ロシアがシリアで爆撃を開始したけれど、なんか変・・・

ロシアがシリアで爆撃を開始してもちろん標的はISILのはずなんですが、アメリカは標的はISILではなくてアメリカが支援している反シリア勢力だったと文句をつけていますね。

ちょっと変だと思ったのはそのことに関してではなくて、ネットに爆撃の様子の動画が出ているんですが、ちょっとこれを見て「あれれ?」って思いません?動画の最初の10秒を見るだけでもおかしいのがわかるはず。

そうそう、その通り。標準が正確じゃないどころかこれって使い物にならないレベルじゃないですかね。20年以上前のイラク戦争でさえ、アメリカは精密爆撃をしていたのに。

もちろんこの動画の真中にある標準器は撮影のための標準であって、爆撃のものとは違うだろうと思いますが、建物を見てくださいな、ずれているのがはっきりわかります。

これはこの動画を見ていて他の場所でもそうなのがわかりまし、他の動画でも同様。

この手の爆撃に関してはイラク戦争の頃から随分見てきていますが、こんな「下手な爆撃」をアメリカはしないんですね。このように微妙に外れた爆撃を見たのははじめてです。

しかしまぁ、ロシアがISILへの爆撃を開始した、いやあれはISILじゃないぞと、なんだか話が軽くないですかね。アメリカだってもし支援組織を爆撃されたのならもっと大騒ぎをしても良さそうなもんですが、「お前、今殺したやつ、間違えてね?」みたいな、殺された方の存在を恐ろしく軽く見ている感じを受けました。

ま、私もこういう「殺人現場」の動画を見てこういうことを書いているのも同じかもしれませんが、「ロシアの爆撃命中精度の低さ」にびっくりしました。

しかし中東はややこしいですね。大きく分けると3派が入り乱れていて、一応皆の敵はISILですが、それぞれがそれプラス違う敵を持っていてISILだけを潰せば良いとは思っていない。

今、ロシアが積極的にこの地域に介入しだして、アメリカとの関係は更に悪化した状態。アメリカはアサド政権を潰したいのにロシアはアサド政権を支援する側。だからロシアにしてみれば、反アサドでアメリカが支援している勢力を爆撃しても問題はなし。アメリカはクルド人たちを積極的に使うようになったけれど、もちろんクルド人は反アサドでロシアの敵。そこにイランも口を出して、イスラエルは「揉めれば揉めるほど良い。仲間割れして皆潰れろ」みたいな立場じゃないですかね。

でもどうも立場が悪いのはアメリカのようで、なんとアメリカが知らない間に、ロシア、シリア、イラク、イラン、それにインドも加わって中東問題の情報交換する仕組みを作ったんですね。アメリカは蚊帳の外。こんなことがあるんですね。そしてどうもアメリカは、アメリカvsアサド政権に関しては一時棚上げみたいなことも考えている様子。

こういうややこしい時に日本がロシアに近づいて、今年中のプーチン訪日を実現したいとか、北方領土が~~なんて言うのは世界の動きにまるで「俺は関係ないよ」って言っているのと同じだと思うんですけどね。

ヤクザの抗争が激しさを増してきた時に、自分の都合だけでどこかに近寄るってうまくないと思うんだけどなぁ。でも言えていることは、世界はオバマ氏を無視しているってことじゃないでしょうか。「平和を言うだけで行動できない男」とどの国も見ている。クリミアでロシアが大きな顔をするのも、中国の南シナ海で好き勝手なことをやるのも、オバマは何もしないのを知っているからでしょう。来年、大統領選挙ですが、それまでに地盤作りに皆さん頑張っているんじゃないでしょうか。

昨日のニュースだったかな。アメリカのホワイトハウスはペンタゴンに「中国を刺激するな」という司令を出していたのがすっぱ抜かれましたね。本来なら南シナ海でも「自由な航行の確保」を前面に出しているアメリカは中国の横暴を絶対に許せないはずなのに、その対抗措置(わざと軍艦で近海を航行するとか)をオバマ氏が止めているってことですね。クリミアも演説で大きなことを言っても結局大したことはできず。シリアの時もそうでした。

平和を言えば言うほど、世界は「手出しはしてこない」と読んで好きなことをして、結果的に混乱が生じる。

こういうことを日本の左派はどうみているんでしょうか。やっぱり話し合いですかね?一緒に酒を飲んで仲良くすればどうにかなると思っている学生には、旅費と酒代を渡して中東に行ってもらうべきだと思います。嫌味じゃないですよ。彼らはそれが出来ると公言するんだから、やらせるべき。彼らも自分の言葉に責任を持たなくてはならないし、本当に平和が訪れるかもしれないんですから。やってみないとどうなるのか誰にもわからない。一人じゃ駄目だろうけれど、あの国会前に集まった数万人規模で乗り込めば本当に歴史は変わるかもしれない。

勇気を持って立ち上がるとはそういうことだと思うんですが・・・。世界に感動を与え、よし俺もと多くの人を動かしたあのたった一枚の写真。天安門広場で戦車の前に立ちはだかった一人の青年。あれぐらいの気構えが是非欲しい。

戦争をするにも、戦争をやめさすにも、命を賭ける必要ってあるんじゃないですかね。ただ恐怖から逃げたいだけの人間のいう言葉を聞くべきかどうか・・・・

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ロシアがシリアで爆撃を開始したけれど、なんか変・・・” への4件のコメント

  1. 勇気を持って立ち上がるのは良いと思うのですが・・
    やはり無謀なことってあると思います。
    天安門では結局 上からの命令とあらば自国の若者を戦車で踏みつぶすなんてことを
    躊躇せずにやる人民抑圧軍の優秀さを内外にアピールすることになってますし
    民主化が遅れることにつながってないでしょうか。

    • 無謀かどうか判断するのは自分自身であって、それでも夢や希望を捨てることができないと思う人が世の中を変えるんじゃないですかね。私が考える世界の歴史はそうであって、計算高い人たちに歴史は変えられないと私は思っています。

      いわなさん、ビジネスも全く同じじゃないですか。

      無謀かもしれないけれど、やらずにはおれないという心の中に燃えるものがあるわけですよね?

      結局大事なのはそれであって、それなくして成功も何もないと思うんですよ。だから私はいわなさんの計画には反対はしない。いわなさんはあの戦車の前に立ちはだかった青年と同じことを考えていると私は感じるから。

      天安門もあの結末だけを見たら駄目で、学生たちを理解して話し合いをしようと動いた権力側の大物(誰だっけ?)もいたわけですし、あれがあったから世界中で中国の民主化を叫ぶ人たちに火が付いたという功績があるはずで、「無謀なことはやめよう」では今の民主化運動は存在しないはず。

      やむにやまれる気持ち、絶対に変えてみせるという強い意志が大事であって、結果を想定して行動を決めるべきときが一般生活には多いのは当たり前として、ここぞという時には命を投げ出す覚悟は大事だと思ってます。

      ミツバチが敵を「一刺し」攻撃するのに自分の命を賭けるわけですが、その一刺しで敵を倒せないかもしれないけれどそれに賭ける。だから道が開けるし、ミツバチという種が今も残っているんだろうと思うんです。ミツバチ一匹一匹の生死にこだわったり、人間一人一人のビジネスの結果にこだわっていたら新天地は切り開けないはずで、結果がどうあれ残った者がその精神を後に続く者に伝えていくから進歩があるのじゃないでしょうか。

      • 私は戦車に立ち向かったりしませんよ(笑)。
        南沙諸島のことでは でっかい拡声器付きの船で出かけていって
        中国人に罵詈雑言を浴びせてやりたいほど腹を立ててますけど
        実際にはそんなことはしません。
        もっと地味~なやり方で行きます。

  2. いわなさ~~ん、無謀かどうかは自分がどう思うか、それだけなんですね。

    だから他人が無謀だと思っても本人は大丈夫だと思っていたり。自分が無謀だと思っても屁でもない事だったり。

    さて、いわなさんの地味なやり方は無謀かどうか、そこですね。地味なやり方だから大丈夫と思っていても、とんでもない無謀なことかもわからない。

    私だって同じで、自分をとことん疑って、自分のスキルを含めて疑って疑って疑いまくっても世の中って後で思い返すと、ああ、これが駄目だったのか・・、何で気が付かなかったのか・・・と思う。そんなことの繰り返し。

    私は「地味なやり方だから大丈夫」「背伸びしないから大丈夫」と考えて、そしてうまくいった経験は一度もありません。攻めるところは大胆に攻めないと駄目だし。地味にやったから失敗するという可能性も考えるべきですよね。ビジネスって「馬券を1000円買うのと100万円買うのと勝率は同じ」ってのは全く違うわけですし。

    でも最後は、「どんな結果が出ても俺はやるぞ」という失敗も覚悟したうえでの強い意志が大事なんだろうと思うわけです。

    頑張ってくださいね。そして後悔が無いように思いっきり攻めて欲しいと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *