スタンフォード大学が家庭年収1500万円以下の学生の授業料を無料にする

凄いですねぇ。アメリカって金亡者の集まりみたいですが、こういうことがある。これがアメリカの面白さですね。クソ大金持ちが資産の大部分を寄付したり。

年収1500万円未満の家庭の学生は学費がタダという超名門大学とは? – GIGAZINE

もともとこういうプログラムをやっていて、今までは10万ドルだったと。1200万以下ってこと。

なおかつ、家庭収入が780万円(今は720万円)未満の学生は「寮費などの下宿代」も無料だとのこと。

優秀な学生が集まるんでしょうね~~~。さすがスタンフォード。

スタンフォード大学のサイト。

Stanford offers admission to 2,144 students, expands financial aid program

でも面白いと思ったのは、これって「貧しくても学べるチャンスを」ってことですよね。つまり、家庭年収1500万円以下は貧しいってことか。(笑)

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

スタンフォード大学が家庭年収1500万円以下の学生の授業料を無料にする” への2件のコメント

  1. 有名大学は寄付金だけでもすごい金額が集まるらしいですね。

    大学や学部単位ではなく研究室単位で全米ランキングが算出され、ランキングの上下で寄付金の集まり具合がかなり変わるとか。。

    アメリカの場合、有名大学や研究所だけではなく病院やさまざまな施設までランキング付けされ、ランキングの結果に寄付金額が左右されるので寄付金集め専門の人材やコンサルタントを雇っているそうですね。

    スタンフォードの学生の家庭の平均収入ってどのくらいなんでしょうね?

    東大が平均800万円だそうです。

    1500万円以上の家庭ってそんなには多くないはずですよね。

    だったらスタンフォードも年収1500万円以下なら授業料無料などといわず、寮費も含めて基本的に全額無料にすれば世界中から優秀な学生が押し寄せると考えるのは素人考えでしょうか?

    さらに、毎年1億円以上を寄付する人はチャリティー枠として定員の5%程度まで入学を許可するとか。。

    そうするとレベルが下がりますかね。。。

    • どうなんでしょうね~~。

      このスタンフォードの話は、(返済義務のない)奨学金を得るための、足切り基準としてあるんじゃないかと思ったり。つまり1500万以上の家庭の子は駄目だよ、みたいな。

      いやいや、そんなことがあるわけないなぁ。

      どちらにしてもスタンフォードはリッチな学校ってことなんでしょうね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *