集団的自衛権論議の理解を深める

しかしまぁ、国会っておかしな連中ばかり集まっているんじゃないかと私は感じています。

民主党は「徴兵」まで言い出して若者や子を持つ親たちの不安を煽る。将来的にそうなる危険性があるということなんでしょうが、そんな「お化けがでるぞ」みたいな脅しを使う論法って最悪だと思いました。

では安倍さんは安倍さんで、どうも歯切れの悪いものを感じますし、一体みんなで何やってんだ?という印象。

でもそれって、そもそも存在するはずがない自衛隊を認めてきて、PKOもやるようになって、憲法と実情との乖離を「解釈」で埋めてきたツケだと私は思うんですよ。また有事が起きるとすれば、あるいは脅威があるとすればそれは中国なわけだけれど、それを口に出して言えないし、具体的な話をすれば問題が国際的にも大きくなるから、「もしも」論で話すしか無くて、我々には見えづらくなっている一因のような気がします。

また法案も全部で400ページに渡るようで、それを我々が精査することは不可能。だからマスコミや評論家の話を聞くしか無いけれど、そこには「思惑」が含まれているのがミエミエだし、信用はできない。

困りましたねぇ。

そんな時に、「平和安全法制討論会」がありました。これは賛成派と反対派と同じ数だけ揃っていますし、それぞれ論客ですからかなり面白いと思いましたし、どこが問題なのか、またなぜ賛成なのか、どうして反対なのかが見えてきました。また自分にも誤解があったのが良くわかりました。

私が感じたことは、私は賛成派ですが、反対派が非常に情緒的だと思ったこと。そして理想論者というか、ある意味、理想郷を作ることを諦めていないというか、そんな感じも受けました。ただ逆を言えば論理破綻しているようにも感じます。理想ありきで、誰しもがそれに向かうべきだという大前提があって、ではそれを聞かない国や組織にどう対向するかという話になると、やっぱり「話し合い」という言い方をする。

ここで彼らが一つわかっていないと思ったのは、理想とか善悪は共通事項じゃないってこと。それらが共通な世界においてのみ話し合いが有効であって、価値観の違う者同士で話し合いで解決するのは難しいこともあるってことを無視しているように感じました。

私は話し合いが無意味だというのではなくて、例えば武器を持って他人の家に押し込んだ強盗がいたとして、まずは話し合いをするにしても、最終的には武力を行使しなくてはならないこともあるのは間違いなくあるわけで、その場に駆けつけた警察官が丸腰であったり、他の警察官に危害が及ぶときに見ているわけにはいかないのと私は全く同じだと思うんですよ。

戦争をしたがっているとか、バカなことをいう人が多いですが、戦争をしたい人達がいるのは間違いがないにしろ、日本がそういう国だとは思いません。でも戦争を否定する人でも「自衛は良い」という。

私はここは非常に難しい点だと思っていて、すべての戦争は「自衛」であるとどの国も理由をつけるんですね。

ま、殴られれば殴り返すけれど、こちらからは殴らないってことを決めれば良いだけの話のようにも思えますが、でも「あいつが先に手を出した」状況を自作自演するのも歴史が証明していますから難しい所。

だから戦争そのものを否定しなければならないという論法が出て来るのでしょうが、でも「自衛でもダメだ」とは言わない。この矛盾の存在を認めて、どこかで自分の理想論にけじめを付けないと何も出来ないと思うんですよ。

実は私もこの法案が通ると「アメリカの戦争に巻き込まれる」という不安を持っています。仲間を助けるのが集団的自衛の根本ですから。

でも動画を見ていて、アメリカを助けるための戦闘に日本が参加するのかという点においては、ちゃんと歯止めがある法律だというのもわかりました。あくまで日本が危険にさらされているケースではない限り、アメリカが起こした戦争に日本は加わらないようになっているらしい。

でもシーレーンが封鎖されただけでも「日本の危機」と判断するようなことを安倍さんはいうわけだから、結局は「盟友のアメリカが攻撃されることそのものが日本の驚異」といえばその通りになってしまうように私は感じます。

ですから民主党にしてもメディアにしても「不安を煽る卑怯なやり方」とは思うけれど、彼らのいうことには一理もないとも思わない。

しかし憲法改正に関しては、自衛隊の存在そのものを考えても、解釈で対応するというのはもうやめたほうが良いと思ってるし、改憲はいつかやらなければしょうがないんでしょうね。ではどこをどう変えるか?

本来なら今回の法案にしても、憲法を変えてから議論すべきというのもスジが通っているように感じますが、改憲は今の法案どころじゃないややこしさになるでしょうし、解決するつもりが今の問題の先送りに結果的になってしまうような気がします。

でも出席者の中で中国は驚異ではない、という考え方があるのにはびっくりしました。そしてもし尖閣に偽装漁民などによる占拠がなされたらどうするべきかという質問にははっきり答えられないのね。それでいて「自衛の戦い」には民兵組織を作って戦うなんて時代錯誤のことをいう。

もしそういう時が来たら、国民は民兵なんて冗談じゃない、自衛隊は何をしているんだと騒ぐに決まっているし、自衛隊に力がなければ民兵組織を作るしか無いんでしょうが、募集して集まるんですかね。そしてそんな素人集団が戦えると思っているんでしょうか。

結局、自分の理想、戦争は駄目という一点にこだわっているだけで、現実的解決策は何ら考えていないのと同じで、こういう思想を持つ人達が国を導いたら大変なことになると思いました。メディアも同じ。

こういう人たちが反対派を引っ張っているかと思うとがっかりなんてもんじゃありません。

そういう意味では、価値がある討論会ではあるけれど、(私にとっては)反対派の甘さが浮き彫りになっただけでした。不安をコントロールできない人たちだと思いました。だから不安を生じるものは全て否定しているとしか思えません。でも有事の際にそれで済むのか。済むわけはないから、驚異も存在しないという逃げ道を考える傾向もあるんじゃないかと思いました。

チベットやウイグルは(中国の)国内問題だと切り捨てる考え方もびっくりで、そのくせ尖閣に何かあったら警察権を使うとか、世界の場にそれを持ちだして・・なんてわけのわからないことをいう。

実は、今回の討論会で、反対派が私を変えてくれることをかなり期待していたんですよ。でも残念ながらそうはならず、子供の不安と理想論を聞かされて終わったような感じ。

もうちょっとまともな反対派っていないんだろうか。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

集団的自衛権論議の理解を深める” への13件のコメント

  1. 先日私の周りにも改憲すると徴兵されるようになる、という事を真剣に信じている人がいてびっくりしました 話し合いで解決できるんなら今直ぐにシリアやイラクに行ってきて解決してきて下さいってなるんですけどね 話し合いだけで日本を守る事が可能だと果たして彼らは心底に思っているんでしょうか?
    スイスは最悪の事態には国民が戦って戦って負けるなら、焦土作成。乗っ取られるくらいなら国を焼き尽くして自らも死ぬ、という結末を選んだ上での中立国だと聞いた事が有ります。彼らが羨ましいのはきちんと現実を直視し、戦争をしない方法、それでも戦争となったら自国を守る方法、かつ最悪、負けるならこういう終わり方、という事まできちんと整理できているという事です。今の日本は、戦争をしたくない、だから戦争に巻き込まれる事を考える事すらしないという人があまりにも多い。この発想ってあまりにも幼稚過ぎて残念です。これを実生活に置き換えて考えると、なんだか老後を全く考えず、なるようになるさ的にお気楽に今日を楽しんでる男のようで、女からすると全くダサダサお坊ちゃんとしか見えない。絶対にモテない男なはずなんですけど、どういう訳か私の周りには女性のほうが護憲派が多いんですよね~
    あとでゆっくりYouTube見させてもらいます いつも情報有難うございます~

    • 動画に出て来る反対派って被害妄想、戦争恐怖症にかかっているとしか思えません。誰が好き好んで戦争をすると思うんですかね。

      とはいうものの、集団的自衛権によって紛争に巻き込まれる危険はやっぱり増えると私は思っていて、アメリカが考えているのは「日本に肩代わりさせること」だと思うし、でもアジアの強国の一つとしてそうであることも必要だと思うんですよ。南シナ海のことに関しても、俺は知らねーなんて韓国みたいな態度は取れないし。

      ただし、イラクやアフガンでの戦闘に日本が参加しなかったのは良いのは間違いがなくて、次は行かなくてはならないという法案だとしたら私も反対します。

      動画は3時間ありまして、それなりに理解は深まりますが、結論が見えるわけでもなくてフラストレーションがたまるかもです。(笑)

  2. 徴兵制になる可能性は普通にあるとおもいますよ。
    右翼は昔から徴兵の導入を主張していて、
    右翼も軍事的に意味がないことは理解しているのですが、
    教育的な意味での徴兵をやりたいという人が多いですね。
    それは自民党の姿勢と合致するわけですから。
    愛国的な国民を作りたいという(笑)
    今の政権は何をやりだすかわからない。
    今後景気がよくなったりして調子に乗ると怖いです。
    憲法の勉強をしたことがないくせに異常な執念で改憲したがる安倍首相をはじめ変な人たちが幅を利かせている党ですからね自民党は。
    ぼくは昔から一応保守派ですが安倍首相とその仲間たちは嫌いですね。

  3. daboさんが言ってることは左翼がよく言ってることで、
    廃刊になった論座という雑誌で廃刊直前に憲法についての座談会があったときに柄谷行人が言ってたと思います。
    今の世界で一番戦争する国はアメリカじゃないかっていう。
    9条があるから参戦を断ることができると。

  4. たしかその座談会で柄谷行人は9条は今後世界が向かっていくところだから維持していくべきだとも言っていて、
    ここは「情緒的」なところですね。
    よくわかんない。

  5. 自民党が徴兵制を導入したいと考えているなんて私は全く思わないし、安倍さんもそうだろうと想像しています。またもしそれを視野に入れているとしても、今のままの情勢ならその案が通ることはまずありえないでしょう。

    そんなことを言い出した内閣はすぐに潰されますから。

    でも徴兵も仕方がないような状況になり、国民もそう考え、あの朝日を筆頭とするメディアもその必要性を言い出すような時代になればありうるかもしれませんね。ただ、動画の中では「今の憲法下においてそれは不可能だ」という発言がありました。私にはその辺がわかりませんが。

    9条に関しては、誰が作ったにしろ、「利用価値がある」というのは私もそう思います。それを盾にして世界に何が起きても「ごめんね~~、9条があるから・・」で逃げられますから。

    でも私としてはもうジジーになったやつが「パパが駄目だと言ったから」と言うのとイメージがダブるわけで、「いつになっても自分で責任を取ろうとしない国民」を生み出す元凶のような気がしています。

    きっと将来戦争にも巻き込まれ、普通の国が経験したことも経験して、どうあるべきかを真剣に考える「普通の国」になって欲しいと私は願っています。9条があるせいで、日本はいつになっても子供のままのような気がするのです。

    「戦争はしない」のは9条のせいではなくて「国民のコンセンサス」として確固たるものを作って欲しいです。そしてバカな政治家が出てこないように政治にも興味をもつべきだし「誰がやっても同じだ」なんてバカなことを言わなくなって欲しい。

    でも時代は変わって、戦わなくてはならない時になれば戦う国であって欲しい。

    ま、そういう時代は来ないとは思いますが、問題は局地戦、いざこざにどう対処するか、そこが原点だろうとは思いますが、それには問題なく対処できる法整備と、しかし、アメリカの要請でノコノコと遠い国にいって戦うはめにならないような歯止めはしっかり作ってもらいたいです。

    私は安倍さんが何をするかわからないような危険性はないと思っていますが、動画の中にもありましたように、そういう風に国民が感じていることは無視できないと思っています。でもまたそう国民が思い、不安を持つように煽動する人達がいる。そしてつい最近ですが、「解散総選挙は?」なんて話題を出すんですね。自分たちのプロパガンダが成功しているのをわかっていて、今、解散総選挙をすれば安倍政権を倒せるという確信があるからなんでしょうが。

  6. そういえば今日の「そこまで言って委員会」というチャンネル桜のお友達みたいな番組で飯島勲が年内解散ありうると言ってました。僕は改憲草案や国会答弁をみてきて安倍首相は危険だと思っていますが(笑)曽野綾子の「生きて、生きて、生きてー愛の極みまでー」では安倍首相の親切な人柄が描かれる場面があって、人格的にはいい人なんだろうとは思いますが(石原慎太郎なんかもそうなんだけど)、政治的には極めて危険だと思ってます。まあ勝手に思ってるだけなんで(笑)僕は解散はしなくてもいいかなと思いますが、憲法学者のほとんどが違憲だと思うようなことを平然と押し通すなんて、日本は一体どういう国なの?っていう。なんか中国が海洋進出してきて国際法違反だと言われても「自分らの解釈では違いまーす」って開き直ってるのと被るんですよね。専門家には憲法違反って言われて国民も???ってなっててもボクの解釈では違いまーすって。ミイラ取りがミイラになるみたいな。法治国家の政治家としての誇りはないのかと。まあ政権が主張するように外交的に差し迫った状況である可能性はありうる。数十年後になればわかると、そういう信念をもっているのならとりあえず政治生命をかけてほしい。だから安倍首相には総辞職してもらって政治家引退してほしいですね。現代の我妻栄がいたらまた朝日で手紙を書いてほしいと思ってます。

    • 動画をみてもらうとわかりますが、今回の法案で違憲と言えるものはないようですよ。また集団的自衛権が中心になっているわけでもない。そしてですね、集団的自衛権が違憲だというのなら、前から同じような違憲なことをウヤムヤにしていたのはなんなんだ?という反論もあるんですね。

      今まではギリギリ我慢出来たけれど、集団的自衛権は駄目ということなんですが、では具体的にどの部分が駄目なのかというと、反対派は黙る。

      つまりですね、違憲だのなんだのと印象操作がされている部分がかなりあるというのがこの動画でもわかる。

      安倍さんは何をするかわからない。全部ひっくるめてこういう印象操作はされていますし、安倍支持派の私でもそう感じたことは何度もあります。(笑)

      メディアを見ている限りそうなるのが普通。

      そもそも私は自衛隊も違憲だと思っていて、今回違憲だと騒ぐ連中は、過去のこともひっくるめて整理しようと言うべきなのに、それは言わない。ご都合主義なんてもんじゃないと思います。

      ただ、本来なら憲法改正してからじっくりやるべき法案だとは思いますが、時間を考慮しない理想論は意味がないんですね。何が何でも違憲だというなら、じゃぁ、自衛隊もどうするかそこまで戻ろうといわないと説得力がないと思います。

      私は安倍支持ではありますが、それは彼しかいないと思うから。もし総辞職せよというのなら、他に誰か良い人材がいるということ?今の情勢、経済も含めて誰か適任者はいます?参考までに教えていただけると有り難いんですが。

  7. さっきツールドフランスを観ながら飛ばし飛ばし2番目まで動画を観てみましたが、
    よくわからなかったですね。
    さっきコンビニまで買い物に行ってもう細かいところは忘れましたが(笑)
    維新の人が9条をとるのか13条の幸福追求権をとるのかとか言ってるけど、
    普通13条は65条や73条との関係で出てきて、自衛は行政であるという説明でつかわれるし、従来の政府見解でもそうですね。
    そこからどう集団的自衛権の話になるのかよくわからない。
    擁護派は何条に集団的自衛権は駄目だと書いてるのかと言ってくるのだが、
    逆に何条に集団的自衛権OKだと書いてるんだという話ですからね。
    存立危機事態なる理解できない概念とかツッコミどころが沢山あると思います。
    ここに出てきてる左派がショボすぎますね。
    それから気になったのは維新の人が米軍がグアムに分散して日本を守ってくれるかわからないからとか言ってるけど、
    米軍はグアムに軍事力を集中していると言ってるわけですよね。
    一体的に運用できるから。今だと沖縄からわざわざグアムにまで行って訓練したり不便が多いわけで。
    このあたりは軍事の専門家の意見が欲しかった。
    あと左翼の感情論のおじさんが尖閣で中国船と自衛隊の衝突が云々と言っていますが、
    むしろ懸念されているのは海上保安庁ですね。
    海上保安庁は自衛隊ほどちゃんとした組織じゃないと言ってる人もいて、
    そういうところからズルズルと武力衝突になるのではないかと。
    軍事評論家の田岡さんが言ってたんだっけな?
    まあ・・・いつもの桜クオリティという感じですね。
    以前TPPの議論のときに観たら酷いクオリティの討論でデマばかり流す反対派と変な理論の賛成派でカオスなことになってました。
    まあとりあえず3まで観たいと思いますが、長い(笑)
    ツールドフランスの次のステージを観るときにまた観ようと思います。
    今日はBMCが活躍したけどもうエヴァンスがいないからオーストラリアでは盛り上がってなさそう。
    安倍を辞めさせて誰がいるのかですが、
    誰でもいいと思いますね。どうせ経済は石油価格に支えられてるだけだと思うし、
    外交は僕大嫌いだし(笑)
    徳川家広さんが言ってましたが、「官僚がいればベターな政治はできるだろ」
    という(笑)
    下手に口出すのが一番ややこしいのでは(笑)
    とりあえず辞めてくれればいいので。
    安倍首相がいいとか悪いとかではなく、
    無理を通すにはということですね。
    それほどの覚悟なら聞こうじゃないかと。
    ヤクザが指を落とすのと同じで(笑)
    後藤組の元組長が言ってたんだったっけな?
    こちらにも言い分はあるが、それで場が収まらないからヤクザは指を落とすんだと。
    岸信介のスタイルですよね。
    なんか安倍首相って軽くて。
    タレントとお風呂入ってみたり、
    憲法の教科書すら読まないくせに改憲しようとしたり変に解釈変えようとしたり。
    すごい不信感がある。
    この人に命預けたくねーっていう。
    まあ勝手に思ってるだけですが(笑)

  8. あ、ちなみに僕はどっちかといえば改憲論者で、本音では成文憲法否定論者ですね(笑)
    どうしようもないマイノリティ(笑)
    とりあえず寝ます。付き合ってくれてありがとうございました。
    このブログはとても面白いので応援してます。

  9. しかしまぁ、いろいろな考えがあるんですね~。

    私としては今回の法案に関しては反対派の話をじっくり聞いてみたいと思っているんですが、何か良いソースはないもんですかね。

    安倍を辞めさせて官僚に任せるですか?へーーー、そういう考えを持つ人って官僚だけかと思ってました。(笑)

    人事権もなく、丸投げで官僚に任せるって民主国家じゃないと思うんですけどね。でも私は民主主義の限界ってあると思っていて、動物園に住む我々が自らを管理するなんて不可能じゃないかと。

    聖者の降臨を待つってか?(笑)

    またいつでも遊びに来て下さい。

  10. 今の日本列島はエーテルという麻酔にどっぷり漬かり国民は眠り込まされているように感じる。何かアヘン戦争当時のシナ民族と今の状況が似ていると思いませんか。
    TVに映る多くの有識者や学生などの反応がしっくり来ない。自衛隊が活動しやすい法整備をジャマする、中国やロシア大使館にはデモしない、9条信仰など何とも不真面目に映る。

    安保法制の理解が進んでないと言うがあのマスコミ報道では無理でしょう。恐怖を煽り盛んに危険性だけ訴える。TV視聴者のほとんどは女性、日頃安全保障など無関心なのでその影響は大変なもの、安部さんが平和なり安全をしきりに強調するのも大票田である女性有権者を意識しての発言だと思う。

    国会の答弁で安部さんや中谷さんがいかに平和と安全という言葉選びに気を使い歯切れを悪くしているか、その結果安保法制を益々わかり難くしている。

    また平和と安全は当然とする社会の空気、日本列島という難攻不落の天然要塞で異民族に凌辱されなかったという過去の歴史が我々の遺伝子には有るのではないですか。
    平和と安全は空気のようなものと思うなら どうしてわざわざ安保法制などという危険なものに手を染めるのか、という考えも出てくるでしょう。これが最も深刻と思えますが。

    • 韓国をファンタジー国家だと揶揄する評論家がいますが、日本こそがファンタジーに溢れているような気がします。

      やっぱりマスコミの力がそれを作っていると思うし、それは沖縄のニ紙を見てもはっきりしていますね。報道の自由の元にやりたいほうだい。

      今回の法律は普通でさえややこしいのにそれにさらにバイアスを掛けて報道されたら国民にわかるわけがない。恐怖を煽ればそれで方向が決まってしまう。

      しかし安倍さんの行動力って凄いですね。安倍さんじゃなかったら、あるいは他の政党が政権を握っていたら日本はどういうふうになっていたのか、想像するだけでゾッとします。

      でも憲法との整合性に関しては私も疑問を持っていて、こういうことが常態化するとその時代時代に出てきたリーダーが好き勝手に出来る日本になってしまうような気がします。

      憲法改正に関してはそれを是とする考え方が広まっている感じがありますが、簡単ではないし、安倍さんはこういう「整合性のあやうさ」をあえて作って改憲に持ち込もうとしているように思えます。過渡期なんでしょうね。とはいうものの、これを強行すると国民感情としてはうまくなくて改憲は遠のくような気がしないでもないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です