ハイブリッド調理器がアホで・・・

どうしてこうなっちゃうんでしょうかねぇ。

自立型の低温調理機は「湯煎」で低温調理するわけですが、スープをそのまま低温調理するのは出来ないんですね。そりゃ大きな袋に密封してそれを大きな鍋の中に沈めれば良いし、そういうこともやっていたのですが、もし鍋そのものに温度調節機能があったら良いと思うじゃないですか。

まず宣伝文句が凄いので思わず買ってしまったこれ。

日本ではワンダーシェフと言われている8種類の調理が出来るという優れもの。

product1_91848_600x600

でも私が考えていたのとはまるで違っていて、

◯ 温度調節がいい加減
◯ 温度キープ能力が低い
◯ 温度の立ち上がりが遅い

ということで、すぐにお嫁に出してしまいました。

そしてその後、やっぱりこれを買うしか無いかと思って買ったのがSunbeam社の低温調理とスロークックの両方の機能を持つハイブリッド型の調理器。

38702

Sunbeam社のサイト  ← クリック

期待が大きすぎたのかもしれませんが、これまた温度管理が適当なんてもんじゃ無くて、たとえば設定を80度にしたら88度まで上がる。では72度に設定したら80度ぐらいなので、まぁこのくらいの誤差があっても誤差を計算すれば良いと思っていたんですよ。今も調理中なんですが、温度は76度。温度表示は69度。いつになったら欲しい温度の80度になるかと思って見ていたのですが、結局30分無駄にしました。(笑)

この製品ですが、どこを探しても何ワットのパワーがあるのか書いていないんです。でもそれなりにあるようで、調理器の周りは触れないぐらい、ヤカンと同じ様に熱くなります。でもこれってロスが半端じゃなく大きいんじゃないかと思ったり。なんせ外側も内鍋もペラペラですから。

1度2度の微妙な温度設定が必要な調理をこのハイブリッド器でやるつもりは全く、全然、これっぽっちもありませんが、蒸し煮とかそんな感じならアバウトで良いと思っていたんですよ。でもアバウト過ぎ。

このハイブリッド器の欠点ですが

◯ 温度調節がいい加減
◯ 温度キープ能力が低い
◯ 温度の立ち上がりが遅い

です。

ん?これって・・・・・

お嫁に出したワンダーシェフと同じ。(笑)

こんな器具を使ってユーザーはどんな低温調理をしているんだろうと思いますわ。これを書くと上から目線でバカにしていると言われそうですが、普通のオーストラリア人が家庭でどういう料理をするか考えると、ま、これで良いのだろうと思います。これの評判を口コミサイトで見ましたら、高評価ですし。でも一人だけ怒り狂ってる人がいました。こんなゴミを買わずに本物を買えと。(笑)

私も似たようなことを書こうと思ったんですが(笑)、「思った通りだった」ってのが私の思いで「怒り」は自分自身にぶつけるしか無いんですね。

しかし、どうしてまともなものがないんですかね。

私が使っていて、本当にこれを買ってよかった、これのおかげで人生が変わったぐらいに思う(笑)Anovaの低温調理器ですが、この手のものを作っているのは近年流行りのベンチャーなんですね。ネットで出資者を集めるアレ。つまりまともなメーカーは「プロ用機器」しか作っていない。で、プロはといえば「スチコン」が流行りなんでしょうし、この低温調理器ってニッチの中のニッチなんでしょうね。こんな凄いものは無いと思うんですが・・・

このハイブリッド器を使ってフト思ったことですが、一番初めに私が低温調理を始めた時は炊飯器の保温機能からでした。でもこれじゃ温度が高すぎて好きな温度で調理できませんし、我が家の必需品である「温泉卵」も作れないんですね。いや作れないというより、「いつも」「同じもの」を作るのは難しい。で、私が次になにをしたかというと、大きな鍋にたっぷりお湯を入れて、温度計を使って、温度調節は手動。(笑)

これです、これ。(笑)

sDSCF0284s-3

今のハイブリッド器で調理するより、この手動式の方がはるかに「簡単に」「正確な」調理ができました。(笑)

