今回の「北朝鮮vs韓国」で思うこと

今回の緊張はかなりヤバそうだと思って見ていましたが、結局は対話をするということで決着というか先延ばしというか・・・。

“軍事衝突の危機”回避か 南北高官会談へ(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース

これはこれで一安心ですが、これが「外交」なんだなぁと思いました。

日本人は政治家も含めて「ブラフ」を使いませんよね。風呂敷を広げて相手を脅すということはしない。

ところが今回は同じ民族ということもあるのかもしれませんが、使う手が似ているブラフとブラフのぶつかり合いみたいなものを感じました。まさにポーカーのような。

もし日本がこういうブラフを使われた場合、大騒ぎになるはずなんですね。そして対立を収めようと相手に歩み寄る。これが日本の外交の歴史なんだろうと思いました。もし政治家が冷静にそれに対処しようとしても世論が許さない。何をやってるんだ!戦争になったらどうする?と大騒ぎするはず。

結局、南京大虐殺も慰安婦も同じで、相手が強気に出ると日本は「必ず引っ込む」。それどころか「謝る」。それを政府に強要するのが多くの日本国民と平和を連呼するのが大好きなリベラル派。平和が大事だ。相手が許すまで謝れという。そういう日本の価値観が通用するのは「日本国内の話」であって、外人、外国相手には全くダメ。そんなことはちょっと海外で生活するとわかるんですよね。でも日本国民の多くや左寄りの似非平和主義者は「とにかく問題が収まれば良い」という方向にしか思考がすすまない。相手の思うつぼ。騒いだもん勝ち。

ところが日本人ってそれを繰り返すうちにある日ある時切れるんですね。堪忍袋の緒が切れたと。でも相手は、え?我慢してたの?という反応をする。

かつてチャーチルが日本に関して言ったことを思い出します。チャーチルの回顧録にこういう記述があるそうです。

日本人は無理な要求をしても怒らず、反論もしない。笑みを浮かべて要求を呑んでくれる。

(中略)

もう一度無理難題を要求すると、これも呑んでくれる。

(中略)

さらに無理を承知で要求してみると、今度は全くの別人の顔になって、「こんなに譲歩しているのに、ここにいたっては、刺し違えるしかない」という。

戦艦プリンスオブウェールズとレパルスを日本軍に撃沈され、シンガポールを失った。日本にこれほどの力があったのなら、もっと早く発言して欲しかった。

日本人は外交を知らない。

 

また昔、韓国では日本人を「八幡(パハン)「海乱鬼(カイラギ)」と呼んでいたそうです。これは元自衛官が韓国の老婆に聞いたはなしだそうですが、「日本人を騙さないほうが良い」と。その理由が面白いのですが、昔、日本人は手漕ぎ船で半島に商売をしに来ていた。そして日本人はお人好しなので騙すのは簡単で、良く騙したそうです。それが何度か続くうちに、ある日ある時、その日本人は裸になり、服と自分が乗ってきた船を焼き払い、ふんどし一丁で日本刀を振り回してそこらにいる人を全て斬り殺すとのこと。そして最後は切腹する。だから「日本人を騙せると思っても調子に乗るな」という教えがあると。

ま、その真偽は別にしても、日本人がそういう思考回路を持った民族であるというのは上のチャーチルの回想録と同じで、日本人的にはうんうんなんて理解できることでも、外人には「まさか・・」ってことになるんでしょうね。

私は日本が中国大陸でやったこともこれに似ていると思っていて、蒋介石にチクチク意地悪をされ(多くの日本の民間人が殺された)、ずーっと我慢していたのにある日ある時、大進軍を始めた。そして首都攻略まで行ってしまった。ここで講和に持っていくはずだったのが、アメリカ、イギリス、ソ連の後ろ盾を得た蒋介石と泥沼の戦争へとつながった。

日本人が変わるためには「外圧が必要」というのもこういうことなんだろうと思います。それがないと「和の精神」が邪魔をしてやるべきことが出来ない、言うべきことが言えないのだろうと。

私は日本の安全保障は全くなっていないと昔から考えていましたが、安倍さんに変わってからどんどん「改善」されていると思います。でもそれは韓国大統領の「竹島上陸」「天皇は跪いて謝れ発言」、そして中国の「尖閣での漁船の体当たり」「南シナ海でのやりたい放題」など、あれらがあるからこそ「このままじゃ危ないかも・・」と危機感が生まれたはず。その世論が安倍政権そのものを産んだと思うし、今の方向性になったんでしょう。

そういう意味では韓国、中国に私はお礼を言いたいぐらいで・・・・

こんなことを書くと、ダボは戦争肯定派なんだ・・なんて思われるんでしょうね。その単純思考がまさに日本が持っている最大の弱点だと思っています。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

今回の「北朝鮮vs韓国」で思うこと” への5件のコメント

  1. 我慢に我慢を重ねて ある時いきなりブチ切れるのって
    とてもよく解ります。昭和の任侠映画とかスティーブン・キングとか。

    韓国や中国にお礼を言いたいくらいって・・・
    私 どこかの誰かがお金を払って彼らにあんなことをさせてるんじゃないの?
    って疑ってるくらいです(笑)。

    • 面白いと思うのは、私はいつもニュースはヤフーニュースから見るのですが、中国や韓国のメディアのニュースも多いんですね。で、彼らのニュースって本当に日本が軍国主義になって侵略を始めるという論調のが結構あるし、一般人のコメントにもそういうのが多い。

      全然日本人のことをわかっていないと思うんですが、結局そうやって誇張して「危機感を煽る」のが普通なんだろうと思います。

      ということは日本も同じだと思うし、一体真実ってどこにあるのかって思いますね。

      • あの高山さんの「アジアの開放、本当は日本軍のお陰だった!」
        って本を読みたくて書店に行ったんですけど在庫切れで・・。
        まだ読んでないのであれですけど 中に真実があったとしてですね
        それを知ってる中韓のごく一部の 隠れた熱狂的な日本ファンが
        「日本!もう一度やってくれ!」と思ってるんじゃないかと。
        そうだとしたら迷惑な話ですよね。日本はもう一定の役割を
        ちゃんと果たしてきたんですから。
        私は先人たちに感謝しながら 日本に感謝してくれてる島国の
        人達と仲良く遊んで暮らしたいと思ってます。

  2. 面白いですね 私は生粋の日本人なんだと思います
    『仏の顔も三度まで』 『堪忍袋の緒が切れる』 自分の中でしっかりとこういう部分があるのが自分でわかります(笑) それで持って堪忍袋の緒がどうにかなった場合日本でなら、ああ、やっぱり…って空気になりますが、そんなものは外国では、勿論通じないですね そういう意味では外務省の役人は少し外国で揉まれた人材がいいんじゃないかと思います

    朝鮮半島も気になりますし、中国でまた爆発もあったし、ちょっと最近嫌な感じですね

  3. いわなさん、私も高山さんのは読んでみたいです。彼がどんな言い方をするのかが気になります。

    チャンネル桜の井上氏、また自虐史観を否定するのに「証拠を出して」主張する期待度の高い水間政憲氏ですが、彼らは「アジア諸国は日本に感謝している派」なんですね。私としてはあれはちょっと行き過ぎで、私自身はこんな風に感じています。

    「力のある男が困っている女性を助けようとした。二人は恋に落ちて結婚したけれど、結婚後に男は変わっていった。女は『言うこととやることが違う』『やり方が酷い』と思うようになって結局二人は離婚。しかし女性は男から学んだこと、そして二人の間に生まれた子供は女性を助け、女性はしっかり一人立ちした。」

    さて、女性はその男に感謝するのか恨むのか。

    これがアジアにおける日本の立場だと私は思うんですよ。もちろん国によって印象は違いますが、大筋はこんな感じかなと。だから、まぁ、昔のことは置いといて前を向いて歩こうとなるんだろうと。

    いわなさんが書かれたように、我々一般人としては関係回復に協力なんて出来るわけもないし、好きなことをいう連中は「勝手に言ってろ!」と思うし、笑顔を向けてくれる人たちと仲良くしたいですね。(笑)

    でも中国だけはやっぱり気になります。

    SENAさん、そういう日本人気質ってよくわかりますね。毎日がそれの繰り返し。(笑)

    でも「言うべきことは言う」ってやっぱりなかなか難しいですよね。図々しい私でもやっぱりためらいます。

    中国の新たな爆発ですが意味深ですよね。規模は小さいにしてもまた化学工場だか似たような感じ。これって「爆発は偶然じゃないんだぞ」と背後に動く存在が意思表示をしているような気がしています。

    ところで外務省ですが、「頭は良いけれど・・」という人も多いですが、私は彼らも孤立しているんだろうと思うんですよ。やりたいことはあっても政治家がバックアップしてくれるわけでもなく、国民も「仲良くしろ!」って大合唱するんですから、孤立無援と言っても良いんじゃないでしょうか。下手に騒ぎが大きくなれば簡単に詰め腹を切らされるわけですし。

    そんな中で今までとは違う方向性を持って動くなんて絶対にできないわけで、やっぱり流れに乗るしか無いんだろうと。どうしても言いたいことやりたいことがある人は、野に下るしかないんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *