鶏肉主食化計画のその後

ご飯が食べられませんからオカズばかり食べるような食生活。これってお金もかかりますし、満足感がないし、またタンパク質や脂質を多く摂っていると食欲が減退するんですが、カロリーは高めになる。

ということで鶏の胸肉は大嫌いなんですが、これをご飯代わりに食べたらどうかと考えました。(笑)

でもやっぱり胸肉ってどうにも好きになれず、もも肉を使って軽く味付けをしたもの、つまり中華料理で言う「紹興醉雞」の味が薄いのみたいなものを常時作っておいておくようにしました。

でもやっぱり飽きるんですねぇ。

息子はかなり気に入ったようで、私が食べようと思うと知らない内になくなっていることが多くなりました。

で、最近はまた胸肉に戻ったのですが、やっぱりこれのほうが淡白で(美味しくないにしても)いつも食べるとしたらもも肉より良いと思うようになりました。

また、手をできるだけ掛けない方法を考えまして、低温調理は外せないものの(62度で90分)、味付けは「麺ツユと酒」だけというようにしました。

◯ スーパーで買ってきた鳥の胸肉に包丁を入れて広げて熱が通りやすくします。
◯ それを袋に入れる。
◯ 日本酒と麺ツユを合したものを入れる。
◯ 低温調理。62度で90分。
◯ 胸肉を手でほぐす。
◯ 汁は火にかけてアルコール分を飛ばし、アクを取る。そしてお湯を足して薄めに仕上げる。
◯ それをタッパに入れて冷蔵庫で保存。

低温調理後の胸肉。

RX1R-04250

汁には結構アクが出ているので綺麗に取り、沸騰させてアルコール分を飛ばし、お湯で薄める。ここで味付けが強すぎるとオカズになってしまうし、他の物を合わすのが難しくなる。

RX1R-04257

胸肉をほぐした状態。本当は62度ではなくて60度にしたほうが上がりは美味しいのだけれど、ピンクの部分が多くなるしすぐに食べるのなら良いけれど、保存するとしたらちょっとそれでは気になるので62度。でも60度のほうが間違いなく美味しい。

RX1R-04255

タレの粗熱が取れたら胸肉と一緒にタッパに入れて冷蔵庫で保存。

RX1R-04259

これってこのまま食べると薄味すぎるのですが、これはオカズではないのでそれでOK。オカズとして食べるならバンバンジーにしてしまえば立派なオカズになります。

私はこれをそのまま食べたり、サラダに混ぜたり、これを「素材」として適当に使っています。

胸肉はあっさりしていますが、だからこそ使い道があるし飽きないのだと思うようになりました。でも胸肉してから長男は文句ブツブツ言っています。もも肉のほうが美味しいと。(笑)

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *