日本経済どこへ行く【討論会】

日本はこれからどうなるんでしょうか。メディアはなんとなく明るい未来を書くようになっていますが、本当なんでしょうか。

また、未来ではなくて過去、現在はどうであったのか、私はこの辺をしっかり見直す必要があると思うんですよ。私が一番腹が立つのは「消費税増税」で、財政健全化には「増税」と「支出削減」しかないような論調が大勢を占め、国民だって、そりゃそうだよなと思ってしまう方向へずーーっと動いてきたこと。

でも経済成長があれば財政は健全化の方向へ向かうわけで、でも確かに難しいことではあるのだけれど、せっかくやっとのことで光明が見えてきたところで「増税せよの大合唱」。アベノミクスがうまく動き出して、さてこれからという時に世論は増税と支出削減にしか向かわないのは異常だと思っていました。日本がうまく動き出したところでそれに水を指すような消費税増税。これはメディアも政治家も評論家も揃って「影響は微小」と言い続けてきた。(黒田さんもそれを言っていたのは大問題だと思います)

でも今の停滞の根本は消費税増税だとしか言えないわけで、それも多くの人が認めるようにはなってきた(認めないシンクタンクもあった)ものの、ではあの当時に「増税すべし」「影響は微小」と言っていた人たちは何の責任も取らないし弁明もなし。

安倍さんが強行(?)した選挙も、大義がないと言われていたけれど、あれは私は「政権vs財務省」の戦いで、選挙ではっきりさせないとならない問題だと何度も書いていましたが(政権vs財務省の構図が見えない人には無駄なことにしか見えない)、やっぱり「財務省」に問題があるというのが最近浮き上がってきた様子。財務省は1つの省だと思ったら大間違いで、中国で言えば共産党のような力を持っている組織で、メディアも政治家も評論家も財務省には逆らえないシステムが出来上がっていると感じます。

日本政府の(日本のではない)借金も必ず「総額」でいうし、「国民一人あたりの借金」という言い方をして国民に危機感を与える。でも借金があれば資産もあるのは企業も個人も国家も同じなのに、そこのところは隠す。

また自国通貨で国債も出せないギリシャと日本を同列に語ってみたり。本来国の借金とはなんなのかの知識を歪めて広めようとしている意図を感じてしまいます。

日本の国債も売られると大騒ぎしたのに売られて下落することはない。いや、その内・・ではなくて、どうして今まで売られないのかの理由をはっきりする必要があると思うわけです。つまり日本の借金は莫大でも内情はたいしたことではないというのを世界は知っているからでしょう。

またとても不思議なのは、円高当時、日本はかなり円売り介入をしましたよね。その後、円安になっているということは為替特会は莫大な利益を出しているはず。円安で誰が一番儲けたかというとそれは日本そのもので約20兆円の利益が発生したのに、誰もそれに手をつけろとは言わない。そしてそれを言うのはタブーの様子。

どうも日本の危機を煽り、「増税」と「支出削減」が大目標の財務省に沿った動きばかりが目立つこの数年間、最近、我々一般でも「何だかおかしいんじゃない?」というのは感じている。

中国のアジア開発銀行も「バスに乗り遅れるな」というけれど、そもそもそのバスはちゃんと走るのか?という問題があるわけで、日本とアメリカが参加しなければAIIBは資金調達コストがADBなどより1%は高くなるとのことで、このままでは「高利貸し」になってしまう。だから中国はなんとしてでも日本・アメリカを引き込みたいわけで、でも最近のニュースでは「中国の拒否権」があり、「理事会は常駐しない」などわけがわからない状態。これに乗れるわけがないのに、早く乗れという声が後を絶たない。

そんな中で、一体日本の何が問題なのか、問題だったのか、これからどうあるべきかの面白い討論会がありました。出席者は私にしてみると皆さん凄い人ばかりで、本当に勉強になりました。

 宍戸駿太郎(筑波大学名誉教授・国際大学名誉教授)
 高橋洋一(嘉悦大学教授・「政策工房」会長)
 田村秀男(産経新聞社特別記者・編集委員兼論説委員)
 野口旭(専修大学教授)
 松田学(前衆議院議員)
 三橋貴明(経世論研究所所長・中小企業診断士)
 渡邉哲也(経済評論家)

三橋さんや渡邉さんもこの数年で力をつけてきましたし、こういう人たちがもっと大きな声が出せるような環境づくりが大切だと思いました。

細かなミクロ戦略の話ではなくて、マクロとしての日本がどうなっているのか、どうあるべきかを考えるには良い対談だと思いました。ややっこしい細かな話は皆無で、非常にわかりやすい。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

日本経済どこへ行く【討論会】” への6件のコメント

  1. おっしゃる通りです。今の消費税増税だけでなく、バブル崩壊からの回復期にも、多額の税金をつぎ込んだ景気対策が少し効果を上げ始めたところで、すぐに緊縮政策に転換し、せっかくの景気回復の芽を潰してきました。

    今の多額の債務は少子高齢化の結果というよりは、バブルからの回復期に何度も多額の税金を使いながら、その都度財務省主導の緊縮政策で無駄にした結果です。

    財務省の影響力を排除しないと日本の未来は明るくなりません。

    • 財務省って日本の中でもトップクラスの人が集まっているんでしょうが、私から見ると「会計屋さん」に見えます。

      企業でもそうですが、不採算部門があれば捨て値でも切るし、経費節減、そして利益率を上げろと。

      理屈はそうなんでしょうが、経済という生き物を相手にした場合、それでいいのか?と思います。

      利益率が上がらないと駄目なのはわかりきっていますが、では販売価格を上げる(消費税増税も同じ)とどうなるかってのがわかっているんだかわからないのか。

      会計は会計の立場、営業は営業の立場、また社長は社長で生き残りを考えるわけで、会計の「俺の言うとおりにしろ」でどうにかなるなら世の中簡単ですね。苦労する奴はいないわ。

      歳入と歳出という日本の首根っこを握っている財務省の(大きすぎる)影響力を排除しないとならないわけですが、財務省と反対の理屈を言う政権が立ったとしたらそれが「民意」なわけですから、政権の言うことを聞いてもらわないと困りますねぇ。メディアはメディアで「俺が正しい」ってなもんで洗脳を繰り返すし。

      せめて歳入庁は別にするべきですが、安倍さんがそこまで出来るかどうか・・・。

  2. とーってもためになりました~。
    daboさんの提起してくださる問題って、本当に有り難いです。
    (自分がぼやぼやしてるって事なんですけど・・・。)

    偶然ですが、実は今日の午後、ずっと考えたり調べたりしてたんですよ。
    どの通貨を持つか・・とか、いろいろ。

    それに、年齢的に考えても(五十代中盤?)、もう少し安全な方へシフトするべきかな・・と。
    (投資と見なされる比率が高過ぎるので。)

    わたしの場合、RNBの割合、結構大きいんですよね。
    早い段階で半分くらい、とりあえず違う通貨にしておこうと思います。
    今、どの通貨でも定期預金の利率も無いようなもんですし、安全第一でしょうか。
    しばらくして、また落ち着いたら(いつになるかわかりませんが)考えれば良い事ですしね。

    またdaboアンテナ情報、是非よろしくお願いします~!

    • どもども、参考になれば嬉しいです。

      この辺の話ってメジャーなメディアには出てこないんですね。この討論会で話しているようなことを言ったらすぐ干されるらしいですから。それだけ財務省の力は絶大であるんでしょう。そして財務省に抱き込まれているんだか、しっぽを握られているんだか、そういう政治家、メディア、評論家(企業の紐付き)ばっかりなのかもですね。

      通貨は何を持つかって難しいですよね。わかればみんな大金持ちなわけですが。(笑)

      やるなれば2つに1つしかないと思うんですよ。

      ◯ 適当に分散したらもう「それでよし」と諦めて、収入や資産の変動に合わせて生活を変える。
      ◯ 常に値動きを見ながら大きなトレンドに着いて臨機応変に通貨を乗り変える。

      後者が出来ればこれまた苦労がないわけですが、自由に動かしても良い部分(例えば全体の2割とか)をそうやって動かしてみるのも良いのかもしれませんね。

      我々は常に「洗脳」にさらされていると思っていますので、また物事って見方を変えると違うものが見えてきますから、何か面白そうなネタがあったら書きますね。

  3. いやー、是非お願いします。

    わたし、あのスイスフランの暴騰の少し前にhsbcの銀行員に聞いたんですよ。
    スイスフランに替えたいんだけどって。
    そしたら、要するにその時のマニュアルである説明をされました。
    (つまり、決められた範囲内でした動かないから・・みたいな?)

    今のまま、日本の株式やらいろいろ、順調に行って来れれば、それで嬉しいんですけど、あの「我々の祖先の選んだ島国」、むちゃくちゃ有問題ですからね~。
    やっぱり悲しいながら、少しは「何か起こった時」を考えなくちゃなりませんよね。
    今日も、関東で結構大きい地震ありましたし。

    まず条件として、わたしは数年後の帰国を考えてまして、
    おそらく、マンションになると思うんです。

    あっちやこっち、見に行かなくちゃならないんですが、ま、選択があるだけ、ましでしょうかね?

    中長期にわたってマレーシアに滞在する気はないんですが、
    きっとパワーのある、魅力的な都市なんしょうね。
    近いうちに’行かなくちゃ・・と思う毎日です。

    • あの当時のスイスフランだったら「やめた方が・・」ってなるでしょうね~。高値に張り付いていましたから、「スイスフランを売るならOK」ってことなんでしょう。

      しかし日本の「XX年以内に大きなのが来る確率XX%」って怖いですよね。これが大都市に来れば日本経済の崩壊だってあり得るだろうと思うし。福島もギリギリ助かっていますが、今度は大丈夫なのかどうかもわからない。

      こんなことを心配しながら世界の原発地図を見ると、半島で何かあっても日本は大打撃。

      日本に住まなければならないなら、それと向き合って生きるしかありませんが、そもそも日本に住まなくても良いとなれば住まないほうが良いのかと思ったり。

      大変不遜な考え方だけれど、何か「必ず」起きるというのなら、その後に行くほうが良いんじゃないかと考えたほうが論理的。

      でもねぇ、「お化けが出るぞ~~~」と言われているのとさほど違いはないんじゃないかとも思ったり。

      暇な時には世界地図でも見て、どの国とどの国が危ないのかとか、原発地図を見ると安全な地域も見えてくるし、だったらその国の通貨を持っていたほうが良いかとか、まぁ、「妄想」するのも良いかもですね。

      これって冗談じゃなくて、私も歳をとって自分が心配性になっているのがわかりますし、90近いオヤジはそれがもっと酷くて、まさに「お化けが出たらどうする?」みたいな心配を毎日しています。これって常に心配事を探しているような感じもあるのですが、住む場所、持つ通貨に関しても「これで安全」と思えるようにしないと毎日が辛くなるかもですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *