カーディーラーに行ってきた

ちょっと出かける用事があったので、ついでにカーディーラーに寄ってひやかしてきました。

まず行ったのが家のすぐ近くにあるBMW。残念ながら私の興味があるBMW328iGTは現物がありませんでした。聞いてみたところほとんど売れないと(笑)。でもビクトリア州ではかなり売れている車種だと言っていました。ニーズが違うんでしょうね。

しょうがないので一番似ている普通の3シリーズを見てきました。試乗はしませんでしたが、やっぱりネットで調べているのと実際に車に座ってみるだけでもかなり違うのがわかりました。3シリーズってやっぱり小さいのね。エントリーレベルと言われるだけあって、まぁ、BMWに興味のある若者がまず最初に乗る車、あるいは二台目、奥さん用、そんな感じがしました。

2015-bmw-3-series-sedan-images-07-750x500

SUVのBMW X3も同じで、「ちっちゃっい」というのが第一印象。ただ3シリーズに似ていてSUV臭さがない車で、ある意味とっつきやすい感じがしました。でもこれまたジジーがメインに乗るような車じゃないと思いました。若者の家族にはよさ気。

6941

やっぱり大きさ的にはセダンで言えば520シリーズが良いと。SUVだとすればX5。ところがX3はこじんまりしているのにX5はかなり大きいと感じました。また車高が凄く高く、普段乗りするような車には思えませんでした。かと言ってオフロードに強い車でもありませんし、なんだかよくわからない車という印象。でも3000ccのディーゼルターボを積むとかなり早くて面白そうではありました。

25-cars-worth-waiting-for-07-2015-bmw-x5-m-and-x6-m-inline-photo-585481-s-original

見に行って良かったと思ったのは、私の中では3シリーズ、X3、X5が消えたこと。私のテイストではないのがはっきりわかりました。やっぱりBMWなら5シリーズが良いかと(6とか7は別格だしマレーシアでは大きすぎる)。でも値段が高くて520dでさえも1千万円。5シリーズなら最低でも528とかやっぱり535だねなんていうととんでもない値段になってしまう。さすがオーストラリアで日本よりかもっと高い。そしてマレーシアで組み立てられているCDKを免税で買ってもそんな値段。免税でなければ528で1300万ぐらいで、嘘だろ?と思うようなマレーシア価格(これでも安い方)。X5なんてもっと恐ろしい値段。

maxresdefault (1)

やっぱりBMWという線はないなという印象でした。

それからホンダに行きました。

最初に見たのがオデッセー。新型は背も高くなっていてトヨタのタラゴ(エスティマ)に似ているような感じ。今私が乗っているのもオデッセーですが、背の高さがまるで違います。新しいのはワンボックスカーにかなり近いイメージ。

2015-Honda-Odyssey-rear-view

でも7人乗りで、二列目のシートはまさにビジネスシート。そして3列目がオマケ、子供用っていうんじゃないのね。ちゃんと大人も座れて、ちょっと小さめの車の後部座席ぐらいの余裕。

2015-08-15_02h05_09

マレーシアに行きますとダボ一族は全員で6人ですから、こういう車があるとやっぱり便利で、この手の車でなければ皆で食事に行こうというだけでわざわざ二台出さないとならなくなります。もちろん一緒に住むわけではありませんが、私が送り迎えをするのは親孝行の一つだと思っていますし、近場の小旅行にも皆で行けるのはやっぱり良いと思います。今乗っているオデッセーも7人乗りですが、3列目は常時倒してありますので荷物はごっそり積めるし非常に便利で普段使いにも良いと思います。

でもオデッセーの問題点は、マレーシアでは免税では買えなくて800万ぐらいするということ。こちらでは500万。日本なら400万弱。ですからMM2Hの特典を使ってオーストラリアから持ち込むという方法になる。これはやっぱり捨てることはできない選択肢だと思いました。

そして、この辺で妥協をしようと思っていたCR-V。私は昔のCR-Vの印象が強かったのですが、想像していたより大きいと思いました。デザインが好きではないのですが、まぁ、車の大きさとか装備としてはこんなもんだろうと思うし、文句はなし。ただエンジンはアコードと同じ2.4リッターの185だか190馬力が良いかと。でもCR-Vってモタモタしている車で0-100キロは11秒前後。でも無難といえば無難で、マレーシアで免税で買えますし、多分値段は350万前後じゃないでしょうか。もしかしたらオーストラリアで売っているCR-Vってマレーシア製かもしれない。とにかく、この車ならオーストラリアで買って持ち込む必要は全くなし。

自分の好みとか希望とかそういうのを一切無視して考えると、あらゆる点でこのCR-Vを買うのが理にかなっているように思います。

hero01

今日、行ったのはこの2社ですが、あと行ってみたいのは3社。マツダ、レクサス、ベンツ。これぐらいかな。マツダは世界中で爆発的とも言って良いくらい売れているCX-5がお目当てです。2.5リッターですが、これもマレーシアで生産されている。ただし、2.5リッターモデルは限定生産であり、AWDではなくて2WDであることと、前のタイプだとのこと。ここがちょっと気になる点ですが、その代わり免税だと300万円以下で買えるはず。

6800

レクサスで見てみたいのはNX200T。これは2000ccのターボ装着車ですが、245馬力ぐらいあって、そこそこ速い。そして作りはレクサスですから安心感があります。マレーシアで税込み1100万ぐらい。オーストラリアで750万ぐらい。日本で520万ぐらい。でもレクサスの最近の面構え、あれってなんなんのかと思うくらい気に入りません。(笑)

でもこれならメインに乗れる車だという感じがしています。6人は乗れませんが。

lexus-nx-2015 (1)

ベンツで見てみたいのは、とりあえずこれまた「良い出来だ」と評判のCクラス。どれほどのものか一度見てみたいです。これはマレーシアで免税で買える。

Cクラス

2015-mercedes-benz-c-class-front-fascia-india-627x470

そしてGLAというこれまた訳の分からない、ベンツらしくない車種。でもBMWもそうですが、あの手の車、SUVだかただのハッチバックかわからないようなそういうのが世界で売れているんですね。だからベンツはGLAには戦略的な価格もつけていて、ちょっと面白そう。でもこれもどちらかといえば二台目に持つ類の車で、家族の多いジジーがメインで乗る車ではない。35-45歳をターゲットにしているとのこと。そしてこれはマレーシアで生産されていませんので、免税枠を使いたければオーストラリアから持ち込むしか無い。

GLAクラス。マレーシアでは免税で買えない。

GLA 200

あと昔乗っていて、数年前に友人に叩き売ったE250も見てみようと思います。昔は嘘みたいな価格でしたが今では3割ぐらい安くなっていますし、また乗りたいとは思っていないのですがどう変わったのか興味があります。E250もマレーシアではCKDで作られていて免税で買えるようになっています。これは世界のベストセラーで良い車なのは間違いないと思います。

2015_Mercedes-Benz_E-Class_E250_Luxury_BlueTEC_4dr_Sedan_21L_4cyl_Turbodiesel_7A_3929291

やっぱり見に行って良かったです。現物を見ないとねぇ。でも気になる車のスペックは大体頭に入っていますので、現物を見ても理解が早い利点はありました。

◯ 6人が乗れる車がベスト
◯ マレーシアで免税で買えるもの(オーストラリアから持ち込んでも採算が合うもの)
◯ それなりの大きさと居住性・安全性が確保されるもの
◯ モタモタ走る車じゃないこと
◯ 大きい車は駄目
◯ 小さすぎる車も駄目

これらの妥協点を見つけるだけでも結構大変で、これに「自分の好み」がプラスされますからかなりややこしくなります。でもま、とりあえず自分の趣味は横に置いておくべきだろうとも思うわけです。マレーシアには遊びに行くんじゃありませんし・・・・(T_T)

【参考資料】

BMWのマレーシア価格、MM2H価格(赤枠)。目安だと思ってください。ここに乗っていない車種は輸入車なので免税では買えない。

2015-09-03_21h20_08

ベンツのMM2H価格。ここに乗っていない車種は輸入車なので免税では買えない。

2015-09-03_21h23_19

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

カーディーラーに行ってきた” への12件のコメント

  1. ふと思ったのですが、ワンBOX系がないですね。トヨタのアルファードなんかがいいかなと思ったものですから。6人乗りですし。

    • アルファードはオーストラリアで売っていないんですよ。マレーシアでは近年売り出しましたが輸入車ですから免税では買えず(1千万円以上)、対象外です。

      日本に住んでいれば面白い車がいくらでもあるし、そして安く買えるのに・・・、残念です。

  2. daboさん
    おっしゃる通り
    今迄 日本感覚で
    BMだとかメルステスがとか、
    確かに3シリーズはカミサン向きです
    近い将来の事 頭に入れると
    BOXカーも
    話し変わりますが、
    今日豪ドルが83円に
    管理お願いしている
    S友にいつもの 倍 送金しました
    来月末の頃は
    叉 95円位に戻るのでは、
    複雑です
    家売却時と豪ドル定期預金が
    100円だったら良いなーと
    日本から管理費 送金の時は
    80円位が 儲かった
    気持ちに成ります
    daboさんの感では
    10月末位は豪ドルに対して
    日本円は幾ら位ですか?
    先生の推測は?

    • ユキさん、私は将来の予想は全くしないんです。無駄ですから。(笑)

      まぁ、一般的に言われる世界情勢、オーストラリアの立ち位置、いろいろ考えることはありますが、競馬の勝ち馬を予想するのと同じレベルでしかないです。

      ユキさんは必要なお金を定期的に交換しているわけですよね。それって良いと私は思うわけで、これから上がる(下がる)だろうから今のうちに・・とかそういうのはギャンブルと同じだと思っています。でも定期的に替えるのは「ドルコスト平均法」と同じで良いんじゃないですかね。余計なことは考えないほうが良いと思います。まとまったお金も長い時間をかけて何度かに分けて送金するとか。

      でももし相場の動きを読めると自分に自信があるのなら、その「必要なお金を替える」というのとは別に、FXでロングしたりショートしたりすれば、メリットはあるかもしれません。

      そういう意味でもFXをいじってみるのは良い経験になるはずで、それで勝てるなら「積極的にやる」のもよいでしょうし、それで負けるならそもそも「いつ替えたら得か」というのも「自分にはわからない」という証拠になりますので、「余計なことはもう今後は考えない」という良い指針になると思います。

      まして他人のいうことを参考にしたら最悪で、自己嫌悪に陥って立ち直れなくなるはず。(笑)

  3. daboさん

    成るほど、
    おっしゃる通りですね
    振り返ってみますと
    自然体でした
    何々で儲けようと思わず
    株も 不動産さんも
    その時々 必要に応じて
    購入しましたので、
    損をした事が無いのかも
    今回の送金も
    儲けようでなく
    83だったので
    送金しただけです
    おっしゃる通りです
    反省します

    • いえいえ、反省なんかしないでください。(笑)

      やっぱり残念ながら人間って環境に流されながら、その中でどう適応していくかしかないのかもしれませんね。流れをかえようと思ったり、どう変わるのかを知ろうと神の領域に入ろうと思っても無理。

      一番まずいのが「俺はこれだけ勉強したのだから未来はわかる」という慢心だろうと思います。それでうまく行った人ってこの世には存在しないのに・・。

      でも未来のことはわからないにしても「今の時点で稼ぐ能力」を我々は多少なりとも持っているわけで、そこに集中すればよいのではないかと思ってます。

  4. daboさん

    思いだしました
    私の親父が馬を持っていました

    親父曰わく
    競馬場から駅に向かう道を
    オケラ街道と言う
    95%位の人は負けた人
    勝のは5%位ですと
    叉 勝組の殆どが100万の元手で
    10万位増やす人
    負け組の殆どが5万の元手で
    100万を つまり一攫千金を

    でも 私には賭事は向いていない
    様です、

    約30年位前に
    コンラッドのカジノで
    100万持参し10万儲けようと
    有る方法で実行しました

    確かに100%位の確率で利益
    出ましたが
    10万位利益出すのに
    4時間~5時間掛かります

    嫌に成ってきます
    10回位試して
    この方法なら勝てると
    確信出来ましたので

    その後は一回も コンラッドには
    行っていません

    評判の良い ショーが有る時は
    カミサンと何回か行きましたが
    カジノは素通りです

    叉 話しが脱線しました
    ごめんなさい。

    • ユキさん

      本当にその10%を4,5時間で作れる方法が存在すると思ってます?

      是非教えてください。

      賭け金に上限がないカジノはいくらでもありますし、1億持って行って1千万稼げるのなら私はそれだけに集中してやってみたいです。本気です。どれだけ複雑だろうが、10時間掛かろうが、一向に構いません。

  5. daboさん

    ルーレットの赤黒で実験しました
    賭方は全て 後追いです つまり
    赤出たら赤に賭る 黒なら次は黒
    確率は五分五分です

    最初は10ドルからスタートします
    負けたら 次に負けた10ドルに
    +10ドル =20ドルを賭ます
    叉 負けたら ここ迄負けた計30ドルに
    +10ドル足して 40ドル賭ます
    叉 負けたら 70ドルに+10ドル+
    80ドル賭ます つまり 負けている
    間は 負けた合計に+10ドル賭ます
    全て後追いです
    10
    10+10=30
    40+10=50
    90+10=100
    190+10=200
    390+10=400
    890+10=900
    連続7回負けです
    大事な事は何処かで
    勝ちましたら 叉 最初の
    10ドルからスタートです
    後追い
    勝たら 10ドルから
    負けた合計に+10ドル
    今迄の経験で赤黒が
    交互に連続8回以上は経験した
    事は有りません
    2000ドル位の手元で
    4時間位で平均400ドル位の
    利益が出ました
    しかし 疲れますので
    10日位で辞めました

  6. ユキさん、細かく書いて頂いて有難うございます。でもユキさんは運が良かっただけですね。

    その手法はマーチンゲール法と言われる賭け方で、カジノに興味をもった人が必ず最初に考える必勝法(?)ですね。

    理論上は絶対に負けませんが、それをやり続けますと破綻するのが普通です。連続7回は負けないだろうと思うところがこの方法の罠であって、実際には長い時間やっていますと10回以上連続負けなんて結構あるんですよ。確率的には少ないですが、【必ず】そういうときにぶつかります。

    この手法をFXでも使う人がいて、結局大損するのはこの考え方があるからなんです。

    要は「負けた分を常に足して行けばいつか必ず元が取れる」と思ってしまう。良く負けが込んでくると一気に大金を賭ける人がいますが、この考えが根底にあるからなんです。

    このマーチンゲールは実際にはカジノではどのテーブルでも上限が決まっていて、やり続けることは不可能だと言われますが、確率的にはたとえば赤、赤、赤と賭けようが、赤、黒、奇数、赤、前半、偶数と変えようが同じなんですね。また途中で休んでもテーブルを変えても同じこと。ですから長期戦で考えると、途中でテーブルリミットが違うテーブルに移動すれば、あるいは違うカジノへ行こうが、倍々賭けていれば確率的には変わらないから実行可能。

    この方法が良いように見えるのは勘違いで、10回続けて負ける確率は少ないですが、その分、賭け金が大きくなっていますから、「手に入る額」を計算すると、一発勝負と勝つ(負ける)確率と同じなんです。ここが重要。

    そして問題は、ルーレットの赤黒とかの確率は2分の1ではなくて、38分の18なんですね。0,00の親の総取りがありますから。カジノのゲームは多分全てのゲームの確率は親が勝つようになっていて、最終的にはその確率に収束しますので、カジノ側は絶対に損しないようにできているといわれるのはそれが理由で、簡単な数学で証明できます。

    そしてたとえ黒が連続で10回でたとしても次に赤が出る確率って38分の18でしかないんですね。ここが勘違いする一番のポイントでしょう。

    遊びのつもりで始めたカジノ、あるいはFXもそうですが、常に負け金の総額を頭に入れて置いて、その額を次に賭けなくても最終的にその額になるように数度に分けても良いんですね。つまり単純に言えば、2,4,8,16,32・・と倍々ではなくても、2,2,4,1,3,12でも良いし、2,2,4,1,3,の次に6で勝てれば次にまた6でも良い。

    こういうことってこの手法をやっているとその亜流がいくらでもあるのがわかって、そして知らないうちに賭け金がどんどん増えていくんです。だからカジノは怖いんですね。絶対に勝てる手法があると信じるからこそ、1万円で遊ぶつもりが給料全部持って行ったり、借金を重ねても行くようになるのは、まさにこの手法なら勝てると思うから。

    私もカジノ狂いとはまでは行きませんでしたが、ラスベガス、ウォーカーヒル(韓国)、マカオ、マニラ(船上カジノ)などに結構通ったことがあります。実はゴールドコーストに決めたのもカジノがあるからというのも誰にも言ったことがない、オーストラリア移住を決めた理由でもあるんです。

    ですからコンラッドも結構通いました。私もこういう性格ですからパソコンで様々な賭け方のシミュレーションを一晩計算させ続けたなんてこともありますが、結局、必勝法はないという結論です。でもあのスリルがたまらないんですね。私は基本的にはブラックジャックとクラップス(この勝率は良いと思う)専門でしたが、ある日ある時、プレイ中になぜか子供のことを思い出しました。息子たちがゲームソフトを買って欲しいと言った時、そういうのは誕生日かクリスマスだけだと言い聞かせたことを思い出したんです。でもそのゲームソフトの何倍もの金額を自分は一度のゲームで賭けている。これって絶対にバチが当たるとフト思いまして、その日を最後に一切カジノ通いはやめました。20年ぐらい前の話。

    スロットルマシンが置いてあるホテルや飲み屋があるじゃないですか。そういうところへ行くと、ヨメさんはカジノが好きなわけではありませんが、20ドルだけ遊ぼうとかいうんですが、私はそういう時でも一切やりません。見ているだけ。(笑)

    ユキさん、そのマーチンゲールの手法こそ、世界中にカジノ狂いを作る元凶と言って良いくらいで、いつか破産したり自殺したり、そんなことが起きてしまう。ゴールドコーストの日本人でもカジノに狂って人生破綻した友人が3人います。それが理由で離婚、日本に引き上げた家族もいる。

    カジノで勝つ方法は私は一つしか無いと思っていまして、それは「勝っている時にやめる」。これだけだと思います。全てのギャンブルに言えることですが。

  7. daboさん
    おっしゃる通りですね
    私は 運が良かった
    叉 勝っていても
    4時間もやっていると
    飽きて アルコールも
    廻ってきて 眠くなるし
    4時間も頑張って たった
    400ドルか と 思うと
    アホらしく成って来て
    運が良かったのですね

    競馬 麻雀 等 全ての賭け事を
    止めたのは daboさん同様

    今迄なんとも思わず
    呑み屋の集金人に
    負けたお金払っていたのに
    有る日 払う時 フット
    このお金で 子供に何々をと

    考えた瞬間に あっ
    賭事やる資格が無いと思い
    一切の賭事は止めました

    以前から賭事はゲームにて
    負けたお金が 勿体ないとか
    このお金で 何か買えると
    思ったら その時が辞め時と
    思ったいましたので

    でも 株式は 叉 初めましたけど
    ボケ防止です

    • ですね~。ギャンブルはいいことないですね。私もきっぱり止められたのが不思議なくらいですが、良かったです。

      勝率も利益もコントロールできないって面白く無いし、相場のほうがはるかに良いですね。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です