三日間で5キロ痩せた

マレーシアに行った6泊7日の間に8キロ太りましたが、その後、3日間で5キロ痩せました。

こんな大きな体重変化って今まで経験したことがないのですが、なんなんでしょうね。

太った痩せたという表現は間違っていて、事象としては「体重が増えた、減った」であってその理由は「太った、痩せた」じゃないんですね。

私が思うに、これは水分の変化だとしか考えらません。帰ってきた時にはかなりむくんでいて、足はパンパンでしたから。

でもむくんだぐらいでそんなに体重が変化するの?

この辺がわからないところで、今度医者に行ったら聞いてみようかと思います。

デブですから体重のことばかりが気になりますが、本当はもっと大事なところで「なんらかの異常」を持っているのかもしれません。

ただ、「糖質制限」をして「血糖値を低く保つ」と水分量が減るのは今までの経験としてわかっていて、今回みたいに急激に「糖質」を摂ると一日で1-2キロ増えたなんてびっくりすることは何度かありました。また逆に、「糖質制限」を始めると最初の数日間で2-3キロ落ちることも普通なんですね。

でもこの広いネットの中で、「糖質」と「身体の水分量」との関係を説明しているサイトは探しても見つかりません。不思議ですよね。医者も糖質制限経験者もごっそりいるのに、このことに関して言及する人は少なく、またどういうメカニズムでそれが起こるかの説明は見たことさえありません。

またアトキンス式の様に「糖質を減らす」ことを主眼に置いたダイエット法っていくらでもあって、それをやりますと、私の場合、過去には毎日300-500グラムづつ落ちていくという凄いことが起きたわけで、「糖質制限は効く」という話は広く広まっているのは皆さんご存知の通り。

でもその異常なほどの体重減って考えてみると非常におかしいわけですよ。もし減ったのが脂肪だとしましょう。300グラムってカロリーで言うと2700kカロリーですよ。毎日の食事ですが、糖質は極端に低くてもタンパク質や脂質はがっつり食べますので、総カロリーとしては2000kカロリーは簡単にオーバーするような日が多い。

つまりですね、その食べた分と体重減の分の合計、この例で言うと4700kカロリーが毎日どこかへ消えているってことになります。

この4700kカロリーってフルマラソンを走ってもこれほどのカロリーが消費されませんし、一体どこへどうやって消えているんでしょうね。

この辺の説明を聞いた、見たことは私は一度もありません。おかしいじゃないですかこれって。こういう非科学的なことが起きるのが糖質制限ダイエットであって、そりゃやっている方は体重が落ちれば理屈はどうでも良い部分がありますが、それを推奨する医師や医療関係者は、その辺の科学的なことはきっちり説明するべきだと思うんですよ。

運動もさほどしないのに、毎日数千カロリーが消えていくって、これはまかりまちがったら「あっという間に死ぬ」ってことじゃないですか?

この異常なスピードの体重減に疑問を持つ人もいて、これって水分が減っているだけじゃないかという記述を見たことがあります。これは一面はその通りで、数日間で大きく動くのは私も何度も体験しています。でも「糖質制限」を続けていますと、そのままどんどん減っていくんですね。

もしそれが水分だとしたら、1ヶ月も続けたらミイラになるはず。(笑)

医者や医療従事者はこの辺をしっかり説明する義務があると思うんですよ。それをせずに、「糖質制限をすれば痩せる」なんて女性週刊誌みたいな言い方はするべきじゃないですよね。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

三日間で5キロ痩せた” への4件のコメント

  1. 糖質と水分については「糖質制限 水分量」でググるといくつか出てきますが
    ttp://低糖質.com/review/cat13/post_189.html
    ttp://column.asken.jp/purpose/purpose-3596/
    この辺りの説明ではダメなのでしょうか?
    「糖質を制限すると肝臓に貯蔵してある糖質(グリコーゲン)が使われます。肝臓に糖質1gを貯蔵するときに水分3gが付いた状態で貯蔵されているため、グリコーゲンが使われると同時に体の水分量も減るというメカニズムになります。」

    • どもども、サイトの紹介を有難うございます。

      早速読みましたが、最初の英文のは「事象を説明しているだけ」でなぜそうなるのかは書いていませんね。

      また次の栄養士さんの説明は、この方には悪いですが、かなり古くから言われていることを反復しているだけで近年の医学会に出ている様々な新説とはかなりズレがあると感じました。

      また1グラムのグリコーゲンで3グラムの水分も間違いがないでしょう。では我々は何グラムのグリコーゲンを身体に持っているでしょうか。大体肝臓に100グラム、筋肉に300グラム程度。合わせて400グラムですから、それの三倍としても1200グラムしかありません。合わせて1600グラム。

      炭水化物ダイエットを初めて、最初にガクンと体重が減るのはこんな程度じゃないのは周知の事実ですよね。一週間で2-3キロ落ちる人はザラですから。でもこの栄養士さんはそれがグリコーゲンとくっついた水分だと言っている。水分なのは間違いがないにしても「グリコーゲンにくっついている水分説」は無理があると思います。

      また私が短期間に8キロも増えたのは、身体に2キロのグリコーゲン+6キロの水分を蓄えたからでしょうか。おかしいですよね?

      事実は違うところにあると私が思うのはこれが理由です。

  2. 糖質制限をすると高カロリーを摂取しても痩せる時期が確かにありますね。

    私も糖質制限を始めた頃は面白いように体重が減っていき、醜い太鼓腹や2重アゴが細って行くさまは快感でした。

    糖質制限をしていれば高カロリーを摂取しても痩せる理由は現在の栄養学では説明がつかないのかも知れません。

    そもそも食品のカロリー計算自体が間違っているのかもしれません。

    食品のカロリーとは空気中で”完全に”燃やしたときに発生する熱量であって、人体で利用される時に発生する熱量ではないことは周知の事実です。

    私の素人考えに過ぎませんが、摂取した食品の総カロリーと消費した総カロリーを比較し、摂取量が消費量より多ければ体重が増え、逆ならば体重が減るという単純なものではないのではないかと思います。

    空気中でものを燃やす際に、十分な酸素量があれば完全燃焼しますが酸素量が不十分であれば不完全燃焼を起こします。

    これと同じように人体内であっても摂取したカロリーが全量エネルギーとして利用されたり脂肪として蓄積されるためには十分な酸素に相当する何かが必要なのではないでしょうか?

    その何かが不足していれば、摂取カロリーは5000Kcalであっても利用可能なカロリー量としては半分の2500kcalであったり、5分の1の1000kcalであったりするのではないでしょうか?

    摂取カロリーが5000kcalで、消費カロリーが2000kcalだから差し引き3000kcalが余剰であり脂肪に蓄えられるという単純計算ではなくて、摂取カロリーの何パーセントが有効なカロリーなのかを計算し、その有効カロリーと消費カロリーの差し引きを計算するべきなのかもしれません。

    たとえば、一度の食事に含まれる糖質量に比例して有効カロリー量が求まるかもしれません。

    どの程度の比例係数になるかは判りませんが、同じ5000kcalを摂取しても摂取した糖質量が100gの場合と1gの場合では有効カロリー量に明らかな違いがあるのではないかと私は経験的に感じています。

    単純に糖質量に比例するのではなく、インスリンの分泌量に依存するのかもしれません。

    糖尿病患者は、病気が進行しすい臓の働きが弱くなるとインスリンの分泌が悪くなり、いくら食べても太れずにやせ衰えていきますから。

    しかし、摂取カロリーの有効量がインスリンの分泌量に依存するとなると、糖質の摂取量とインスリンの分泌量の関係が定式化されないと摂取カロリーの有効量は出せませんね。

    こういう実験をどこかでやってないですかね~

    • 仰るとおりだと思います。

      特にこの部分。

      >摂取量が消費量より多ければ体重が増え、逆ならば体重が減るという単純なものではないのではないかと思います。

      この足し算引き算が大前提になっているところに間違いがあるんでしょうね。では何が起きているかの説明は聞いたことも見たこともありません。

      もし消化吸収がちゃんと行われずエネルギーとして使われていないにしろ、「痩せる分」だけでも異常な多さだと思います。

      私がいつも不思議に思うのは「大食いコンテスト」に出てくる人たち。最近はギャル曽根どころじゃなくて、トップ争いは10キロ食べられるかどうかのレベル。

      あのカロリーはどこへ行っちゃうんでしょうか。素人考えでは「そのまま出てくる(笑)」としか考えられません。

      この部分も大切だと思っています。

      >どの程度の比例係数になるかは判りませんが、同じ5000kcalを摂取しても摂取した糖質量が100gの場合と1gの場合では有効カロリー量に明らかな違いがあるのではないかと私は経験的に感じています。

      これに関しては私も感じていて、糖質を摂った時には総カロリーを減らすようにしていますが、それの根拠となる理屈が全くわかりませんので、ブログには一度も書いていません(のはず)。

      こういう話って「糖質制限」をしている連中のどうでもよい話、ではなくて、人間の一番大事な基本的なことだと思うんですよ。何かがどうにかなってしまうと「わけがわからないうちに体重が落ちて死んでしまう」ことだってあり得るわけですから。

      いまだに「脳の働き」の全ては解明されていないようですが、これと同じで「大事な部分」なのにわかっていないのかもしれませんね。生命の神秘と言うか、我々が持っているシステムって恐ろしく精密で、いくつものシステムがからみ合って生命維持をするようにできているんでしょうね。

      「糖質制限は駄目」だという論者はたくさんいますが、どっちもどっちの感じがします。(笑)

      結局、みんな経験則で話をしているわけで、いまだにこれに関しては「天動説」レベルかもしれませんね~。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *