コンドは家具無しのほうがお得か・・・

あちこちのブログに皆さんが書いていることを読みながら、フムフム、なんて考えているのですが、やっぱりコンドは家具無しのほうが良いのかもしれませんね。

つい前の日記にも紹介しましたが、よさ気な部屋はかなり割高になるし、数年住むことを考えたら自分で好きな家具を入れたほうがお得なのは間違いがないんでしょう。

自分の場合はどんなコンドでどんな家具、電化製品、調度品が欲しいのか考えてみても一体どのくらいお金が掛かるのか検討が着きません。

前にマレーシアの知人が中古コンドを買って手直ししたり家具を入れたりで約1000万円掛けたと聞きましたが、まぁ、自分のものであり当然長い期間住むのでしょうし、手直しもすりゃ当然それなりのお金も掛かるんでしょう。水回りもいじったみたいだし。でも何年住むのかもわからない、1年で住み替えるのも面白いなんて場合だと、家具だけにしてもどの程度のものを入れるべきなんだろうか。

私自身は、賃貸のコンド、マンションに家具を自分で入れた経験がないので全くわからず。引っ越し経験が多い人はすぐにわかるのだろうけど、自宅にお金をかけるのと同じような考え方じゃダメなはず。

気に入ったコンドを見つけた場合、そこの家具付きと家具無しでどのくらいの差があるのか、まずはその辺りから調べないとわからないですね。で、その差額で何年住むと家具類の経費がペイできるのか計算する?

そもそもオーナーは何年で採算が合うように計算するんですかね?3年ぐらい?

今のコンドの家具類を見てみると3BRですが全てイケアグレードでなおかつ良い物はなくて、それでも100万円ぐらいで収まっているのかな?電化製品も100万ぐらい?

もしもトータルで200万円だとして、3年間住むとしたら月に55000円ぐらいか。うーむ、このコンドはそんな感じかな?みたいな気はするんですが、マレーシアだとしたらRM1を30円としてRM1833ってこと?高いじゃん。

つまり200万円は掛けられないってことかな。

でも昨日、例に出した結構綺麗な家具付きの部屋はRM6500で、そのコンドの平均値より4割は高い。まぁ、家具無しだとRM4700ぐらいって考えると辻褄があいそうですね。

でもこの雰囲気を作るのに家具、調度品、電化製品を入れて200万円で済むとは思えず。3BRの場合だけど。

2015-09-17_23h21_13

2015-09-17_23h20_37

ということは、このレベルだとすればモントキアラのi-zen KiaraIIでRM6500は妥当、あるいは安いってことになる?それとも家具無しならRM4000以下なのか?もしそうだとすれば300万ぐらいでこの程度はできるだろうし、RM2500を上乗せして貸すことで採算は合うのか。

それとも家具なしを選んでこういう部屋にするとなると、もっと高いものに付く?このレベルは狙わない?

しかしまぁ、不動産のことは全くわからない私ですが、こういうこともさっぱり検討もつきません。子供みたいなもんだわ。

引っ越しとかコンドを借りることに関しては初心者なんてもんじゃなくて、何もわからないのと一緒。だからやっぱりそこそこ気に入った部屋の家賃に自分が妥協できるか出来ないか、そういう判断しかできそうもないっすね。

で、4年も住んでいろいろわかってくると、ああ、この4年間は無駄をした・・・なんてことを思うんじゃなかろうか。(笑)

私としては100点のコンドを狙うつもりはまったくなくて、70点だったら上出来。その70点を最高点と考えて、実際には50点~60点のユニットを探して、惜しい~~~と思う点だけ、自分で交換するってのが良いのかな?例えばソファーやテーブルを変えるとか電化製品はまともなものにするとか。

ま、考えてみるとKLに住む両親+姉はそういう感じ。テレビじゃソファーじゃ、あとベッドのマットレスだけ変えたり調度品を買い足したり。

そもそも3BRだとして家具調度品を全部自分で揃えた場合、それだけでも凄い量になるはずで、買ったユニットならそのままで良いけれど、引っ越しの手間も半端じゃないし、半年1年、日本に帰るとかになった場合、コンドは解約し、その家具類はどうするんだろう?

