美味しいパン屋を探して行ってみた

先日行ったレストラン(The Fish House)で食べたパンが美味しくて、それがどこから仕入れたパンなのか教えてくれましたので早速行ってきました。

カランビンにあるので我が家からは道路が空いていても30分は掛かるという場所。クーランガッタ飛行場のちょっと手前って感じでしょうか。

住所と店名はわかっていましたのでGPSですぐにたどり着きました。

Xperia--0011

店には客が4,5人入って並んでいましたが、中に入ってびっくり。テーブルにパンがちょっと並べてあるだけ。

Xperia--0001

Xperia--0003

私は普通のパン屋を想像していましたが、ここは「パン工場の直売店」という感じ。出荷前のパンが並んでいました。

Xperia--0004

パン焼き。

Xperia--0007

職人さんがどんどん作っています。(顔は出さない約束で写真を撮らせてもらいました)

Xperia--0009

ベトナム人兄弟の店と聞いていましたが、なんと日本人でした。でも良くベトナム人か?と言われるそう。でも彼らがベトナム人に似ているということじゃなくて「美味しいパン=ベトナム」なんですね。そこから来ているのだろうと思います。

以前は、あの野菜で有名なユーエンの並びにあるパン屋の厨房を借りてスタートしたそうです。あのパン屋は今はありませんが経営が同じってことじゃないんですね。最近、ここへ移ってきた様子。

また何でまた(辺鄙な)カランビンに店(工場)を持ったのか聞きました所、あの場所が彼らの顧客エリアの中心になるそうです。つまりもっと南の方まで彼らの顧客がいるということ。

小売店に卸すことはしていませんが、レストランやカフェが主な客で、口コミでどんどん客が増えているとのこと。良いですねえ、頑張って欲しいです。

早速、あのレストラン(The Fish House)で食べたパンやその他、いろいろ買ってきました。また菓子パンもあって食べてみたのですが、結構甘い。

これはさすがだと思いました。日本的には甘すぎると感じますが、彼らは市場に合わせたものを作ってる。これって結構出来そうで出来ないんですね。腕に自身があると「こうあるべき」が先に立ってニーズを無視する傾向、奢りがあるケースが多いですが、ここはちゃんと市場を見ているんでしょう。これってアタリマエのことですが、日本人の経営ってオーストラリアをバカにしているわけじゃないでしょうが、「俺のは凄いんだぞ」みたいな自分の好きなものを押し付けるのね。これは和食店も同じで和食に凝れば凝るほど店はだめになる。

市場に存在しない店舗ってそれなりに理由があるんですよね。誰もやろうとしないのは難しいのがわかっているからで、「俺がやろうとしている商売は誰も手を付けていない。チャンスだ」なんて思う幸せな人が後を絶たない。

日本人の客を想定した商売って本当に難しくて、日本人の客って五月蝿いけれど金は出さないのね。ここを読み間違えてゴールドコーストに店を構えて失敗する例は半端じゃない数。やっぱり地元の客が喜ぶ店じゃないと全く意味が無いという「原点」が見れない商売人って意外に多いんですよね。

このパン屋はこれからが楽しみです。

Panya Artisan Bakery 42 Currumbin Creek Rd, Currumbin Waters QLD 4223

このパン屋の並びにフィッシュアンドチップスの店があって、看板に「オレンジラフィー」と出ていたので喜び勇んで店に入ってみました。でもオレンジラフィーは切らしているとのことで、いつもの「ドーリー(BASA ナマズ)」とカラマリを頼みました。

これで11ドル。値段はちょっと安いかな。美味しかったです。

Xperia--0014

店先に座って食べながら様子を見ていたのですが、そのパン屋の隣もパン屋なのに笑ってしまいました。でもそのパン屋はいわゆるサンドイッチや軽食を売っている店で、同じパン屋でも形態が違うんですね。私がフィッシュ&チップスを注文し食べ終わるまでの20-30分、そのパン屋には客は一人も入らず。しかし、その美味しいパン屋にはひっきりなしに客が来ていました。多くはバイクや車でわざわざ買いに来ている人。

有名なんですね。

何種類か買ってきましたが、我が家はほとんどパンを食べない家。ましてや私は糖質制限中。(笑)

買った量のパンを見てヨメさんが文句をいうかと思ったら結構ニコニコしていました。そしてちょっといくつか摘んでから冷凍庫。(笑)

美味しいとは思うのですが、どう美味しいのかって私には説明ができません。そもそも私は結構細かいことを書きますが、グルメじゃないんです。ベロの性能もよくありませんし、ましてやパンなんて全く未知の世界です。自分で焼いたこともなければウンチクも何もわかりません。

私の判断基準は単純で「好きか嫌いか」。そしてここのパンは「好き」。(笑)

ちょっと遠いですが、たまには行ってみようと思います。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

美味しいパン屋を探して行ってみた” への7件のコメント

  1. 美味しそうなパンですねぇ

    店の屋号がPanya(パン屋)Artisan Bakery だから、日本人はパン屋と正しく読むけれど、オーストラリア人はパーニャって読むんでしょうね。

    だから発音からベトナム人だろうと勘違いしたのかな。

    • この時、結構な量のパンを買ってしまいましたが、オススメと言われたレーズンの入ったパンが美味しかったです。しっとりしていてずっしり重いパン。

      意外に米粉でも混ぜているんじゃないかと思ったり。

      Panyaはパーニャになりそうですね。パンヤと読ますならPan-Yahですかね。

      しかし海外のレシピを見ていて面白いのは、パン粉を使う時に「パンコ」という言葉が頻繁に出てくるんです。日本のパン粉は欧米のBreadcrumbsとは違うんですね。最近普通のスーパーとか韓国食材店でも「Panko」を随分見るようになりました。

      「Wasabi」や「Miso」ならわかりますが、彼らの文化そのものの食材の中にも「日本的なもの」が入り込んで行くのって凄いですね。

      パンも日本のパンは美味しいという外国人が増えているようで、これからが楽しみです。

      そういえば、スーパーの中に台湾企業のパン屋があちこちに出来て、これが大好評で地元のパン屋が閉店に追い込まれるなんてことが起きていますが、その台湾企業は「日本で製パンを覚えた」とのこと。

      日本人が海外で勝負できるものってたくさんあるのに、内向きな日本人ってもったいないと思いました。

  2. パン焼きが好きでこっちに来ても焼いているんですが、日本の時と比べて中々美味く焼けないのは ”粉”のせいにしていました。こっちは製粉技術がないんじゃないかと、もっともらしい事を言って。これからは素直に腕のせいだと言います。

    • SANAさん、私のこちらの友人(日本人)で、かつて日本にいた時にはそこそこ繁盛しているパン屋をやっていたのがいるんです。

      彼いわく、粉が全く違うと言っていました。

      私はその辺は理解の外ですが、たまに高級スーパーに行くとイタリア産の小麦粉とか売っているじゃないですか。だからやっぱり「自分が狙うパン」を作るには「それなりの粉」が必要なんだろうと思います。普通に売っている小麦粉では限界があるのかもですね。これは技術の問題ではなくて、肉でも同じですが、「これでよい」というオーストラリアの基準には合っているってことじゃないですかね。めちゃくちゃな電化製品も同じで、それがこの国のニーズに合っているってことだと思っています。

      私は本当にパンのことは全くわからないのですが、ネットでも良い小麦粉を売っているかもしれませんね。

  3. 最近は日本に製パン技術を学びに来る海外の方が増えてるそうですね。

    日本のパン作りは世界一だとも言われてるそうですよ。

    海外から日本に来て製パン技術を学んで帰国後に自国でパンを作ろうとするときに一番困るのが、実は日本と同じ粉が手に入らないことだそうです。

    日本の粉はかなり種類も豊富で作るパンに合わせて改良されているので同じような粉はなかなか海外では手に入らないために日本のパンと同じようなものを作るのは難しいそうですね。

    日本だと棒社1社だけで数百種類の粉を販売してるそうですが、アメリカでは全部合わせて10-15種類、韓国では数種類しかないそうです。

    細かいことにこだわりを持つ、日本人の気質なんでしょうかね。

    そういえば、アメリカ人の同僚が言っていました。

    日本のPANKOはパンくずをわざわざ漂白してるのか?って

    確かにそれくらい違いますよね。

    ポルトガル語(PAN)と日本語(KO)の合成語が英語になる日も近そうですね。

    • 日本人の職人気質って今更ながら凄いと思っちゃいますね。(笑)

      私は小麦粉のことはまったくわからないのですが、蕎麦は好きでちょっと調べたことがあります。でも私のベロでは市販の乾麺で十分ということがわかりましたので、自分が凝ることはありませんでしたが、蕎麦粉の世界も凄いんですよね。

      ああいう拘りって海外には無いのか、諦めているのか、そもそも必要じゃないと考えているのかその辺が私にはわかりません。

      でも食べ物だけじゃなくて、鉄鋼、繊維、あるいは電気部品にしても日本にはありとあらゆるものがある。凄いですよね~。鉛筆一本でもそうだし、ヨーロッパの絵画の修復に日本の和紙が必要だとか、面白い話はいくらでもある。

      こういう日本の技術屋魂がある限り、日本は必ず復活すると思っています。

      ああ、そういえば、日本のチョーク(黒板に使うやつ)の老舗が店を閉めたそうで、これが世界中で騒ぎになっていて、15年分を買い占めたユーザーもいるとか。

      Pankoに関しては間違いなく英語になっていると思います。Harakiri、Tsunamiと同じで料理界ではWasabiと同じ地位をもう確立している。

      凄いですねぇ。日本頑張れ。(笑)

  4. チョークは結構話題になりましたね。

    今後は韓国企業が引き継ぐそうで、先日製造機械一式を日本から運びだしたそうです。

    日本人技術者も品質が落ちないように韓国に出向き技術指導などの面倒をみるとか。

    ただ、こちらも今まで日本の会社が使っていたのと同じ材料の入手が難しいそうで、全く同じ品質を維持することは難しそうだとTVニュースでは言ってましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です