アトピー・乾癬が治るかもしれない情報を頂いた

我が家のヨメさんが「乾癬」に悩まされているのは何度かブログに書いています。

皆さん、アトピーはご存知でしょうが「乾癬」てご存知でしょうか。

ヨメさんの画像は出せませんが、皮膚がこのようになる病気です。

Psoriasis_on_back1出展:Psoriasis(乾癬) Wiki

これは伝染病でも遺伝でもないのですが、原因がはっきりわかっておらずまた治療法も確立されていないややこしい病気。でも皮膚病でもないんです。皮膚がこのようになるのは結果であって皮膚をどうにかしようとしても治らない。免疫力がないのではなくて「強すぎる」病気。

これが全身に出ますが、ヨメさんの場合、顔にはなぜか出ないのがラッキーですが、足の裏に出来た時には大変でした。皮膚が割れるんですね。その状態で歩けば血も出てきますし、普通には歩けなくなります。また頭の中、手足には出ますし、他人の目に触れる場所にももちろん出来る。そしてこの乾癬という病気を知っている人でもそれを見ると「ドキっ」とします。

ですから乾癬になっただけで学校に行きたくない、仕事もイヤ、また接客業は出来ない、営業もできない、部署を替えさせられるなんてことが起きるんですね。海水浴、プールにも行けない。サウナや温泉にも行けない。スポーツも出来ない。そして「恋人」を作ることも出来ないと考える人は少なくない。こんな病気が原因で自殺さえ考える人もいるくらい。

ヨメさんは乾癬が理由で「買い物」に行くのも嫌がります。まして知っている人と会う可能性があるような所には絶対に行きません。そしてもちろん外出するときには真夏でどれほど暑かろうと手足を隠した重装備で出かけます。

まぁ、今までありとあらゆる治療法を取ってきました。医者に行きますとすぐに「ステロイド」を使おうとするんですね。でもステロイドの怖さは知っていましたので、民間療法に頼ることにしました。遠くの診療所には行きませんが、ゴールドコーストにある民間療法はいくつか試しています。また凄いと言われる(バカみたいに高い)塗り薬をイスラエルから取り寄せてみたり。あるいは「これで治った」とネットの中ではかなり広まっている「ジュース」を作って飲んだり。その辺のことはこのブログにも書いています。でもヨメさんには効かない。

日本には「治す」と公言する医師もいて、行ってみたいとは思いながら、何ヶ月も通わなければならないのが普通ですから行っていません。

ところがですね、数年前にバヌアツ共和国に二人で旅行に行ったんです。バヌアツってニューカレドニアの近くにある多くの島が集まった独立国ですが(バンジージャンプの発祥地)、なんと言いますか、近代文明から取り残されたような国。でも自然が一杯で綺麗な国。

8泊9日の滞在だったのですが、なんせ泊まったところは離島で電気も来ていないようなホテル。水は雨水です。

でも何不自由なく、食べ物は美味しくて(かつてはフランス・イギリス領)、テレビもありませんが大自然は美しく、ゆったりとした日々を過ごしました。

DSC01222-4

するとですね、あら不思議。ヨメさんの乾癬が段々と薄れて行ったんですよ。帰ってきた頃にはかなり消えていた。このスピードの早さも不思議ですが、なぜそうなったのか全くわかりません。

乾癬の大きな原因として「ストレス」が言われていますし、発症した時はまさに「マレーシア行き」を決めた頃でした。そしてヨメさんはマレーシアには行きたくない人。当時は「行きたくない・・・」と泣くような日々が続いていました。ですからこれが原因であろうと我々はいつも考えていたんです。

このブログの読者がたまたまアトピーに悩まされた方で、こんな我が家の話をコメント欄に書きました所、「それは水ではないか?」というレスを頂きました。

水ですかぁ・・・・。考えてもみなかったです。

でもその読者が紹介してくれたブログを読んでびっくりしました。その主はアトピーだったのですが、水を変えてから完治した様子。そして「水が原因」だという証拠集めのために海外をあちこち行って、その地の水を試したんですね。そしてある国ではアトピーが出てきたり、またある国ではアトピーが消えたり。

そして彼は、(彼の)アトピーの原因は【水の残留塩素】だと決定づけた。

ここにその詳しい話が出ています。これはかなり説得力があります。

証 明 – アトピー世界旅行記

アトピーはアトピーで乾癬とは違う病気ですが、ヨメさんがバヌアツでどんどん良くなっていったのは、やっぱり水かもしれない。また乾癬は「乾燥」が良くないのですが、バヌアツは南陽の国ですから当然湿度はある。ま、相乗効果があったのかもしれませんね。ですからマレーシアには行きたくないヨメさんですが、一年中(ゴールドコーストに比べたら)とんでもなく蒸し暑いマレーシアに行ったら治るかもね、と話をしています。ゴールドコーストって海があるから気が付きませんが、砂漠と同じように一年中乾燥していますし。

乾癬治療に関してはかなりいろいろ調べましたし、様々な治療法を試しましたが、「水」に関しては一切ノータッチでした。私の情報収集は主にアメリカ、オーストラリアですが、「水が重要だ」という記述は見た覚えがありません。読めば私の頭の中に残っているはずですし。

ま、そんなこともあり、まずは残留塩素を測る試験紙を手に入れ、自宅の水がどうなっているかテストしてみることにします。私はそういうことに鈍感なのですが、メルボルンから帰ってきた長男が「このコンドの水って最悪、臭い」と文句を言うくらい。もちろん塩素臭のこと。

では塩素を確実に抜くにはどうしたら良いのか。

ま、飲料、調理用にはミネラルウォーターを使うにしても、問題は風呂です。私は風呂なんて何年も入ったことがありませんが(笑)、ヨメさんは必ず毎日、風呂に浸かっています。これは乾癬が理由です。でもその(我が家の)風呂こそが(ヨメさんの)乾癬には一番悪いのかもしれませんね。

でも風呂ってかなり大量のお湯を使うわけで、残留塩素を抜くにはどうした良いのか、それが今の時点では全くわかりません。

以前、超強力磁石が良いと聞いて(そういう構造の高価な浄水器が存在する)、超強力で磁石同士がくっつくと剥がすのに大変なネオジム磁石を手入れて、水を変えようと試したことがあるんですよ。目的は私の趣味の家庭菜園用(水耕栽培で地下に食物工場を作っていました)の水を良くするため。

(電気分解をする)トルマリン石を入れたり、活性炭とかいろいろ使っていましたが、人間用には使ったことがありません。(笑)

高性能の浄水器を入手すれば良いのだろうと思いますが、風呂にも使えるぐらいの処理能力があるのかどうかもわかりません。

何か情報をお持ちの方は是非、コメントを頂戴したいです。

またこの情報を教えてくれた読者の方には、心から感謝致します。m(_ _)m

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

アトピー・乾癬が治るかもしれない情報を頂いた” への13件のコメント

  1. 乾癬ですか。おつらいですね。

    風呂水の塩素除去は、汲み置き、沸かしなおし、最後に入る、ビタミンCを入れる、などありますが、まずはご自宅の水道水の塩素濃度を塩素チェッカーでチェックするのが肝心でしょうか。

    我が家のシャワーヘッドにはビタミンCで塩素除去をする機能があり、それを確認するための塩素チェッカーがついていました。

    もう塩素チェッカーは使い切ってしまったので手元には無いのですが、シャワーにはビタミンCは確かに効果がありました。

    ただし、お風呂の水の除去にどれくらいの量が必要なのかまでは判りません。

    汲み置き、沸かしなおし、最後に入る、などでどのくらい残留塩素があるのか塩素チェッカーで調べてみて、ビタミンCを入れる程度で残留塩素がなくなるようなケースをお探しになるのが良いのかなと思います。

    塩素チェッカーが残っていたら確かめられたのですが、面白がって購入当初に使い切ってしまいました。。。

  2. 今、検索したら我が家で使っている商品のレビューがありました。

    http://www.nayamino.com/ionicshower/for-atopy.html

    我が家では、嫁と母親が髪をカラーリングしていますので、色落ち防止のために塩素除去シャワーを使っていますが、このレビューをされている方はお肌のトラブルが改善しているそうです。

  3. このサイトによると、ビタミンCの錠剤を200mg入れると効果があるようです。
    更に、「200mgの顆粒をお風呂にお湯を入れ始める前に入れて置くと
    給湯が終る頃には殆ど0ppmになります。」とのことです。

  4. こちらの皮膚科↓によると、150~200Lのお風呂ですと0.2g(200mg)で中和出来るそうです。

    http://www.e-skin.net/v/ad3/cl/CLBThdata.htm#comtrol

    ビタミンCサプリをスプーン1杯入れれば十分ですね。

    乾癬はC型肝炎ウィルスと関連があるという論文もあるようなので、もし肝機能が弱ければ検査されるのも良いかも知れませんね。

  5. 情報を有難うございます。

    本日、早速近くの大きな薬局に行ってきましたが、残留塩素の試験紙もなければビタミンCは飲むためのものしか売っていませんでした。

    プール屋に行くか・・・

    ネットでお風呂に入れる脱塩素タブレットを売っていましたので、それを買う予定。アスコルビン酸(ビタミンC)、クエン酸、重曹が入っているもの。クエン酸も重曹も我が家にありますし、アスコルビン酸もバルクで買うと安いんですが、あれもこれも小さじいっぱい入れて・・・なんてのをヨメさんは嫌うタイプですから、タブレットを買うつもり。一回分が40円ぐらいらしいですし。

    それとスプリングウォーターを頼むことにしました。機械はリースで年間99ドル。水は19リッターで11ドルかな。常温の水と冷水が出るタイプ。お湯は不要。

    問題はシャワーですが、こちらでもいろいろ売っているのですが、どうもこちらの商品を私は信用できませんので躊躇しています。

    まずは、お風呂と飲料水、料理用の水を変えて何か起きるかどうか、楽しみです。

    情報を有難うございます。

  6. 手前味噌ですが、塩素除去は簡単ですよ。私のブログで塩素を検索してみてください。
    http://turigoro.ti-da.net/search.php?csrf=bda5647035aca721ce2eb67d0039b6aaa67c1d0d&search=%E5%A1%A9%E7%B4%A0
    シャワーヘッドの交換で出来ます。
    活性炭のフィルターを通すタイプです。

    塩素の測定は、ペットの魚コーナーに試薬があると思います。

    あと、ボディーソープ等を使用しないのもポイントかも
    うちの嫁と、子供はこれでほとんど治りました。
    身体が微生物から守るために、
    必要だから出している皮脂を除去するなんてとんでもない。

    奥様がなぜ顔に出ないのか・・・
    そこにも理由があると思います。
    使っている石鹸が違う、
    化粧水が良い、トリートメント方法がちがうなど。
    ただ、これも引き算で、やっていないことから、顔と同じことを
    症状の出ている身体の一部で実験し、
    見つけていかれてるのが良いかと思います。

    水道水って塩素やフッ素の添加物だけでなく、
    水道管から溶けた金属イオンなども入っています。
    奥様が塩素除去だけでは治らない場合、
    それらに反応している可能性もあります。

    家の水道管の根元で逆浸透膜を入れて、
    Ro水にしてしまうのが、
    手っ取り早いかもしれません。

    汲み置きのお風呂に入られるのであれば、
    ビタミンC(アスコルビン酸)を耳かき1杯で大丈夫ですよ。
    一番簡単なのは誰かのあと、つまり、
    奥様が2番目にお風呂に入れば、塩素は消えています。笑

    塩素が人間には毒だと国(病院)が言えない理由・・・
    ・大丈夫な人も多い
    ・今まで病気にしてきた人に対する保障ができない
    ・病院はリピーターが居た方が儲かる
    そんなところだと感じています。

    • ベストの方法って色々考えられますが、そもそも今借りているコンドは仮住まいですし、オーナーが売りに出していますし、いつ出て行けと言われるかわからない状態です。賃貸契約もしないままずるずる延長しています。

      ですので今の段階でできることは、水を買い、風呂には脱塩素タブレットというのが精一杯だと思います。

      ヨメさんの化粧品や石鹸などは、乾癬用として売られているものがありまして、それを長らく使っています。それで治るということはありませんが、やっぱりそれを変えるとうまくないらしいです。

      バヌアツに滞在した短期間にどんどん良くなったのは、やっぱりどう考えても水と湿度が違うから、それしか無いように思います。

      とりあえず今できることはやってみて、どうなるかは神頼み。

  7. 奥様が良くなられるといいですね。

    マレーシアはそれ程湿度が高いとも感じませんが
    私は50代でこちらに来てから気がついたら化粧水しか使わなくなっていて乳液や保湿クリームは不要になりました。

    娘もこちらに来て2~3日すると化粧水だけでいいそうですので、湿度が高い方がいいならマレーシアは奥様にもいいかもしれません。

    • どうも有難うございます。

      マレーシアって異常なほど乾燥しているゴールドコーストと比べると水の中にいるぐらい湿気が高く感じます。でも乾癬には良いはずなんです。手足に乾癬が出来た場合(胴体も)、それをサランラップで巻くなんてことも良くやるくらいですから。

      マレーシアに行けば良くなると思うんですが・・・・

  8. daboさん
    水は、大いに関係あると思います。私は中学を卒業と同時に実家を出たのですが、それ以降、移動(実家に帰省、もしくは一人暮らしのマンションに戻る)するたびに、乾癬の状態が変化することに気付きました。私の場合、移動(水が変わる)すると、まず悪化します。1週間ほどすると、おそらく、そこの水に体(皮膚)がなれるようで、落ち着きます。ただ、大学時代(神奈川)はかなり悪化したので、お風呂用の浄水気をつけていました。ダスキンがだしていたもので、月に一度カートリッジを交換しに来てくれるサービスでした。このときは、かなり良くなっていたのを覚えています(もしかすると、単に精神的なものだったかもしれませんが)。卒業後に、カナダに留学をしたのですが、その時は同じように1週間ほどは悪化したのですが、その後はかなり落ち着いてよくなっていました。浄水器などは使ってません。おそらく水が合っていたのかと思います。
    あとは、紫外線にあたる量で分かりやすいぐらい変化します。紫外線が当たる部分は、乾癬が良くなります(でません)。冬は、長袖長ズボンで通常過ごすので、増えます。特に、夏でも隠れているような、おしりとか、腕、太ももの内側は特に増えます。(子供のころは、紫外線治療を受けていました。)
    オーストラリアに来てからは、ほとんど出ません。冬の時期に、数えられるぐらいのが、おしり、太もも、に出るぐらいです。(おそらく、奥様と私の乾癬は種類が違うと思いますが。)多分、肌の露出頻度が劇的に増えたせいだと思っています。
    奥様、バヌアツに行ってらっしゃったときは、肌を普段より出していませんでしたか?私も、5歳ぐらいから乾癬と付き合ってますが、顔には一度も出たことは、ありません。代わりに、シワとしみは増えましたが(笑)。顔はいつも出ていますよね?もしかすると、紫外線の影響かもしれませんね。

    • shoさんも乾癬で苦労なさっているんですね。それも筋金入り。

      shoさんが過去には「慣れる」ことがあったみたいですが、それって年齢に関係するんじゃないかとフト思いました。

      日光浴が良いとは前から良く聞いていまして、診療所に言っても必ず言われます。ところがうちのヨメさんは若い頃から「白いこと」にこだわりがあるんでしょう。またシミじゃソバカスじゃ気になるようで、まず日光浴なんか絶対にしません。祖先はドラキュラじゃなかったかと思うくらい。

      心配してくださる皆さんには本当に申し訳ないのですが、ヨメさんには一つの大きな欠点があるんですよ。「こうしたら良い」ということが間違いなくあるのに、「やりたくないことはやらない」んですね。そして医者嫌い。「ああしろこうしろ、あれは駄目これも駄目」と言われるのがイヤなんですね。我儘なんてもんじゃありません。

      「好きなことをやり続けていて病気が治るなら苦労する人はいない」と何度も大げんかをしましたが、今では私は半分諦めています。「治したくないなら好きにしろ」ぐらいの気持ちも私にはあって、皆さんのお知恵を借りても「どうもありがとう。早速やってみます」ってヨメさんじゃないのね。

      ですから皆さんに心配していただくのが実は心苦しいところもあるんです。「自業自得」という言葉がありますが、そこがヨメさんの乾癬の一番の問題点。バカだとは思いますが・・・。

  9. daboさんの直前のコメント、奥様への愛が感じられる素敵なコメントでしたね。
    これで打ち止め的まとめだったのに、出遅れちゃって・・・。

    なるほど。
    水犯人説、紫外線効果説、どちらも「有り」だなと思います。

    小麦悪者説もあるみたいですね。
    まだ読んでませんけど、あの世界のトップテニスプレーヤーの
    「ジョコビッチの生まれ変わる食事」っていう本も出てるみたいだし。

    腸内環境も大事ですよね。
    わたしは、ある種のプロバイティックのサプリをとるようになって、
    劇的にウン〇の状態が変わったんですが、
    それに伴ってでしょうか、子供の頃から皮膚が弱かったんですが、
    気が付いたら、素手で雑巾を絞っても手が荒れなくなっていてビックリ。

    いろんな可能性がありそうですね。

    • どもども、ちりとてさんお帰りなさい。

      しかし生命と自然の関係って不思議ですよね。またそれぞれが違っていて多様性が凄い。だから滅びずに今まで来たのでしょうが、それぞれには一体何が合っているのかがわからない。あと100年もするとかなりわかってくるのでしょうが・・。

      腸内フローラが最近注目されていますが、私も興味があるのはそこです。自分の体の中にあるんですもんねぇ。そこから良い物も悪い物も吸収しているのですから是非ともどうにかしたいと思っています。

      今はヨーグルトに凝っていますが、日本からヨーグルトの種菌と一緒にサプリも買いました。で、それを飲んでみるとヨーグルトどころじゃないんですね。何か効いているのがわかります。

      結局そういうことなんだろうと思いますが、昨日からそのサプリを培養する実験に入っていまして、大量生産間近です。(笑)

      どうなりますかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です