今、私が愛用して、そして出会いに感謝している調理器はこれ。

Anova Precision Cooker。Precisionって「正確」って意味ですが、本当に正確で立ち上がりが早く、こまめにオンオフしますし、対流もあるので温度も均一に保てます。本当にこれを買って良かったです。

RX1R-04181

でもこれはもう旧型の様で、新しいのはこんな感じ。

black-unit-on_1024x1024

Anovaのサイト   ← クリック

この新型はワット数が旧型よりちょっと低くて800ワット(旧型は1000ワット)ですが、なんとスマホでコントロールできるんです。だから(多分)出先からスイッチのオンオフも出来るはず。それとアプリがあって、どんな料理はどういう設定にすればよいのかとかわかるらしい。(内容の良し悪しは知りませんが)

それとですね、私の旧型と比べて改善された部分があるんですよ。この器具を鍋に取り付けますよね。その取付金具が旧型は結構上の方に付いているんです。そしてそれは上下の可動式じゃないのね。つまり、最低でもそれなりの深さの鍋がないと駄目なんですよ。これって結構不便で、もしかしたら日本人の家庭でそれだけ深い鍋を持っていない家もあるかもしれません。

でも新型は調節可能ですから、浅い鍋は駄目にしても普通の鍋でもバケツでもプラスチックボックスでも何にでも使えるはず。

またこの手と似たような調理器具で「Nomiku」というのもあります。でもこれの使い勝手は私は全くわかりません。

Nomikuのサイト  ← クリック

低温調理(真空調理)に関してはここにまとめました。ちょっと古いですが・・・

低温調理のまとめ 理論、器具、ノウハウ | dabo_gc

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ハイブリッド調理器がアホで・・・” への2件のコメント

  1. 約1年前から最後のダイエットとして糖質制限に取り組んでおります。
    美味しそうな文章だけで拝見しているだけで時間と空腹を紛らわせることが度々。
    我が家のスロークッカーを使いこなそうと検索した結果、こちらにたどり着きましたが、先達の試行錯誤に理解を深めました。
    相場観も料理観も敬服しております。

    拝見して絶対美味しそうなのに、挑戦したいのに、日本での温度管理調理の環境はお粗末きわまりなく、Anovaの入手はボッタクリ。
    電圧の問題やアフターケアは心許なく、しかし日本でビジネスとして展開する名告を上げるにもマーケットはどうなのかと。

    温度を上げきってのタンパク質の破壊か、温度管理して低温で解くのか、その違いは、似て異なるものなのでしょうか。
    自分で確かめたく逡巡しつつ、今年の相場と同様に、茹でカエルとなっておりますw

    為替も市場も近年にない違和感を感じておりますが、テクニカル的には如何でしょうか?
    小生は何かタイミングを揃えているような、神の手を感じております。

    • スロークッカーは全く違う調理器具ですから、低温調理は出来ないと思います。ただ、湯温をセンサーで図りながら電源をオンオフすることによってそこそこのことは出来るでしょうが(アナログ式のスロークッカーの場合)、自作は面倒だし、そういう製品もありますが結構高い。

      結局、Anovaを買ったほうが良いということになりますが、個人輸入は不安がありますね。日本でも買えるようになったようですが、価格が高くても安心料と思えばしょうがないのかもしれません。

      あんな器具は日本の中小企業でもその気になれば簡単に作れるはずですから是非作ってもらいですね。でもやっぱり市場が小さすぎるのでしょう。

      1-2度の温度で違いが出るものや、時間が長い場合は大変ですが、鍋と温度計があればできるわけですから、まずはそれで試してみるのが良いと思います。それで納得がいくからこそ、個人輸入なり高くても日本で買おうとかやる気が出るんだろうと思います。

      相場ですか?(笑)

      今、日経平均も為替も面白い場所ですね。大きな流れとしては何の変わりもなく上向きですから、ここで陽転したら「目をつぶって買い」の形だと思っています。でも陽転の勢いがなくてダラダラしていたらすぐに逃げたほうが良いですし、陰転してきたところが「売り場」になるかもしれませんから難しいところだと思います。

      長期的なことは一切わかりません。そういう神の領域のことを知ろうと思わない、気にしないことが相場に勝つ「たった一つの方法」だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です