MM2Hが免税で車を輸入できるという情報は嘘?

MM2Hを取ってマレーシアに入るときに、一台だけ免税で車を持ち込める特典があると皆さん言いますし、そのようにどこでも書かれています。

でも免税で持ち込めるというのは嘘と言っても良いくらいの間違いなんですね。

実は先月だったか、あるブログに「免税で日本から車を持ってくれば大儲けできる」ような記述があったので、それは違うのではないでしょうかとコメントしたことがありました。

実際のシステムは決して免税ではなくて「保税」という方があたっていると思います。

正確なことは忘れましたが(笑)、持ち込んでから2年過ぎるとその車を売却できるはずですが、その時に、その時点の自動車の価値から計算した税金を支払わないと売却、廃車ができないんですね。ですから免税という言い方は外れていると思います。そしてその税金は決して安くない。

ただ、あるブログで、かなり古い日本車(MM2Hで持ち込んだ)を売却するときに、かなり高額な税金を払わなければならなかったと書いてあるのを読みました。でもこういう情報に尾ひれ背びれがついて広まるのは良くないことだと思います。

車はなんという車種の何年型で、輸入時には何年落ちだったのか、そしてそれを転売するまでに何年の期間乗っていたのか、そして転売時には何年落ちになっていて、その時の当局の査定がいくらで、そしてその結果としての税金がいくらだったのかという詳細がわからないと全く何もわからないのと同じなんですね。

とにかく税金は払わなければならないし、それはかなり高いらしいという「雰囲気」が広まるだけ。

マレーシアにおいて中古車を輸入したり、あるいはMM2H相手に自動車関連のサービスをしているプロはちゃんとした情報を持っていますので、そこから得た情報でないと意味が無いと思います。またこの税金に関しては、私がマレーシアウォッチングをしているこの7年の間でもいろいろと変わってきていまして、過去のことは過去のことで、さて現在はどうなのか、来年はどうなのかは全くわからないんですね。だからやっぱりプロに聞かないとどうにもなりません。

私が信頼をおいている業者さんでStep1という会社があります。今ではMM2Hの申請代理店もやっていますが、元々はマレーシアで長年企業家として手広くやられていた中村さんが社長。建設重機などの輸入も長らくやっている様子。

この中村さんは「日本人に対して日本的なサービスをする」という確固たる信念を持っている人で、「マレーシアだからマレーシア風のサービス」ではないところが素晴らしいと思っています。またブログもやっていますが、「何か問題が起きたらとにかく連絡をください」と書いていて、それこそ日常の生活で困ったことがあったときの「駆け込み寺」として考えても良いと思っています。ただしその問題が複雑で解決するのに手間暇が掛かるような内容で、その解決を中村さんにお願いすれば当然、料金が発生するのは当たり前の話で、なんでもかんでも無料でやってくれると考えてはダメだと思います。でも実際に彼がどんなことをしているか見ていると、そこまでボランティアでやるかぁ?と私は思うくらい。

免税輸入 – STEP1Malaysia.com

ただし、中村さんは忙しい方だと思うのですが、ホームページに多くの情報が乗っているかというとそうではないんですね。(笑)

だからちょっと調べたい、程度でいちいち連絡するのもはばかれます。

また、マレーシア在住の日本人向けに様々なサービスをしている「厚木インフォテック」という夫婦で経営なさっている会社があります。こちらも業務内容は手広いと言いますか、結局、日本人相手に仕事をするとあれもこれもやらなくてはならなくなるのでしょう。自動車に関しても情報をかなり持っておりまして、MM2Hで持ち込んだ車の売却のお手伝いも何度かした経験があるようで、そのことに関する記述もブログの過去ログを見るとわかります。

マレーぐまの業務日誌@厚木インフォテック

またペナン在住でMM2Hの申請代理エージェントをしているリカさんも自動車関連の仕事は引き受けていますから、情報はかなりもっているはず。実は私はリカさんに頼んでMM2Hビザを取りましたが、その時点では自動車をオーストラリアから持って入ることのサポートもお願いしていました。でも結局はマレーシアには行けずにウダウダしている間に、輸入可能期限が過ぎてしまいました。

ロングステイ & MM2H イン トロピカルマレーシア

とにかく、MM2Hで自動車を持ち込んで、その時点では税金を払う必要がないけれど、売却時・廃車時にはその時点の価値から計算された税金を払わなければならない。ここだけはゆるぎのない事実。でもその査定額、税額などは当然その車によって、グレードによって、年式によって違うわけで、そしてこのシステムも頻繁に内容が変わるようで、他人のケースが自分に当てはまるかはわからないんですね。ましてや将来のことは全くわからない。

この売却・廃車時の納税は、MM2Hで持ち込んだ車だけではなくて、マレーシア産の自動車を免税で買った場合も同じである点を忘れてはならないと思います。

また自動車関係ですが、このブログをキッカケにして、マレーシアで中古車の輸入販売を専業としている日本人の方と知り合いました。何度かメールでやりとりをしましたが、こういう方だと、なんていう車の何年型はどのくらいの税金かというのがわかるはず。ただし、一般的な中古車の輸入はAPという輸入許可が必要で、それがないと輸入はできませんし、輸入できる車は「1年以上5年以内」の車に限定されているとのこと。

ですから、我々が日本の(世界のどこでも)自動車を輸入することは可能で、APを買い(3万リンギットぐらい)、こういう業者さんにお願いすればOKということ。もちろん税金は払わなければなりませんが、どんな車を輸入したらどのくらいの経費が掛かるのかもこういうプロに聞くとわかるわけです。この方の会社や業務内容を私は詳しく知らないのですが、何か我々でシェアできる有益情報があれば、いつかブログ上で紹介したいと思っています。

この方式で輸入した車は、当然輸入時に(多額の)税金を払うわけですから、後の転売・廃車時に納税する必要なないとのこと。

ちなみにAPと呼ばれる輸入許可ですが、これはブミプトラ政策の一環で、マレー系の人が持つ特権とのこと。99社がマレー系で、1社だけは違うと読んだ覚えがあります。では彼らが輸入業者かというとそうでもないようで、輸入業者が彼らからAPを買うのが普通で、彼らは何もせずにその権利を売るだけで一台に付き、100万円ぐらいの利益を出しているとのこと。

でもこのAPを廃止しようという話は随分前から出ていまして、2015年には廃絶するような話もありましたが、マハティールさんはこれを止めたら中古車業界が大打撃を受けるなんて発言しているようで、どうなるかはわからないそうです。

でもこういう差別的システムを持ち、とんでもない税金を車にかけるマレーシアがTPPに加入するなんてどういうことなんでしょうね。またどう変化するんでしょうか。

もしTPPが正式に発足して、私がマレーシアで自動車の輸入販売をしていたとしたら、速攻でマレーシア政府を訴えようと思います。もちろんこのAPの存在で不利益を得たということで。ISD条項ですね。外国資本の会社でも内国民待遇をしないとならないんですから。

またTPPでは非関税障壁も問題になりますから、「関税は安くなっても物品税、贅沢品税などの名目で課税」すればこれまた問題になるはずで、マレーシアの自動車業界は大きく変貌する可能性もありますね。

もしマレーシアの自動車価格がオーストラリア程度まで下がれば嬉しいなぁ・・・・。

しかし、マレーシアのメチャクチャな自動車価格を知ると、日本より高いと長年悩み続けたオーストラリアの自動車が安く感じるから面白いです。

どちらにしても売却・廃車時に税金を払いたくなければそれなりの年数経たないとだめなわけで、「乗りつぶす」覚悟も必要かもしれませんね。でもマレーシアを引き上げるとか、あるいは修理・維持にカネがかかりすぎる車なので廃車したいと思ってもそう簡単にはいかないということ。中にはマレーシアを引き上げるときに車を持ち帰る人もいる様子。またあるブログで読みましたが、売却時には「名義変更をしないで売ろうと思います」なんてとんでもないことを考えている人もいる様子。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

MM2Hが免税で車を輸入できるという情報は嘘?” への4件のコメント

  1. daboさん

    約 三年間 毎日の様に拝見させて頂いております
    投資のお話 料理の話し GCの話し マレーシヤのお話
    ソロソロ マレーシヤ行っちゃうのかなーと 思います
    最近間の引越しのお話までは
    何だかんだ有っても GCが好きなんだーと思っていましたが
    最近の内容は マレーシヤの 現実的なお話になっていますね

    追伸
    因みに BMは昔から6シリーズが素敵ですね
    最近のメルスデスのCクラスも値段の割には 良く出来ていますよ

    • GCは大好きですよ~~。

      愛する女房を捨てて、金を持っている女性とくっつくみたいな心境でしょうか。(笑)

      ね~~、6シリーズ良いですよね~。

      ベンツのCシリーズですが、今回のモデルはかなり力を入れてきたようで、前の安っぽさがないみたいですね。

  2. Daboさんのブログにメッセージを残した次の日、これでもか!!と言うぐらいのお困りの電話相談がございました。
    あまりにも偶然だったので、ブログネタにしようかと考えてますが何があったかと言うと
    1.10:00
    77歳のおじさんの物と思われるインターネット使用費用請求が私の携帯に入るも、アカウント番号が確認できず。
    おじさんに電話で聞いても訳わからずでしたが、パスポート番号より調べてもらい無事にオンラインで代行支払完了。楽しみなTVが見れなくなる寸前でセーフ。

    2.10:30
    お車の輸入時に安いGPSをご希望で、頑張って英語版のガーミンを使用しますと言っていたおじさんから、英語版使いこなさせないので、日本語版に変更したいとSOS.
    ま、返品出来ないかとの相談も・・・・
    返品は出来ないが、私が下取りする事でOK。日本語版をアレンジして解決。

    3.12:00
    洗車場にて、係員の誘導にしたがって運転していたら壁にぶつかりフェンダー部分がめり込んで身動きできず。
    取り敢えず、保険会社のアシスタントサービスの番号を教えると共に軽度な破損の場合は保険を使用しない方が良いので、判断の為に写真を送ってもらう。
    軽度の破損で、近所の修理工場にレスキュー及び修理依頼。
    ポルシェカイエン RM500との見積もり。よかった!

    4.12:30
    電気会社写真が家に来て、赤紙を渡され、直後に電気切られたとSOS.
    家を購入時に電気の名義変更をしていなかった為に前のオーナー名義の請求書だったために未払いだったことが判明。
    請求書のアカウント番号の部分を写真で送ってもらい電気会社事務所にて代行支払完了、支払一時間後に電気復帰。

    5.22:30
    MM2H顧客さまの甥っ子さんが一年前より語学留学しており帰国をしようと空港に行ったら、学生ビザがひと月前に切れていた為に出国できないとSOS.
    取り敢えず、その日は何も出来ないので、ホテルに泊まる様に指示。 翌日、プトラジャヤのイミグレーションに出頭させ、夕方5時に無事出国許可が下り、23時の飛行機で帰国。

    6.23:30
    LINEメッセージにMM2H顧客さんから、財布とATMカードを紛失したと・・・
    ATMの再発行にはポリスレポートが必要なので翌日に行くように指示。

    何なんだこの日は!!

    と言う事で、記事内容とは関係ないコメントでした。

    • ありゃりゃ、それって私がブログでStep1を紹介したから、なんてことはないですよね?

      内容を見ると元々中村さんのお客様がほとんどのような・・・

      お忙しいと思いますが、頑張ってくださいね~~。

      ああ、メールを有難うございます。こちらでも調べてみますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です