キリスト教の洗足式と韓国の国民性

洗足式(せんぞくしき)とは、最後の晩餐のとき、イエス・キリストが弟子たちの足を洗い、「主であり、師であるわたしがあなたがたの足を洗ったのだから、あなたがたも互いに足を洗い合わなければならない。」(ヨハネによる福音書13:1-17、新共同訳聖書)と命じた聖句により、足を洗うキリスト教の儀式。

出展:Wiki 洗足式

今のフランシスコローマ教皇は2013年にこの洗足式をローマの少年院で行ったのは有名な話。その時の画像。

ac0816bb9033aae7b746da1ebef929b0

そのローマ教皇が去年韓国(大田ワールドカップ)を訪れた。そしてそれを記念した銅像が立てられ、7月1日に除幕式があった。これがその写真。

2015-07-05_15h01_02

どう思います?

私としては、もし教皇が韓国でこのような洗足式を行ったとしてもこういう銅像を建てることに違和感があるし、この除幕式に参列している人たちの「笑顔」を恐ろしいと思いました。また銅像の姿に威厳や優しさはなく、「肩を落とし、跪いて許しを請う姿」にしか私には見えません。

つまり本来の「洗足式」の意味合いとは全く違うものを感じるんです。

日本の隣人はこういう価値観(そして恐ろしいほどのコンプレックス)を持っているということを横に置いといて、過去がどうの歴史がどうのって話をすること自体、そもそも無理なんだろうと確信しました。

リーダーたるものの心構えとしてキリストの教えがあるはずで、そういうリーダーだから敬うという相互関係があると私は思うのだけれど、韓国のこの銅像、除幕式から私はそれを「全く」感じません。これと韓国の安倍さんに言う「日本はリーダーの資格がない」というのと全く同じものを感じます。「天皇は跪いて謝罪しろ」というのとこの銅像は同じものが根底にあるのを感じます。

これはお互いが持っている価値観がまるで違うことを意味していているし、この像、そしてそれを取り囲む出席者の顔を見て激怒するキリスト教徒って世界中に多いんじゃないですかね。

でもま、こういう価値観を持っていると、自ら世界に発信しているから良いのだと思うしか無いのかなぁ。

去年、このフランシスコ教皇が「旅客船「セウォル号」の犠牲者を哀悼した」ことに対して謝意を示すために、天主教大田教区長のユ・フンシク主教が謁見した時、ファンシスコ教皇はこういった。

「韓国民がこの事件をきっかけに倫理的・霊的に生まれ変わることを望む」

ローマ法王「韓国民、倫理的に生まれ変わることを望む」 | Joongang Ilbo | 中央日報
「韓国民がこの事件をきっかけに倫理的・霊的に生まれ変わることを望む」 …

教皇は何を言いたかったんでしょうか。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

キリスト教の洗足式と韓国の国民性” への8件のコメント

  1. ポーズ的には気取らず優しそうな教皇の雰囲気が表現されていてなかなかいい感じだと思いましたが、
    教皇の顔つきとかがよくないんでしょうか?
    この写真では顔がよく見えなくてわかりませんでした。
    凡庸な感じなので美術的な価値はないんだろうけど、
    とりあえずお父さんに促される女の子がかわいいと思いました(笑)

    • 洗足式の画像ってネットに山のようにありますが、その場の「醸し出す雰囲気」ってあるじゃないですか。そういう意味で、なんとなくイメージが違うというか、この銅像の制作になんらかの思惑、思いが込められている、いや、無意識なのかもしれないけれどそれが出ているのを感じます。いわゆる「儀式」には私には見えません。

      またこういう世界のトップの人を銅像だとしても一般市民(参列者)がそれを「上から見下ろす」のをよしとしないのが日本の文化ですから、そこでも違和感を感じます。韓国の礼の表し方が日本と違うのはもちろん知っていますが。

      私が知りたいと思ったのは、実際に洗足式を韓国で行って、まさにこういう感じだったのかどうか。残念ながらそれを調べてもわかりませんでした。どちらにしてもこの表現方法、参列者の顔、それに関して「教皇をたたえ感謝し」「イエスの教え」を大事にしようという思いが私には伝わってきません。

      言葉を変えれば、そういうポイントに価値を持たないのが彼らの文化なんだというのがわかったというか・・。

  2. この儀式に欠かせないお水やそのお水を受ける器や足を拭く布、そういった物がこの銅像の写真には無いから、儀式に見えないのかも知れませんね  自分が銅像を製作する立場ならそういった物は排除させません でなければ、洗足式を知らない他宗教の人が見た時には許しを請う姿に見られて、銅像が逆効果になりかねない  私はこの儀式の事は全く知りませんでしたが、そもそもこの儀式がそれ程重要な儀式だから、あえて銅像にしたんでしょうか? 
    倫理的、霊的に生まれかわれ… 本当に”霊的”と言う表現まで使ったとしたら、かなりの意味かと思いますが…
    それにしても世界に向けて韓国の反日姿勢は益々見境なく行ってますが、次の大統領はシフトするのか、継承するのかどっちだと思いますか?
    あと、ユネスコの問題で日本のマスコミは昨日になって『また土壇場で韓国が裏切った』等と一斉に報道してましたが、韓国が日本と協力すると言いながらも引き続き、ずっと反対のロビー活動をしている、という報道を前に見ました。これって、なんか腑に落ちないんですけど、『土壇場で韓国が裏切った』という風にしたいんでしょうか?

    • 他のサイトで読みましたが、儀式なら儀式の形があるわけで、それを排除している理由がわからないとのこと。

      どこを探しても韓国で洗足式をしたという記述が見つからないのですが、もしこれが「創作」であるとしたら・・・・・。

      反日はあの国の成り立ちに関係していますから、未来永劫続くと思います。それを考えるとフトイギリスとアメリカの関係が頭に浮かびますが、大きな違いは「自ら勝ち取った勝利ではない」という点。ここに大きなコンプレックスを持っていると私は想像していて、彼らは抗日戦争に勝利したと言いますが、その実態らしい実態はないのに「日本と戦い続けて勝利した」ことになっている。だから戦勝国にしてくれとアメリカに談判したけれど駄目だった。賠償請求権さえなかったんですね。でも日本は日韓基本条約で見舞金を出した。

      今回の歩み寄りはアメリカからの何らかの圧力がある中での話しで、クネさんが「進展している」とフライングをしましたが、解決しないとならない彼らの現状があるのだろうと思います。でもあの国は司法でさえも国民感情を重視する国ですし、今の民意を考えると大きな歩み寄りは出来ないのでしょう。ましてや強行路線で今までやってきて、今回の「協力しあう」というところが限界で、そこまで歩み寄ったのだから、日本も歩み寄れということなんでしょうが、日本は最後の最後の妥協、彼らの希望(強制徴用の明記)を受け入れることはしないだろうと見ています。

      ここでまた、「我が国は歩み寄ったのに日本は・・」ということで次なる段階に入るのだろうと思います。クネさんは完全に面目を潰された形になるでしょうし、板挟みで大変でしょうね。どうしてもここで一本取りたいところでしょうが、安倍さんは韓国のやり方を熟知しているでしょうし、妥協が手内式にはならず、そこが新たな出発点となり次から次へと出て来るのが見えていますし。

      でもねぇ、私は彼らの心情がわかるような気がするんですよ。ネトウヨは併合によって韓国は発展したというけれど、逆の立場なら、祖国は消滅し、民族もなくなる屈辱は絶対に私なら受け入れられませんから。でも当時の世界情勢、国内情勢を考えるとなるようになったとしか思えませんが、彼らは「全て日本が悪い」と考えるところにあの国の特殊性があると感じます。

      >韓国が日本と協力すると言いながらも引き続き、ずっと反対のロビー活動をしている

      これに関しては、日本は間違いなく「強制徴用」の歴史を明記しろということであって、何が何でも登録させないということじゃないと思います。「強制徴用」をはっきりさせれば協力するという意味じゃないんですか?でもそのところの日本の表現が彼らの納得するものではないというところで揉めていると理解しています。

      おおおお、ニュースを見ましたが登録決定したんですね。でも強制徴用に関してはどうなったのか詳しくかいていない。どうなったんでしょう。

      私は強制徴用があったとははっきり書かないと思っていたのですが、韓国が納得するような文言を入れたのでしょうか。もし入っていないのに登録が決まったとなると、韓国は大騒ぎになるでしょうね。

      ちょっと調べてみましたが良くわかりません。

      「報道によると、最終的に韓国側が発言案を修正したことで合意したという。」

      というのもあれば、

      「韓国は23施設の中、7施設において朝鮮人労働者の強制徴用があったことを明確にするよう要求し、日本はこれを歴史の事実関係として明示することで世界文化遺産登録が決定した。」(韓国系)

      というのもある。「日本が強制徴用を明記するという約束」がなければ韓国は反対に回るのだろうし、合意したということは「日本が折れた」形になりますが、どうなんでしょうね。「約束をしたのにそれがなされていない」「いや、そういう約束はしていない」ってな話で将来揉めるのかな?

    • 進歩というか変化なしってことでしょうかね。

      でもそれはどっちがどうってことじゃなくて、そもそも夫婦になるべきじゃない二人が結婚して、破局して、泥仕合になっている感があります。

  3. 朝日報道や日米防衛強化等より慰安婦問題について韓国はこれ以上日本をたたくことは難しくなったが今回の世界遺産登録問題の結末から何か第二の河野談話に発展しそうで心配です。
    以下を読めば岸田外相が如何に解釈しようが英語で発信された原文からは韓国側の解釈がどうみても妥当と思え私のつたない英訳でも完璧な強制徴用に見えるどうですか?。
    以下ニュース記事より、
    「1940年代にいくつかの施設で意思に反して連れてこられ(brought against their will)、厳しい環境の下で働かされた(forced to work under harsh conditions)」多くの朝鮮半島出身者がいたことと第2次大戦中に日本政府が徴用政策を行っていたことを理解できるような広報施設を設けるなどの取り組みを行うことを日本側が表明した。
    この直後の会見で、岸田文雄外相は「我が国代表の発言における『forced to work』との表現等は『強制労働』を意味するものではない」と明言したが韓国側は全くそう受け止めておらず韓国聯合ニュースは韓国政府は文言を「本人の意思に反して連れてこられ厳しい環境の下で強制され労役した」と解釈。韓国のCBSテレビは「against their willやforced to workなどの英語原文を見ると誰が見ても『強制労働』に読み取れるため(日本側が)これを否定するのには呆れるばかりだという反応だ」と伝えている。

    そうは言っても日本には登録を一刻も早く決めたい地元民も多数であり事実万歳三唱したところも多いと思う。ただこれが日本人ではなく仮に韓国人だったら事なかれ外交を繰り返して恥じない日本政府や外務省に怒りをぶつけ巷は大混乱になったか否か。

    • 仰るとおり一般的には韓国のいう方に理があると思います。日本人だって、なんだこりゃと思いますよね。でもそれが日本の官僚の「言葉遣い」なんですよね。我々のような「全体的な意味合い」ではなくて「一語一語細かい差がある」のが普通。でもそれって「誤魔化し」に見える。

      韓国の立場も考え、でも「強制性」で今後に繋げたくないので無理やり落とし所を作った感じですね。

      でも私はこの「玉虫色」で良いと思うですよ。

      この数日、強制徴用とか強制性とかいろいろ調べていたのですが、私としては「ブラック企業で働くケース」とかなり似ているんじゃないかと。

      国の一大事に国民が一致団結するのはその戦争の是非とはまた別だと思っていて、自然災害でも同じ。そんな時に「仕事を強要するしない」は非常に玉虫色だと思うんです。皆で移動したら強制連行の様に見えなくもない。「俺は嫌だ」が言えないわけですし。でも現代の会社もそうで、ここで踏ん張らなければ大変なときに「サービス残業が~~」なんていうやつはいない。海外への転勤も突然告げられる、休みもない、残業手当もない、いつ帰れるかわからないなんて経験はいくらでもあるわけですが、それが良いのか悪いのかと白黒付けるなら「悪いに決まってる」。

      使う側の「強要」と同時に「勤労奉仕」も働く側にあるわけで、嬉しくはないけれど皆で頑張るのが普通。

      彼の国は日本だったことを彼らは認めたくないんですね。一緒に戦い、一緒に泣いたり笑ったりした仲間だったのに。でも逆の立場なら私もそう思うはずで、祖国と民族を消された恨みは一生忘れません。でもなぜそうなったかも私なら考える。単なる侵略とか簡単なことではないのはバカでもわかるはず。

      韓国人と付き合っていると感情の起伏が大きい、感情を大事にする、それを出すことを良いことだと思っているのが良くわかりますが、自分がそうすることは良いにしても、それを「相手に受け止めろ」というのは行き過ぎだってことが彼らは全く理解しないのね。

      「別れても~~好きな人~~」って歌を思い出しましたが(笑)、白黒を自分の都合だけでつけて、権利主張をするってのは日本人には無い感覚ですから、彼らの言うことに一理あることでも私としては心が離れていきます。

      普通に付き合うぶんには良い人達はいくらでもいますが、「何かが起きると」おかしなことになるのは若い頃から仕事上でも私生活でもよく経験しました。

      でも彼ら同士を見ていると、双方とも言いたいことをいうんですね。相手の話を聞いて解決しようではなくて、いかに自分の思いが強いかの競争をしている様に見えます。また日本にいる頃、韓国人から良く聞いた言葉ですが「韓国人と付き合うな。信用するな。」と。日本人で日本人と付き合うなっていう人はいないのが普通ですからほんとうに不思議な国に見えます。

      訳ありで結婚した物同士が、良い時代もあったけれど結局は離婚。そんな時に「訳あり」のところは無視して、「全てあんたが悪い」っていうんじゃ全くお話にならない。

      それと何十年前の若いころの浮気を謝れと、毎日朝起きて顔を見る度に言われるような感じです。(笑)

      私はどう考えても「脱亜論」に一票入れるしか無いと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *