謎の日本人青年(36歳)トレーダーが今回の波乱で40億円の利益

凄いですねぇ。今回の波乱だけで40億円の利益ですと。

謎のデイトレーダーCISの読み、的中-市場パニックで利益40億円 (Bloomberg) – Yahoo!ニュース

ま、一般的には「そういう人は損するときも凄いんだろう」なんて思いたくなるし、それはその通りなんでしょうが、やっぱり凄い。

CISというHNでその道では有名な36歳の日本人青年で資産は11桁(数百億円)とのこと。私はこの人のことは全く知らず、興味を持って調べることもしないのですが、前に名前は聞いたことがあるかな?程度です。勘違いかもしれませんが、やっぱり同じく数百億円を稼いで秋葉原のビルを買ったと言われるなんとかっていうテレビにも出て来る有名な青年トレーダーの仲間(弟子筋?)だと聞いたような気がします。それとも全く関係ないのかな?

しかしまぁ、世の中が変わった感じがしますね。

昔から相場の世界で伝説的な「相場師」がいますが、彼らの戦い方と今の連中の戦い方に大きな違いがあると思います。

大きな額を投入するから利益も損失も大きなわけですが、手法がまるで違うんですね。今回のトレーダーはいわゆるデイトレーダーであって、簡単に言えば瞬間芸。昔の相場師はやっぱりそれなりの期間を掛けて、「世の中の動き」に投資するタイプだったと私は考えています。あるいは最近は聞かなくなりましたが、「仕手戦」と呼ばれる「買い手と売り手の大勝負」みたいな。

まさかと思う金額を稼いだ人は注目されますが、その影に、同じような額を損した人もいるわけで、それが表面に出て来ることはほとんどいない。そこのところを我々が忘れてはならないわけですが、一体彼らはどんなやり方をしているのだろうという発想は大事だと思っています。

真似れば同じように勝てるわけでもないですが、どうしてそんなことが可能なのか、彼らは何を狙っているのか、その辺は自分でやるやらないは別にして知っておくのもよいだろうと。

額は別にして、こういう時に利益を出す人って結構いて、311の大震災でも利益を出した人はかなりいますね。その辺は私は見ていたわけでもありませんが、NY同時多発テロの911の時には私もバリバリの現役でしたから、周りの人達がどういう動きをしたのかは見ていました。

あの時も一財産作った人は存在した。でも事件が事件ですから「儲けました」なんてことは口が裂けても言えない訳で、金額の大小は別にしても「儲けた人は口をつぐんだ」。

ある意味911の時は簡単と言いますか、ちょうどNYダウも下降に入ったと見ても良い場面だったんですね。ですから売りポジションはもっていないにしても、買い方は手仕舞いしていてしかるべきパターンが出ていました。

でもそれは短期売買の見方であって、長期投資なら「様子見」の場所だったかもしれません。

そんなところへ911の大暴落ですから、ショートポジションを持っていたトレーダーは大きなボーナスが入ったことになる。慌てたのは長期投資家と、短期トレーダーでも売り場を逃してモタモタしていた人たちのはず。

私はというと、すでにデイトレーダーでしたし、朝のあの第一報が入った時点でポジションは全く持っていませんでした。その後はご存知の大暴落、そしてその余韻、波乱が長く続くわけですが、私は当時も今と同じで「波乱時には手を出さない」のが信条でしたし、こんな時に細かなデイトレをして利益を出す気にはなれませんし、事件の真相を知りたいとテレビに齧り付きだったのは覚えています。

ま、どちらにしても、一般の人達が考える投資とは全く別の「技術」がこの世界には存在して、私はそちら方面に注目したほうが一般でも「チャンスがある」と考えているのはいつもこのブログに書いている通り。

王道としてのタートルズ、日本で言うとFAIみたいな手法(業績が良いとか将来性のある会社の株が安い時に仕込む)が良いと信じる人は多く、尊敬する人はウォーレン・バフェットだ、なんて人もネットを見ると結構いるのがわかります。そして業界もそれを推すのが普通で、デイトレや短期売買、スイングトレードにしてもそれを推す経済評論家も含めて業界の人の話を聞いたことがありません。

これもまたいつも書いている通り当たり前な話で、大手企業、機関投資家、一般投資家は長期での資産運用を考えますし、そもそも株式市場は上がっている限り「皆が幸せになれる」世界ですから、短期売買だったり、ましてや空売りをするような人はいないほうが良いくらい。ま、これは極論で先物にしてもその存在意義はあるわけですが、もし世界中の人が短期売買、空売りもします、なんて世界になったらとんでもないことになるのは明らか。

ですから、一見まともに見える長期投資の考え方が主流になるのは当然で、デイトレーダーはもちろん短期売買、そして空売りをするなんてのは「亜流」、もしくは「アウトロー」、あるいは軽蔑の意味を含めた「相場師」という呼び方になるんでしょう。ギャンブラー、競馬好き、そういうのと同じレベルに見られる。

これはやっている方も同じで、私も相場師と言われるのがイヤですし、自分でも言いません。また逆に相場師とはトレーダーの中でもある一定レベルに達していないと使わない言葉でもあって、俗には「相場で10億円以上の資産を作った人」みたいなライン引きも存在します。そういう意味でも私は相場師ではありませんし。(笑)

でもそういう感覚的なことは横に置いといて、冷静にその投資方、考え方を理解してみるのは決して損にはならないはず。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

謎の日本人青年(36歳)トレーダーが今回の波乱で40億円の利益” への10件のコメント

  1. cis氏は株をやる前はパチプロ、ゲーマーで、その当時に「判断を早くしないといけない、ピンチのときこそまわりを見て冷静にならないといけない」ことを学んだと言いますから、ゲーム感覚でトレードしてるんでしょうね。

    何年か前に「笑っていいとも」に出てましたが、そのときはしゃべり方がもっさりした感じで判断が早い人物には感じられなかったんですが、トレードに関しては違うんでしょう。

    米軍でさえ戦争ゲームのプロを雇って爆撃を行う時代ですから、優れたゲーマーが優れたトレーダーになるのも時代の流れでしょうか。

    今は静岡市議の例の彼も一緒に出演して変な解説してますよ。

    • 匿名さん、CIS氏のツイッターですか。有難うございます。

      通りすがりの一読者さん

      CIS氏の雰囲気って同じく有名なBNF氏と似ていると思いました。なんだか欲がないというかお金をお金と思っていないような・・。

      実は私もゲーム感覚って大事だと思ってて、その気軽さが良い方に動くんじゃないかと。額が大きくなると普通はかなりビビリますが、お金に執着がないからこそ冷静に判断できるような気がします。

      しかし、なんですか?あの彼は。(笑)

  2. cis氏にとってはトレードもコンピュータゲームの延長で、お金もゲームのポイントのようなものかもしれませんね。

    今は知りませんが、昔はcis氏とBNF氏はお互いの売買履歴を見せ合い、手法を教えあっていたそうです。

    似たもの同士で馬が合ったのかもしれませんね。

    BNF氏が尊敬し、そのハンドルネームの由来となったアメリカ人トレーダーVNF氏(Victor Niederhoffer)も驚くほど彼らに似てますよ。

    アジア通貨危機で破綻しましたが。

    まるで同じ人種のような。。。私の苦手なタイプです。。

    • しかしまぁ、いろんな人がいますね~。

      まるで別世界で、小心者は小心者らしく生きるのがベストで、背伸びしても駄目。

      それぞれにあった手法を見つけなければならないし、そういう様々な手法が成り立つところが面白いですね。

  3. daboさん
    有る大手銀行の、
    お偉いさん曰わく
    トレーダーは
    ゲーム感覚での売り買いが出来て、
    尚且つ出来ましたら独身が
    理想と言っていました、
    もしかして何億も損したら、
    家族が叉は、出世がなんて、
    考える様に成ったら
    トレーダーとして
    使い物にならない と
    言っていました、
    ゲーム感覚でないと
    駄目みたいな事
    言っていた事を思いだしました。

    • 機関投資家は一人で数百億を動かすのは普通だと聞いていますが、そういう人たちがそのお金の価値に思いを巡らすようになったらトレードは不可能だと思います。

      少なくとも「他人の金」であって、損しても「弁償義務がない」からできるんでしょう。

      でもそれは個人でも同じで、1万円で何が食えるかとかそんなことを考え出したら大きな額は動かせなくなって、まさにオシッコちびる状態になるはず。(笑)

      ですから今回名前が出てきた人もそうですが、話し方、内容を聞いても、ちょっと普通じゃないものを持っているのがわかりますよね。何千万損してもケロっとしている人って世の中には結構いるようで、そういう人だからこそ一般人には考えられない額を儲けることも出来るんでしょう。と同時に、それを短期間に飛ばしてしまうこともあるんだろうと。

      ま、そういう「変わった人たち」はそれはそれで良くて、私としては結局「欲と恐怖」が大きく影響しているのをここで再確認して、それとの付き合い方を考える切っ掛けになれば十分だと思っています。

  4. dabo様、ありがとうございます。

    いつもブログを拝見させていただいております。
    投資の利害関係がない、あなた様に言っていただいて
    どれほど心強いか解りません。

    自分はうまく行かないかもしれませんが、一つの真実として、
    そういう投資関係で成功されている方がいるという勉強になりました。
    dabo様の益々のご健勝を祈願いたします。

    • こちらこそ有難うございます。

      何度かブログに書いていますが、相場って「上がるか、下がるか、動かないか」の3つしか無いんですね。上がるか下がるかと言っても良いと思います。ということは確率は50%なんですね。

      つまり、勝ちもしない負けもしないのが普通なのになぜ多くの人は負けるのか。

      ここをとことん考えるのが大事で、チャート分析の手法や世界情勢をどれだけ勉強しても意味が無いわけです。それに気がつかない限り負け続けますし、逆にそれがわかればどうにかなる世界だと私は思っています。チャート分析にしても様々な読みもそれ自体はたいした差なんてないんじゃなかろうかと・・・。

      頑張りましょう~。

  5. お忙しいところ、コメントまでいただけて、感激です!
    ありがとうございます!!
    重ねて御礼申し上げます。

    ある問題をどう間違えるか、が十人十色であるように、相場に対しても私自身の問題でつっかえていたように思えます。

    う〜ん、深いです・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です