マレーシアの物価って安くないんじゃないかと思うようになってきた

やっぱり住んでみないとわからないことばかりで、いろいろ想像しても無駄なのがわかってきました。

マレーシアの物価は3分の1なんていう話はすでに伝説であると思ってはいるのですが、それでも安いと信じ込んでいました。ましてや物価の高いゴールドコーストと比べると3分の1かもしれないと思うことは間違いなくありますし。

ただコンドにしてもそうですが、私がイメージしているコンドはやっぱり高いのがわかってきた。自動車なんかそれの最たるもので自動車の高いオーストラリアでも普通の人が普通に乗っている車がマレーシアでは1千万円以上もする。そして安いと思っていた食費ですが、プラスチックの皿での食事は基本的に好きではない場合、そしてホーカーズには行かないと仮定した場合、それなりのお金が掛かるのもわかってきた。和食もそうで、ゴールドコーストから見るとKLは和食天国なのですが、ジャパレスでもさほどのものじゃなくてもそこそこ高く、安いものはそれなりで、日本食材はゴールドコーストと同じで、結局、ジャパレス同様、KLでは種類が多いというだけなのに段々と気がついてきた。

衣服にしても電化製品、家庭用品などもろもろも同じで安いものは安いなりで、良いものが安く買えるわけではないと思う。

結局、安くあげようと思えばそういう商品なりサービスはいくらでもあるということであって、QOLを重視すると、あるいはゴールドコーストでの生活レベルを維持しようとするとかなり生活費が掛かるのが見えてきた。

旅行で何回か行ったり来たりしている中で、これは安いと思うのは中華料理で、ホテルの中の有名店、あるいは街なかの中華料理店で食べても安いと思う。これはきっと他の国の料理も同じかもしれないけれど、和食と同じで「本当に良い物」を選べば安いなんてこともないのだろうと思ったり。これは香港シンガポールから想像できるわけで、良い物はいくらでもあるけれど高い。KLでアワビ専門店(香港が本店)に行った時にはそれがよくわかった。価格も高く、結局オーストラリア産よりも安いメキシコ産を選んだっけ。

安いと思って喜んでいても、そんな差額は自動車一台買えば簡単にすっ飛んでしまうわけで、マレーシアの安さとは麻布に住むのと巣鴨に住むのの違いがあるようなものかもしれない。

マレーシアに興味のある人たち、マレーシアが好きな人たちの中で話をしているとその辺がよく見えてこないのですが、私の日本のネット友達の多くは全くマレーシアにも海外のロングステイにも興味がない人達ばかりで、そして地方の小さな都市に住んでいる人が多い。そんな人達に「マレーシアって生活費が安いらしいですよ」というと「へーー、それはいいね。どのくらい掛かるの?」と聞かれ、「月25万円もあればどうにか生活できるらしい」というと、多くの人は笑うんですよ。全然安くないじゃんってことなのね。

私は田舎生活ってのを全く知らないのですが、マレーシアが安いと言うのは大都会に住んでいた人だからこそなのかもしれない。もちろん収入も平均的日本人より多い人達。そしてプールやジム、(日本に比べれば)広くて快適な住居とか、日本では出来なかったゴルフ三昧の生活があるからマレーシアに良さを感じるんじゃないかと思ったり。

結局、そういう人たちの感覚に釣られてマレーシアに行くとかなりうまくないことになりそうな気がしないでもありません。「マレーシアで何をしたい」という明確な目的がないと、「あれもない、これもない」「あれもできない、これもできない」と無いものが目立ってくるような気もします。そういう意味では「日本(オーストラリア)にいたら手に入らない満足できる生活がマレーシアには本当にあるのか、逆に失うもの、マレーシアにはないものは何なのか」をじっくり検討する必要があるんでしょうね。

でもそんなのは理屈でしか無くて、やっぱり結婚と同じで、理屈で選んでも幸せはないのかもしれなくて、理屈は抜きにして「好き」という思いが何よりも大事だってことなんでしょうね。でも好きならゴーサインを出すべきってわけでもない。こんな話を子どもたちとすると、「そんなのどうなるかわからないじゃん、駄目なら進路変更するだけだよ」と簡単に言います。

私にしてみるとマレーシアが好きかと聞かれれば答えに窮するわけで、住んでもいないのに好きも嫌いもないんですね。そんなのわかるわけがない。でも好きだとすればそれは芸能人に感じる「憧れ」、あるいは未知の世界に対する「期待」でしかなくて、それは「好き」とは全く違うはず。

ただ絶対に間違いないのは「税金面のアドバンテージ」であって、物価の安い高いをいう場合、これを抜きして考えることは不可能で、もし本当に物価が3分の1でも税金が高い国なら意味が無いし、物価の高いオーストラリアとて税金がゼロなら天国かもしれない。

私としてはやっぱりマレーシアに行くのなら、そういう損得勘定を抜きにして、この国は良いわ~~と思えるようになりたいけれど、こればかりは住んでみないとわからない。

そこで不思議なのは私の両親で、マレーシアに行って7,8年になりますが、アジア旅行もほとんどしたことがないバリバリの江戸っ子の両親ですから、行ってからすぐに「こんな国、住めたもんじゃない」とか言うんじゃないかと思っていたんですよ。それが半端じゃないワガママなのに「もう日本には帰らない」と早い時期に言い出した。ここが私としてはなかなか理解できないところで、彼らがマレーシアの何にゾッコン惚れたのかがわからない。

でも両親がマレーシアで幸せなのは、日本では夫婦だけで寂しく生活していたのがマレーシアに渡った娘と同居できる。そして息子も何よりも大好きな孫も来るというところにあるのかもしれず、それは決してマレーシアである必要はなかったのかもしれない。長い間、娘も息子も孫も他国に住んでいて、自分たちの老後は今まで以上に寂しくなると思っていた時に持ち上がったマレーシア行きの話で、我々がびっくりするようなスピードで自宅も叩き売ってさっさとマレーシアに渡ったというのはそういうことであって、もしも姉も私もマレーシアに行くなんて話がなかったとしたら「俺達だけでマレーシアに行く」なんて話は絶対に出なかったはず。またもしそうだとしても現在は心身ともに弱くなった90近い両親は、彼らだけだったらもう生活を維持できていない。

私も息子がマレーシアに同行することになって俄然やる気も出てきたし、これほどの喜びはないわけで、両親にしても私にしても跡取りがその気になってくれたのは、親→子→孫という線が出来たわけでこれは何よりも嬉しい。我が家には家業と言って良いような仕事があって、それが孫に引き継がれ(まだ子にも引き継がれてないけれど)、これが一族全員の発展に繋がるという夢が出来たのは間違いがなく、それはマレーシアという存在があったからこそ。

マレーシアに行って「良い国だ・・・」と思うことができたら本当に地上の楽園ということになる。

なんで日本がそれじゃないんだ?なんてフト思うのだけれど(笑)、生活費の安さに期待すること無く、また確保したい生活レベルに固執すること無く、親子三代、同じ土地で同じ夢を持って生きていこうと思う。

親孝行らしいことはしたことは無い私だけれど、両親が何よりも好きな孫を連れてマレーシアに行く。これが私の最大の親孝行かもしれないなんて思ったり。私が彼らの立場だったらそれ以上の幸せはないと思うし。

問題はヨメさんで、マレーシア行きには積極的に賛成ではないものの行く気にはなっている。いつの日かマレーシアで時限爆弾が破裂しないことを祈るばかりなり。(笑)

でも最終的にはヨメさんのためにも、今では付き合いのある親族も友人も極端に少なくわけがわからなくなった日本に帰るしか無いと考えているし、我が家って流浪の民、難民と同じだと思ったり。その時は東京じゃなくて九州が良いなぁ・・・。

実はですね、我が家には問題があるんですよ。一族の墓なんですが東京にあります。私のオヤジは長男、私も長男、マレーシアに一緒に行く息子も長男。この先祖代々の墓をどうするのか、後を任せる親族もいないし、こういうのってどうするんですかね。

かなり前にオヤジにちょっと言ったんですよ。「海外に住み続けて海外で子孫を広げるであろう子どもたちに東京の墓を頼むとは言えないし、私の代でなんらかのことを考える必要があると思う」って。そうしたらオヤジの顔色がサッと変わったんですわ。それ以来、墓の将来の話はタブー。(笑)

田舎から都会に出てきた人たちって恐ろしい数だと思うけれど、故郷のお墓の問題をどう解決しているんだろうか。長男じゃなければどうにもでもなるんだろうけれど・・・。長い年月が経つと、アメリカのアフリカ系アメリカ人が「私のルーツはアフリカに在りまして・・」なんていうのと我が家はきっと同じ状態になる。(笑)

ヨメさんの実家は福岡県は浮羽という田舎で13代続いたそこそこの名家だったんですが、小さな娘ばかり残して家長も早く亡くなり結局ヨメさんの世代でストップ。墓の維持をすることもできなくて、縁者に任せてしまった状態。でも歴史を紐解けば、家を守るために養子をもらったり、家長が死んで奥さんが婿養子をもらったり、実際に血がそのまま繋がっているわけでもなくて、昔の家って企業みたいなもんなんだと思ったり。名前と家業が続いただけ。でももうそれも全て消えてしまった。ま、こんなのは時代遅れも甚だしくて我が家がそんなふうになることはあり得ないにしても、先祖代々の墓を蔑ろにするのはやっぱり気が引けます。

しかし人生っていろいろで面白いですね~。自分の考え方ひとつでどうにでも変わっていく物語。

私の今の悩みは、マレーシアでどういう生活をするべきかが見えていないこと。ケチケチしたいとは思わないし、でもガンガン使うのはただのバカだし、どの辺なら自分が満足するのかもやってみないとわからないし、ヨメさんにも満足できる生活は絶対に確保しないとならない。私にはマレーシアでどんな生活をしたいか明確なものもなく、好き勝手に生きてきた私は今更あれをしたいこれもしたいという願望もないと言って良いくらい。自分が何を欲しているのか自分でもよくわからず。ただ頭にあるのは両親に親孝行をしたいということと、息子に伝える技術をしっかり伝えて一人前にしたいってことぐらい。

ま、とりあえずはマレーシアに行った初年度は、コンドにしても毎日の生活にしても我慢をしなかったらどうなるかの実験をしようと思います。でも趣味の自動車に関しては我慢する予定。欲しいと思う自動車をどうするかは落ち着いてから考えようかと。もちろん税込みで買うことになりますが、しょうがないですね。

それで大体の線が見えるようになるでしょうね。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

マレーシアの物価って安くないんじゃないかと思うようになってきた” への6件のコメント

  1. マレーシアの物価については、確かにひと昔は安かったです。 でも最近はそうでもない。 これが現実でこの先も更に物価は上がると思います。
    和食、サービス全般、手に入る商品についても、最近では同様の価格なら日本のほうがクオリティーが良い、こともままあります。

    なぜなら、この国では市場が比較的小さい上、『効率』と言うものが重視されていないからです。 

    長い間デフレを経験してきた日本では、いかに効率良く、良い製品、サービスを顧客に提供するか工夫する事が、国内競争に勝ち残る為の手段として使われてきました(同時にブラック企業なども生みました)が、格差社会がある意味普通であるマレーシアでは、元々、収入の少ない人へのサービス・商品の提供と、資力のある人へのサービス・商品の提供とは別個のもの、と考えられていると思います。

    また統計的にマレーシア人の全般的な収入が上がった事にプラスして、若い世代の中にはひと昔前の世代のように、結婚して、または結婚する前に小さな住居を購入する、貯金に回すのではなく、トレンディーなレストランに行き、旅行やファッション、最新の携帯などの小物に給料を使い、住むコンドは賃貸でもいい(若い普通のサラリーマンでは持ち家が手の届かない値段に上がってしまったのも原因ですが)、という傾向もみられるそうです。 この為、消費性向が強まり、価格上昇に反して需要が減らない原因ともなっているとも思います。

    ですので最近では洒落たカフェやレストランで、または本格派の寿司屋でローカルのお客が増えた、または最初から日本人は顧客のターゲットには入れていない、と言うお店も実際に出てくる始末です。

    自動車が最も良い例かもしれません。 日本人の間で誤解している方も多いようですが、昔からこちらで本当の意味での高級車に乗っているのは日本人ではなく、ローカル、そして一部の裕福な外国人です。 最近は売り上げが落ちてきている、という話も聞かれるとは言え、KL市内の道路を良く見れば超高級車と呼ばれるものが(道路税が高くて日本や現地生産国よりもずっと高い値段なはずなのに)幾らでも走っています。
    ただ一般の日本人は、そのような裕福なローカルとの接点がないだけなので、実態を知らないだけなのだと思います。

    • 今のマレーシアの現状はオーストラリアと非常に似ていると思います。逆に私は日本のことがわからないぐらいで・・・。

      日本人で高級車に乗っている人が多いなんて思ってる人はいないんじゃないですか?マレーシアの格差の大きさは有名で、収入のトップクラスなんて日本とは比べ物になりませんし、私はマレーシアの大金持ち日本人の話は聞いたことがないくらい。小金持ちが税制のことを考えて入ってくるケースは増えているのが見えますが。

      逆に日本人で目立つのは・・・これを書くと非難轟々だろうから書きませんが、これはマレーシア独特な風景だろうと思ってます。MM2Hってビザはそういう意味ではやっぱり凄いんだなぁと思ったり。

  2. 今迄は、マレーシアと日本との一般的な経済格差が、こちらに住む日本人全般に多少の優越感をもたらしていた事があったのは事実です。 誰しも社会の中で自分の経済的地位が高いほうがその国で暮らしやすいですから。
     
    ただ、それが変わりつつある事にやっと気づいた、またはまだ気づかない人々もいらっしゃるし、それを認めたがらない人も大勢いらっしゃると思います。

    因みに、マレーシアにも所謂大金持ちと呼ばれる日本人が数名おります。 総資産がどうのこうのは別(B/Sみなきゃ本当の資産は分かりませんから)として、ローカルの間でも知る人ぞ知る、人物は何名かいます。 

    • 物価が3分の1は嘘にしてもまだまだ安いものはある。でもそれはマレーシアが格差社会でいろいろあるってことであって、何でも安いわけじゃないと思っています。また前の日記にデータを出しましたが、マレーシアの世帯所得の伸びは凄く、都心部、特にKLの場合は「日本人の平均年金生活者の世帯所得」を上回った。

      このKLの平均値が上回るってことはかなり凄いことだと私は思っていて、日本人のそれの場合は中心点に多くが集まっているわけですから、都会生活の中で見えてくるマレーシア人は「より裕福に見える」のはデータからわかりますね。

      この動きはこの10年以内の話であって、スピードが非常に早い。このスピード感って多くの日本人は日本で感じたことがないはずで、理解し難いものがあるかもしれないですね。そしてそれは今後も続くとした場合、10年以内に差が開いて、今ゴールドコーストで日本人が感じている「置いて行かれた感」(笑)が特に退職者の中で広がるだろうと思っています。

      それでもKLの中間層以下を見れば、まだまだ大丈夫だと思って渡ってくる人はいるかもしれない。と同時に、マレーシアの税制を利用するために渡ってくる人も増えると思っています。私はそっちの世界を20年以上見ていましたが、香港シンガポールはすでにコスパが悪くなっていて、また永住権取得も、それの維持も簡単ではないので、マレーシアが今までとは違う意味で大きく注目される時が来ると思います。日本ではマイナンバー制、そして課税があちこちの分野で強化されるのは見えていますし。

      日本人の大金持ちですが、そりゃどこのどんな国にでも数名はいるのでしょうが、かなりの割合がそうだという感じではないですよね。オーストラリア、ハワイ、アメリカ西海岸などの場合、地元の事業で成功したのではなく摩訶不思議な大金持ちがいくらでもいますが、マレーシアはそういう感じではないと思っています。でもMM2Hの制度を利用してかなり流れてくるんじゃないですかね。無税で資産運用が出来て、長期滞在ビザを出してくれて、なおかつ便利で生活しやすい国ってそうそうないですから。その動きがマレーシアにいない私にでもポツリポツリと見えてきます。

      でもD5さんのコメントをキッカケにして今まで気がついていなかった自分の内面のモヤモヤの存在がはっきり見えてきました。感謝しています。

    • 最低限守りたいのは今のゴールドコーストの生活レベルなんですが、今のコンドに引っ越ししてきてからは結構、質素だと思っています。

      でもそのレベルが保てるのか、それにいくら掛かるのかがさっぱりわからず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です