オーストラリアもそうだけれどマレーシアは中古市場がちゃんとあるようで、自動車みたいに買い換えが成り立つんだろうか?ちょっと中古市場も見てみようかなぁ。不動産エージェントのTanさんのブログを見たら、ホテルで使った家具の中古業者もあるようで、面白いものがあるかもしれない。

日本人相手のサービスをしている人に聞いたけれど、帰る人に全部もらっちゃったとかそんなことも結構あるみたいで、何がなんだかわからず。

結局、備え付けのものに自分が満足できるのか出来ないのか、その辺の拘り方一つかな?それとやっぱりマレーシアに何をしに行くのか、どのくらい住むつもりかという基本的なものがはっきりしないと何も決められないですね。

我が家はこの5年間、安物の中で生活していたので安物に対する耐性はできていると言っていいかもしれなくて(笑)、ま、家具付きで適当なところ、満足とはいえなくても妥協できるところを探すしかないんでしょう。

少なくとも気に入ったソファに100万円掛ける、なんてことは絶対にあり得ない。もうそんな時代は終わった。

でも安物買いの銭失いってのは間違いなくあって、それも気になったり。

ただ私達のマレーシア行きの原点は「ご褒美人生」でも「老後を楽しく」でも「ロングステイを楽しむ」でもないわけで、そこを忘れてはならないと自分に言い聞かせようと思います。でもマレーシア行きが「ただの中間点」だとすると我々は最終的に何を目指しているのか、どこで何をするのか。それがはっきりわからない。明確な目標が我が家にはない。

なんだか面白く無いなぁ・・・・・・・

欲しい自動車も買わずに妥協して、住むところにも妥協して、結局こういう生き方をすると「マレーシアでレベルアップを狙う」なんて野望も結局は妥協しちゃうんじゃないですかね。でもジジーになると自分を追い込むのが怖くなるのね。根性無しだわ。(笑)

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コンドは家具無しのほうがお得か・・・” への6件のコメント

  1. daboさん お引越し大変だけどある意味あれこれ考えるのも楽しみですね。

    ここでしょうもない質問で申し訳ないです(*^-^*)
    昔、名前の由来の話で、「dabo_gc」 のgcは確かゴールドコーストと聞いたような、、、マレーシアに越したらどうするのかな・・・??

    名前も人も生まれ変わるのかな・・・???

    • す、す、鋭い指摘・・・・ ^^;

      dabo_klにしますかねぇ。

      それともdabo_gc_klと繋げていくか。

      署名としてのHNを替えるのは簡単だけれど、私はメルアドもdabo_gcで、これをありとあらゆるところで使っていますから変更は難しいし、gcってゴールドコーストの略じゃないんですか?と聞かれたら聞こえないふりをするしかないかもですねぇ。

      引っ越ししても何が変わるわけじゃないですが、身体的にはもちろん頭がどんどん劣化している自覚があります。そして心も。

      歳を取ると涙もろくなるのは確かで、でもそれは情が深まるからではなくて弱くなってきたからのような気がします。そして心そのものは柔軟性がなくなって段々と硬化しているような・・・。

  2. 今のdaboさん!! まさに『ハッピー・ブレイク・ポイント』ですね。
    来た~~~~~って感じですね(*^-^*)
    それって造語らしいです。

    中村文昭さんの言葉から・・・
    『人生が階段のように順調にうまくいくのであれば、誰も悩みません。
    頑張っていても、目の前の景色が変わらない迷いの日々が続くのです。しかし、変わらない日々がずーっと続いた後、突然すべてがうまくいくようになる瞬間、ハッピーブレイクポイントが訪れます。一度でもハッピーブレイクポイントを経験した人は、いつか壁を破れると信じて頑張り続けることができます。それを一度も経験していない人は、途中の試されている期間で努力を辞めてしまい、自分を変えることを諦めてしまいます・・・』

    『人生はらせん階段の様だ。自分自身はまったく変化がなく、毎日似たようなことをしていて、同じ場所をぐるぐる回っているように思えます。でも、客観視すると、僕らの歩いている道はらせん階段で、着実に上がっている人と、気づかずに下がっている人がいるのです。上がるか下がるかを決めている大きな要素が、よく使う言葉ではないかと思います・・・』

    偉そうに分析するわけではありませんが、計画的なdaboさんもきっと今までそういう「ハッピー・ブレイク・ポイント」を何度か経験されてきたのではないでしょうか?
    だから、無意識にそれを信じて下のせん階段のように表現されていても、人生の勝利者?に見るのだと思います。

    それとdaboさん。心身ともにジジーになられたってことですが、奥様やいろんな事に対して素直なオジイちゃまになられたと言うことでは・・・?(笑)
    ここで笑ってはいけないところですが、まだまだエネルギー満ち溢れているように思います^^

    ところで、ご自分の今のブログ(日記)と前のブログを読み比べたことがありますか?
    私はありません・・・ゴメン(笑)
    きっとご自分で気が付いていなかった違いがいっぱい出てくるでしょうね~~~(*^-^*)

    あ!心配なことが出てきました。
    昔ヤンチャで遊んでいた人が、年老いてくると真面目?に・・・
    真面目だった人は、年老いてから遊び?を覚えると・・・
    うちはどっちかな?

    コワ・・・(笑)

    • JALLさんらしい「引用」だと思いましたわ。

      人々に勇気、やる気を起こさせる話が大好きですよね。いつものことだけど。(笑)

      そういう話ってそういう目的があって書いているものでしかなくて、人間の本質はどこにあるかという「哲学」というと大げさだけれど、そういうものとは別だと私は思うんですよ。どこの誰がなんと言おうと、たとえ偉大な哲学者の文献に何が書いてあろうと、自分の人生体験で見えてきた「真実」とそれが違う場合、「ああ、俺は勘違いしているだけだ」と思えといわれても、はいそうですね、ってわけにはいかないのね。

      JALLさんは賢人から学ぶ姿勢が強い人なのは知っていますが、私はそれって「観光案内本」と「自分が見た現地」とどちらを大事にするのかという問題があるのをいつも感じています。で、私は自分の目を大事にしたいタイプ。

      でも自分がどう感じるかは「感情」に左右されるし、それは「ホルモン分泌」にも関係していて、そこから逃れられない悲しさがあるのもわかってはいるわけで、だからこそ賢人の言葉が重要なんだろうとは思うのですが、私はそういう生き方って「観光バスに乗って観光するような人生」のような気がするんですよ。

      JALLさんはいつもハッピーで皆を明るく元気づけてくれるのはよーくわかっているし、有難いとは思っているのですが、「正解はこのアンチョコに書いてありますよ」と教えてくれても、はいそうですか、ってわけにはいかないのね。

      私はエネルギーに溢れているというよりか、もう濡れていない雑巾をおもいっきり絞って水分を出そうとしているようなのを自分に感じています。もしかすると太極拳や気功の類をやったら良いのかもしれない、なんてマジに考えたり。(笑)

      昔のブログと比べたことがあるか?ってことですが、これ結構やるんですよ。ブログって読みに来た人がどれを読んだのかわかるようになっているのですが(右の欄のランキングもそれから計算している)、このブログの読者が読んでいる私の過去の日記を読み返してみると、全く別人だと思うことも多々あります。そういう意味で、自分も前進、あるいは後退しているのははっきりわかるのですが、きっと読む人は一貫性のないやつだと思っているんじゃないかと。でもそれがわかるほど読み込む人もいないだろうけどさ。(笑)

      ま、昨日の自分と今日の自分は全く違う。これが毎日繰り返されている感じかな。

      若いころと歳をとってから逆になるって結構あると思っています。それって「俺にはやり残したことがある」「経験していないことがある」って思うからだと思っていて、逆を言うと「もう十分経験したからそれはいいや」って思うことも多いのね。でもそれって表面的な行動だけの違いであって、本質的なものは変わっていないのかと思ったり。

      では本質的なものを変えられるのか?ってところに興味を持っていて、自分の中に自分ではどうにもできないトラウマがあるのはわかっていますから、それを消すなり乗り越える方法があるのかどうか、調べたり。良く、「前世治療」みたいのがあるでしょ。前世があるのかないのかは別にして「精神分析による治療法」って「ある過去を思い出してはっきり認識すること」によってその呪縛から逃れられるという「人間の心の不思議」に立脚していて、精神分析医だから偉くて、街の胡散臭い催眠術師みたいなのはダメだってことも無いと思っています。でも治療が成り立つのと同じように洗脳も可能で、ちょっと怖いのですが、試してみようと思ったり。

      自分の伴侶がどう変わるか心配するよりか、変わっても自分にわからなければ変化はないのと同じで、うまく隠して欲しいと願うほうが現実的かもね。(笑)

  3. 家具付きか、家具無しか。
    当家は家具無しで安く借りました、オーナーがあまり頓着しない人なのか、大金持ちなのか、値上げもあまりありません。
    友人の華人に聞くと、家具無し安い値段でテナントを探しテナントが家具を買い揃えた頃1,2年後にどんと値上げするのが手(だって引っ越す選択肢狭まるでしょ)
    さすがです
    気をつけてください、家具は入居時にネゴ可です

    • なるほど。最初に安く釣って、あとから値上げですか。ありそうですね~。

      大西さんみたいに住み着いて今後も住み続けるつもりなら当然家具無しになりますよね。

      我家の場合は・・・やっぱり家具付きで、3,4年経ってから「家具無しにすべきだった」なんて思うんでしょうね。でもその前に、マレーシア撤退になるかもわからない。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です