自宅売却関連:次々に出て来る問題点

毎日自宅へ行っては私物の搬出をしているのですが、もうほとんど終わって後はいらないもの、ゴミが散乱している状態。

昨日ですが、キッチンのシンクの水を出して使っていました。いつもは元栓を閉めてあるのですが、お手洗いも使うし、元栓は開けてあったのですが・・・・

詰まってる~~~~~~~~~~!!

完全に詰まっているわけじゃなくて、かなり少量ですが流れているのはわかります。

ということで水道管の詰まりを直す強力な薬品を入れてみたんですよ。でも駄目。そこで次にあのスッポンスッポンやるやつで頑張ってみたのですがこれまた全く駄目。

埒が明かないので、プラマー(水道屋)に来てもらったのですが・・・・

ネズミが・・・

ではなくて、なんと木の根っ子が詰まっているのがわかりました。木の根っ子?内視鏡みたいなカメラで撮った画像。

IMG_2383

流しの下のパイプを切ってみるとこれだけの根っこが出てきました。

IMG_2386

なんで木の根っ子なのさ?

キッチンの外は小さな庭になっておりまして3メートルX1.5メートルぐらいの池があります。何種類かの蓮を植えてあるだけで金魚類はいません(入れても猫やサギがすぐ食べちゃう)。で、その左右には椰子の木があるのですが、犯人はそれですと。

ところがですねぇ、椰子の木とキッチンなんて直線距離でも5メートル以上離れているわけですよ。また水道管に根っこが入るってどういうこと?水道管を割って入ったってことなんでしょうが・・。

これの修理をしないとなりませんが、キッチンの外の壁を壊す必要はないものの、水道管はキッチンの下から外へ出てその庭を右に曲がって洗濯部屋の外へ続いてるとのこと。この途中で根っこが入り込んでいるんですね。

つまり、庭に敷いてある砂利をどかし、その下のコンクリートを割って、何メートルも続く水道管をチェックして割れている部分を交換。

がっくりです。家の壁を壊さないで良いのは助かりましたが、それなりの工事になります。あーーあ。

本来はこれは新しい買主が修理するらしい。売ったのはAs is、つまり現状のママってことですから。それも契約時に水道屋から何から入れて検査をしてOKを出しているんですから。

でもねぇ、引き渡しが済む前にそういう基本的な問題点が見つかったら直さないとなりませんよねぇ。ゴネれば済むのかもしれませんが、買主よりなんだか家そのものが可哀想な気がしてくるんですよ。ここまで酷くなるまで放置しちゃったんですから。

また聞いたところによると、引き渡しが済んでもクレームが付く箇所はあり得るとの事。怖いですねぇ。こんな調子であっちもこっちもおかしかったら大変なことになります。As is、現状のままで売った意味が無いですよねぇ。でもま、今回はしょうがないと思っています。

しかし椰子の木が水道管の中にまで根を張るって凄いですねぇ。どうなっているんでしょうか。

水道管にまで根を張るってことは木のすぐ横の池の壁なんか簡単に壊しているはずなんですが、池にはまだ水がある。(笑)

根の怖さって前にも聞いたことがあって、それはマンゴの木。これの根っこは凄いらしくて、プールの横にマンゴの木を植えようものなら簡単にプールは破壊されると聞きました。でも椰子の木が・・ってのは初耳で、椰子の木ってヤワな感じがするんですが、根っこは凄いのかもね。

あああ、一軒家は嫌だわ。早く鍵一つ掛ければOKのコンドミニアムに住みたいです。きっと一生、一軒家には住まないと思う。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です