。究極はやっぱり夫婦観、家族観、人間観なのか。

    今、わたしは撤退前線の殿の心持ち。コメントありがとうございました。
    次の一手に(死なない程度に)出てみて、様子をみいみい、考え考え、悩み悩みやっていきます。

    • 男と女の関係はその二人にしかわからないものだと思うのですが、私の両親の関係は、いわゆる昔の男と女みたいな感じで、男は我儘で女遊びもし、女はじっと耐えてという感じでした。父は遊び人で母が食わしていた時代もあります。というか父の尻拭いはいつも母がしたわけで、やっぱり我が家では母が家長だったんでしょうね。(笑)

      遊ばれても我儘でも母は「お父さんがいたから今の自分がある」と言いますし、父は母がいなければ生きていけないのをしっかり自覚したようで、今では母を大事にしています。

      好きなら許せるけれど、鬱憤が溜まっていると許せないものでしょうし、まぁやるだけやって、お互いの心の動きを見ながら調節するしか無いんでしょうね。少なくとも「こうあるべき、あああるべき論」は誰にも通用しないんじゃないでしょうか。

      minminさんも自分の心、彼の心の動きをしっかり把握しながら、お互いを甘やかすことなくいろいろ試してみるしかないのかもですね。

      なんでもそうですが「やらずに後悔する」のだけは避けないと本当につまらない人生になると思っています。

  4. とうちゃんと申します。

    記事、コメント共にとても勉強になります。
    当方が会社員、家内が自営の家族ですが、色々と心がけておかない示唆を頂きました。
    ありがとうございます。

    • いえいえ、お礼を言われるようなことじゃ・・・・

      しかし世界が違うと常識も大きく違うんでしょうね~~。

      • 私の父は会社員から独立して、最終的には自宅を売って借金を清算。家内の父も、最終的には自宅を売却にまで追い込まれました、一時期は羽振りが良かったようですが… 私も家内も、失敗は見てきているのですが、成功を見てないのと、親戚などでもお商売の方は居ないので、daboさんの失敗しないノウハウはとても参考になりました。またお商売がらみの記事をよろしくお願いします。

        • 何かキッカケがあればいくらでも書きますが・・・

          でも私が書いたことって、冷静に考えれば「アタリマエのこと」でしかないんですね。でも「チャレンジが大事だ」とか酷い人は「当たって砕けろ」なんて恐ろしいことを平気で言う風潮がある。(笑)

          夢とは?努力とは?チャレンジとは?リスク管理とは?この辺のことは頭をまっさらにして冷静に考えてみれば、答えは自分の中にちゃんとあるのがわかるはずなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です