新しい写真技術が登場する:パナソニックが開発

カメラの話です。

カメラの話ですが、まずは4K動画。ビデオカメラでもデジカメの動画撮影機能でも4K動画が撮れる機種が出てきていますね。

これは当然、映像としても今のハイビジョンより鮮明な映像になるわけですが、私が注目しているのはその4K動画を使って写真を切り出そうという「4Kフォトです」。

詳しいことは調べていただくとして、動画で撮った中から良い一瞬を切り出すのが4Kフォト。

これの利点は、ここぞというシャッターチャンスを逃さないということに尽きると思います。これはポートレートでもそうですが、人間の顔の良い瞬間って一瞬なんですね。今までですとその瞬間にシャッターを押しているかどうかの「偶然」に頼るしか無かった。あるいはスポーツもそうで、決定的瞬間にシャッターを押すのはほぼ不可能。

ですからカメラに連射機能が付いた。1秒間に何枚も写真を撮るあれですが、普通の人はあれさえも使わないと思うのですが、実際に使ってみるとやっぱりその中から良いのを一枚取り出したほうがはるかに良い物があるんですね。

4Kフォトとはその連写の延長線上で考えれば良いと思っています。

映像は映像で良いのですが、今までのハイビジョンですとその映像から良いと思う瞬間の画像を切り出しても解像度が200万画素しかないんですね。これっていくらなんでも悲しくて、切り出して使いたいと思うようなものは殆ど無い。ところが4Kになりますと800万画素ですからかなり違ってくる。

私は是非これを使いたいと思っていて、4K動画が撮れる機種を欲しいです。

そこで今日の話題。

この動画から写真を切り出す4Kフォトという概念をパナソニックが提唱していますが、新たにとんでもない機能を持つカメラを開発した。

動画のように多くの枚数の写真を一瞬に撮るのは同じなのですが、その時、カメラが自動で「ピントを変化させる」とのこと。

つまりですね。1秒間に30枚ぐらいの写真を撮る(4K動画の技術を使う)わけですが、その中にはきっと狙った通りのピントのものがあるだろうってことなんですね。

ピンポケにもいろいろあって、カメラのフォーカスそのものが合っていない。そしてピンぼけというよりブレというべきのカメラマンが動いた。被写体が動いたというものがある。それぞれでピンぼけになるわけですが、機能によって、この中の「カメラのフォーカス」の問題が解決されてしまうことになります。

これはマクロ撮影をしてもそうですが、ピントがシビアになりますから、ほんのちょっとフォーカスポイントがずれただけで全く使いものにならないんですね。でもピントを微妙にずらして30枚撮れれば、そのうちのどれかは狙った通りの画像があるだろうということ。

これ是非とも欲しいです。

私はいつも書いている通りボケ(ピンぼけの意味ではない)が好きなのですが、それって被写界深度が非常に浅い撮り方をするってことなんですね。ですからなかなかフォーカスが欲しいところに留めるのが難しい。

例えばわかりやすい写真があります。これは友人の子供(孫)を撮った写真ですが、パッと見は普通に使える写真に見えます。

RX1R-02041

しかしよーーく見たらやっぱりボツにするべき写真なんですね。ピントが上手く合っていません。

これを見たらわかるはず。

2014-09-23_21h51_53

ピントが奥の目(左目)に合ってますよね。これじゃ駄目で、手前の右目に合わないと非常におかしな写真となってしまうわけです。

でもこういうスナップ写真ってじっくり時間を掛けて撮れませんし、子供も動くし表情も変えますから、カメラのオートフォーカス機能に任せるしかないんですね。間違いなくそれは機能していて、ちゃんと顔にピントは合っていますが、残念ながら私のカメラには「瞳AF」が付いていませんから、目にピントが合うのは偶然となります。ましてやどちらの目に合わせるかなんて絶対に決められない。

ところが上に紹介した「ピントをずらしながら撮る機能」が付いていた場合、左の目、右の目、真ん中の鼻とかそれぞれにピントがあった写真が撮れるわけで、その中から良いと思うものを選べばOKとなる。

特に花のマクロ写真を撮るときには重宝するはずで、花ってどこにピントを合わすかが結構難しいんですよね。雄しべ雌しべががありますが、それにピントを合わすのか。それも先の方か真ん中か、あるいは花びらにピントを合わせたほうが良いのか。でもこの機能があれば、シャッターを一度押すだけでピントの違うものが30枚ぐらい撮れるわけですから、どれかは「大当たり」になるかもしれません。

良いと思いませんか?

来年には商品化されるそうです。

パナソニック、デジカメに撮影後ピント調節機能 レンズ交換式で世界初搭載 (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

新しい写真技術が登場する:パナソニックが開発” への2件のコメント

  1. 似たような商品は1年ぐらい前にニュースになりました。
    ただ、後からピントの合った写真を選ぶのではなく、上の例だと少女の顔や花の全体にピントが合った写真を合成するのが目的だったと思います。
    カメラに詳しくない人にとっては、見たい部分すべてにピントが合う写真の方が受けると思います。
    まぁ、写真のお約束は、既存のレンズが前提ですからね。タコや昆虫の眼のようなレンズが最初に開発され、普及していたら、「良い写真」の基準も違ったものになったでしょう。

    • 似たような商品ってLytroのことを仰っているんでしょうか。撮ったあとにどこにでも好きな場所にピントがあった状態で見れるカメラ。

      あれとこれとは全く違いますし、目的がそもそも違うんですね。

      あくまでこのパナソニックが狙っているのは、(今まで通りの)最終的に欲しい1枚の写真を撮るための技術であって、新しい見方ができる写真ではないわけです。

      どういうカメラが欲しいかはいろいろで、Lytroのような特殊なカメラに興味をもつ方もいらっしゃるでしょう。私もあれが出た時にはびっくりしまして、買うつもりはないものの絶対に使ってみたいと思いましたから。

      ただ、百年以上続いた写真の世界で、たった1枚の普通の写真を得るために、多くの人が悩み続けたピントに関して悩みの大きな部分がこの技術によってかなり軽減されることに大きな意味があると思っています。

      昔から存在する手ブレ防止もそうですし、近年、搭載しているカメラが増えてきた「瞳AF」も同じ。人物写真では瞳にピントをきっちり合わせたいと願う人は多いですから。また焦点を変えたらどういう写真になるのか、それを見れるのも面白いと思います。今のカメラではそれさえも自分で考えて一枚づつ撮るしかありませんから。

      私はボケが好きですが、私の知人(風景写真が多い)で、全くボケには興味がない人もいますから、そういう人には無用な技術になるんでしょうね。

      良い写真がどういう写真であるかは関係なくて、「自分が欲しい写真を高確率で撮れるカメラ」は良いカメラであるという考え方を私は持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です