冷凍ステーキをそのまま焼く(再び)

このブログに「冷凍ステーキをそのまま焼く」ことに関して2014年の3月に書いたのですが、その日記は非常にアクセス数が多く、このブログすべての記事の中で3番目のアクセス数。(笑)

なぜ冷凍ステ-キを焼くなんてことをしたのかといえば、そういう時ってやっぱりあるじゃないですか。でも解凍してからじゃないと美味しく焼けないと思うし、どうしようかと悩んでしまう。

ところが「ためしてガッテン」で冷凍ステーキを美味しく焼く方法をやっていたんですよ。そのままフライパンに掛けて焼く方法なんですが、それで美味しく焼けるなら簡単でいいし、それを試してみたんです。

でもその結果は悲惨で、「私の場合は」美味しく焼けず、ムレ臭く、しゃぶしゃぶで冷凍肉をそのまま使った時みたいにパサパサした感じになりました。またどんどん水分が出てくる様は見ていて悲しくなったくらいです(笑)。ですから私の結論としては「冷凍のママ焼くなんてバカなことは考えるな」ということ。

このページです。「冷凍ステーキをそのまま焼く」  ← クリック

ところがですね、昨日、その日記にコメントが付きまして、冷凍ステーキの焼き方のポイントを教えてくれた方がいらっしゃいます。有難うございました。

焼き方ポイント5
・熱したフライパンに3ミリぐらいの厚さの多めのオイルをしく
・強火で表面にサっと焦げ目をつける(片面90秒づつぐらい)
・下にクッキングシートの敷いてある網の上にうつす
・摂氏135度のオーブンでお好みの状態まで火を通す
 (2.5センチの厚さのステーキなら18分~20分ぐらいでミディアムレアになります。)

肉食ジジーですから気になって考えていたのですが、この方が「ガッテン式」よりは良いような気がしました。一瞬にして焦げ目をつけてそれをゆっくり加熱するという方法。

なるほどなぁ、と思いながら私もネットの中を検索してみました。そして見つけたのがこれ。コメントに書いてくれた人はこの方法のことなんですね。

これに関しては「Gigazine」に日本語て詳しく説明していますので、日本語のほうが良い方はこちらのページを読んでみてください。

冷凍したステーキ肉を一番おいしく調理する理論的アプローチとは?  ← クリック

なるほど~~と思いそうになったのですが、さすがやることがアメリカ人でちょっとおかしな部分があることに気が付きました。これってアメリカ人の食生活にあっているレポートで、「冷凍のほうが美味しいと思わせる」思惑が見え隠れしていると感じました。

動画の中では、冷凍のものと解凍してあるものを同時にフライパンに入れて焼き目をつけています。そしてその後、同じ芯温になるまでオーブンで調理するのですが(当然解凍したほうが早い)、「冷凍してあったほうが美味しい」「ジューシーだ」という結論を出しています。でもなぜジューシーだったのかの説明を見て、ぶったまげました。

「解凍したものは火が通りすぎている」と。

このレポートは論理的アプローチということですが、論理的じゃないじゃないですか。だって冷凍したものと解凍したものを同じようにかなりの高温の油で焼いて、解凍したほうは火が入り過ぎだと。当たり前じゃないですか。(笑)

じゃぁ、逆に解凍したものに合わせて調度良い火の入れ方をしたら、冷凍したままの方はどうなるの?

ったく、こういう子供だましみたいなことをなぜやるんですかねぇ。

解凍してあるとすぐ火が通って周囲が硬くなり縮むと言うのですが、そんな温度で一気にやるからでしょう。そもそもこの焼き方は「解凍した肉の焼き方」じゃないわけです。違うものを同じように火にかけて、それを比べてどうすんの?

それと、これって根本的におかしいと思った点がもう一つあります。

「肉の(内部)の温度が華氏125度(摂氏51.6度)のミディアムレアにする」ですと。

これって低温調理をしている読者ならすぐわかるし、ステーキの常識としても52度がミディアムレアなんてことはあり得ないんですね。映像を見てもこれは52度の色じゃありません。52度じゃレアもレアで真っ赤かです。ミディアムレアはこの温度で・・っていうシェフはいないんじゃないですか?こういうことからもこの動画は「やらせ」だと思いました。

ただし、この方法が駄目ってわけじゃないんですね。動画では冷凍モノと解凍モノも同じように火を入れているのがアホなだけで、冷凍モノを調理するとしたらこれでいけるのかもしれません。解凍モノは解凍モノの焼き方をすれば良いだけのことですもんね。

ま、他人様が良いという方法にケチを付けるつもりはありませんが、論理的というなら論理的にやってくれないと困るし、結論ありきでごまかすようなやり方をするなら文句をつけたくなります。

これはこれで実験してみようと思いますが、私は半信半疑です。ガッテン流の様にフライパンを使っても似たようなことが出来るはずで、ただし、ガッテン流より火を落としてゆっくりと時間をかけるという方法を取れば良いのかもしれない。

でもそれでも肉汁がどんどん出てくると思うんですけどね~。で、ムレたような味がするんじゃないかな。

そもそも解凍の仕方って簡単じゃないわけで、これで美味しかったらプロは泣いて喜ぶでしょうね~~。アメリカではそういうレストランがありそうだけど・・。

ま、いつかやってみましょう。安い肉で。(笑)

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

返信 ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *