皮下脂肪 資源に出来れば ノーベル賞

今年も決まりましたね~~。「サラリーマン川柳」。

一位は

「皮下脂肪 資源に出来れば ノーベル賞」

その他、入賞作品は相変わらず素晴らしい~~~~。

サラリーマン川柳|第一生命保険株式会社

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

皮下脂肪 資源に出来れば ノーベル賞” への4件のコメント

  1. 皮下脂肪が資源にできたら、それでもやっぱりアメリカが資源大国ですねぇ

    • 最近はジムには行きませんが、あそこで運動する人たちの動きをどうにかエネルギーに変換する方法を考えたら良いのにといつも思っていました。

      世界中でどのくらいエネルギーが出来ますかね。

      あと散歩やランニングも。

  2. 振動をエネルギーに変換する技術は実用化されているので、散歩やランニングは道路に装置を仕込むだけで可能ですが、コストに見合った発電が可能かどうかが問題ですね。

    何年か前にニュースでやってましたが、東京の首都高速の振動エネルギーを利用して発電し、レインボーブリッジのイルミネーションを点灯させた例がありますが、発電効率が悪いのかそれ以降あまり聞きませんね。

    カリフォルニアの高速道路で実用化されるようなことも聞きましたがその後どうなったかは不明です。

    原油が高ければ研究も進んだんでしょうが。。。

    http://greenz.jp/2011/05/18/highway_energy_generating/

    おばちゃんの目的と結論の無いだらだらと無駄に長い会話をエネルギーに変換できればきっとエネルギー問題は解決できますね。

    • 床発電、道路発電っておもしろいですよね~。かなりのワット数があるみたいだし。なんで普及しないんでしょうかね。上下動が問題なのかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *