(多分)オーストラリアから卓上コンロが無くなる

卓上コンロってあのブタンガスを使う、日本人にはおなじみのあの卓上コンロのことです。前の日記に、輸入禁止になったようだと書きましたが、ちょっとネットで調べてみたら、これはうまくなさそうな動きです。

あの卓上コンロって我々にしてみるとまさに卓上で使うコンロですが、オーストラリア人はキャンピングカーなどでつかうみたいですね。で、それなりに事故が起きているらしい。

あのコンロに鍋を載せる分には良いですが、もしもかなり大きな鍋(ダッチオーブンとか)や鉄板を載せたらどうなるかなんて、バカでもわかると思うのですが、そういうことをやる人がいるんでしょう。当然、熱が逃げずにブタンガスボンベが熱くなる。そして最悪の場合は破裂する。

そういう事故が結構あるらしい。

卓上コンロは「Portable butane ‘lunchbox’ cooker」と呼ばれることが多いようですが、これの製品テストをしたところ、安全性に問題がある製品が多く見つかったらしい。そしてあの卓上コンロってちゃんと「承認番号」がついているみたいですね。それぞれがちゃんとテストを受けて、そして承認され、販売されている。ところがこの3月に、その承認が「取り消された」様子です。

そして今ではあらゆるタイプのシングルバーナーがバンされているとのこと。The ban currently applies to all single burner butane cookers. Certain double burner models are also included.

banned-butane-gas-stove

ですから、輸入禁止になる前に入荷したものは売っても良いというのは間違いで、これも販売してはいけないとのこと。NSWではこの卓上コンロを買うな、返金してもらえ(法律でそれが可能らしい)、そして売っている店があったらFair Tradeに通報しろと呼びかけています。また、古いものは安全ということでもないので、使うなと。

焼肉屋さんとか、和食店の鍋類はどうなっちゃうんでしょうか。これ、多分うまくないはず。

これ関連のニュースは検索すると色々出て来るんですが、どうもよくわからないのは「法律で販売、使用を禁止しているのではない」様子。ただ「認証は取り消された」となれば売ってもいけないし使用もダメってことになるんでしょうか。

ではもしこれがオーストラリアから姿を消したらどうなるか?

炭火で焼きましょう~なんてのは冗談にしても、他の手はあるんですね。つまり、キャンプの趣味を持っていた人はご存知だと思いますが、昔からキャンプ用のガスコンロって売っていて、それは問題がないそうです。そもそも卓上コンロのあのブタンガスのボンベの構造にも問題があるんですね。圧力が高まると破裂するようになっている。でも破裂せずに、圧力を漏らす構造のもあるらしいですが、コンロそのものの安全性が今回指摘されているわけですから、そういうボンベを使えば良いということにはなっていません。

でもキャンプ用品のはLPGの小型のボンベを使ったものとかいろいろあるんですね。私はホワイトガソリン(ランタンにも使う)を使う2バーナータイプのコンロを持っていましたが、そういうのはOKということ。

Single-burner-companion-stove

2-burner-primus-stove

comapnion-heavy-duty-single-burner

今の時点ではブタンガスボンベ自体をバンする話は出ていませんが、今後それがどう発展するかわかりませんので、ちょっくら多めにストックしておこうか考えています。

今回のことは簡単に考えないほうが良いと思います。コンロの安全性、そしてボンベにも問題があるのがこのランチボックスタイプの卓上コンロですから、オーストラリアから消える可能性もあるかも。

これって元々日本人や韓国中国人が使うものだったのが、今ではどこでも売っていてかなり広まっていますよね。これに対してLPG業界が動いたなんてこともあるのかもしれません。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

(多分)オーストラリアから卓上コンロが無くなる” への4件のコメント

  1. 卓上コンロもコールマンのキャンプ用コンロも持ってますが、卓上コンロが無くなるのはよろしくないですねー。
    ガスの上に鉄板被せりゃ熱の逃げ場が無くなるぐらい、ちょっと考えればわかりそうなものですがね。。。イワタニの一番小さいタイプの折りたたみ式コンロも持って来てるのに。。。もしガスまで販売されなくなったとすれば、自分的にはかなりツライです。

    • ガスですが、日記には書きませんでしたが「CRV」という種類のブタンガスボンベが売られているそうです。

      これって圧力が増すと、ボンベが伸びて普段隠れていた穴からガスが漏れるような仕組みになっているとのこと。当然、漏れればそれに火がつくわけですが、突然、爆発するようなことはないとのこと。

      使うならこれを使えみたいな記述もありますし、これが売られ続ける可能性はありますね。でもオーストラリアってやるときにはやりますから、全て輸入禁止、製造禁止みたいなことになるかもですね。

      そういえば、私は酸素ボンベが欲しいんですが、オーストラリアでは売ってないんですよ。あの病院で使うようなのはあるのですが、世界のどこでも売っているような携帯用の酸素ボンベがないのね。まさにあのブタンのカスボンベみたいなやつ。

      オーストラリアって真面目だから(笑)、このガスボンベもどうなるかわかりませんね。

  2. ・・・が手に入るかどうか・・になっちゃいますよね。
    レストランで使うなら別ですが、家で使うとなると、何か起こった時、周りへの賠償問題もありますし、やっぱり、どちらかと言うと避ける方になっちゃうのかもしれませんね。
    数日間、daboさんの記事のアップデートが無くて、寂しかったです。
    でも、新しいコンドもなかなか問題有りのようで、あーー、全て、何か新しい事をしようとすると、大なり小なり、問題があるのだなぁと思っています。
    仕方ないのでしょうね。周到な調査が必要って事ですよね?

    • あの卓上コンロって決して安全な構造ではないだろうぐらいのことは想像ができますが、危険を感じたこともないし、周りで事故があった話も聞いたことがありません。

      でも今回のこれをキッカケで検索してみたところ、結構日本でも事故があって、死人も出ているんですね。

      今後オーストラリアでこの卓上コンロがどうなるかはわかりませんが、法律で所持や使用が禁止されない限りは使い続けようと思います。と同時に、安全面もしっかり考えようかと。

      周到な調査と言っても難しいですよね。

      家族で話していたのは、これが賃貸コンドで良かったねという話。最近日本からよく聞こえてくるのは、30年ローンで買った家が欠陥住宅で、売主はもうすでに倒産していて泣き寝入りするしか無いみたいな話。

      家具も同じで、見た目だけじゃわかりませんし、やっぱり信用の置ける店なり、ブランドがしっかりしたものを買わないと大変なことになると思いました。その安心料はケチらないほうがよいかと・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です