ゴールドコーストに夏が来た・・・かな?

随分と暖かく、いや暑いと思う日があるようになりました。まぁ、南半球は季節が逆としても北半球で言う4月ですからまだまだ夏ではない。

でも私の感覚的なものでは、ゴールドコーストには夏と春しかないという感じです。凍えるような冬の寒さはないし、木々が紅葉して葉が落ちる秋らしさもなく、やっぱり日本みたいなはっきりした季節感はないと感じます。

でもそれなりに季節の花もありまして、春を告げる花があります。ジャカランダ。これは日本で言う桜みたいなものかもしれませんね。紫の花で結構目立ちます。また桜のように花の命が短いということもなくそれなりに続く。

RX1R-05259

このジャカランダって庭木にしている人もいれば街路樹でも使われていたり、けっこうあちこちにありますが、日本みたいに大きな桜並木のようなものって私は見たことがありません。ただこの時期になりますとジャカランダの花見ツアーもあるようで、有名なところに行くと凄いのかもしれません。

実は私はあまりこの花が好きではなくて、いや、嫌いじゃないんですが、なんていうのかなぁ。綺麗だ~~って一瞬思うんですが、すぐそこから突き落とされるようなガッカリ感も一緒にあるんですね。どんな花でもきれいな花ってどういう見方をしても綺麗じゃないですか。でもジャカランダって見方に左右されるような感じ。群生しているところはやはり綺麗ですが、近くによってみると花の密度が無くてスカスカで桜のような圧倒的な美しさがあるわけじゃないのね。

近くで見るとこんな感じで花そのものは結構大きい。

RX1R-05264

やっぱり桜みたいに一気に咲いて、一気に散っていくあの「いさぎよさ」が私は好きです。このジャカランダの花って散り際が悪くて葉が出てきてもしがみついているような往生際の悪さを感じます。(笑)

でもま、桜もいろいろでやっぱり「ソメイヨシノ」が良いなぁ。ああいう咲き方、散り方をするジャカランダがあったら凄いかもしれない・・・。

キリモドキ属 – Wikipedia

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ゴールドコーストに夏が来た・・・かな?” への8件のコメント

  1. 週末に初めて作ったヨーグルトが成功したのか分からず、ネットで検索してたどり着いたのですが、コメントの多く付いていた「野良犬的処世術(笑)」を読み、とても勉強になりました。
    ありがとうございました。

    当方、2002年からインドシナに住んでいます。
    そろそろ商売替えをしなければと考えているところで、勉強になるコラムに出会えたと思いました。

    ジャカランダですが、ナイロビのメインの通りが大きな並木道となっており、両側にずらっと紫色の花が咲き、異国情緒を漂わせていました。
    これからはときどき覗かせていただきますので、よろしくお願いします。

    • いらっしゃいませ~~。

      野良犬的生き方が参考になったようで嬉しいです。(笑)

      でもこんなことは誰でもちょっと考えればわかるはずですよね。でもなぜか世の中は「夢を見ることは大事だ」という方向が強すぎると思っています。「夢を実現するためにはどうするか」が大切なのに、現実を横に置いといて夢見てそれに邁進するなんて、頭の周りにチョウチョを飛ばすだけですよね。

      このブログは勝手に言いたいことを書いているブログですが、たまには遊びに来て足あと(コメント)でも残してくださいね。

      よろしくお願いします。

      ところでヨーグルトはどんな感じだったんですかね。それがちょっと気になったりして・・。(笑)

  2. 若いころは頭の周りにチョウチョを飛ばしていたクチです。
    1992年~1993年に大学を1年休学して、東南アジア~アフリカ南部を旅したのですが、日本経済は頂点を極めたばかりでしたし、インドシナはソ連・東欧の共産政府の相次ぐ瓦解に恐れをなし、西側に経済開放をし始めたところで、若かったこともあり、本当にちやほやされまくって、そのままハマって今日に至ります。
    実際に、蝶屋さんと山奥でチョウチョを捕っていたこともあります。
    運にだけは大変恵まれ、ある程度の財産ができたのですが…まだ老後までしばらくあるし、子供はまだ小さいし、まだまだ働かなきゃという状況です。
    ダボさんのブログで勉強させてもらって、雑魚なりの金の稼ぎ方を模索したいと思います!

    • 私が御託を並べるのは歳をとって自分の若いころを思い出して反省会をやっているようなもんなんですよ。

      私はチョウチョは飛んでいませんでした。でも何か素晴らしい物が自分の周りに飛んでいると錯覚していまして、それが蛾とハエだったと気がついたのが40代ですかね。(笑)

      まぁ若いころは無謀で良いんだろうと思います。種(しゅ)の保存とか進化、発展を考えた場合、下手な鉄砲でも撃ちまくれば誰かの弾が当たるかもしれませんし、「当たって砕けろ」とか「チャレンジが大事」だと一兵卒をその気にさせるのは管理者として当たり前で、99人が犬死しても一人が大当たりするかもしれませんものね。

      でも本人にしてみると命は一つしかないわけで、下手な鉄砲を撃ったり当たって砕けたら大変だというのは、やっとジジーになってから気がつくものなのかもしれませんね。

      世の中で理想論をいう人達も同じで、それを聞いてその気になって無謀なことをする若者がたくさん出てきて、ほとんどが消えていったにしても一人の生き残りが「貴方のお陰です」と言ってくれれば「やっぱり俺の言うことは正しかった」って思うし、その話を聞いた人たちはその人を賞賛し、俺も続こうと思うのかもです。(笑)

      上から見れば下はピラミッドになっていていくらでも人はいるわけで、お前たち頑張れ、なんでもやってみろというのは簡単。でも自分一人だったり、自分の下には兵隊が一人しかいなくて、それでも「突撃~~」って言えるかどうか、そこですよねぇ。

      でもま、命を賭けるだけのことはあるようなことと出会えた人は幸せで、私としては最後の命を賭けた一撃をするためにも、日頃は野良犬のごとく生き抜いてその時に備えるって感じですかねぇ。(笑)

      ただ「正論」とか「皆んなが賛成すること」でうまく行った試しが私の人生ではなくて、中小企業の中で生きてきましたから「他人と違うことのみが自分の価値」と思ってやってきまして、大通りの真ん中を歩いたことがありませんでした。でも今となれば「人の行く 裏に道あり 花の山」という格言は「絶対に正しい」と信じています。(笑)

  3. 若いころは誰もが後先考えず、夢を持って突っ走るものですよね?
    自分がやりたいことなのか、組織や社会に与えられた夢なのか、後者は夢が叶っても、その利益を夢を与えてくれた人や組織に吸い取られがちなのでしょう。
    わたしは、あまりの楽しさに、いわゆる決まったコースを踏み外しましたが、良い夢を見させてもらったと思います。
    本来なら、「アリとキリギリス」のキリギリスで、40代には秋風も吹いて夢から覚め、アリさんに食べ物を乞わなければならないはずでしたが、思いもよらず、この10年間、インドシナの経済が飛躍的に発展したおこぼれを少しだけ分けてもらうことができました。
    まさに「人の行く 裏に道あり 花の山」だと思いました。
    自分の場合、たまたま、好きなことにハマったら、花の山に出くわしただけで、しっかり考えて裏道を行き、花の山にたどり着くような人が、本当に才能のある人なんでしょうね。

    • 結局は結果論でしかなくて、私はそれにいろいろ理由や解説をつけているだけかもしれません。

      人の行く 裏に道なし 針の山

      ってこともあるわけで(笑)、それでうまく行ったのか行かなかったのかで言うことも変わるし、真実はどこにあるのかわからないですね。

      ま、どうにか生きていることを眼に見えないものに感謝するしか無いんでしょう。

  4. 「最近のコメント」欄を、自分一人で埋めつくしてはいけないと思ったのですが、もう1つだけ…

    色々なエントリーを拝見しました。

    「これで勝てなきゃやめちまえ!」は、デイトレードについて何も知らない自分には新鮮で、大いに希望を持ったりしましたが…
    「早期退職に必要な資産運用スキル」にあるように、日々稼ぐ能力をつけること、時代の変化に対応していくことの大切さ、…「これで上がり!」などと思った時点で、守りに入って、結局は息詰まるであろうことなど、理解しました。
    現実に自分もそうなるやもしれぬ早期退職の方々の事例に身をつまされる思いがしました。

    ここに書かれていることを大いに参考にしながら、少なくとも子供が成人する、そして自分が還暦を迎える15年先までは、ジタバタしながら生きる覚悟をしようと思います。
    運は良いほうですが、それだけに頼るのは危険ですね。
    ありがとうございました。

    • 世の中って運が全てで、努力が結果に結びつくのかどうかも運で、では努力をしなければ負けるのかってわけでもなくて、結局わかったことは「わけがわからない」ってことかもですね。(笑)

      だからやっぱり「やりたいことをやる」のが一番かと思いますが、それじゃ振り出しに戻るだけで・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *