ヘイズって時期が決まってないんだ?

マレーシアのヘイズって私は経験したことがありません。なぜかその時期にマレーシアに行ったことがない。

まぁ、ヘイズとはどんなものかってのは耳タコで聞いていますからわかっていますが、時期に関してはまるで知りませんでした。ただ今の時期にヘイズヘイズと騒いでいますので、だいたい9月頃なのか・・と思ったわけです。

でも過去に酷い時があったとその時のことを書いている人がいて、それはなんと6月。9月じゃないじゃん。

こんな幅があるとはまるで知らず、マレーシアに行ったらその時期はゴールドコーストってのも良いなぁと思っていたんですよ。ちょうど暖かくなる頃ですし。

ところが6月だったり9月だったりって、それじゃ予定が組めないじゃないですか。

調べてみたら5月~10月の乾季にヘイズになると。そか・・この時期は乾季なのか、それも知らなかった私。^^

ところがいろいろ見てみますと、3月のヘイズの写真もあった。

3~10月までって8ヶ月間・・・・・

「今年のヘイズは何月頃」とかって予想はあるもんなんですかね?

突然ヘイズに襲われるって感じ?

予兆がある?

どのくらい前に?

これがわからないと、ヘイズの時期は旅行にでも行く?なーんて簡単には行かないですよねぇ。

私はヘイズって多分大丈夫で、東京のゴミゴミしたところで育ちましたからどうにかなりそう。排ガスが酷いなぁとか生まれてこの方、一度も思ったことがありません(笑)。ところがヨメさんの乾癬がどうなるのかそれが気になります。アトピーの人はヘイズの時期に悪くなるなんてことがあるんだろうか。

ゴールドコーストの、遥か彼方まで空気が透き通って見渡せるのに慣れていて、もちろん空気が臭いなんて経験したことがないので、ちょっと不安。

でも成田空港のスモーキングエリア、あの狭い部屋で煙が充満してタバコの匂いが恐ろしいところ、あんなところでも平気だから(笑)、気にすることもないのかな?

ヘイズに弱い人もいるはずですが、家では空気洗浄機と外出時はマスクって感じなのでしょうか?

逆に大丈夫な人って、空気が真っ白でコンドからの眺めが悪くなったなぁ・・程度で済んじゃうんでしょうか。

ヘイズを嫌うんじゃなくて、ヘイズだから出来ることみたいに逆手に取った楽しみ方って無いんですかね。

ヘイズが始まると旅行に出ます、なんて人っている?どこへ行くんだろうか・・・。

マレーシア政府のサイトを見ると日本人が書いているのと違う時期が書いてあるのを発見。「In Peninsular Malaysia, haze is most likely to occur during the months from January to February and June to August.」1-2月、6-8月ですと。1年に二度あるんですねぇ。

私はヘイズって焼き畑による「公害」みたいに思っていたのですが、そうでもなさそうで、もちろん焼き畑は大きな原因の一つなんでしょうが色いろあるとのこと。なるほどねぇ。焼き畑なら農業に関係あるから時期が決まると思っていたんですよ。年がら年中焼いているわけでもないでしょうし。

ま、乾燥と風ですか・・。南西の季節風の時期は大気の動きが減少し滞留するってことですか。乾燥もする。だから微粒子がヘイズとなる。そして北東の季節風の時期には大気も動き湿気が多くなり、微粒子はそれと結合し地面に落ちるってことみたいですね。

Malaysian Meteorological Department – Haze

来年のヘイズ初体験を楽しみにするとしますかね。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ヘイズって時期が決まってないんだ?” への6件のコメント

  1. こんばんは
    お風呂のお水の件ですがdaboさんはピュロライトを試されたことはありますか?
    硬水を軟水にする時に使う樹脂なんですが、値段も安くてお塩で洗浄(?)するとパワーは持続できるとの事で私はオーストラリアに来る時に日本から買ってきました 多分こっちでも簡単に手に入るはずですが(笑)
    ペットボトルを利用して浄水器のように作る人もいてネットでその作り方も出てきますが、私は樹脂をストッキングに入れてそのまま布の袋に入れ水上から流し、下でその水を受け(浴槽ならそのまま浴槽に)使っています
    既にご存知だったらすみません 
    奥様のお肌、良くなりますように!

    特攻隊の話、この前教えて頂いた動画かどこかで最近知りましたよ
    その奥様は”この人(夫)のいない人生なんて生きている意味がない”と思ったのでしょうかね? だと仮定したら、そんな掛けがえのない人と結婚できた女性はさぞかし幸せだろうなと思いました 私は長生きをしたいとは一度も思った事ないんですが、この特攻隊の奥様の心境が全く想像が出来ないんです 心が凍りついてるんでしょうかね~

    • SANAさん、情報を有難うございます。

      ただゴールドコーストの水は硬水なのか軟水なのかネットで調べたことがあるのですが硬水ではなさそうです。地域によって違うんですよね?

      でも「より軟水」の方が肌に良いのかもしれず、またクアラルンプールがどうなのかもわかりませんので入手してみますね。

      ところであの夫婦で特攻した話ですが、私はSANAさんと逆で、奥さんの気持ちはよく分かるのですが、どうして旦那がそうしたのかが良くわからないのです。

      当然若い夫婦ですから「一緒に死のう」と思うぐらい愛し合っていた(情緒的)なのでしょうが、奥さんにしてみれば「彼を特攻で亡くした」のを一生抱えて生きて行く自信が無かったのだろうと思います。この辺の気持ちは良くわかります。

      ただ旦那にしてみれば「生きて生きて生き抜いて、俺の分まで生きてくれ」と思うんじゃないかと。また「俺のことを忘れずにいつまでも思い続けて欲しい」という気持ちがあるはず。「俺はお前を守るために逝く」とも思っているだろうし。

      でもやっぱり二人は若く純粋なんでしょうね。結婚して何年も経っているわけじゃないでしょうし「いつも一緒にいよう」という気持ちが強いんじゃないかと。また宗教観にもよると思っていて、輪廻転生とかあの世の存在を強く信じていれば、「向こうで一緒に生きよう」という感覚を強く持つのかも。

      受け入れたくない宿命を受け入れなければならず、時代や政府、世の中の不条理さに我慢が出来なかったのかもれしません。恨みもあったのかも。自暴自棄と言えるかもしれませんが、「あの世」に逃げたかったのかも。時代背景として「阿弥陀信仰」が強いとすれば尚更だと思います。

      昔起きたある事故を思い出すんです。奥さんが自分の子供、その友達を乗せて車を運転していた。その車にはサンルーフが付いていて、子どもたちはそこから頭を出して遊んでいたんですね。そのままで車が橋の下を通りすぎようと思った時、橋桁が低く、そこに子どもたちの頭がぶつかり、首がゴロンと取れてしまった。

      この恐ろしい事故をその奥さんは受け入れることは絶対にできないだろうと思いました。その情景は一生目に焼き付いたままでしょうし、24時間思い出し、後悔し、夜も眠れない。もし他に子供がいればまた違うのでしょうが、もしそうでなければ【私なら】「死ぬしか無い」と思いました。またあの世に行って謝りたいし、まだ子供ですから、あの世で彼らに尽くそうと思うんじゃないかと。また他人の子も自分の不注意で殺してしまったのですから、まず生きていはいけないかと。

      その感覚とあの特攻の奥さんの心情がダブルような気がするのです。

  2. ゴールドコースとは硬水ではないんですか? いいですね~ と言っても私はシドニーが硬水か軟水かそういえば調べていません(笑) けど石鹸の溶け具合からして、硬水だと思っています(笑)
    クアラルンプールが軟水だといいですね

    ハイルーフの事故、覚えています 悲しくて強烈な事故でしたよね 頭がゴロンって事は知らなかったですが、ドライバーの女性がその先生き地獄なのは簡単に想像出来ますよね 

    特攻のご夫婦に対する見方、なるほど、この違いが面白いです。私が思ってたのは夫が、か弱き妻を案じて一緒に連れて行った 残された妻に苦労させたくない夫なりの責任の取り方 と感じていました。それはしっくりくるんですよね
    面白いですね

    • オーストラリアの水に関してですが、検索したら地域ごとに硬度が出ていたはず。

      石鹸の解け具合からして・・・って、何がどうなるのか全く知らない私。(笑)

      あの特攻の話ですが、細かい内容は全く知りません。映画が出来たそうで是非見てみたいのですが・・・

      彼がヨメを連れて行くという発想は軍人には出てこないと思うんですよ。きっとヨメさんが言い出して言うことを聞かなかったんじゃなかろうかと・・

  3. 『石鹸の溶け具合』ではなく『石鹸の溶けなさ具合』でした。すみません(笑)
    硬水だと石鹸が水に溶け切らなくて白く濁るじゃないですか、それを言いたかったんです(汗)こっちではアタックでも日本のようにきちんと溶け切らないんですよ その石鹸カスが服に残って、白いTシャツもグレーになっていきます。ははは。
    特攻の話、確かにそうですね 軍が隊員の個人的心情で一般人を道ずれにと言うのは許すはずないですね え~、やっぱり、この女性すごいです。

    • ああなるほど。グアムがそうでした。石鹸だかクリームだかわからないような感じになりました。南洋の水は石灰を多く含んでいるからでしょうね。そういえばヤカンが凄いことになるんですよ。中を見たら真っ白。

      特攻ですが、やっぱり注目すべきは奥さんですね。映画を見てみたです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です