自宅売却関連:明日から本格的に私物の搬出が始まる

買主、業者、弁護士との話し合いで、今月の24日までに全ての私物を搬出することに決定しました。

その他は全て不要なゴミみたいなものも含めて家に残し、買主が欲しいものを取り、あとは廃棄処分する。これが半端じゃない量で、3階建てのありとあらゆる部屋にあるベッドや家具、調度品、カーテンやブラインド、括りつけでない電化製品の全て、倉庫の中のガラクタ、庭のいろいろも全てを搬出しますのでかなり大掛かりになるはず。これの搬出と廃棄は業者に頼むわけですが、見積もりを見てびっくり。4400ドルですと。私としては1000ドルじゃ無理にしても2000ドルはかからないだろうと思っていたのでがっかり。もちろんそれはこちら負担で、何を残し何を捨てるかは買主が決める。

でもま、トラブルがない最良の方法がそれだと思って諦めました。

私物の嵩張るもので一番困っているのは箱に入った古い和食器。ヨメさんの親から譲り受けたものですが我々には価値が全くわかりませんし、誰かにあげちゃうわけにもいかず、普通に使うわけにも行かず、とりあえずマレーシアに持っていくことにしました。あとは絵画とか置物類。それとこれも困っているんですが、5月人形。二人の子どもたちのはもちろん、私のも父のもあるんですわ。どれももうボロボロで安物ばかりで取っておく金銭的な価値はないし、飾り続けるようなものでもない。かと言ってゴミと一緒に捨てるわけにもいかず、近くに神社、お寺でもあれば供養して処分してもらうこともできますが、そんな場所はゴールドコーストにはないはず。ということでこれもマレーシアに持っていくことに。それらのものは全てマレーシアで倉庫を借りてまずは保管する予定。

とにかく電化製品から家具まで捨てるものばかりでもったいないとは思うのですが、「現状」で売ったわけですから捨てるのは買主の勝手と思うことにしました。そしてマレーシアに行くのは我々の人生にリセットを掛けるつもりで行くわけですから、向こうで必要なものは衣類も含めて全て向こうで調達する予定。なければ日本から取り寄せるしか無い。

25日からすぐに買主は家の改修に入り、3週間のうちにはどうにか住めるようにはするみたいです。ボロ屋ですから改修と言ってもペンキを塗るぐらいじゃ済みませんし、多分、絨毯も総入れ替えでしょうし、間に合うのかどうか。でもそれを私達が心配する必要はなく、間に合うように祈るだけ。

売買の決済前でも改修で業者をいれることを我々が承諾していますが、もちろん買主が住むには決済を済まさないとなりません。うまくいば11月の中頃にはそうなることを願っていますが、買主が短期でどこかを借りて、じっくりしっかり時間を掛けて改修してから入居しようと決めれば、約束通り期限いっぱいの1月中旬まで引っ張るんじゃないですかね。

彼らは銀行から借金もしていますし、我々への支払いが遅れれば遅れるほど金利分は助かりますし、その金利分でどこか短期で借りるのは可能なはずですし、そして改装をどんどん進めて快適に住める環境にする。私だったら間違いなくそうします。

どうなりますか。

24日までに我々の私物は出しますが、きっとその頃には11月に決済するのか、契約通り1月になるのかはわかるはず。

全て順調に行きますように・・・・

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

自宅売却関連:明日から本格的に私物の搬出が始まる” への2件のコメント

  1. 自宅売却、着々と進んでいるようでよかったですね。

    大きな家具ですが、Gumtreeに広告を出されてはいかがでしょう?
    私は昨年ベッドを2台処分したかったのですが、トラックのない私たちは処分に困りました。1台はゲスト用のもので古いですがほぼ未使用、捨てるのはもったいないと思い、とりあえず「取りに来てくれる人」で安めの値段設定(他の似たようなものよりやや安くしました)でGumtreeに掲載しましたらすぐにたくさんの電話&smsがありびっくりしました。すぐに処分できお金もいただき、掲載してよかったです。

    売らない場合でも、コンディションのよい家具はチャリティー団体サルベーションアーミーに寄付されてはいかがでしょう?トラックで取りに来てくれますよ。
    大型の家具が減れば、廃棄業者の支払いも抑えれますよね。

    • hopeさん、コメントを有難うございます。

      Gumtreeの存在は知っていますが、面倒う臭いという思いが先に立ちます。

      またガレージセールは?というサジェスチョンも結構あるんですが、我が家は昔、ガレージセールで友人知人の本性を見たと感じたことが何度かあって、それ以来やりませんし行きません。またこちら(相手の場合も)の弱みがわかっている値引き交渉もイヤなんです。

      私自身も過去に「なんでも欲しいものは持って行って良いから」と言われ、「宝の山に遭遇したような思い」であれもこれも「空き巣のように」よりどりみどりもらってきたことがあります(笑)。店舗が閉店する時の調度品のセールも面白かったのですが、ああいう時の自分の変化も「かなりいやらしくなる」という自覚があります。

      また日本を出るときも、親類縁者のそういう姿を見ましたし、それらを思い出すと関わらないほうが良い、そういうのには近づきたくないと思ったり。

      サルベーションアーミーも考えましたが、最近は「ごみ処理業者と間違えているんじゃないか?」という意見が多く、彼らも困っていると聞いています。それを聞くとろくでもないゴミのほうが多い私としてはドキッとするわけで、やめました。

      ですので、欲しい人がいれば「大事に使ってくださいね」と無料であげるほうが嬉しく「心の平穏」を感じますので、昨日、若い日本人スタッフを多く使っている友人と一緒に自宅に行き、若者たちが欲しがるものもあるだろうからベッドでも家具でもトレーニングマシーンや(古い)AV関連機器でもなんでも持って行ってくれとお願いしたところです。同胞同士の助け合いにもなりますし・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です