糖質制限の先にあるもの

話はどんどんマニアックになってますので、興味が無い方は飛ばしてくださいね。

私は「糖質制限」を今やっていますし、過去に何度もやりました。初めてやったのは高校一年の頃です。もちろん目的はダイエットですが当時は「糖質制限」なんて言葉も聞いたこともなければ、そういうメソッドも何も知りません。ただその方法ですが「レタスとマヨネーズ」を中心に食べるという方法で、今になって思えばあれは「糖質制限」だったというのがわかるだけ。短期間に7キロ痩せまして、その時は終了。

近年は「シュガーバスターズ」という本がキッカケでしたかね、「糖質制限」が言われるようになったのは。私もそれで「糖質制限」を知り、またその後、「アトキンス式」などを知り、実践を何度か繰り返しました。繰り返したということは「リバンド」をしたということで、しょーもないアホなのですが、ま、今日はそのリバンドの話ではありません。

糖質制限自体は簡単で、糖質の多いものを排除するだけで出来ちゃう。あるいは消化吸収が悪いような調理法なら多少の糖質もOKとか、やり方はいろいろありますね。ですから「糖質制限のやり方」そのものに関しては、私はあまり調べることはしていません。というか、巷の糖質制限関連にはかなり適当な記述も多いと感じていますから。

でもやっぱり本場のアメリカの情報は取るのですが、最近、気になる言葉があるんですよ。それは「Vegan」、とか「Paleo」。

これらを知ってる人は「ダボもやっとここまで来たか」なんて思っているのかもしれませんが(笑)、私はダイエットが主目的で、「厳しい糖質制限」をそんなに長く続けるつもりもありませんし、これ以上深く探求しようとは思っていません。でも調理レシピを見ていると「Vegan」とか「Paleo」の食事、調理とかなり重なるんですね。またスーパーでもそれ用の商品が増えてきましたし、一体それって何?と思って調べてみたんです。

ま、「Vegan」に関してはちょっと路線が違っていて、いわゆる菜食主義に近いと思いますが、最近はベジタリアンという言葉も使わないんですね。Veganという。ただこれも色々あって、「健康目的」の人もいれば、倫理的な主義として「動物由来もの」を生活の中から全て、食事だけではなくて毛皮だとか身の回り品からもそれを排除する人たちがいる。

その辺の考え方は私は持っていないどころか「正反対」の考え方を持っていて、「生命の殺し合い」は「あってしかるべきもの」だと考えています。つまり、鶏や牛や豚を殺して食べることに罪悪感はありません。ただし、彼らと人間は平等であるという考え方は持っていて、彼らの生きる権利を完全に剥奪することに関しては反対。ま、この辺も今回は詳しく書きませんが、とにかくVeganの食べ物でも糖質制限と通じるものが結構あります。

そして「Paleo」。細かい説明を私がここでしてもしょうがないのですが、簡単に言うと、古代人の食生活に戻ろうというのが基本。これはダイエットというより健康法だと思うのですが、日本では「パレオダイエット」として痩せるための食事という印象が強い。でも本来はダイエットではなくて、「そういう食事を摂るべき」という考え方なんですね。

古代人というより「農業を知る前」と言ったほうが良くて、狩猟生活をしていた時代の食事をイメージするのが一番違い近いと思います。

なにそれ?なんて思うかもしれませんが、これがかなり広がっているんですね。ゴールドコーストで「黒豚」を売っている肉屋があるのは何度か書きましたが、実はその肉屋も「オーガニック」と「Paleo」の専門店なんです。

Paleoの食事内容ですが、穀類は一切食べません。また加工された食品も駄目で、肉や魚は多く摂るのですが現代的なハムやソーセージは駄目という考え方。植物油も駄目。まさに原始時代を想像してみれば大体検討がつくと思いますが、そんな食事内容。

ですから「糖質制限」に非常に似ているんですね。でもPaleoは糖質を制限するという考え方ではなくて、古代食を食べていると結果的に糖質制限になるというだけのこと。

では古代食を食べるとどういう利点があるのか?ここが問題ですね。

ま、日本でも「パレオダイエット」が言われていますからダイエットになるのは間違いがないでしょう。そして、加工品は排除しますから、わけのわからんものは食べないという考え方でもあるんじゃないでしょうか。だから「成長ホルモン」や「防腐剤」その他、様々な添加物を摂らないから非常に良いということらしい。

これは一般的にも同じような考え方はあるわけで、「オーガニック志向」も同じですよね。現代の科学技術を信用するのではなく、「昔に戻ろう」というのがオーガニックですよね。そしてパレオは、もっと昔の農耕時代より前に戻ろうという考え方。

アメリカ(オーストラリアも)を見ていますとこれの広がり様がかなり凄い。グルテンフリーとかそっちの方向も凄いですが、このパレオも広がっている。ちなみにパレオはグルテンを排除することはしませんが、パレオでなおかつグルテンフリーとかそういう志向の人たちも多く出てきているんですね。スーパーでもそれを前面に出して売る商品が並んでいますから、半端じゃ無いと思います。

でも日本人はこれには乗りづらいと思います。「米の文化」(糖質の文化というべきか)が根強くて、また「糖質」べったりの民族だと思うから。その点、狩猟民族だった欧米人にはすんなり入っていくのでしょう。「昔に戻るだけ」ですから。でも日本人って「昔から米」ですから(笑)、受け入れがたいものがあるんでしょうね。

いまだに日本人の中には「日本食は健康だということで海外で見直されている」なんてことをいう人がいます。でもそれって何十年も前の一時期に言われたことでしか無くて、「昔、【綺麗だね】と褒められたことをいまだに忘れられないオバーチャン」みたいなもんで、欧米はどんどん変化しているってこと。

「糖質は摂らなくてはいけない」というのが日本の学会の方針ですし、国も同じ。ですから「糖質制限」だけでも喧々諤々大騒ぎになってやりあっている状態。ま、こんな中でパレオが広がる余地は無いとは思いますが、海外では伸びていることは忘れるべきではないし、それの「効能」も真面目に考えてみる必要があると思います。

パレオに関しては大筋を知るのにはこのサイトが良いと思いました。あくまで「パレオダイエット」としての記述ですが、パレオの基本的なことはここだけでつかめるはず。

パレオダイエットまとめ | パレオな男

私がやっている糖質制限も、ダイエットが一段落すれば「かなり緩やかな糖質制限」に移行する予定ですし、過去の自分がそうであったようにどんぶり飯で大食いしたり、ラーメンの大盛りなんてのは一生食べないつもりで入るものの(笑)、ではどんな糖質制限にするのかははっきりわかっていないんですよ。

こういう目的らしい目的がないからこそ、また元に戻ると私は考えていて、単にダイエットだとか、血糖値がというのではなくて、「健康でいるため」の一つの生き方としての「パレオ」を取り入れるのも良いと思いました。それを実践すれば太りたくても太れないし(笑)、血糖値の心配とは一生オサラバできるでしょう。

逆に糖質制限なんて完全に忘れてしまっても、パレオの食事をしていれば結果的に糖質制限になりますから良いかもしれません。

そもそも本来我々が気をつけるべきことは「糖質」じゃないかもしれませんものね。我々の周りには加工食品が山のようにありますし、添加物の種類も量も凄い。本来はこれらを排除するべきかもしれず、オーガニックが良いと言われているのと同じように、パレオを受け入れて食生活を送るのも面白そうです。

ジジババは先が短いからどうでも良いですが(笑)、若い方、またお子さんをお持ちの方は「添加物」「薬品漬け」の食生活から抜け出ること、糖質との付き合い方を真剣に考える必要はあると思っています。

パレオですが、若返って綺麗になるらしい。実はそこが一番気になるところだったりして。 (笑)

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

糖質制限の先にあるもの” への4件のコメント

  1. dabo_gcさんこんにちは。
    相変わらず糖質制限記事に食いついているsuge_manです。
    糖質制限をいつまで続けるのか?私の場合は糖尿病人ですから一生です。
    親のDNAを引き継いでいるので仕方がありません。
    糖尿病の起源としては、人類が安定的に炭水化物を取得できる農耕を発明した1万年くらい前からだと言われています。
    ちょうど4大文明が興った時期ですかね。農耕社会の始まりが、富の蓄積と階級社会、国家を形成し文明を築いて来たという事なのでしょう。だから、糖尿病というのは一つの人類が作り出した文明病とも言えるのかも知れません。
    日本の水稲栽培の起源は諸説あるようですが、社会的生産が始まったのは3000年前くらいではないかと思います。日本の中にいくつもの社会集団が形成されてきた時期に合致すると思います。
    いずれにしても、日本人のご先祖様が安定的に穀物という形で糖質を口にする様になった時間的経過は、欧米人に比べればかなり最近ということです。
    炭水化物に対応出来る遺伝子的改変の時間もそれだけ少ないわけで、欧米人に比べてインスリン分泌能が劣る原因なのかも知れません。
    私のご先祖様もずっと水呑百姓だっただろうから、米という炭水化物にありつける機会も殊更低かったのではないかと思います。
    ですので、私は量的に炭水化物非対応の旧タイプのDNAを引き継いだため今後もずっと糖質制限をせざるを得ません。

    またまた話はかわりますが、以前dabo_gcさんがサイリウムのことを書かれていたのでコメントさせて頂きます。
    私もサイリウムを使っていました。しかしサイリウムの独特の臭いどうしても好きになれず、今はアメリカから通販で取り寄せたグアーガムを使っています。
    ご存じかも知れませんが、天然の増粘剤として食品添加物となっていてアイスクリームなどにも使われています。無味無臭なので調理などに重宝しています。

    • suger_manさん、いつもコメントを有難うございます。

      欧米人の方が炭水化物の歴史が長いと聞いて、「へーー」と思いました。私は小麦の歴史をまるで知りませんが、日本の米より長いのですか?

      確かに欧米人はインスリンの分泌量も多いと聞いていますし、おっしゃるように日本人はまだ炭水化物への「耐性」が形成途中なのかもしれませんね。

      うーむ、やっぱり不思議なのは歴史的に欧米人のほうが糖質との繋がりが長くても、日本人みたいに「ほとんど炭水化物で腹を満たす」みたいな歴史はないですよね。近代もそう。ただジャンクフードの浸透で糖質摂取は増えているとは思いますが、欧米人の「どんぶり飯」みたいな炭水化物摂取は無いと思います。炭水化物が主食でおかずは副食という概念もありませんし。不思議です。

      サイリウムハスクですが、あの匂いに関しては私も気になっています。またメイカーによっていろいろあるようで、細かさもいろいろみたいですね。私が使っていますのは多分グレードも低いのでしょう。目が荒いですしいかにも「種皮」という感じ。

      たまにサイリウムハスクだけを飲むことをしますし、その時は「我慢」が強いられますが、料理に使う(結構大量に入れる)と入っているのかいないのかわからないです。また大豆粉やおから粉も使いますので、味付けは濃い目にして、「大豆由来」であることがわからないようにしていますから、サイリウムハスクの匂いも気になりません。

      グアーガムも様々なレシピを見ていると時々出てくるので気にはなっていました。

      こちらで売っているのかどうか調べてみますね。

      またいろいろ教えて下さい。

      • dabo_gcさん、コメントありがとうございました。

        グアーガムの件ですが、私が購入しているもののリンクを貼っておきます。

        http://www.sourcenaturals.com/products/GP1147

        私は16 oz. ボトルを2本オーダーしていますが、消費量は1年に1本程度です。マレーシアの税関で引っかかるのか、開封されたりして手元に来るまで結構日数が掛かります。麻薬の類いと疑われるのでしょうかね。
        1gあたり糖質量は1gとなっていますので、1回の食事で使う量は多くても6g以下です。私はよく麻婆豆腐を作るのですが、とろみをつける時の片栗粉の代わりにこれを使っています。
        アイスクリームを作るときにも時々使います。砂糖を使わずラカントS(エリスリトール)を使って、市販品に比べて糖質量が限りなく少ないアイスクリームを自作しています。

        • なるほど~~~~。

          今の時点では「増粘剤」の必要性を感じていないのですが、何か考えないとならないとは思っていました。サイリウムハスクも増粘剤として使えますが、どうも納得の行く様には使えておらず、やっぱり「片栗粉」、コーンスターチ、タピオカ粉に依存しています。

          この辺が私の「糖質制限」のいい加減なところで、suger_manさんのように「絶対にやらなくてはならない」という意識が希薄なんですね。それどころか早く「厳しい糖質制限」を終わらせて、澱粉を使ったいろいろな料理をしようと作戦を練っているくらいで、先日、「小麦粉スターチ」なるものも手に入れました。透明な衣を作るためです。飲茶で定番の海老餃子(ハーガォ)とか腸粉を作ろうかと。

          私も麻婆豆腐(我が家では麻辣豆腐と呼ぶ)が好きでよく作るのですが、「これ、駄目なんだよなぁ」と思いつつ片栗粉を使っています。サイリウムハスクは熱が加わった瞬間、ドロっとしますし、とろみを付けるのが結構難しく感じます。また汚い話ですが、最初にとろみ付けで使った時に全く美味しくなく、「鼻水」を連想させるようなとろみでした。(笑)

          でもネットを見るとうまく使っている人もいますし、とろみを付ける程度の分量ですと匂いは気になりませんし、もう少し研究が必要だろうとは思っています。

          またサイリウムハスクの本領を発揮するのは、大豆粉やおから粉と混ぜて作る「餅」や「パン」だろうと思っていまして、それを実践している方は東西を問わずかなりの人達がやっていますので、どうにか自分もノウハウを掴みたいと思っています。

          でもとりあえずとろみ専用としてグアーガムが簡単に使えるのでしたら良いですよね。

          価格がどの程度になるのか検討がつきませんが、これを片栗粉代わりに「鶏の唐揚げ」とかで使えるものなのでしょうか。

          結構「唐揚げ」では量を使いますし、片栗粉やコーンスターチを使うわけにもいかず、でも大豆粉、おから粉ではまずそうなので最近は(日本風の)唐揚げを作っていません。ブログにも書いていますように、大豆粉+オカラパン粉で「フライ」を作るようになっています。でもそれもイマイチで、パン粉に関しては妥協して本物を使おうか悩んでいるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *