何でマレーシアに行くの?ってまた聞かれた

マレーシアに行くことに決めた時には、友人知人からどうして?どうして?の嵐でしたが、最近は聞かれることもなく、きっと我々はもう行くつもりがないと思っているんでしょうね。だって行くと言い出してから6年経ちますから。(笑)

でも久しぶりに聞かれました。何でマレーシアに行くの?って。

答えはいつもここに書いているとおりで、オーストラリアの物価上昇、税金の高さに辟易しているから。このままここにいても生きては行けますが、私が望んでいた人生とちょっと違うんですね。「錦を飾って国に帰る」じゃありませんが、住んで、稼いで、家族を養って、老後は資産を食いつぶして・・って、それが出来るだけでも喜ばないとならないのはわかっているんですが、私としては自分で自分に「お前、良くやったじゃん」という終わり方をしたい。でもオーストラリアに居続けると生きるのが精一杯みたいな気がするわけです。

というかマレーシアを知ってしまったってことなんでしょうね。まず税金が掛からないって天国だと思うんですよ。ゴールドコーストから見たら物価はメチャ安だし、夫婦二人ならその税金分だけで基本的な生活はできてしまうというとんでもない国。青い鳥が「おいで~、おいで~~」と呼んでいる。(笑)

でもま、どうしてマレーシアに?って聞かれると、「ゴールドコーストには飽きた」とか「子供も手を離れてここにじっとしている意味が無い」とかそんな言い方をしています。

私の知り合いって、帰る人はもうとっくに帰ってしまっていて、残った人たちは皆さん安定してここに基盤を築いて生活しています。ほとんどが仕事はもうやめたか、ちょっとたまにやるような自営業ばかり。

でもたいしたもんだと思いますよ。この物価高、税金高でもちゃんとやっているんですから。

仕事をしている人はそれはそれで、いまさらもう動けないんですね。仕事が絶好調~~ってわけじゃなくても、それなりに家族が食っていける状況があるわけだから、下手に動いたら危ないし。この数年は私の周りでは「もうやっていけない」って話は全く聞こえてきませんし、本当に皆さん、大したもんですわ。

でもオーストラリアで生きていくのが楽ってわけでもなくて、私が気になっている一人の青年がいます。シドニーで知り合った寿司職人なのですが、もうやっていけないから日本に帰ろうと思う。その前にちょっとゴールドコーストの様子を見に来たという彼とあったんです。ゴールドコーストに仕事があれば少し頑張ってみようと思うけれど、駄目なら日本に帰るしかないと。

彼はどうしているのかなぁ・・・。

昔、私の仲の良い若者夫婦がいて、彼らは永住権が欲しくて何年間かいろいろ資格をとったり頑張ったのですが、結局駄目でオーストラリアの移住は諦めたというのがいます。彼らが最後に言っていた一言が忘れられないんですよ。「日本でも貧乏をすると思うけれど、同じ貧乏ならオーストラリアで貧乏をしたかった」って。彼らがそういう理由もよくわかるのですが、でももし永住権が取れていてもやっぱり生き延びるのは簡単ではないんですね。

まぁ、社会保障が充実していますし、年金も掛け金無しの年金と上乗せ分のスーパーアニュエーションをしっかり払い込んでいれば、そして持ち家があれば月に40万円程度にはなるはずで(よく知りません)生きていくのはどうにかなりますが、それまでに家族を養い子供に教育を与え、生き延びるのが難しい時代になったんでしょうね。特に板前の世界って結構競争が激しい。板前出身の人はかなりの人数いますし、ワーキングホリデーがあって下働きする日本人は結構いますから、若い板前はワーホリに仕事を食われるのかもしれませんね。ワーホリは安い給料でも働きますし、家族を養うとか家のローンとかそんなのもありませんから勝負にならない。

和食店も大きな店って少なくて、家族でこじんまりやる店が良い感じ。儲けているなぁと思う店って限られているけれど、家族とか夫婦でこじんまりやっていればどうにか食えるってことなんでしょう。でも新規でやって勝ち残るのは簡単ではないはず。最近またポチポチ店ができているようですが、みんな頑張ってほしいなぁ。次の時代の担い手ですから。

ま、そんなこんなで、私達の年代で、今までどうにかやってきたのに、今更日本に帰るとか他の国に行くのって珍しいようです。私の友人知人の中では「近年は」そういうのはいませんから。

生き残りの中の、脱落第一号って感じがしないでもなし。(笑)

でも脱落ではないのだ!もっと上を狙うのだ~、と強がってみる。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

何でマレーシアに行くの?ってまた聞かれた” への4件のコメント

  1. 毎回ブログ楽しみに読ませて頂いております。二度目のメール、とりとめなく差し上げます。daboさんのオーストラリア脱出作戦はいつか実行に移される日が来るんでしょうか。先の事なんか分かりませんよね。日本、マレーシア、豪州、他にも選択肢は沢山ありそうで楽しみですね。先日のマレーシアMM2Hのブログは納得するところがありました。ペナンに住んで3年目になりますが、今年になって私の友人が8家族、本帰国されました。やっと友達になれたのに悲しいです。これからも帰国予備軍が出てきそうです。私の住んでいるコンドの19階は5所帯いましたが、今は私達夫婦だけになりました。後4室は5月から空っぽです。夜なんか灯もなく静かで怖いくらいです。確かMM2Hの所得条件が月1万リンギットでしたよね。かつては25万円ぐらいでしたが今のレートでは35万円位になるので普通の年金所得者ではハードルが高くなり過ぎたような気がします。物価高騰、円安、年金減額、等で将来は一層厳しくなりそうですね。この様な現実をMM2Hの業者さん達は日本向けに説明した方が良さそうな気がします。もう一つdaboさんに質問があります。私も当地でオーストラリア人の友人が3組ほどおります。彼らは年金暮らしの様ですが月40万円もの年金が貰えれば楽勝ですよね。この年金額はdaboさんのブログでそのように記憶しているだけですが。オーストラリアの年金はオーストラリアに居住しなくても支給されるんでしょうか。常識的にはそう思うんですが、以前のdaboさんのブログではその辺りのご説明が微妙だった様な気が致します。私も海外駐在が30年位ありましたので何処に住んでも良いんですが、結果今ペナン島に辿り着いています。私の駐在経験はメーカー商社で70年代カラチから始まりシドニー・ロス・ニューヨーク・パナマ・ハンブルグでした。正に城山三郎の毎日が日曜日だなーっと思うばかりです。もしdaboさんがマレーシアに来られる機会がありましたら取るに足らないつまらない人間ですが是非お会いしたいなと思っております。daboさんの一ファンより。

    • オーストラリア脱出作戦は必ず行われます。ゴールドコーストに居続ける理由がありませんし、自宅が売れれば来月でも行きます。また年老いた両親がKLで待っていますし、行かないわけにはいきません。

      へーー、ペナンでも帰る方が多いのですか?でもそうやって移動できることが素晴らしいと思います。根を張ってしまって動くに動けなくてズルズルと・・というケースが多いはずですし。

      オーストラリアの年金に関しては良く知りませんし、月に40万円ぐらいというのは私の想像でしかありません。

      年金は二段階方式になっていまして、ベースは掛け金もない日本の生活保護に似ているもので、夫婦で2600ドルぐらいになるはず。ただ資産、収入によって変化するようになっていて、金持ちには一切支給されません。また上乗せ分は401Kみたいなスーパーアニュエーションと言われるものですが、これの歴史は浅く、ゼロでは無いにしろ積立金が溜まっていない年代層も多いはずで、年金はゼロもあり得ます。ただ自分で払い込むことも出来ますので、多くを払い込んだ人たちは両方で5000ドルぐらいになることもあるんでしょう。給料の9%を会社が払いますので、若い世代は最終的には結構な金額になるんだろうと思います。またどういう分野で運用するか自分で決めますが、それによっても差が出るはず。

      退職ってやっぱりハッピーリタイアメントの感覚があって、「退職したらどうしよう」という感じではないようです。

      オーストラリアに居住しなくても支払われるはずなんですが、こちらの日本人に「海外に出ると支給額は半分になる。だから海外には行けない」」と聞いたことがあります。でもそれの確認は出来ていません。

      駐在経験が30年ですか。長いですね~。ご苦労様でした。

      私はやっぱり最終的には日本が良いと思っていますし、もっと日本を知りたいと思うんです。でも現実的に自分の居場所が日本にあるのかどうか、それは疑問です。ただあとに残るであろうヨメさんのことを考えると、日本以外に選択肢はなさそうです。

      はーーい、いつかお会いしましょうね。今後共よろしくお願いします。

      • 早速、丁寧なご返事大変有難うございました。そうなんですか。ブログを読んでいる限りゴールドコーストの生活を堪能されておられるようにお見受けしてましたのでそちらに滞在し続けるのかと思いました。はい、私もいつかは日本に帰るものと漠然と思っております。ただ私自身はどこで朽ち果てても構わないのですが、それもワイフが看取ってくれればの前提があるからです。その後ワイフは娘のいる日本に帰ればいいのかな位に勝手に想像しています。でも人生はままならないわけでワイフに先立たれたらどうなるんだろうと考えてしまいす。会社の命令で40年以上日本を含め、あちこち現地ころがしの駐在人生でしたので余り深く将来の事を自分自身で考えないようにする癖がついてしまいましたこれからもdaboさんのブログ楽しみにしております。有難うございました。

        • 日本国籍があって日本に近親者がいればどうにかなるのかもしれませんね。

          私達も国籍は日本のままで行く予定ですが、近親者が一人もいませんし、旅行者と同じような感じです。また我々に娘でもいればまた違いますが、野郎ばかりですし、きっと将来的には彼らのヨメさんのご両親の方を重視するようになるんでしょう。(笑)

          もし私より先にヨメさんが・・というのも考えることがありますが、その場合は簡単だと思っています。どこでどうなろうと自分一人の問題なら受け入れられますが、英語もろくすぽわからないヨメさん(私も似たようなもの)が海外で一人で暮らすなんてことは考えられません。

          じゃね~、頑張ってね~~と放り出せるなら良いんですが・・。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *