ヨメさんに飲みに行こうと誘われた

今日は買い物に行っていたのですが、ヨメさんから電話がかかってきました。

「今どこにいるの?もう外に出る用意が出来たから一緒にどこか行こうよ」と。

普通の夫婦ならなんてことのない会話なんでしょうが、私はこの7,8年、ヨメさんからこんな事を言われたことはありません。

その時、丁度、買い物も終わりコンドの駐車場に入ったところでしたので、とりあえず部屋に帰ったわけです。すると確かにヨメさんは出かける用意ができていて、「行こ、行こ」とその気になっています。

ヨメさんが乾癬という病気なのは何度もここに書いています。この乾癬って一体何が原因なのか、どうしたら治るのかがはっきりわかっていない病気で、皮膚病の様に見えますがそれは違っていて、皮膚に出るのは結果であって原因ではないんですね。でもストレスがキッカケになるとよく言われています。ヨメさんが乾癬に罹ったのは、(行きたくない)マレーシア行きを決めてからで、もう7,8年になります。

乾癬って体中にアトピーみたいな症状が出ます。例えばこんな。これはまだマシな方です。

Psoriasis_on_back1

これがどこに出るかわかりません。頭の中だったりお尻や手足だったり。これが足の裏に出来ると最悪で、足の裏が割れて歩くことも出来なくなります。

病気なんだからしょうがないじゃないかなんていうのは本人の気持ちがわからない人の言い草で、正直なところ、アトピーもそうですが乾癬も、他人がこれを見るとびっくりするのが普通なんですね。昔のライ病ほどひどい扱いを受けることは無いにしろ、「見た人は何を感じるか」と本人は気にするわけです。だから人前には出たくないし肌を隠すようになります。この症状が酷い人は自分は頑張っていても仕事で配置転換を言い渡されたり、皆と一緒に海やプールに行くなんてのはとんでもない話で、真夏でも長袖を着て手袋をするわけです。仕事もできない、恋人もいないし結婚も出来ないと自殺を考える思春期の人もいるぐらい。

ヨメさんは若い頃はファッション業界にいてモデルもやっていたこともあるような女なんですが、それだけに「見た目」に拘りがあるんでしょう。「自分が思うほど他人は気にしていない」なんて言っても駄目で、とにかく人目に触れないような生き方をするようになりました。家に呼ぶのは極々親しい人のみで、殆どが女性。私が私の友人を家に呼ぶこともいつの頃からダメになりました。家に誰かが来てインターフォンを鳴らしてもヨメさんは絶対に出ません。もちろん買い物に出るのも稀で、出るときには遠いところの知り合いが来ないであろう店に行く。だから買い物はいつのころからか私の仕事になったわけです。

でも昔は私と一緒に朝までよく遊びましたし、酒を飲んで盛り上がるのは大好き。どちらかというと吉本系かも。でもそんな盛り上がりもほとんどなくなりました。たまに出かけるにしても、前の日にそれを言わないとダメなんですよ。今晩、食事に行こうぜ、なんてのは無しで、予定を決めてから前の日から人前に出るのを考えていろいろやるんですね。もちろん肌が見えないようにして、お化粧もバッチリ。

それなのに、ヨメさんから突然「一緒に行こうよ」なんて言うもんですから、私は何があったのかとびっくりしたぐらい。

でも外に出たいと思うのは良いことですから、いつもの階下の日式焼肉屋JFXに行きました。そして一体全体、どうして突然、出かけようと言い出したのか聞いてみたんですよ。

するとニコニコしながら両手の肘を私に見せるんです。「見て見て、綺麗でしょ?」って。私の目の前にあるのはバーさんの肘でしか無いんですが、確かに乾癬が消えています。普通のバーさんの肘。(笑)

嬉しかったんでしょうね。

そして珍しい事を言いました。「パパのおかげ。有難う」って。ヨメさんは九州女だからってわけじゃないんでしょうが(笑)、旦那に有難うとか、ごめんなさいをまず言わない女。それを言うと負けだと思うんでしょうか。(笑)

今まで乾癬が良くなるように、ありとあらゆることをしました。でもよくならない。ところがこのブログで「水を変えたら?」というサジェスチョンを頂き、飲水、料理に使う水は水道水を使わないようにして「ボトルで買うミネラルウォーター」を使うようにしました。またお風呂はビタミンCを入れて「塩素を中和」するようにしました。

私はそれが良くなった理由だと思っていまして、それを教えてくれた読者には感謝のしようがありません。また他の読者から薦められたビフィズス菌も効いているのかもしれません。

とにかく、人前に出ても恥ずかしい思いをしないで済むようになったのは大進歩で本当に良かったです。足のスネも結構ひどくなっていたのですが、「足のスネは?」と聞いたところ、「まだやっぱり・・・」とはいうものの、見せてもらったところちょっと赤くなっている程度で、快方に向かっているのは確か。

その喜びが「一緒にでかけようよ」というこの何年も聞いたことのない言葉につながったのでしょう。

久しぶりに明るいヨメさんと二人だけで飲んで食べていたのですが、今日は自宅を売ることに関して弁護士から電話があったことを伝えました。そして間違いなく我々はマレーシアに行く方向で進んでいるし、どういう日程でどうなるかの話をしたんですよ。そしてマレーシアの後のことにも話が及びました。

「最終的には日本に帰るしか無いよな」と。

するとヨメさんは「私がゴールドコーストが一番好きなのはわかっているわよね?」と。

でも確率的には私が先に逝くのはわかっているわけで、「お前一人でどうやってゴールドコーストで生きていけるんだよ。子どもたちはあてにできないのに」と言いましたところ、

「パパがいるでしょ?」と言うんですよ。

「そうじゃなくて、俺がいなくなった後の話をしているんだよ」と言ったわけです。

そうしたらなんと「私を一人にしないわよね?」と。

「しょうが無いじゃないか、普通なら俺が先に逝って、お前はその後、10年でも20年でも生きるんじゃないか?」といいましたところ、

「嫌よ、連れてって」ですとさ。

全く子供そのものだと思いましたが、まだ若い頃に大好きな父親を亡くし、そこそこの名家だったのにお袋さんがめちゃくちゃにして全てを失った。それどころかマイナスになり、お袋さんは失意の中で白血病で他界。3人姉妹だった姉も幸せな結婚ではなく、妹も同様。最終的には仲の良かった妹は肝硬変で若くして他界。

寂しんでしょうね。こんなはずじゃなかったのに・・なんてことは何百回も考えたはず。

トラウマがあると言っても良くて、ゴールドコーストは大好きだけれど、日本人村の中で嫌な思いは何度もしたし、病気のこともあって社交性は全くなくなりましたし、ほんの数人の親友としか付き合わないようになりました。そしていつか帰ることになるであろう日本を想像しても、もう25年も経った今、自分の居場所があるとは思えないんでしょう。今では彼女にとって頼れるのは私と子どもたちだけ。そしてこれからは誰も知り合いもいないマレーシアに行かなくてはならない。そして旦那もいつかいなくなる日が来ることを想像したんでしょう。

「私を一人にしないで・・」と泣いていました。

DSC01222-4

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ヨメさんに飲みに行こうと誘われた” への7件のコメント

  1. 良い話ですね。拝読しほほえましくそしてうらやましく感じました。月並みですが夫婦でたのしく年を重ねることはなによりも大切ですから。

    ちなみに私は現在マレーシアに住んでします。まだ来馬して半年ですがこちらでお会いできると良いですね。

  2. はじめまして。
    いいお話ですね。思わずコメントしてしまいます。
    私も夫婦ともども、ちょうど50歳を超えたところでして、
    これからどのように睦まじく過ごせるのかなと思っているところでした。
    更なる快方をお祈りしています。

  3. かんたさん、snowさん、コメントを有難うございます。

    実はお二方とも「良い話」と受け取られて様で、これにはびっくりしています。

    病気や家の問題で「孤独」な人って決して少なくなくて、最後は夫婦で支え合うしかありませんが、いつか人は年老いて一人になる。当たり前の話しではありますが、その孤独に対する恐怖、不安、寂しさに人は耐えられるのか、耐えられない場合はどうなるのか、それに関して何も出来ない先立つ者、残された者の悲しさを書いたつもりでした。

    ただこれを書いてよかったと自分でも思っていて、私はまだ近親者は全員生きていますし、ヨメさんの悲しさを理解していなかったことに気がついた様に感じます。子どもたちがいますから天涯孤独ということではありませんが、世界のどこででも生きていける子どもたちに育てることが出来たのは良かったものの、我々がどこに住むのか、彼らがどこに住むのかもわからない。一年に一度でも会うことが出来るのか、心が潰れそうになった時、また最後の時でも会えるのだろうか。そんな寂しさがあるのですが、でも私たちは期待を持ってはならないと考えてはいるのですが・・・・・。

    「日本の田舎で親族が集まって幸せに生きる」友人たちも多く、一体私達が目指したものって本当に良かったのか、今になるとそんな気さえしてくるのです。

    ヨメさんの「私を一人にしないで・・」という言葉の奥に、私はヨメさんが長生きをしたくないと本当に思っているのを感じるのです。昔から「私のほうが先に逝くからね」というのが彼女の口癖で、「私のことは心配ないわよ。どうにでも生きていけるから」みたいなことは一度も言ったことがない寂しがり屋。今でも具合が悪くなっても病院に行かないんですよ。これが不思議で、早く逝かなくちゃって思っているんじゃないかと疑っています。すでに今の彼女に取っては「あの世」は寂しい場所ではなくて、皆が待っている場所なんですね。

    そんな彼女を見ていると、私がいなくなった後、どうなるのか・・・

    彼女が経験した「家族の団らん」とは若い頃と、そして私と結婚してからの生活があっただけで、私がいなくなった後のことを考えるとゾッとするのでしょう。せめて子どもたちも家族を持ち、孫達も含めて身近に繋がりが保てれば随分違うのでしょうが・・。

    ワガママなのは間違いがないでしょう。本人もそう思っていることでしょう。でも心は勝手に動いてしまうんですね。

    私は男ですし「人間到る処青山あり 」と開き直っていますが、ヨメさんはまだその心境には達していません。ただ、これも歳に関係しているのかと私は思っていて、歳を取ると良く言えば「悟り」、もしかするとただの「諦め」かもしれませんが、そういう風に変わっていくんですね。

    ヨメさんもいつか「良い人生だった・・・」と心穏やかに自分の一生を振り返ることができるようになるのかもしれませんが、今はまだそこまでに至っていません。彼女が若い時から経験した両親の死、一番仲良く一緒に歳をとっていこうと約束していた妹の死、その悲しみが今でも重くのしかかったままなのでしょう。

    その重しを取り除いてやるのが私の役目ですが、それだけに私の死に対する恐怖は、私の感じるそれ以上なのかもしれません。

    もしこれを若い人が読んでいたら、ちょっと理解できないものがあるかもしれません。ただ若い時には自分にも力が溢れていますし、夫婦は夫婦、子供は子供とか、最後は一人になってもどうにかなるなんて思うんですね。それが普通。でも幸せをつかめたからこそ死が現実のものとして見えてくると、そして歳とともに不安感が増してくる。そしてまたいつかその時期も超えて達観できるようになるんでしょう。これは私自身そうですし、両親を見ていても同じ。ヨメさんはまだその過程にあるわけですが・・・

    どうなりますかね~~。

    でも同じようなことを考えている人が大半なはずで、皆で寄り添って支えあって生きることができたら良いですね。

    ところがですね、海外に出ると皆さん夢と希望、そしてここがポイントですが「不安の大きさ」が半端じゃ無いんですね。だから寄り添う助け合うと言っても「心の許容範囲が極端に狭くなる」のが普通。

    だから「私たちは絶対に仲良くして、いつまでも助けあおう」なんて手を握り合った仲間同士が、ちょっとしたことで「骨肉の争い」をするようになる。これが普通でちょっとでも不安を感じると「簡単に親友でさえも切り捨てる」ことが起きる。

    そんなことは私もヨメさんもイヤってほど見て、自らも体験してきましたので、村社会とは距離をおいて生きて行くのが「海外生活の基本中の基本」だと思っています。でもそんな「骨肉の争い」の中から本当の友人も出来てくるのは間違いがないんですね。

    ですから「出会い」そのものを否定してはならないと思っています。

    ご縁のある方々とは是非いつかお会いしたいと思っています。よろしくお願いします。m(_ _)m

  4. daboさん 本当に良かったですね。私が言うのも変です心からそう思います。
    「死ぬほど好きで結婚した奥様に、最後はありがとうと言って終わりたい」と仰ってた事を思い出しました。それがdaboさんの人生のシナリオなんだなと・・・
    daboさんの思いとは逆に、奥様のご不幸なことが次々と続き、衝突も他所より多くあったかと思いますが、あの手この手と努力されて大変だったと思います。身内のご不幸で日本にご一緒に帰国されてから二人の絆も一層強くなられたのではないでしょうか。
    「美」意識の強いdaboさんに対して、奥様もそれに応えられることがどんなに嬉しかったことかと・・・私は他人の目より旦那様に喜んでもらえることが一番嬉しかったのだと思います。

    どうかマレーシアに移られて落ち着かれましたら「日本にも帰ってみたい」と思うようにしてあげてください。
    近くにいる身内もいてもどうかと思う現在、たとえ日本になくても「キッカケ」を作ってあげてください。
    例えば、目的を作って日本一周温泉巡りとか四国遍路(笑)とか・・・
    家や別荘など買ってしまうと余計なものを持った悩みも出てくると思います。
    その点会員制リゾートなどは、昔は別荘を持てないから買うというイメージがありましたが、今は煩わしさがいらないのでむしろ別荘を売却して便利。いいとこ取りをすれば良いと思います。

    ちなみに私は、悪名高きリゾートトラストの「東京ベイコート」の権利を持っていますが、子どもや孫の事を考えて土日権利とSスィートを使えることでグレードアップしました。daboさんちは今のところ、平日でもOKかと思いますので、担当営業も必要ないでしょうし、中古販売の業者から買えば今はかなり格安だと思います。会社の回し者ではありません(笑)

    離宮シリーズの建設や芦屋ベイコートなど以前に比べてどこの会員制リゾートも利用幅が広くなり、同時にクォリティーも高くなっているかと思います。権利を身内と思って、将来は、子ども達夫婦と集まったり、夫婦で全国施設を利用して日本を周ってみたいなと・・・?何かのキッカケづくりを是非考えてみてください。甘いですか?(苦笑)

    私の子どものいない義兄姉は、退職後奥さんを巻き込んで(笑)、ホエールウォッチングの会員をキッカケにして日本や海外を周っています。

    ↓ は、日本国内のタイムシェア・会員制リゾート比較ナビです。(参考になるかと)
    http://resort-member.com/

    daboさんもよくご存知のリゾートボーイさんの、今の体験記ブログ
    http://resort.boy.jp/wordpress/#wrap

    今は人生の実りの秋。
    冬はこれまでの収穫を多くても少なくても夫婦で味わい深い味覚に・・・と。
    私も楽しみにしています(^^♪

    ハッと気が付いたとき一緒に行動できる人いるってどんなに幸せか~~~~~

    • 実はですねぇ、先日のことですが久しぶりにエクシブのことを調べていたんですよ。中古物件の価格も調べたり、手に入れるにはどのグレードが良いかとか。

      でも今はマレーシアに行くことが大事で、その後どんな生活になるかわかりませんし、日本には旅行に行こうと思っていますが、その時はエクシブに泊まるということではなくて、今まで行ったことのないあちこちを転々したいと思っています。

      でもいつか日本に戻り、腰を落ち着けることがあれば毎日が日曜日ですし、エクシブを途中に入れながら放浪するのもアリなんでしょう。

      ただやっぱり前にも話しましたが、エクシブがそんなに良いかというとそうでもないと私は思っていて、好きな場所の好きな旅館で好きなモノを食べる旅行が良いと思っています。

      JALLさんはまだ現役ですから自由な時間も少なく、たまの休みに行こうという旅行だからエクシブ系が良いと思うんだろうと思います。でも時間が有り余ってしょっちゅう行くようになれば間違いなく飽きるのははっきりしていると思います。ま、子どもや孫のために・・というのが正解なんでしょうね。ヒルトンも同じでしょう。

      私としては函館とか富山とか、長期で滞在しながら放浪する旅行にあこがれています。

      エクシブに泊まりたい時には「良くしてくれる友人」がいますから、取ってもらって泊まらせてもらおうと思っています。(笑)

      その友人には私が将来もし一人きりで、なおかつボケた時にシモの世話を含めて面倒見てもらおうと思っています。\(^o^)/

    • 私は39歳で老眼、40代になってすぐ白内障手術、50代になったら前立腺肥大で数年後にはまた大きくなって再手術。それから考えるともうそろそろ老衰でもおかしくないわけで、今生きているのも不思議かもしれません。

      そろそろ・・と思う時が来たらヨメさんも連れていくことを考えますわ。(笑)

      やだ~~~~~って逃げまわりますかね?(笑)

      ああ、そういえばSANAさん、特攻の話ですが、嫁さんを一緒に乗せて特攻した例があるらしいですね。実話かどうか知りませんが映画も出来たはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です