SEALDsの若者が可哀想に思えた

SEALDsという若者たちが中心になって安保法案に反対しているのはみなさんご存の通り。

彼らが真剣になって政治を考えようとする姿勢は私は良いと思っていて、誰しもが自由に思うことを言える世界であって欲しいと考えていました。

でも先の国会前(自称)10万人デモに参加した若者の考えを聞いて、こりゃやっぱりかなりまずいと思ったんですよ。

マイクを持って壇上に出て意見を述べたのですから、それなりにSEALDsの意見を代表する者として我々は聞くわけですが、なんと言ったかご存じですか?

 そんなに中国が戦争を仕掛けてくるというのであれば、そんなに韓国と外交がうまくいかないのであれば、アジアの玄関口に住む僕が、韓国人や中国人と話して、遊んで、酒を飲み交わし、もっともっと仲良くなってやります。僕自身が抑止力になってやります。

私はこの青年を悪く言うつもりは全く無くて、こういう若者たちに向かって「反対なら反対として筋道を建てた話をしない野党」に腹が立ったんです。感情論ばっかり。この青年の全文を聞いてもそこにあるのは「戦争反対」というのが基本にある。

もしこれが安保法案と関係のない「これから日本が始めようとする戦争に反対する集会」であるなら、私も賛成する部分がありますが、その「戦争の原因が安保法案にある」というところにヒジョーーに大きな違和感を感じます。でもこういう感情的に動きやすい若者たちを「感情的に扇動した方が効果がある」という作戦を建てた連中がいるってことですよね。彼らはこの安保法案がどうして「戦争に向かわせる法案」なのか、そこを論理的に話すことはないんですね。ただ「日本はアメリカ従属だからアメリカのいうことを聞くようになる」という仮定があるだけ。でも確かに「政権に白紙委任状を渡す」ような部分があるのは私も感じていたし、彼らの心配がわからないではないのだけれど、では「アメリカに従属しないためにはどうするべきか」という議論は出てこなかった。

これは国会を見てもわかるように、感情論に終始するばかりで、大事なところを一つ一つ詰めていこうという姿勢を私は野党に感じなかったし、彼らが本当に「感情」で政治をやっているとは思えないんですよ。これは彼らの作戦だったろうと思うわけで、もしそうではなかったとしたら・・・違う意味でかなり危ない人たちだと思います。

今日は大詰めの大詰めで、自公民と野党三党が合意に達した。その三党とは「次世代の党」「日本を元気にする会」「新党改革」。合意の「自衛隊派遣時の国会の関与を強化する」というところが重要だと思います。つまり「政権の勝手にはやらせない」ってことでしょう。これって「政権に白紙委任状を出す」のと似ていたものから大きく変わる内容だし、私は良く安倍さんが譲歩したと思うくらい。

本来ならこういう問題点を一つ一つ詰めて議論するべきだったのに、民主党にはそれが出来なかった。しなかった。そして感情論で攻めるばかりで「国民にはわかりずらい」様にしたのは民主党の責任もかなり大きいと思うんですよ。書いてもいない、誰も言わない「徴兵制」みたいなことで騒いだり。そしてそういう感情論に若者が乗せられた。そりゃ「戦争反対」なのは誰だって当たり前なんですから、戦争になると思えば反対しますわ。

前の日記にリベラル派の動画を出しましたが、せめてああいう方向性で安倍さんを攻めて行くべきだったし、そのやり取りの中で国民も初めて「判断」が出来るんじゃないんですかね。またそうすることによって安保法案の内容も変わっていっただろうし、切るところは切り、付け足すところは付け足して良い物が出来たのかもしれない。

戦争反対だと騒ぐ人たちに、本来民主党が「誰も戦争なんかしたくないのだから、そういう極論は言わずに詳細を見ていこう」というべきだと思うのだけれど、彼らは純粋な若者を利用した。

結局、もしかしたらもっと良い法案になったかもしれないのをぶっ壊したのが私は民主党だと思うんですよ。

感情論で押すばかりだから、結局は「彼らの頭は大丈夫か?」と冷静な人たちは民主党をバカにする傾向が増えたし、実際に安倍さんの支持率は下がっても民主党の支持率は上がらない。民主党もしっかりやっていれば今回紹介した若者も「若さ=馬鹿さ」みたいな評価をされることもなかったはず。

でもその動きを安倍さんはきっちり見ていて、左派は墓穴を掘るだろうと思っていたんじゃないですかね。

そして今日の今日、他の野党三党は安倍さんに譲歩させて安保法案賛成で合意した。これで採決をしても「与党の強行採決とはいえない」状態になった。

一体、民主党は何をやっていたの?ってことになりませんかね。

私は福島の事故がある前までは枝野さんは結構好きな政治家だったんですよ。でも福島の件で彼がいろいろ話している間に、彼の顔つきが変わったのに気が付きました。これは疲れているんじゃなくて「自分を捨てた顔」だと思いました。いわゆる「政府としてモノを言う」と彼は心を鬼にしたんだろうと。それから彼の「ウソ」が始まった。

今の枝野さんはそれの延長線上にあるように私は感じるのですが、最近の言動は狂っているとしか思えません。

それに関してよく分かるのがこれ。

今は「強行採決はありとあらゆる手を使って阻止する」と言い出す始末。

こういう騒ぎを聞いていると、議会制民主主義ってなんなのかと思うわけです。自分の意見が通らないかぎりなんでもする。この感情論が若者にも伝播して「安倍は人間ではない」「安倍を切る」みたいなことを公衆の面前で普通にいうようになってきた。ヘイストスピーチって一体何なのかとここでも思うわけで、自分の場合はそれが許されて、他人のは駄目という論理。もしここで安倍さんが刺されるようなことがあればきっと犯人は英雄となり、伊藤博文を暗殺した安重根が讃えられるのと同じような形になりそう。表立って「良くやった」とは誰も言わないでしょうが腹の中はわからない。

今回の動きを総して「民主党の完敗」だと保守系バリバリの潮匡人氏がいうけれど、私はその通りだと思います。

私はこの潮匡人氏って結構好きで、かなりの理論派でわかりやすい。私はこういう人とリベラル派が面と向かって延々議論する姿を国民に見せるべきだったと思うんですわ。私も是非聞いてみたい。そういう意味で、真のリベラル派は今回の動きには落胆しているんじゃないですかね。

しかし、中国や韓国と酒を酌み交わし一緒に遊んで絆を作れば戦争は防げるなんて、どうしてそんなことを最近の若者は考えるのか。中国は自国の学生たちでさえも天安門で戦車で轢き殺したのを知らないのだろうか。

彼らは「安保法案賛成派」と一緒に飲まないのだろうか。

こんな論理破綻もわからない学生は一体何を大学で学んでいるんだろうか。

不思議だ・・・・。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

SEALDsの若者が可哀想に思えた” への12件のコメント

  1. 若者が意見を言う事は全く問題ないし、それが反対であっても賛成であっても良い事だと思います。が、問題があります。彼には政治活動をする権利、日本政府に意見する権利がないということです。

    • ん?どういうことですか?

      日本人ではない?

      もし在日でも言っても良いと思うけど。

      それとも別の理由?

  2. 個人的には言っても問題無いのですが、日本では日本国籍ではないものが政治に関わる活動の一切を法律で禁止しています。
    選挙に関わる活動やあらゆる抗議活動がそれに値します。公安が野放しにしているので、選挙権のない彼等の行動が批難されるという事です。

    • うーーむ

      >日本では日本国籍ではないものが政治に関わる活動の一切を法律で禁止しています。

      これはどこにそういう条文があるのかおしえてもらえますかね。

      良く、デモにも参加出来ないという人がいるけれど私はそれは違うと思っていて、でも権利があるということではなくて、その裁量は日本(法務大臣)にあって、外国人が権利主張をすることは出来ないと思っているんですが。

      また日本国籍ではないという明確な証拠があるんですかね。それが無い場合、YYさんの主張はかなりうまくないことになると思います。

      またこの問題は、彼に主張する権利があるのかないのかが主問題ではなく、そこに話を持っていく事自体、この問題をうやむやにするもののように感じますが。「彼には主張する権利が有る」という仮定で私たちは考えるべきじゃないでしょうか。

      問題は彼の主張を支持するような若者達がどうして生まれるのか、また彼らを国民代表の様に使う民主党、メディアにあると思うんですがねぇ。

      もし彼の権利に問題があるのなら、日本人が出てきて言い直せばYYさんの言い分は一瞬にして意味がなくなるんですから。そして彼に同調する日本人はいくらでもいる。

  3. あ、そういう見方もありますね。。。
    凝り固まってましたねー。。。柔軟に、ですね。。。自分も偏向だったかも?ですね。。。

    • いろいろな見方、考え方があって良いわけで、どれが正しいのどうのは自分が決めることでありますが、ただ固執するのだけはやめようといつも思っています。そこで進歩は止まりますから。

      と、思いつつ、簡単ではないですね。(笑)

      いつも多様な意見を書いてもらって感謝しています。

  4. dabo_gcさんのおっしゃる”筋道を建てた話”というのは、つまり代替案を出しなさいという事ですよね。一部若者のデモは、つまるところ『自分は戦場に行きたくない』というのがあると思いますが、現代の戦争は素人は役に立たないそうで。

    “野党三党が合意に達した”というのは、今はなきみんなの党や維新の党は絡まなかったのですね。ちょっと話は違いますが、維新の党の幹事長、今井雅人氏に違和感を覚えます。この人、元はディーラーですから。

    民主党は見ていてグダグダです。かつて鳩山氏の国を切り売りする姿に嫌悪を感じましたが、幹事長の枝野氏、この人も輪をかけて魂をどこかに売っちゃっています。弁護士出身らしく福島原発の放射能がガンの因果関係にならないと知っていて、例の『直ちに影響はない』という発言につながったのかなと思います。いずれにせよ、自民党以上に恐ろしい党です。

    >中国や韓国と酒を酌み交わし一緒に遊んで絆を作れば戦争は防げる
    これも子供の思考だなと思います。そりゃ中韓の友達を作れば、個人的に半分くらいは同意してくれるかもしれませんが、号令をかけるのは中国共産党であり、民意を代表した政治家ではないですからね。暴動ばかり起こっている国のどこに民意があるのか分かりません。

    • masaさん、私の言う「筋道を建てた話」というのは代替案を出すという意味ではなくて、まず自公民が出してきた法案の細部に関して「ここは良い、ここは駄目」というのを明らかにすることです。代替案はそれからの話で「代替案はいらない、現行法で十分」ならそれでも良くて、その理由を「わかりやすく」はっきり示すべき。

      ところが私が感じたのは「社会党」のやり方で、それがそのまま民主党の中に生きていて、「反対ありき」があると。そして最初の消費税導入の時に「大根が高くなる」みたいな「支出が増える」ことだけを指摘し、国民を煽って騒いだのを思い出します。

      左翼って中国共産党も含めてプロパガンダが好きなんだろうと。

      私は左翼思想を学んだことがありませんが、「民衆をコントロールする」ことに関するバイブル的な書物、思想があってそれを基礎として皆さん学んでいるんじゃないかと思ったり。あまりにも共通点が多すぎます。でもま、「市民派」が多いですから「市民の立場、利益優先」ということで「市民感情」を重視するのは当たり前なのかもしれませんね。でも私はここに国家観、世界観の欠如をいつも感じます。と同時に「市民感情」と「市民の真の利益」はイコールではないってところ。

      あの青年の「子供の発想」ですが、その通りだと思いますが、これはよくよく考えてみると自分も含めて大同小異かもしれなくて、右派も左派も「大人の論理」を明確に示して欲しいです。いかに巧妙にプロパガンダを成功させるかが勝利のポイントじゃ困りますよねぇ。でもそれが人間の性なんだろうとも思うわけで・・・。

      民主党がはっきりした代替案を出せないのは、民主党の中にも集団的自衛権が必要だと考える議員が多くいて「まとめることは不可能」なんだろうと考えています。だから「理由は関係なく」反対するしか無いのだろうと。

      私は保守系で、日本が世界の普通の国になることを望んでいますが、でもあの安保法案では「実際には何も出来ないのと同じ」だと考えています。これは中国もちゃんと見抜いていて「ほくそ笑んでいる」でしょうし、アメリカは「努力を評価する」程度でしょう。

      非常に大事なのは「なぜ公明党が賛成したか」という点。私は公明党があの法案を骨抜きにしたと考えていて、でも憲法改正をしなくてもあの法案があれば自民党としては前進であるのは間違いがなく、これを飲んでくれれば「憲法改正は言わない」という密約があったろうとさえ勘ぐっています。この件が終わった後は「経済最優先」に向かうはずで、多分安倍さんは「憲法改正」を言わなくなるんじゃないかと想像しています。ここは注目してみて行こうと思っています。

      結局、大事なところはおざなりになったままで、事実は「今まで以上にややこしい状態」になり、それぞれの立場で言っていること、また我々国民が想像していることとは、実は全く違う方向へ進んでいるような気がしてなりません。

      つまり、「(あるべき姿の)集団的自衛権は使えない」、「抑止力にもならない」のが今の法案であり、でも「何かが起きないかぎりそれははっきり見えてこない」のであって、結局は「問題の先送り」であり「立憲主義の崩壊」でもあり、日本の迷走は止まらないと私は考えています。

      枝野さんですが「直ちに影響はない」という言葉で逃げていた姿が忘れられませんね。

      それと私は「市民派」というのが好きではなくて、国会でプラカードを持ったりバリケードを作ってシュプレヒコール。そして議員までもデモに参加して国民にアピールする姿は何か勘違いしているんじゃない?と思っています。「憲法を守れ」というのと同じ意味でどれほど重要案件だとしてもルールを守ってその中で決着を着けるのが筋なはずで、「絶対に阻止する」みたいな言動は政治家が選挙民の受けを狙っているだけで、そして自分の無能さを表しているだけのようにも感じています。

  5. 思慮の深い返信ありがとうございます。私自身は海外の永住権を持っていて、いざという時に使おうと思っています。

    “何かが起きないかぎり”というくだりは、その通りだと思います。こういったことは自分でコントロールできないので、もしヤバいと直感したら即、避難したいと思います。

    ちなみに最近、ヤバいと思ったのは原発建屋の外壁が水蒸気爆発で吹っ飛んだ映像を見た時でした。

    • 私も原発事故には考えさせられるところが多く、そして日本政府や企業体質を考えると、「何かあった時にはこの国は潰れる」と思っています。

      もしかするとあの大東亜戦争そのものに日本らしさがあるのかもしれない。今の政治家、官僚を見てもそう思います。

      masaさんは海外の永住権を持っていて、いざという時に使えるんですか?へー、どこの永住権なんだろう・・。私の知っている限りでは、どこの国でも永住権を維持するには条件があって、その国に居住すること無く月日が経つと権利が消滅する国しか知りません。

      オーストラリアもそういう永住権なら\(^o^)/なんですが・・・・。

  6. マスコミ、政界、芸能界には在日の方が多数紛れ込んでいるらしいが通名では日本人と区別できない。安部政権発足以来マスコミと政界野党は総じて反安部、あたかも中韓の代弁者。
    マスコミは国民に公平な情報提供という使命は脇に捨て今やシールズの応援団、一方審議不十分と猛抗議の野党だったが国家観が定まらないのに防衛問題など一体審議出来るのか。
    ともかく通名を禁止すれば日本の社会構図は相当わかりやすくなると思います。マスコミ人や在日議員は日本の国を一体どうしたいのか、その不透明混乱の大きな要因は通名だと思う。
    一方日本の学生市民運動は人権弾圧国家中国が狂喜するようなスローガンばかり並べる。  
    昨年今年と台湾香港の学生は中国共産党の影響拡大阻止に向けた大規模な学生運動を展開したが彼ら学生は明確に反中共。一方日本の場合中国共産党には全く無関心、その代り安部打倒に異常に執心、“戦争法案”“徴兵制”など勝手に被害妄想し勝手に決めつけている。
    ともあれ通名制度は成りすまし日本人を大量生産、日本社会は分断されたかのようです。

    • 確かに在日の犯罪率の高さ、そして生活保護の受給者の多さを聞きますとびっくりしますね。これは外国人は外国人なんだからはっきり出すべきだというのは私も賛成。

      それが嫌なら日本の国籍を取れば良いわけで、でももちろん国籍を取るときにはただやるんじゃなくて、日本に忠誠を誓わすべきなのはどこの国でもやっていることで当然のこと。

      でもまた人権派がガタガタ言うんですよね。理想主義ほど危険なものはないというのにどうして彼らは気が付かないんでしょうかね。

      マスコミが左寄りなのは大問題だと思いますが、面白いのは左翼はマスコミは右寄りだと思っているんですね。最近、左翼のNHK批判を耳にする事が多いのですが笑っちゃいますよ。こっちにしてみればNHKこそが反日メディアだと思っているのに。(笑)

      つまり左翼の本音って私たちに見えるより、もっと左によっているのかもしれないですね。恐ろしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です