常温で増やす「カスピ海ヨーグルト」の矛盾

私が密造(笑)に使っているのは「ヤクルト」と「ブルガリアヨーグルト系」ですので、培養に適した温度は37度程度と言われていますね。ヨーグルト作りってそういう温度で作るものだと長い間思っていました。

ところが今回調べた所、世の中では「カスピ海ヨーグルト」が大流行で、それは「常温」で増えるとのこと。良いですねぇ、面倒がなくて。

私がこりゃいいかもと思ったのは

◯ 37度程度を長時間維持するのは簡単ではない
◯ 常温だとすれば雑菌が「大喜びする温度」より低い

これが理由です。今までのヨーグルトの37度ってのは乳酸菌だけではなくて雑菌が「大運動会」をする温度ですし、衛生面ではかなり気をつけないと危ないと考えています。肉の低温調理も同じで55度でさえもちょっと気になるわけですから。

ちなみに乳酸菌が増殖しますと乳酸を分泌して「酸性度が高くなる」。要は酸っぱくなるわけですが、これそのものも雑菌をやっつける作用であるわけで、昔ながらの「漬物」「キムチ」「(ソーセージのサラミ」もその作用があるから成り立つんですよね。また乳酸菌そのものも殺菌作用があるらしい。だからこそ鮨の原型と言われている発酵食品である「なれ鮨」みたいなものが古代からあったのでしょう。

ま、それはさておき、そのカスピ海ヨーグルト(とケフィア)の種菌を日本から取り寄せることにしたのですが(こちらでは昔のタイプかケフィアしか売っていない)、作り方を調べている内におかしなことに気が付きました。

まずカスピ海ヨーグルトもケフィアも、菌が腸まで生きたまま到達すると言われていますよね。非常に良いことだと思います。

ところがですね。作るときには常温で、30度を過ぎたら弱まるから温度が上がり過ぎないようにしろと。また昔ながらのヨーグルトメーカーは温度調節が出来ないものは40度前後を維持するように作ってあるから、それを使っては駄目だと。

つまり、常温で増やすには良いけれど、熱に弱い菌であると。

30度以上では弱まる?40度では駄目?

じゃ、体温の37度はどうなのよ?

腸にまで達すると言いながら、30度以上になると弱くなっちゃっても良い?そんなの関係ね~~ってか?

腸に到達する頃には息も絶え絶え、もうダメだ~~状態の菌しかいなくてよいの?増殖はしなくても死んでるわけじゃないから良いのかな?

私としては体温で「喜んで運動会」「酒池肉林状態」(笑)の乳酸菌の方が良いと思うんですがねぇ。

なんだか納得がいかない私。

結局、「簡単だからカスピ海ヨーグルトが良い」としか思えないんですが・・・

でもそれは「これは凄いと鳴り物入りの」ケフィアも同じ。

乳酸菌が良いとかどうじゃと世の中では騒ぎますが、でも多くの乳酸菌は腸まで達しないと言われていますよね。それは胃酸にやられるということだと私は解釈していますが、カスピ海ヨーグルトの菌は酸に耐性があるから腸まで届くと言われていますし(ブルガリア系、ヤクルトも同じ)、カスピ海ヨーグルトを培養しようというサイトはネットの中に山ほどありますが「体温は高すぎる」と書いている人はたった一人足りともいません。まだ見つけていません。

でも作るときには30度を越さないようにとはほぼ全ての人が言う。でもそこに大きな無視するべきではないとんでもない矛盾があることを指摘する人はいない。

当然Wikipediaにもそんなことは書いていない。

趣味の世界ってこんなもん? (笑)

健康食品業界ってあの手この手で「流行」を作って業界自体で盛り上げて大騒ぎするけれど、このカスピ海ヨーグルトも同じようなものを感じます。

でも私としては「本当に良いもの」をどうにか探して、論理的裏付けも欲しいし、美味しい味付けもして、それを「簡単に作り」「値段を気にせず」家族全員で「美味しいねぇ~~~~」とガブガブ飲める環境を作りたい。(笑)

そういえば、私はまだカスピ海ヨーグルトなるものを食べたことがありません。こちらでも売ってるのかなぁ。

特徴としては

◯ クリーミー
◯ さほど酸っぱくない

とのこと。

さほど酸っぱくないって酸性度が低いってことですが、それって「雑菌を殺す力も弱い」ってことじゃないんですかね。乳酸飲料で酸性度が足りない場合は「クエン酸」を加えると聞いていますし、酸っぱくないって「衛生上」から考えると危険度は増すってことじゃないんですか?

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

常温で増やす「カスピ海ヨーグルト」の矛盾” への6件のコメント

  1. さすがdaboさん。

    実に細かいことに良く気がつきますね。

    ヨーグルトやその他の乳酸菌って、一度摂取したらその後しばらく取らなくてもいいというわけではなくて、毎日または毎食摂らなくては効果が無いんですよね。

    つまり、答えはそういうことなんじゃないかと思います。

    胃酸で殺されなくても体温でやられてしまい、最後には腸壁もろとも毎日カス(便)として排出されてしまうからこまめに補充が必要なんじゃないでしょうか。。

    常在菌として腸に住み着いてくれればしょっちゅう補充しなくてもいいので楽なんですがねぇ。

    • それしか考えられませんよね。

      どこかのサイトで読みましたが、死骸でも効果があると。他の乳酸菌の餌になるからと書いてありましたが、悪玉菌のエサにはならないのかという点は書いていない。ネズミコロリやゴキブリコロリみたいに食べると悪玉菌は死んでしまうなら良いですが。(笑)

      まぁ生きているにしてもぐったりしている乳酸菌より活きの良い状態で腸まで届いて欲しいと私は思うわけで、その点において常温増殖するタイプには疑問があります。

      30度以上では増殖しないなんて聞くと、体温にやられてぐったりしている乳酸菌が頭に浮かび、それがなぜか自分とリンクするんですよ。(笑)

      だからといって37度で元気に繁殖する乳酸菌と食べ比べても「全く」「全然」「微々たる違い」さえもわからないのが現実なんでしょうね。

      どうもこういう「食べ続けると良いらしいよ」みたいな数多くの健康食品と所詮同じなんだろうと思うとやる気が失せてきます。

      毎日飲み続けたら、お手洗いは快調そのもので、頭も冴えて目もぱっちり元気がモリモリでてくるような「スッポン乳酸菌」みたいなのはないんでしょうかね~~~~。

      冗談はさておき、腸内にはある種の乳酸菌も住み着いているようで、ではその菌はなんなのか、それを補充できないのか、本来それが一番大事だと思うんですが、そういう話は聞いたことがありません。

      乳酸菌の世界って本当に不思議な世界で、私には理解不可能です。

  2. >冗談はさておき、腸内にはある種の乳酸菌も住み着いているようで、ではその菌はなんなのか、それを補充できないのか、本来それが一番大事だと思うんですが、そういう話は聞いたことがありません。

    「人由来の乳酸菌」として宣伝している新ビオフェルミンS ってのがありますよ。

    人の排泄物のなかでまだ生きていた乳酸菌だそうですよ。

    • なるほど~~~~~~~~~。

      早速、ビオフェルミンでヨーグルトを作っている人がいないか検索してみました。

      いましたよ~~。

      最初はビオフェルミンの錠剤をつぶして作った所、失敗。次に細粒タイプのをそのまま使った所、成功したと書いてありました。

      http://digdigdig.net/yogurt/?p=114

      やってみたいなぁ・・・。

      ん?ビオフェルミン剤を飲めば良い?

      それが正解かもですね。(笑)

  3. すごいことを考える人っているんですね~。

    ビオフェルミンからヨーグルトですか。。

    思いつきもしませんでした。

    でも、必ずしもビオフェルミンのコピーが出来るわけではないですし、成分の確認のしようも無いですよね。。

    ちなみに私の母親が今現在病院で処方されている整腸剤はビオフェルミンです。

    以前は別の病院でミヤBM錠(ミヤリサン)を処方されていました。

    両者の違いは、ミヤBMは酪酸菌の芽胞(がほう)製剤で胃酸によって死滅せず腸で発芽して効果を発揮するそうですが、ビオフェルミンは、胃酸によってある程度死滅してしまうそうですので、ミヤBMのほうが効果は高そうですが、母に言わせると「違いは判らない」だそうです。

    先ほど、テレビ東京「主治医が見つかる診療所」が放送されていましたが、「腸を健康にするSP第4弾 腸内フローラ改善スペシャル」という腸内環境を整えることをテーマにした内容でした。

    最近、私自身糖質制限を中心とした食生活を送っていましたのですっかり忘れていましたが、「オリゴ糖」が腸内細菌のバランス改善に良いという内容でした。

    オリゴ糖は胃や小腸でほとんど消化吸収されず、直接大腸に届き、ビフィズス菌の栄養になるそうです。

    オリゴ糖は糖質制限食では敬遠しがちな根野菜に多く含まれているそうですので、今後の食事メニューを少し見直そうかなと考えています。

    一日に必要なオリゴ糖の量は2~10gだそうですから、ヨーグルトにオリゴ糖を少し掛けて食べるのが一番簡単ですね。

    • 腸内フローラに関してやっていたNHK番組を見ました。面白かった-。他人の「便」から菌を抽出して(というか便の絞り汁みたいな? 笑)それを入れると(浣腸でしょうね)、体質まで変わると。

      ややこしいことはせずに、健康な人から「そのもの」をもらって入れれば良いのかと思ったり。(笑)

      オリゴ糖は良いみたいですね。菌のエサとしてはいろいろあるけれど大腸に届く前に消化されたら意味が無いわけで、難消化性であるところがミソなんでしょうね。

      でも「水溶性食物繊維」も菌の餌になるわけで、それは食物で摂ることは簡単で、あえてオリゴ糖を摂る必要があるのかどうかは疑問です。この話も良くあるパターンで、「オリゴ糖がベスト」であったとしても「似たようなものはいくらでもある」んじゃないでしょうか。で、その差を感じることはないというレベルかも。

      どうもこういう話は、ビタミンCが大切だからXXXを食べなくちゃ。XXXも大切だからXXXXXを食べなくちゃというのと同じで、それをまともに聞いてしまうと全ての健康食品、全ての食品(それぞれ良さはあるわけだから)を食べなくてはならなくなってしまう。

      乳酸菌も何百種類ある中で、大切なモノが10種類あるからそれを摂るためには4種類のヨーグルトと2種類の錠剤を飲まなければならない、なんて話になるのと同じですよね。

      「オリゴ糖を摂らないと・・・・貴方、きっとすぐ死ぬよ」みたいな話じゃないわけですから。(笑)

      私としては菌類のエサとして「水溶性食物繊維」を多めに摂っていれば良いんじゃないかと考えていて、それにはサイリウムハスクは100点満点だと思うし、チアシードでもその手はいろいろあるし、大豆粉は小麦粉の代替で使うし、十分じゃないかと思っています。

      でもベスト・オブ・ザ・ベストを選んで最高の効率を得ようと思えばオリゴ糖も摂らないと・・ってなるんでしょうね。でも自分としてはそういうふうに考える傾向がありますから(笑)、自重したほうが良いような気もしています。

      ということでオリゴ糖、買ってきましょうかね。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です