理想主義者と現実主義者。自分のポジションは?

マレーシア関連のブログの中で非常に面白いエントリーを発見しました。そのブログの主は経営コンサルタントをしてらっしゃる方で、いつも内容が非常に濃く、考えさせられることが多い。

今日のエントリーは私の中でモヤモヤしていたものが一瞬で整理されるような内容でした。人の思想をいかに分類するかってことなのですが。一つだけわかりやすい図を転載させてもらいます。この図だけではなくてわかりやすい図と解説がその方のブログにありますので、興味がある方は是非読んでみたら面白いと思います。

twitter-ZF-phantom1

理想主義者・現実主義者の縦軸、善悪論よりも現実論 | 立花聡オフィシャルブログ

この話は今巷で大騒ぎになっている「安保法案」に関することですが、この図で自分のポジション、また保守派の中でもいろいろ論議が別れる中でそれぞれの言論人のポジションもわかって、非常に面白いと思いました。

日記の中で私の印象に残った言葉は【「こうであるべき」よりも、「こうするべき」】というところ。そして差異があるのを認めて【うまく住み分けて共存していくのは一種の現実的な解決策ではないだろうか】というところ。

話は安保法案だけではなくて、生き方そのものが自分のポジションで左右される。仕事も人生も全く同じだと思いました。

そして理想主義者こそが「排他的になる」傾向があると思うのです。理想や価値観を共有できない人とは付き合いたくないと。極端に言えば「異分子は存在してはならない」と。これは歴史が証明していて、「愛とか平和」を追求するはずの宗教がとんでもない殺戮を繰り返してきた世界の歴史がある。またそれは現在進行形。

つまりファンクラブを形成しやすくなるんでしょう。そして「異なるもの」は排斥する。これが日本的村社会の特徴でもあって、今回の話は我々の日常と密接なつながりがある。

また最近、ブログには書きませんが、ちょっと人間関係で悩んでいることがあります。どうしてこういうことになってしまったんだろうと色々考えているのですが、今回紹介した日記を読み、自分の中でその答えが簡単に解けてしまいました。

つまり、私は現実主義者で相手は理想主義者であったのだろうと。ですから引き合うものがあるときには引き合いますが、何か違うものを感じた時には突然態度が変わる。これは理想主義者の傾向だと私は思っていて、自分の中にある「理想」あるいは「プライド」が人との付き合いを考える基準になっているのだろうと。

では私の中に理想もプライドも無いのか?ということになりますが(笑)、私は基本的には「それぞれが自由」があり「違いを認める世界」が理想であって、その異なるものが手を繋いで前に歩いて行く世界が理想社会です。だから「異なるもの」を排斥しませんし、「異なるもの」こそが自分に刺激を与えてくれる大事なものだと考えています。

ところが理想やそれに拘ることにプライドを持っていると、「異なるもの」は「理想を壊すもの」という解釈になるのではないかと想像しています。

ここでは理想という言葉を違う意味で二回使っていますからわかりずらいかと思いますが、「自分の理想と違う理想を持っているもの同士の共存」が私の理想と言っても良いと思います。

また「下手なプライドは持たない」のが私のプライド。(笑)

ここが私が変人扱いされる所以だろうと思いますが、今までの人生、仕事の歴史の中で私が確信したことは、プライドは「自分を助けるために存在する」のではなくて「失敗に導くもの」ということでした。結局、自分が想像しているより世界は、社会は多様化していて、自分のプライドに拘リ過ぎていると「生きていけない」という現実があまりにも多いと感じます。仕事で言えば失敗を意味します。

海外生活においてはまさにそれが顕著で、自分の理想やプライドなんて外人から見れば「馬鹿じゃないの?」みたいなものもあるわけで、こちらから見れば「こいつらどうしようもない」と思うのと同じことなんですね。だからといって自分が変わるのは簡単ではないし、相手を変えることは不可能。

やっぱり「それぞれに差異があるのは当たり前」と認めて、手を携えて生きていかなくてはならない。これってこういう風に書くと殆どの人が「そうそう、その通り」って思うはずですが、実はそれを実行するのは簡単じゃないんですね。「感情」が必ず邪魔をしますから。

結局、理想とかプライドが「感情と直結」しているとうまくないってことなんだろうと思います。これが「理想主義者」であって、理想やプライドを「感情と繋げない」ことが出来る人が現実主義者なんだろうと。

人間って「感情のいきもの」だと私は考えていて、全ての行動の基本は「感情にある」とさえ思います。いくら論理的な考えをしようと思っても、結局それは「感情が出した答え」を論理的に納得しようとしているだけじゃないかと。

だから大切なのは「感情をいかに切り離すか」というところを「意識」するべきで、そうではないとどんどん流されていく。

結局、国も、人付き合いも、仕事もその基本は同じだと思うのです。

今回の安保法案に関して見ているとそういう面が見えてきますよね。「戦争反対」のプラカードを持つ人達が溢れていますが、この「戦争反対」という考え方に反対する人は一般市民の中にはいないと言って良いくらいで、意味が無いと思うんですよ。「安保法案に反対」=「戦争反対」ってまるで筋が通っていないように思います。これは「高邁な理想」を全面に出して「気に入らないものを潰す行為」でしかない。

私だって安保法案に全面賛成なんかしていなくて、そもそも多くの法案をひとまとめにしたところに問題の根本があるんじゃないかと思っています。議論が細部に至らないのは全法案をひとまとめにしてしまった安倍さんの落ち度でもある。

同じ保守派にも反対派はいて、「アメリカ従属を深める」という人は少なくない。ここは確かに私も気になる点で、「アメリカが起こす戦争に巻き込まれることはない」と安倍さんは主張しますが、どうやってそれが担保できるのかの説明がないんじゃないでしょうか。

イラク侵攻の時にはイギリスのブレア氏から小泉氏に電話が入って「賛同してくれ」という言葉に「何がなんだかわからないのにイエスと答えた」と時の官房長官の福田氏が暴露していましたが、「日本が参戦すると決めれば参戦できる」状態になれば、そこをあの手この手でアメリカは策を練って環境づくりをするであろうことは目に見えています。

でも「戦争反対」の声を上げるとしたらその時であって、今ではないと思っています。私が望む日本の姿は「憲法で決まっているから戦争をしない」のではなくて「国民の意志として戦争をしない国」であって欲しいです。今のまま「戦争反対」という大きな理想で全てくくって安保法案が潰れてしまうと、安保法案の良い部分も潰してしまうと思います。

安倍政権を支持する%は高く、しかし安保法案は「今、成立させるべきではない」という%も高い。これがまさに正解かもしれないと私は思っていて、なぜそうなったのかは、多くの大事な法案をひとまとめにしてしまったのが原因で、そこをプロパガンダが大好きで得意な左派に利用されているという構図があるんじゃないでしょうか。そして理想主義者がそれに乗る。というか乗らざるをえない。

そういう意味で、安倍さんは国民をバカにしていると私も思うところがあるのですが、国民もそこまでバカじゃない。見ている人は見ているのが数字に出ていると思います。でも「戦争反対」のプラカードを持つ人達はどこかピントがずれているのも間違いがないと感じます。

そしてこの賛成と反対の構図は今日紹介したそれぞれのポジションで違うし、またそれは安保法案だけに限らず、我々の生活、仕事でも全く同じだと思いました。

日本国民があの図で言うどういうポジションであるべきかを考えるのは意味がなくて、たとえどのポジションだとしても「手を携えて一緒に前に歩こう」という意識が何よりも大事だと思います。しかし、そういう考え方こそが「現実主義者」の考え方であって、理想主義者には受け入れられないってことなんでしょう。

理想主義者は排他的である。これは間違いがないと思います。これは他に対してだけではなくて、自分で自分を縛ることでもあるんですよね。そういう生き方も良いのでしょうが、良い悪いは別にして「弱肉強食」のこの世界で「自分の(国の)立場」を考えるとそれで果たしてやっていけるのかどうか。ここが重要な点。

ちなみに自分が考える自分の立ち位置を上の図に入れてみました(赤丸)。進歩的文化人とは真逆。(笑)

twitter-ZF-phantom1-2

みなさんはご自分がどの辺にあると思います?

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

理想主義者と現実主義者。自分のポジションは?” への2件のコメント

  1. 安部内閣支持率がかんばしくない。如何なる理由であろうと軍備は認めない九条信者が我国に多いゆえでしょうね。特に女性と団塊WGIP世代にその傾向が強いように見えます。
    女性にとって今の女性の時代は何が何でも守りたい。 一国平和主義者で現実的な女性から見れば安部さんは危険なロマンチスト、女性の敵。まあ並みの女性なら嫌うでしょう。
    一方団塊世代にも反対が多い。戦前への反省がオーバーシュートしている世代。日本に武装させると何を仕出かすかわからないという日本不信の代表格、大変な自虐妄想集団。
    一方アメリカは名高い銃社会。市民が銃を持つ、それは政府が堕落し自由平等の建国理念が崩壊の危機に瀕した時、市民自ら銃で政府を倒すのだ、というのが大きな理由という。
    こんな国民主権意識を持つアメリカ人から見れば法制反対者や9条信者の存在自体信じ難いはず。今アメリカではドナルドトランプ氏が日本の安保タダ乗りを激しく批判しているが日本人は外圧にはとても素直なので安部さんには大変な追い風になると思います。
    法制反対は自由だが小学生の児童平和作文コンクール並のしおらしい意見は差控えるべき、世界中の人が見ている。ロシア副首相が日本男子は黙って切腹せよ、と悪ふざけしたのは北方4島返還含め日本世論の現実認識が余りにも特異なのでからかいたくなったのでしょう。

    • 支持率は私としては「こんな状態にしては」高いと思っていまして、しかし「安保法案の今回の成立」には反対の%が多いのは見逃してはならない大事な点だと思っています。安倍さんもかなり考えながら進めているのはそういう背景があるんでしょう。

      日本は世界の中では特別というか「特異」な国なわけですが、そのように「自分だけ別の土俵に立つ」ことを良いと思えるかどうか、それで世界という集団の中でやっていけるのか。日本にはここのところで「自分さえ良ければ良い」という考え方が増えてきたんでしょうね。

      自分が幸せなら何が何でもそれを守りたいと思うのは人間の常だとは思いますが、それを貫くなら安保は破棄しても良いということになりますよね。でも「万が一」の時には恐ろしいことになるし、それを回避するには「莫大な軍事予算を投入」するか、「そんなことは起きるわけがない」「話し合いで解決が付く」とファンタジーの世界に逃げこむかの2つに1つしか無い。トランプ氏の毒舌に耳を傾ける必要がありますね。

      世の中で注目されていないことが一つあると思うんですよ。日本は今まで平和だったと言いますが、これは嘘で、「竹島を奪われた」という事実をはっきり認識するべきだと思っています。自分に力がない、助けてくれる人もいない場合、どういうことが起きるか。人の弱みに付け込んでやりたいことをやるのが世界の常識で、それがまさに「竹島」。力がなければ手も足も出ないし、誰も助けてくれない。話し合いで解決もできない。私はここのところをリベラル派はどう考えているのか聞いてみたいです。

      そういえば、今回の安保法案反対派に団塊の世代が多いらしいですね。議事堂周辺のデモでも目立ったと。60年安保の時、東大安田講堂の頃を引きずっているんですかね。でもま、メディアにしてもあの当時の人達がトップにいるんですから今のメディアの論調もわからないではないですね。私は当時はノンポリで政治も国家にもまるで感心がありませんでしたが・・・。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です