久しぶりの鶏のネック~~

鶏のネックを食べる人って私は会ったことがありません。ネットの中を検索しても見つからない。いやいや、見つかりますがそれは人間ではなくて犬とか猫。(笑)

ネックってスープを取るには良いのだろうと思いますが、うちのヨメさんが作る鶏ネックは美味しくて、私も作るようになりました。

しかし、ヨメさんは九州は福岡県の山奥出身ですが、あの土地では食べるんでしょうねぇ。田舎ってそんなもんなのかなぁ。そういえば、セロリの葉っぱを捨てるとヨメさんは怒るんですよ。大根の葉っぱみたいに炒めて冷蔵庫に入れておけば立派なオカズになると。九州は高菜を炒めたものが常備食みたいなもので、それの流れかもしれませんが。

でも鶏のネックって美味しいと思います。鳥の脚と同じでちょっと気持ちが悪いと思う人が多いでしょうが。

まず茹でこぼししします。

RX1R-04398

これを流水にさらし、脂だとか薄皮だとか気になるものがあれば綺麗に取る。

これをまた茹でますが、スープを取るわけじゃありませんから煮こまない。でも時間が短いと中の骨のところに血が見えて「ドキっ」とするから注意。(笑)

茹でている間にタレを作ります。

◯ 酒
◯ みりん
◯ 柚子胡椒 (絶対必需品。これがないときには作らない)
◯ ポン酢

今回はポン酢がなかったので醤油、酢、柚子の絞り汁で作りました。

RX1R-04399

茹で上がりを熱々のままタレが入ったボールに投入。

RX1R-04402

あとは冷めるまで混ぜる、混ぜる、混ぜる。ちょっと放置してまた混ぜる。で、常温になってから食べます。時間が経ってからの方が美味しい。冷蔵庫に入れると硬くなりますが冷えていても美味しい。

おやつ、酒のつまみには美味しいと思います。でもねぇ、なんせ肉は1-2ミリしか付いていませんから、これを齧ると美味しいけれど「寂しさ」を感じるかもですね。(笑)

RX1R-04405

ちょっとネットを検索してみたんですよ。でも首周りの肉である「せせり」を食べる人は結構いるし、焼き鳥屋にもある。でもさすがにこのネックをかじるってのはまずいないようで、たまに見つけるのは「ペットの餌」。(笑)

でも海外を調べると、インド料理にタンドリチキンネックなるものがありました。また台湾のストリートフードでこれの唐揚げもある。

でもねぇ、まさか骨ごと食べるんじゃないと思うんですが、いやいや、骨も食べるみたいな・・・。そこがわからず。

これ、美味しいと思います。

食べたことがある方いらっしゃいます?私の田舎ではよく食べるよ、とか。でも我が家の犬が・・という話はパスしてください。m(_ _)m

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

久しぶりの鶏のネック~~” への12件のコメント

  1. マレーシアでは(マレー系だけかなぁ?)食べますよ。お店でよく見かけるのはチキンスープに入ったもの。一羽丸ごと入ってる感じで、ダボさんのお好きな足が入っていることもあります。私はあの薄く付いている身が好きです(骨は食べません)。美味しいですよね。

    • おおー、今度、ネックと足が入ったものを出す店に連れてって~~~。

  2. daboさん
    これ、うちの定番料理になっちゃいました(笑)。daboさんのブログを読んで作ってみたのがはじまりです。うちの旦那も8歳の娘も、初めて作ったときから大好きです。5歳の子、鳥の首をかじる、、みたいな(笑)。私なんか、骨の間接の間のところまで食べちゃいます。日本から来ていた、お酒が大好きな妹にも大好評でした。ただこの妹、医師なのですが食べながら、「あっ、これ食道だね」なんてことを言うので、ちょっと一瞬、箸が止まってしまいました(笑)。
    食べられるとこが、少なくてもどかしいですよね、でもまたそれがおいしい。

    • おおおお、定番ですか?嬉しいなぁ~~~。

      骨の関節の間の肉ですか?やりますねぇ。(笑)

      私も楊枝でほじくり出して食べたいと思うのですが、めんどくさ~~。

      しかし、娘さんには「結婚するまで言うな」と教えたほうが良いかもですね。(笑)

    • これはですね、せせりとは違うものだと思っています。

      せせりを取り除いたものがこの首の骨だろうと。

      私もそこが気になって鶏の解剖図も探したのですが、良くわからないんですよ。

      せせりの存在は知っていますが、売っているせせり(オーストラリアでは売っていない)を見ると、それなりに肉があるんですね。ところが骨に付いている肉にそんな厚みはありません。本当に1ミリ2ミリの世界で、せせりみたいに肉として剥がすことさえ不可能じゃないかと。

      でも鶏をまるごと一匹売っているものの首を見ると、あの骨しかないんですね。

      せせりを首から剥がす場面の動画とか写真を見てみればすぐわかるはずなんですが、それはどこにもなく、とっても不思議です。

      • 「せせり」ご存知ですよね。
        失礼いたしました。

        そのネックには「せせり」がついています。

        鳥の解剖動画ありますよ。
        最後に首の肉を取っています。
        https://www.youtube.com/watch?v=RNdjyCiMjKg
        普通の人にはグロイです(^^;

        そのままのネックはうちの近所のスーパーでも
        出汁用として売っています。
        数回、買って、ネギと炒めて美味しかったですが、
        とても面倒なので、最近はやっていません。

        こちらのスーパーで売っているネックは1kgぐらいの鳥で、
        鳥のサイズが小さくてセセリを取れないものだと思います。
        2kgから3kgぐらいからセセリはとれるのではないかと。

        セセリやさえずり(食道)を取った後の
        出し殻用の骨は、間膜が無くなっているのでわかります。

        ちなみに、マグロも脳天と呼ばれる、
        首?の部位が一番うまいですよ。

        • 動画を見ました。

          でも良くわからなかったです。こちらで売っているネックはせせりが付いているのかいないのか・・。鶏自体が小型ですから付いていてもわからないくらい小さいのかも。鶏肉屋で売っているせせりって結構大きいですが、あれはやっぱり大型の鶏のものなんですね。

          今、ふと思い出しましたが、そこらで売っているネックですが大体似たような大きさなんです。ところがどこだったか鶏専門店のネックはぶつ切りにしてあってかなり大きいような感じがしたんです。それなら肉も多少は付いているのかもしれませんね。どこの店だか忘れましたが、探して買ってみます。

          マグロの脳天ですかぁ。食べたことないと思います。

          歳を取ってくると趣向も大きく変わってきますが、今食べたいのは美味しい赤身。メバチはこちらでも獲れるんですがなかなか美味しい物はありません。

          沖縄の魚とゴールドコーストのローカルの魚と似ているところがあると思うんですが、これがうまい!という魚をいくつか紹介してもらえませんでしょうか。どうも見慣れない魚は敬遠して食べず嫌いになっているようなんですが、何か面白そうなのがあれば試してみたいです。

          • ウメイロとアカハタは、白身ですが、
            どうやって食べても美味しいですよ^^

            ウメイロは配色が独特ですが、
            似た魚も数種類あるため
            見分けが難しいのでお気を付け下さい。
            背中が黄色で胸鰭の付け根が黒くないのが、
            ウメイロです。

            刺身、煮付け、焼き、蒸し、
            新鮮でも寝かしても、何しても美味です。

            手前味噌ですが、私のブログにある
            中華蒸しが本当に美味しいです。
            蒸しの場合はアカハタがベストかも。

            鰹は自分で釣った塩タタキが、
            この上なく美味しいですが、
            釣ってすぐの処理方法と、
            食べるまでの鮮度が命なので、
            美味しいのは難しいです。

            マグロやマチやカンパチなどの大型魚は
            寝かせる処理で味が大きく変わります。
            私の師匠が大好きなタイクチャーマチなどは、
            塩で〆て1週間ぐらい寝かせると
            別物に変わります。
            ゆえに、もっとも難しいかもしれません。

            でも、今の所、最後に落ち着くのはアジ系です。
            鮮度の良いマアジやシマアジの刺身が
            やっぱり一番うまいです。笑
            たぶん、人間が本来食べていた食料なのだとおもいます。笑

            • ブログ拝見しました。

              なるほど。ウメイロは多分こちらにはいませんが、アカハタ、あるいはこれに類似したハタ系はかなりあるのでそれでやってみましょうかね。

              中華に行くとこのハタを食べることも多く(ジンジャーエシャロット蒸し)、釣りごろさんの中華蒸しが美味しいという点でも、自宅で試してみようと思いました。

              でも問題は「新鮮な魚は手に入らない」ってところ。アジやシマアジもいますが、新鮮でないことと、また脂がまるで乗っていないものばかり。ま、この辺は慣れましたがなんかしら挑戦してみます。

              ところで釣りごろさんのブログをサッと読みましたが、他人事ではないのを感じました。我が家のヨメさんは乾癬でかなり苦しんでいます。釣りごろさんのブログに書いてあったガンジダ云々とタイツコウとやらを入手してみようと思いました。

              でも乾癬も皮膚に症状が出ますが皮膚病ではないんですね。原因も治療法もはっきりわからないと言われていて、でも「免疫を抑える薬」、つまり臓器移植をした時に使う薬だそうですが、それを使うと治まるとのこと。ただ免疫が落ちてガンの発症率も上がる。

              ま、そんなことで苦労していますが、2,3年前にバヌアツという国に1週間ほど滞在したら身体から一気に乾癬が消えたのです。何が理由か全くわかりませんが、本人はストレスがなくなったからだろうと・・。

              • ウメイロは広く分布していますが
                100m以上の深場の魚のため、
                そちらでは捕る漁師さんがいないか、
                日本と同様で高級なためあまり
                市場では見かけないかもしれないです。
                そんな魚を紹介してすいません(^^;

                ハタ系は赤に限っても沢山いますが、
                アカハタが一番甘いので、
                よく選んでくださいね。笑

                さて、バヌアツは良いホテルに泊まられましたか?
                島なので水が不足するため、
                海水を淡水にして使用する
                Ro水を使用されてたのではないでしょうか?
                ホテルに問い合わせてみられてはいかがでしょうか。
                もしそうだとすると、
                シャワーの水が原因ではないかと。
                http://atopy-worldtrip.com/index.php?%E8%A8%BC%E3%80%80%E6%98%8E
                飲み水やシャワーも含めて、
                Ro水にすると治るかもしれません。
                http://reverseosmosis.wiki.fc2.com/wiki/RO%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E7%9F%A5%E8%AD%98
                既に試されていましたら申し訳ありません><

                アトピー(原因不明の皮膚炎。苦笑)などの
                皮膚の剥離は1種の免疫反応かと
                思います。

                つまり、外から摂取する化学物質を
                異物ととらえて排除する反応です。
                だから、免疫抑制剤がよくききます。

                良くなったという事実があったのであれば、
                その原因を追究して、本質を見極める
                事が重要かと思います。

                肌から取り入れたものの変化の
                口から取り入れたものの変化か、
                いずれかが原因かと思いますので、
                もう一度同じホテルに行かれてみては
                いかがでしょうか?笑

                私が皮膚で疑うのは、
                水、セッケン、食べ物の順で、
                経験上、
                何かをプラスする治療法よりも
                何かをマイナスする治療法の方が、
                効いています。

                私は医者ではありませんが、
                ほとんどの病気は、
                作り出された現代病だと思っています。

                • なるほど。

                  ヨメさんの乾癬は発症してから7年ぐらいになりますが、今までに医者、民間療法、ネットで検索したりでいろいろとやってきました。

                  でもほとんど駄目。民間療法で若干良くなる程度かな。

                  ところがバヌアツへ行ったら短い滞在なのにサーーーっと消えていきました。

                  やっぱり水かもですね。というかそれしか考えられません。バヌアツって現代文明に取り残されたような国(島々)で、ホテルは自家発電みたいなホテルでしたし、水は雨水のはず。

                  RO水を試す価値がありますね。いろいろ調べてみます。ご紹介のアトピーの方の話は説得力がありますねー。

                  ご紹介有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *