牛タン、オックステイル、カルビで作るビーフシチュー

久しぶりに牛タンを食べたいなと思いつつ、買い物に行きました。

牛タンには普通のものと塩漬けのものがあって、私は塩漬けの方が美味しいと思っていていつもそれを買うのですが、残念ながら一つしかありません。まぁ、茹でてるだけで冷蔵庫に入れておけばハムの様に使えるのでそれでも良いと思っていたのですが、それじゃ皆の食事になりません。でも一本しか売ってない。

そこで、前にやった数種類使ったビーフシチューにしようと思い、オックステイルも買うことに。じゃぁ、どうせなら初めての試みでカルビも入れちゃおうと。ただ最近、スーパーでは牛の肋肉が売ってないんですよ。しょうがないのですぐ隣りの韓国スーパーでカルビを入手。

牛タン、オックステイル、カルビの3種類入ったビーフシチューです。(笑)

結構、時間がかかりまして、12時間経った時には最初の予定のようにきっちり作るのを諦めました。でもま美味しいのでOK。自家製ヨーグルトをトッピング。

RX1R-04370

まずは塩漬け牛タンをそのまま水から火にかけて、沸騰してから弱火で1時間放置。出来上がりがこれ。

RX1R-04339

これの皮をはいで、あとは薄切りにしてそのまま食べても良いのですが、今回はシチューですのでこれは冷蔵庫で待機。

水に1時間ぐらい浸けて血抜きをしたオックステイルの水気を拭き取り、小麦粉をまぶしてしっかりフライパンで焦げ目を付けます。この焦げ目が美味しさの元ですのでしっかり焦がす。

RX1R-04342

次に、カルビにも小麦粉をまぶし、これまたしっかり焦げ目をつける。

RX1R-04345

そのフライパンでミレポア炒め。人参、タマネギ、セロリですがこれまたしっかり焦げ目がつくまで炒める。

RX1R-04341

これに赤ワインを入れて半分以下になるまで煮詰め、そこにトマトペーストを・・・と思ったらペーストがなくトマト缶を。このトマトの缶詰なんですが、初めて買ったイタリアからの輸入品で、決して高いわけではないのですが、トマトがミニトマトでかなり美味しいトマト缶でした。これからはこれを買おう。フェリーロードマートの中のチーズとか様々食材を売っているお店で買いました。

で、それをこれまたしっかり煮詰めます。そしてウースターシャーソースを少々。

RX1R-04349

これと、まずはオックステイルをアホなハイブリッド調理器に入れ、チキンストックも入れ、ガーリックを5粒、コショウを10粒程度、ベイリーフを3枚入れて、スロークック機能のHighを使って調理開始。

写真を撮るのを忘れていましたが、難しいのが3種類の肉を使うってことは、それぞれのちょうど良い出来上がり時間が違いますから、それを考えて投入しないとならないってこと。もちろんオックステイルが一番時間がかかりますし、カルビと1時間茹でた牛タンは後から入れないとなりません。

4時間後ですが、温度を測りましたところ85度程度しかありません。普通のスロークッカーなら4時間後には沸騰点近くになっていても良さそうなのにこのハイブリッド機はそんな程度の温度。でもま、私は沸騰点でグツグツ煮るのがすきじゃないので、ま、良いかと。そしてここでカルビと牛タンを投入。

それからまた4時間後ですが、出来上がった感じはするものの、もう少しじっくり煮込みたいと思い、そして我が家にはデミグラスソースもありませんし、(私の大好きな)ハヤシライスの素を少々投入。本来使う量の半分ぐらいかな。

そして2時間後、いい感じになりました~。それが一番上の写真。

大きな固まりがオックステイルで、牛タンもありーの、底を探るとカルビが出てくるという、なんとも言えない嬉しいスープです。

実はですねぇ、肉は全て取り出して、スープはちゃんと濾して、なおかつ煮詰めて味を整えようと思っていたんです。ところが作っている最中に、これは美味しいと息子は食べ始めちゃうし、味見をしたら肉を焼くときに結構な量の小麦粉を使っていますし、良いトロミが出ているんですね。ですからせめてミレポアの小さな野菜は漉そうと思ったんですが・・・・・、もうすでに時間も掛かりすぎで疲れてその気も失せてしまいました。

でも美味しかった~~。

あえて失敗点を見つけるとすれば、オックステイルはもっとトロトロの方が良いということ。牛タンはちょうどよい感じ。でももう少し煮込んでも良い感じ。で、カルビはもう殆ど溶けちゃってる状態。そもそもカルビは固まり肉じゃなくて、ちょっと厚めの薄切りでしたからしょうが無いにしても、時間差を付けて投入するのではなくて、全部一緒にいれるなりして、ちょうど良く出来上がったものから取り出して待機させるのが正解ですね。

それと沸騰点でグツグツ煮ないとそれぞれの味が残るんですね。低温調理というわけではありませんが、この良さって大事にしたいと思います。つまり、圧力鍋で一気に煮ると柔らかくなるけれど、それぞれの味も出ちゃうってこと。何を大事にするのかで使い分けが必要だと思います。スープを取るなら圧力鍋が一番のはず。

ヨメさんも美味しいと言ってくれましたが、一言。

「美味しいけれど、こういう作り方をすると、今後、タンシチュー、オックステイルシチューとかカルビシチューを個別に作る気が無くなるわよ」ですと。

さすが、敵のいうことは的を得てます。本当に美味しくて、ゴールデンウイークと夏休みと正月が全部一度に来たようなもので、これじゃそれぞれの休みが物足りなくなるのと同じですねぇ。

でも良いのだ。それぞれのを作るときにはもっと真剣に究極を目指す! (笑)

ちなみに1時間後の血糖値ですが、115.2mg/dl、130ぐらいにはなるかと思っていましたが、これならばっちり。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

牛タン、オックステイル、カルビで作るビーフシチュー” への4件のコメント

    • いえいえ、とんでもないです。実は私のベロの性能があまり良くないんですよ。息子のほうが良いくらいですし、繊細さがないとヨメさんにいつもイジメられます。(笑)

      それとですね、普通の奥さんみたいに何品も作るってのが出来ないんです。面倒くさいのはその通りなんですが、最後に一緒に出すなんてどうやって時間管理をしたら良いのかさっぱりわからず。

      私はいつもワンディッシュ料理どころか、単品一発勝負です。添え野菜を作るのも面倒くさいし・・。(笑)

      ですからあくまでも「調理実験」です。

  1. なるほど、日本人じゃ、旦那が台所に立ってくれるだけでありがたいんだと思いますが。けど、最近はイクメンだなんて奥さんの家事をサポートするのが良い旦那なんてあります。

    • 我が家では有難いとは思われていませんね。

      好きなことをやって台所をグジャグジャにする邪魔者。

      いうことを聞いてくれる旦那が良い旦那なんでしょうね。

      こっちも同じことを思っていますが。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *