マレーシアで好きな車に乗るのは諦めた

好きな車に乗るなんて言いすぎですね。そもそもそんな車は高すぎてどうにもなりませんから。

ただ、「そこそこ面白い車」は欲しいと思っていました。子供の頃からのカーキチでしたし、車が高いオーストラリアではずーっと我慢してきましたし(唯一の楽しい思い出はコブラのレプリカ【5.7Lのレース様エンジンを載せた】を作ったことぐらい)、もう歳も考えますと好きな車に乗るなんてのも今後はどんどんチャンスがなくなるわけで、MM2Hの特典は最後のチャンスだと思っていました。

でも、そもそもマレーシアに行くのは「経済難民」として行くのであって、「ご褒美人生」でもなければ「ロングステイを楽しむ」ためでもなくて、お金を貯めに行くわけですから「趣味の車を・・」なんて言っている余裕はない。またやっと自宅が売れましたが(まだ終わっていない)望んだ金額の6掛けであったこと、またその他諸々予定外の損失もありまして、状況としては決して良くない。

それでも・・って思っていたわけですが、こういう甘さが今の自分を作った原因でもあり、骨を埋めるつもりだったオーストラリアから逃げるように脱出しなければならない。またゴールドコーストが世界一好きだというヨメさんも無理やり連れて行く。なおかつゴールドコーストを故郷だという息子まで一緒に連れ出してオーストラリアには帰れないような状況にしてしまうことを決断した私。

それで自動車が・・ってバカですよねぇ。(笑)

ちょっとの間、あれが良い、これが良いと悩み、カーディーラーに冷やかしに行ったりしましたが、もう止めることにします。

マレーシアに行ってから免税で買える車っていろいろあるわけではなく、その中から(我が家にとって)「生活に最適な車」を考えますと、2車種しか思い浮かびません。それはホンダのCR-V 2.4 AWDかマツダのCX-5 2.5L AWD。車として無難なのはCR-Vだと思っていますが、CX-5は若干面白そう。私はセダンには興味が全く無くて、SUVあるいはクロスオーバーと呼ばれるような車種にするつもり。

どちらにするかに関しては、どちらでも良いと思っていまして、マレーシアに行ってからそれらが実際に免税で買えるのか、納期、価格、等を調べて決めようと思います。ただCX-5 2.5L AWDは現地生産をしておらず、現地生産(CKD)している2.5Lは限定生産で型が古く2WDしか無いという情報がありますので、多分CR-Vに決まるのだろうと想像しています。

ホンダのCR-V。

hero01

マツダのCX-5。

6800

自動車の趣味。これは過去の思い出としようと思います。

と「今の時点」ではそう思う。(笑)

渡ってから「予想以上に利益が出る」ようなことがあれば(笑)、日本から程度の良い中古車を輸入してもらおうかと。当然、AP(輸入許可)と税金がごっそりかかりますが、日本の中古車って車種によって値下がり率がまるで違うんですね。え?と思うような値下がりをする良い車があるんですね。ま、それでも良いかと。

そもそもMM2Hでは免税で買えるというのはある意味間違えていて、考え方としては保税という方が近いはず。だって売却したり、廃車するときにはその時点での自動車の価値から計算された税金を払わないとならないんですから。これを免税というのは間違いだと思っています。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

マレーシアで好きな車に乗るのは諦めた” への6件のコメント

  1. daboさんのお気持ちに寄り添いたいです。今回のブログ内容、私にとってデジャブです。私自身も世界中に長年住んできて似たような思いを沢山経験してきています。でもdaboさんは私より一回りもお若そうなのでまだまだこれからですよ。チャンスはこれからもありますよ、私みたいな年寄に勇気を与える為にもあきらめないで下さい。将来また、お好きな車を入手する機会が目の前に現れますよ。私の友人で、目黒で小さな語学校を経営している社長がいます。いつもお互いに持続すること、継続することが大切だと話しています。彼も今度はだめか、今度こそ潰れるかの連続でしたが何とか資金繰りをつけて生き延びています。そうこうする内にチャンスは再び巡ってくるもんですね。私の車は日本からプリウスを持ち込みました。理由はアメリカで20年近く販売していて品質問題を起こしていません。妬みから米国官民挙げて訴訟を起こされましたが結局ねつ造でした。プリウスの粘り勝ちでしたね。少し古いですが中島みゆきの「ファイト」でも聴いてください。おしゃれなdaboさんの趣味には合わないかも知れませんが。

    • 温かいお言葉を有難うございます。

      マレーシアに渡るのは「経済難民」としてですが、やっぱりこういうお国替えって盛り上がりませんね~。夢がない。いや、夢、可能性があるから行くわけですが、「輝かしい未来」が見えているわけでもなく(笑)、過去の失敗の取り返しに行くようなもので、ワクワク感がありません。敗戦処理みたいなものでしょうか。

      でも敗戦処理をするチャンスがあるのは良いことだと思うし、そう思うしか無いのですが、自分の心をコントロールするのは簡単ではないと感じています。

      中島みゆきの「ファイト」って知らないのですが聞いてみますね。中島みゆきっていうと確かNHKの「プロジェクトX」の主題曲がそうでしたよね。「地上の星」でしたっけ。あれを聞くと腹の奥の方から「負けてたまるもんか」という力がこみ上げて来たのを思い出します。

  2. ダボさん

    いよいよマレーシアが行きが視野に入ってきたようで何よりです。そしてマレーシャではホンダのCR-V 2.4 AWDかマツダのCX-5 2.5L AWDにご乗車の予定とは、多少のオフロードも気にせず走れてマレーシアの道路事情を考えると私もベストチョイスだと思います。

    特にKLなどではほとんどが一方通行仕用ですから、いったん道を間違えると本線復帰が難しいので、多少のオフロードを走ることができる車であれば、緊急避難として縁石を乗り越えて復帰することができてとても便利だと思います。

    恐らく私の想像するところ、マレーシアではホンダの海外仕様のアコードをたくさん見かけますから、その分人気が高くディーラも多く、サービスステーションも充実しおり、部品調達も容易でしょうから、私だったらCR-V 2.4を選ぶと思います。

    • ですよね~。私もCR-Vが良いと思うのは同じ理由です。

      KLの道路事情、交通事情を考えますと、良い車を綺麗に乗るところとは思えず、それどころか多少傷を付けられても「しょーもねぇなぁ」で済ませられるようにならないと駄目じゃないかと思っています。

      仕事をするわけでもなく取引先や客に見栄を張る必要も無く、ホテルやレストランの前に乗り付けてバレーパーキングを頼むわけでもなく、ごちゃごちゃした路地に平気で止めて置けるような車が良いかと思っています。

      そういう「無難さ」ではCR-Vはピカイチだと思っておりまして、「ここが駄目」という欠点も見つかりません。また世界的にはCR-Vって抜群の売れ行きなんですね。マレーシアでも多く走っていますしどこにでもある車ですが、やっぱり人気車種なんだろうと思っています。

      その点、CX-5は新たに彗星のごとく出現して世界的に凄い売れ行きのようですが、マツダという会社が持っている「非メジャー感」がどうしてもあって、中古はCR-Vより安くなるかもしれないと思っています。

      マレーシアの中古車市場を見ますとかなり偏っていて、トヨタ、ホンダ、ベンツ、BMWが外国車としては他と圧倒的な差なのがわかります。そういう意味でもCR-Vは無難。

      無難な人生ってつまらないのですが、基本はそれで固める必要があると思っています。(笑)

  3. 現地組み立て車両をMM2H特典で購入される場合は、以下の手順と成ります。

    1.自動車購入申し込み(手付金支払:RM1000程度)
    2.免税輸入許可申請手続き(ディーラにて)
    3.申請受理日より1ヶ月~2ヶ月後に免税許可申請書A発行
    4.エンジン番号・車体番号を財務省に申請し、数週間後に免税購入許可書B発行
    5.工場にて組み立て開始
    6.販売店に配達
    7.お客様に納車

    上記の手順となり、手続きに何ら問題がない場合は購入申し込みから大方
    4ヶ月前後で納車と成ります。

    しかし、注意いただく内容として、免税許可申請手続き中に購入希望車種が
    製造中止になったり、モデルチェンジをした際は、新型モデルが発売されるまで
    待たなければ成らず、実際に、申し込みから9ヵ月後に納車された人もいます。
    マレーシアの自動車生産現場では、車体色毎に生産をする為に、メジャーでない
    色を希望した際には、生産までに時間を要し、納期にも時間を要することに
    成りますので、ご注意ください。

    上記の場合は、ディーラーに何を言うとも、対処することは出来ませんので。

    因みにCX5はガソリン車だけで、かつ、現在の所、免税購入対象外です。

    • おお、専門家が出てきてくれましたね。有難うございます。

      私がどうも腑に落ちない点があります。聞いていたことではありますが、ここ。

      >4.エンジン番号・車体番号を財務省に申請し、数週間後に免税購入許可書B発行
      5.工場にて組み立て開始
      6.販売店に配達
      7.お客様に納車

      免税の申請が通って製造開始ってのがどうも不思議に感じます。

      在庫のこれが欲しいんだけれど?というのは駄目なんですかね。

      在庫として存在しているってことはすでに納税済みだからそこに存在していると考えれば良いのでしょうか?

      CX-5ですがマツダのサイトに2L車はCKDだと書いてありますが、それでも免税対象外なんてことがあるんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *