あんこう(Monkfish)のフライvs竜田揚げ対決

アンコウ(Monkfish)を買ってありましたので、これでフライ、竜田揚げを作ってみました。

RX1R-04024

唐揚げは大豆粉とパン粉で普通に揚げました。竜田揚げは醤油、日本酒、砂糖(代替品)としょうがの絞り汁で30分ほど漬け込み、揚げるときは片栗粉。

右がフライ、左が竜田揚げ。

RX1R-04026

どちらが良かったか?

難しいですねぇ。味は竜田揚げですが、食べた感じはフライの方が良い感じ。

フライとしてはかなり美味しい方だと思います。レモンとタルタルソースでばっちり。

RX1R-04029

ただし、これを食べて「あんこう」だとわかる日本人は少ないかもですね。淡白な白身の魚。これなんだろう?って感じでしょう。

味の竜田揚げ、食感のフライ。さて、どちらが良いか?

結論はですね、意外や意外、どちらも駄目です。

なぜか?

塩が効きすぎていて結構しょっぱいんですよ。もちろん塩なんか振っていません。売っている状態で塩っぱいということ。

ふ~~~~~~~

困ったもんですねぇ。この塩っぱいのはBASA(なまず)でもたまにありまして、塩を振るのは厳禁。塩は必要なら後から足すほうが良いとおもいます。でもしょっぱすぎるのはどうにもならず。

あんこうでこういう経験ははじめてです。BASAもいつも塩っぱいわけじゃありませんから、製造過程、あるいはスーパーでなにか余計なことをしているんでしょう。

今までの一連の実験の結論としては、スーパーで売っている切り身の魚に期待するべきではないという、今までに何度も確認したことと同じ結果です。

一匹丸のママ売っている魚屋を探して(たとえばチャリス)そこで「比較的」良さそうなものを買うしか無いですね。

それとも一切の期待を捨てて、日本食材店で売っている冷凍モノにするか。(笑)

これがゴールドコーストの実態。(T_T)

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *