KLにいる年老いた両親

昨日は母から、今日は父から電話がありました。それぞれ20分は話す長電話。内容はほとんど一方通行。

現況を何度話してもちゃんと理解が出来ないようで、今まで話したことさえ忘れているし、電話でも同じことを何度も言わないとならない状態。

もちろん姉には逐一メールで詳細を送り、それをプリントアウトして両親は見ているもののすぐに分けがわからなくなって、「一体全体、どうなっているんだろう・・」と毎日毎日、同じ心配をしている様子。

二人共もうすぐ90で大きな病気もなくそれは大変ありがたいのですが、歩けるうちは外に出すべきだと姉が両親を連れて買い物や食事に行っても「幼稚園児の引率」みたいなものでかなり苦労している様子。

私がKLに行ったら一族6人が乗れる車が欲しいと考えているのはここに何度も書いていますが、そんな皆でどこか出かけるとかもうそういう状態ではないらしい。

姉からも電話が掛かって来ましたが、内容はいつもの愚痴。(笑)

365日つきっきりで数時間自分の時間を持つのも大変なようで、2,3日、羽根を伸ばしたい、日本に帰りたいと思っても「お許し」が出ないとのこと。「俺達を殺す気か?」とまで言われるらしい(笑)。またたまたまお許しが出ても、その時になると必ずどちらかの具合が悪くなるらしい。

ボケと言えるほどのボケがないのは有り難いですが、ではまともな会話が成り立つかというとそうでもなく、もし片方が病気になったりボケが出たらどうにもならなくなる状態。

その時にはどうするのか?と姉に聞けば、メイドを雇うしか無いと言っていますが、寝たきり老人のお尻をほじってくれるようなことまでやってくれる人がいるのかどうか。フィリピン人かインドネシア人で日本で看護を学んだような人がいればよいのでしょうが、まだそこまでは調べていない様子。

まぁ半端ではないワガママな両親ですので、施設に入れて・・なんてのはまず無理だろうと姉の弁。もし入れても一日二日で大騒ぎして出ることになるだろうと。完全にボケてしまったほうがその点、良いのかもしれないなんてことまで話に出る始末。

朝起きたら・・・、なんてことはもう何年も前から想定していて、私がKLに行った時にも斎場などは確認済み。また変な骨壷に入れて封印されても困るということで、姉はそれも用意をする予定とのこと。自分の分も買っておくそう。

そんなこともあって、早く我々がKLに行って両親を安心させてやる必要があるし、私の最後の親孝行をしなければならず、また姉にも一週間や二週間の休みは定期的に取れるようにしてやらないと。

歳を取れば「想定していた自分の老後」なんて全て綺麗さっぱり忘れてしまうのが人間の性で、「自分はこうするつもり」とか考えていても、また親族に「ボケたらこうして欲しい」なんて言っていても、その時になれば別人になる。

マレーシアに日本人の老人たちのための施設建設に動いている人たちがいて、本当に頭の下がる思いがするのですが、もしそれが出来て我が両親がそこに入れるか考えても、いろいろ問題はありそう。

ポックリ逝きたいってのは、そうならいいなぁ、なんてもんじゃ無くて、本当に真剣で切実な願いであるのが良くわかるし、もうそろそろ自分も最後の時を想定して計画を建てないとならない状態。

子供に最後のことは任せられる親って幸せなんでしょうねぇ~~~。子供は真っ青でしょうが。(笑)

子供もいない人ってどうするつもりなんだろうか、と良く考えます。一度きっちり話を聞いてみたいし、それって万人の参考になるんじゃないかと思ったり。(後記:これは同居するとか金銭的に子供に頼るということではなくて、資産管理、様々な連絡や決定などを誰がするのか。保証人、身元引受人としての子供がいなくて大丈夫なのか)

今現在の私の考え方としては、70歳半ばになるころには日本で最後の場を確保する予定。子どもたちの世話になることなんか考えられないし、ボケたり寝たきりになれば関連施設に横滑りで入れるシルバーマンションみたいなところに入居したい。私はまだしも、ヨメさんが一人で海外で老後、最後を迎えるなんて絶対に無理だと思うから。それの準備は私がボケてからでは遅すぎる。でもそれって入居費用はマンションを買うのと同じぐらいだし、月々の支払いってかなりの額で、施設への支払いだけでは済まないわけで、1年間のなんだかんだの出費、医療費も考えれば【そこそこの施設は】普通の日本人の平均【税込み】年収ぐらい掛かるのを知ってびっくり。そしてその支出は何年、何十年続くのかもわからないし、インフレも考慮しないわけにはいかず。

なんだか変な世の中だ。

若いころバリ島へ行った時、盛大な葬式を見たのを思い出します。ガイドに聞いてみるとそういう葬式をするのが皆の夢で、その為に一生懸命働いてお金を貯めると聞いてびっくり。

ちゃんと死ぬために一生懸命働くなんて可哀想だと思いましたが、今になれば我が家も一緒。(笑)

あまり心配しなくてもどうにかなるんじゃないかと考えたいけれど、祖父は20年寝たきりだったし、今の両親を見てもどうにかなるなんてことはあり得ないのがよく分かる。

姥捨て山って凄いシステムだったんだと感心したり・・・。(笑)

マレーシアの物価が将来も安いと仮定して、自立生活はもう無理とか、大病に掛かるまではどうにかマレーシアで生き延びで、先が見える頃になったら帰るってのが良いのかな?つまり予定は未定ってことだけれど、それなりの資産・収入がなければ帰るに帰れない。我が家のように年金に問題がある場合は真っ青。若い時代から海外で過ごした人(駐在ではない)には結構あるパターンじゃなかろうか。

でもそんな時に、マレーシアで日本人用の施設があったらそこに行くのが良いのか?

もう70代のMM2Hは深刻だろうと思うけれど、自分の将来設計のためにも皆さんの意見を聞いてみるか・・・・。

しかし日本は低金利で多少のお金を持っていても増えないし、利回りが良い物はリスクがあるし、年金も資産も大したことがない人たちはいったいどうするつもりなんだろうか。だからマレーシアという選択肢が注目されるのだろうけれど、自宅は日本に残して(当然経費がかかる)マレーシアでもそこそこ使っている人が多いみたいで何の意味があるのかわからない。

貯蓄:「ゆとりある老後」に必要な資金は、1億1856万円 -「定年後の5大爆弾」の正体【1】:PRESIDENT Online – プレジデント

海外で働く(将来の年金がない)若者たちはこの現実をどう考えているんだろうか。息子ともこの辺はしっかり話し合ってみるつもり。彼らの時代には3億必要とかそういう時代になるんだろうし。いや、40年後だとしたらもっと掛かるか・・・・。あまりにも遠い将来だからわけがわからないけれど、老後が見えてきた頃に慌ててもどうにもならない。日本では年収が300万円レベル、非正規雇用の人が増えているって、将来、日本での老後が崩壊するってこと?もう崩壊してる?

海外で働いて数億円貯めて日本に帰るなら良いけれど、それだけ貯めることも出来ず、海外で永住権もなくいつか出国しなければならなくなったらどうなるんだろうか。MM2Hというビザはそういう意味でも凄いのかもしれない。もし永住権が取れるとしたらオーストラリアがベストのような気がするけれど、物価も税金も高いし・・。

60歳まで生きた男性の平均寿命は82.84歳、女性は88.37歳まで生きるという統計(2010年簡易生命表)がある。余裕を持たせて夫87歳、妻92歳まで生きると仮定し、最低限の生活のためには月24万円、ややゆとりある生活のためには月30万円かかるとすると、最低限生活では1億776万円、ゆとり生活では1億1856万円確保しなければならない。しかし年金が7274万円支給されるので「不足分は最低限生活で3502万円、ゆとり生活で4582万円になります」。

 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

KLにいる年老いた両親” への8件のコメント

  1. 読んでいて少し違和感を感じたのですが、

    ”子供もいない人ってどうするつもりなんだろうか、と良く考えます。一度きっちり話を聞いてみたいし、それって万人の参考になるんじゃないかと思ったり。”

    今の時代子供がいるかどうかは余り関係ないと思います。 子供が居ても一緒に暮らすわけでもなく面倒を見てもらうわけでもなく、という家庭が増え続けているし、結局自分達で何とかしなかればならないと思います。 たとえ自分の子供が親の面倒をみたいと希望しても、いざその時期がきたら子供の配偶者が同意しないかもしれないし、子供自体も自分達の家庭(家のスペースや金銭的、時間的)の事で余裕がないかもしれない。

    子供をあてに出来るかもしれない夫婦でも基本的に2人だけで、又はその先1人になった時の事を考えて準備だけはしておかなければならないのでは?

    ”もう70代のMM2Hは深刻だろうと思うけれど、自分の将来設計のためにも皆さんの意見を聞いてみるか・・・・。”
    70代になって深刻と言うより、60代の段階でもう深刻な問題ではないかと。

    現在のリタイヤ世代は、例えば一般のサラリーマンであれば厚生年金や退職金があり、その上20代や30代前半で結婚して子供が出来て早ければ40代半ば、少なくとも50代前半までには子供が自立していた。 その後給料やボーナスの中から老後の準備の為の貯蓄を始めていただろうし持ち家もあるはず。

    MM2Hでこちらに来ているリタイヤの方々も、現役時代に給料明細を使ってビザを取得された方々なら別ですが、リタイヤ後にこちらに来られた方は年金なり家賃収入なり最低でも月にRM10,000以上あるはずなので、基本的に働かなくても得られる所得があり、と言う状況だと思います。

    ”海外で働く(将来の年金がない)若者たちはこの現実をどう考えているんだろうか。” と書かれていましたが、海外でも(勿論全ての国ではありませんが)各国で年金制度が導入されています。 

    日本人特有の”出る杭は打たれる”、で中々本音を書く人がいないのかもしれませんが、皆さん口には出さないけれどもマレーシアにいるリタイヤの方々は余裕で老後の準備をされて来ている方が多いような印象です。

    • 子供もいない人はどうするんだろうかってのは、子供に面倒を見てもらう、同居するとかそういうことではなくて、保証人であるとか身元引受人という意味です。何か起きた場合の連絡先もなくてどうなるのかってことです。そもそも老人用の施設に入れるのかどうかも私は知りません。

      我が家は子供に面倒を見てもらうことは一切考えていませんが、今の両親を見ていてわかることは、自分でいろいろ決められないわけですよ。お金の管理もろくにできない。でも子供がいればどうにかなるじゃないですか。そういう意味で子供のいない人はどうするのかを知りたいのです。

      海外の年金ですが、オーストラリアがそうであるように制度としてあるケースがありますが(私は日本とオーストラリア両方に受給資格があります)、国を転々とする人が実際には多いわけですよ。一つの国で何十年も務め上げる人って決して多くはないし、MM2Hは大丈夫にしても、一般的には永住権がなければいつか日本に帰ることになるし、日本で海外からの年金で食えるのかどうか。日記本文に紹介したように今の時点で年金を含んだ総額でしかもギリギリの生活でも1億以上掛かるんですから。

      私は息子を無理やりマレーシアに一緒に連れて行くようにしたということは雇い主みたいな責任もあるわけで、お前はお前で勝手に考えろとは言えず、彼の将来設計にも関わってなんらかの道づくりに協力しようと思っています。

      でも年金がなくても年金に変わるものがあれば全く問題はないですね。国の制度としての年金ではなくて個人年金であったり、あるいは不動産収入でも良いでしょう。あるいは億単位の資産を作れていればそれを食いつぶせばどうにかなる。でも生まれて死んでプラマイ0みたいな人生を子供に送ってもらいたくはないし、家業を継がせるのと同じような我が家は親としていろいろ考えるわけです。

      私の知っているMM2Hはいろいろで、自宅のコンドに1億近い金を掛けて悠々自適の生活をしている人、賃貸で住みながら月に100万までと決めているような人もいれば、夫婦で月15万以下に抑えている人もいます。何人か毎月の生活費を公表してくれる知人も複数いましたが、日本に自宅を持った状態でマレーシアの生活費だけで30万以上という例でした。正直なところ、さほど悠々自適とは思えない生活をしていた方々で、それでも年間500万以上は使っているのにびっくりしたり。ですから自分たちの場合はどれくらいの予算でどの程度の暮らしが出来るのか今の時点では全くわかっていません。ただオーストラリアの今の生活より落としたくはないと思っていますが、それにいくら掛かるのかもわからず。

      毎年確定申告で日本に帰る人もいますし、日本では生活が難しそうだからマレーシアに渡ろうと計画している知人もいるし、本当にいろいろ。資産はあるけれど収入は少ない。あるいは収入はあるけれど資産はたいしたことがないとかもいろいろですが、どういうケースはどういう風に老後の生活設計を立てているのか興味があります。

      私は年金で生活出来るとは全く思っておらず、資産を持つ方向が良いのか、それとも年金のような収入がはいるように資産を動かしたほうが良いのか、その辺の考え方も知りたいのです。私の友人で、ずい分前に3000万円で月々15万円の個人年金を受け取れるようにしたのがいますが、その人はそれプラス年金で、資産もありますから生きていけるはず。でも60を過ぎてから、そしてこんな低金利時代では今からそれを考えても遅い。

      この考え方はシルバーマンション(老人ホームも)でも同じで、私の知人が親を8000万円の老人ホームに入れたもののあっという間に他界し、考えが浅かったかもしれないと。今では月払いとか、あるいは一定の年数以内ならある程度の金銭が返ってくるとか様々なシステムがありますが、何をどう考えたら良いのかさっぱりわからず。

      私は今のところは資産運用益で生きて行くしか無く、それとていつまでも続けられるとは思えず、精神的身体的に弱ってきたらどうしたら良いのか、何を基準にどう考えたら良いのか、ある時点で息子にバトンタッチすればそれで良いのかも全くわかっていません。私の父はもう90なのにお金のことは自分で管理運用しているのですが、正直なところ見ていて可哀想です。でも好きでやっているのは間違いがなく、私もそうなるのかなと思ったり。(笑)

      これって資産とか収入に余裕があるとかないとかの問題じゃないんですね。自分の人生の最後をどう生きれば精神的な余裕、満足感を感じられるのか、そこが問題。有り余るほど資産があるのなら問題は無いのでしょうが、生活費のために資産には手を付けることはしないという固い信念を持って生きてきた私としては結構むずかしい挑戦です。生きていけるとしても、どうにか生きていけるようなレベルの老後を夢見て今まで頑張ってきたわけでもないし。

      きっと欲を捨てることがポイントなんでしょうね。でもまだまだそんなことは出来ず。(笑)

  2. 老後、特に痴呆などで自分自身で金銭的な管理ができなくなる前に成年後見人(兄弟、親族、他人も含めて)を指名するしかないと思います。ただ全ての老人が痴呆になるとは限らないし、金銭的に準備さえしておけば心配事も少しは減ると思います。

    オーストラリアの場合は、日本のような年金、というよりは低所得、低資産者への生活保護の色合いが濃いですよね。 ヨーロッパの国々でも同じ様な制度がある国があります。 一方でシンガポールのように年金の支払い年数には関係なく、実際に自分(+雇用者が)支払った金額+利息が定年時に払われるような例もあります。 マレーシアも同様のシステムで年金の支払い年数は関係ありません。 

    例えばシンガポールで長年働いてきたシンガポール人や外国人(外国人なら年金に任意加入している場合)は、給料の1/3程度、又は以前なら4割に当たる額を納めてきましたから(2割は自己負担、2割は雇用者負担)、数十年働いた後の額はそれなりになりますし、マレーシアなら給料の2割前後を年金として納め、将来はレートが変わる可能性があるにしろ現行では年率6%程度の利子がついている状態です。

    ”私は年金で生活出来るとは全く思っておらず、資産を持つ方向が良いのか、それとも年金のような収入がはいるように資産を動かしたほうが良いのか、その辺の考え方も知りたいのです。”

    基礎年金だけで生活するのは(田舎で自給自足の生活をしている方以外は)ほぼ無理だと思います。  資産を持ちながら、更に定期収入が入るよう60代になる前に準備するのがベストだと思います。

    MM2Hの方の生活費用例は恐らく某SNSの中の方中心の例ではないでしょうか?
    こちらに滞在している日本人リタイヤの方で、SNSに参加していらっしゃらない方も大勢います。 ご夫婦のどちらかが、又は両方が英語に問題がなく、日本人村とは一歩距離を置いている方々です。 中にはMM2Hのビザを取らずに、3か月滞在を2度、年半年だけこちらに滞在しているご夫婦もいます。 

    ”日本に自宅を持った状態でマレーシアの生活費だけで30万以上という例でした。正直なところ、さほど悠々自適とは思えない生活をしていた方々で、それでも年間500万以上は使っているのにびっくりしたり。”

    もしこの方々より余裕のある暮らしをマレーシアでしたいと思うのなら、年間500万円以上が必要である、と言う事だと思います。 なら予算を700万や800万にすれば良いし、そんなバカな、と思われるのでしたら切り詰めて400万で生活すれば良いのではないでしょうか?

    • D5さんてもしかしたらお若い方なのかなって思いました。年寄りの悩みを簡単に切り捨てるように感じます。

      どんな生活をしたいかによって予算を変えれば良いというのはその通りで、私も基本的にはそう思っています。でもそれって理屈であって、心情的には歳も取ってくると不安が増大するし、心身の衰えを自覚するようになると頭で考えるようには心が動かなくなるんですよ。

      我慢しようと思えば我慢できる。でも残せるものは最大限残したい。また自営業だと頑張りようで将来も変わるわけですが、若い時にみたいには行かない。またそれが長続きしないのもわかっている。

      そんな中で、落とし所はどの辺なのか。それを多くの年寄りはどう考えているのか、それに興味があるってことです。

      私は北海道の開拓に入った農民みたいなもので、それなりに開拓し農地も広げたけれど、さて次の世代に変る時に自分はどうあるべきなのか。もちろん自分の老後のためにその田畑を手放すことは出来ないし、それどころかもっと広げるための努力を続けるべきだとも思うし、私にはそれができなくなっても子孫にそれを託したい。

      若いころには夢に溢れていてあれもしたいこれもしたい、こんな生活をしたいとかいろいろ思うわけですが、歳をとって感じることは、今まで誰に命令されること無く好き勝手に生きてやりたいこともやってきた私としては、では老後、自分はどういうふうになれば幸せなのかもわからないんですよ。こうしたい、ああしたいという欲やこだわりも薄くなってきました。気になるのは子どもたち、一族の将来。

      つまりですね、予算を変えれば良いとかってのは解決策にはならないんです。

      人間の人生の最後にどんな生き方をするべきか、そんな指針が私は欲しいってこと。これは若い時に考えていたことには価値を見いだせなくなっているってことなんです。そして今、まだマレーシアに住んでいないわけですから、どんな生活を選ぶにしてもどんな額が掛かるのかもわからない。

      そういう悩みの途中経過を書いているだけの話で、マレーシアに渡れば簡単にわかることなんでしょうね。ただいろいろ調べる中で、私が最低限確保したいと思っている生活を維持するための生活費は低く見積もりすぎていて、5割程度はアップしそうだというのは最近見えてきました。ではそれでいいのか、またもっと上を狙う考え方もあるわけで、「良し!この線で行こう」というのが今の私には見えていないのです。

  3. 自分では若いとは思っていませんが、ご子息よりずっと年上です。

    生きていれば誰しも歳を取るもので、若いときにこそ老後の準備を少しずつ始めなければならない、国や社会をあてにしてはならない、と両親から習い実行して参りました。 因みに現在70代の両親もその親の世代も悠々自適な生活を送っています。

    もう何十年も前から、具体的には70年代半ばから少子化傾向が顕著になり、高齢化問題や年金基金の破綻などが報告されるようになっていましたので、素直にそれに耳を傾けて出来る範囲の事をやってきている、と言うだけです。

    予算を変えるかどうか、どのようなライフスタイルを選びたいのか個人の自由です。 誰も引き留める人はいません。 ただ、老後において長期に渡り支出が収入を上回った場合に老後破綻につながる、と言う事はわたしを含めて誰にでもありうる現実の問題であり正面から受け止めなければないものです。 厳しい事を言う、言わない、の次元とは関係ないと思います。

    勿論老後(一般的に65歳?)まで、または老後に ある程度の稼ぎを見込める方、または稼ぎを増やす事が可能な方で、支出 < 収入ならば金銭的な面での問題解決の可能性はあると思います。 まあこれも当たり前の事ですよね。

    • D5さん、私が欲しているものを理解してください。

      >どのようなライフスタイルを選びたいのか個人の自由です。 誰も引き留める人はいません。

      引き止めるんじゃなくて、こんな生き方もあるという何か面白い話はないものかと私は探しているんですよ。人間は夢に溢れていて、あれやこれやしたいと思うのが普通だと思ってやしません?

      欲が無くなってきて、しょうがないから金でも残せるだけ残そうかと思い始めた年寄りのつまらなさ・・・・。

  4. “人間は夢に溢れていて、あれやこれやしたいと思うのが普通だと思ってやしません?”

    確かにおっしゃる通りだと思います。
    老後にかかる費用ばかりを不安がり全ての事に節約を強いるような生活では、時として自分が何の為に生きているのか分からなくなる、と言うのも分かりますし、私も自分がが好きな人生を好きなように歩んできました(恐らくこの先も自分にとって理想のライフスタイルを継続していくと思います)。

    同時に以前このブログに書かれていましたが、『好きな事をやっていたら地獄を見るぞ(確かそんな言葉だったと思います)』と息子さん達におっしゃった、というのも現実ではないかと思います。

    このバランスの舵取りを手探りしていくしかないですよね。

    • D5さんのコメントをキッカケに、なんで自分はこうなってしまったんだろうといろいろと考えてみたんですよ。なんだか今までの自分らしくないとも感じるし。

      で、フト思ったのは、我々のマレーシア行きって「守り」を考えた末の行動であって、決して「攻撃」ではないんですね。攻撃という言葉が悪ければ「挑戦」とか「幸せの探求のため」ではないってこと。

      結局、前に進むというより、人生の後片付けみたいなものでしかないのに自分の心が反抗しているような気がするんですよ。それで本当に良いのか?って。

      大体、税金が安いとか物価が安いとかで、自分が住む国を決めますかねぇ。

      では本当にやりたいことは何かと言えば、やり残したことは無いのかと言えばやっぱり無くはないのにそれを押し殺しているんですね。そしてマレーシアに行き、老後の準備をするつまらない生き方をどうにかして正当化しようとしている自分に気が付きます。

      でも両親のことを思い、子供や一族の将来のことを考えるとやっぱりマレーシアに行かなくてはならない。

      きっとそれに反抗しているんだと思います。本当は「地獄を見るかもしれないけれど好きなことをやれ」っていうのが私の本音ですし。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *