買ったばかりのマルチクッカー(ワンダークッカー)は嫁に出すことにした

かなり期待して買ったマルチクッカーですが、どうも私には使いこなせないようで(と控えめに言ってみる)嫁に出すことにしました。

息子の友人で料理好きがいまして、ちょうど彼が遊びに来ましたので「もらってくれ」と頭を下げてお願いしました。(笑)

彼にどんな調理器具か一応説明したのですが、彼は「う~む、蒸し料理につかうぐらいですかね」と私と同じ意見を一発で言いました。わかってるじゃーーん(笑)。あまり嬉しそうな顔じゃなかったのが気がかりですが、ま、そんなもんでしょう。

そのマルチクッカーとはこれ。一台で8役するとの宣伝文句。

product1_91848_600x600

日本ではアマゾンでも売っているもの。ちょっと仕様が違いますが。

Amazon.co.jp: 1台8役 WonderCooker/ワンダークッカー DF-2828A: ホーム&キッチン

多分この調理器具って、独身の一人住まいとか、共働きの若者の夫婦には良いかもしれませんが、いろいろな調理器具を持っていて、また新たな機能が欲しいと思って買うと、結局は「いろいろ出来るものは何一つ得意なものがない」という世の中の決まりを再確認することになりそうです。

私がこの器具は駄目だと思った最大のポイントは、温度調節が「ちゃんと」出来ない点です。

一応温度調節可能になっていますが、その目盛りは温度調節というよりワット数、つまり火力の違いであることがわかりました。でも一応サーモスタットは付いている様で、設定した温度以上にはならないようですが、ではその設定温度に「すぐに達する」「維持する」機能はかなり弱い。

使ってみた感想はこの日記(クリック)に書きましたが、かなりアバウトな調理器具です。低温調理がどうじゃとか、ローストビーフをロゼで・・とか、温泉卵を作るとか、そういうのには向きません。

ではスロークッカーとしてはどうか。

これは使えるかもしれません。ただ、内鍋がペラペラで熱源は底にありますし、食材を周りからじっくり囲むようにして温めるタイプではないので、スロークッカーの専用機には劣ると思います。

残念でした。

ただ、蒸し器としてはかなり使えると思います。この器具自体はたいして大きくはなく、深さが足りないと私は感じますが、その代わり開口部はそれなりに大きいんですね。ですから蒸し料理の場合、普通の鍋を使って蒸しているような我が家としてはこの器具を使ったほうが便利。

なんだそれだけか・・と思うかもしれませんが、開口部が大きいってのはかなり意味があって、魚をまるごと蒸すとかそういうことも出来るってことなんですね。4人分のシュウマイや肉まんを一回で蒸せますし、大きな皿に素材を入れたままの蒸しも出来る。

でも大きめのセイロがあればフライパンを使えば良いだけのことで、わざわざこの調理器を買う必要はないと思います。我が家にはセイロがありませんのでちょっと心残りではありますが。(笑)

ま、これはこれで置いといても良かったのですが、思ったほど使い道がないのでこれを嫁に出し、これとは別の気になっていたスロークッカー&Sous Vide(低温調理)の両方が出来るハイブリッドを買おうと思っています。もしそれがちゃんと使えるのであれば、今使っているスロークッカーを嫁に出すことも出来て、狭い我が家としては非常に助かります。

でもその調理器具は低温調理機としてはアバウト(設定は一度単位で出来てもその通りの温度を維持するのは構造上難しい)なのがわかっていますし、スロークッカーとしては内鍋がペラペラなこともあって、これまた中途半端な調理器具かもしれないと思っています。でも、温度設定はアバウトで構わない「蒸し煮」あるいは「ブレゼ」、「沸騰させずに70-80度で延々煮込む料理」ならこれで出来るはずで(低温調理機は湯煎なのでそれが難しい)、ましてやスロークッカー(LowでもHighでも数時間後には沸騰点に達してしまうので沸騰させたくない料理には使えない。温度調節は不可能な機種が一般的)として使えれば、普通の煮込み料理にはバッチリでそれなりに意味があると思っています。

それはこれ。

38702

MU4000 Duos™ Sous Vide & Slow Cooker  ←クリック

こういう低温調理機としての宣伝を見ると使えそうですが、1-2度で出来上がりがまるで変わるステーキやローストビーフに拘るタイプには不向き。

低温調理機としての完璧さを求めるのであればこの手の器具が必要だと思います。私が愛用しているのはこれ。

Anova Precision Cooker ← クリック

trio_1024x1024

私が考える「低温調理器具のあるべき機能」は全て揃っています。

○ そのものが発熱する
○ 温度管理が精密であること
○ 上と関係しますが、水流がしっかりあること
○ 熱量がそこそこであること

あるいはこれとか。Nomiku。

dsc02490-1340142258

Nomiku  ← クリック

この様に温度管理がちゃんとしている器具でないと、結局はアバウトな出来上がりにしかならないと思います。

それと非常に大事なことですが、温度計ってかなり誤差があるんですね。1-2度違うとまるで出来上がりが違う料理もありますから、自分の調理器の温度計ってどのぐらいの誤差があるのかを知るのは重要だと思います。当然、キャリブレーション機能、つまり「誤差を調節する機能付き」を選ぶことも重要。

是非ともちゃんとした器具を使って、「いつでも」「誰でも」「量が変わっても」「形がいびつでも」「一定の品質で」「自分の狙い通りに」「失敗すること無く」作れる楽しさを多くの方に味わって頂きたいと思います。

---------(後記)-----------

つい先程ヨメさんに、「この前買った調理器具だけれど、XXXX(息子の友達)にあげたよ」と言ったんですよ。するとヨメさんは

「嬉しそうな顔をしなかったでしょ。」ですと。

どうしてそういうのがわかるの?

私だったら「何か新しいもの」「変わっているもの」なら喜んじゃうんだけれど(あとでがっかりするにしても)。

やっぱり私ってどこかネジが外れているんでしょうかねぇ。

 

 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

買ったばかりのマルチクッカー(ワンダークッカー)は嫁に出すことにした” への4件のコメント

  1. 僕もハムやソーセージを作るのにAnova Precision Cookerはいいなと思っていました。
    最新のはiphone と接続して使えるとか多機能です。
    ただ、電圧が日本は100Vなので作動電圧に対し10Vの差がどのくらいのパフォーマンス低下になるのか考えてしまってまだ購入には至っていません。
    表示温度は結構正確ですか?

    • このAnovaに限らず、電圧の違いがどう動作に影響するのかってのが私はイマイチわかりません。中にトランスが入っているわけですが、出力がどう変わるのかもわからず。

      一番困るのが「温度表示」ですが、これは正確さを期待するべきではないと思っています。その件に関して日記も書いていますが、「正確ではないのが当たり前」の世界なんですね。そもそも高性能の温度計はAnova本体の何倍もするのが普通です。でもそれでも誤差はある。

      でもキャリブレーション機能がありますから、表示温度が違うと思えば調節すればOK。

      実際には他人と温度に関して厳密な話をすることってないですし、もし皆が58度がベストだという調理でも自分は60度が良いと思えば60度で調理しますよね。

      でもその60度が実際には何度かわからなくても「自分としては」困らないわけです。情報交換をした時だけ、「おかしいなぁ・・」と思うだけの話。 (笑)

    • 先日こちらのサイトを拝見していて、我慢できなくなり、ANOVA購入いたしました。(管理人様、ありがとうございました!)

      US仕様の120Vの製品をUSアマゾンで購入して転送サービスを利用して日本に配送してもらいました。電圧の件は私もそのあたりが不安に思い、一応120Vアップトランスも購入して確認してみました。
      http://www.amazon.co.jp/dp/B00C15OHU6/

      アップトランスを経由した場合と、なしで、なべに温度計を突っ込み設定温度との差を検証しましたが、温度管理は100Vでも問題ないように感じました。
      ただ、水道水の温度からのコールドスタートでは、アップトランスを使うほうが電圧が高い分加熱が速いような気はします。

      ちなみに、iphone と接続の件ですが、修理の効かない日本で、水を使う調理器具には通信系は余計なリスクと考え、シンプルで出力の大きい初期バージョンを選びましたが、ちょっと試してみたい楽しさはありますよね。

      • どもども、低温調理病が伝染したようですね。(笑)

        電圧の件、了解しました。大丈夫ですね。

        どちらにしろ温度表示はキャリブレーションをして、できるだけ本当の温度に近づけないとなりませんし、もしも電圧の違いで表示に問題があってもどうにかなりますね。

        Wifiの件は私も同じように感じます。調子が悪い場合、精神的にかなりやられますもんね。すぐ交換ってわけにもいきませんし。

        是非いっぱい楽しんでくださいね。

        あ、そうそう。私は野菜嫌いですから野菜の低温調理はさほど興味が無いのですが、65度で6時間調理した時の野菜には感動しました。生のようなシャキシャキしているのに味は染み込んでいて、なにか面白いことに使えそうです。またたった一粒いれたニンニクの味が強く残っていまして、そんな経験も初めてでした。素材の味を逃さないのは間違いが無いようです。低温蒸しなんかしたら絶品の野菜料理が出来るかも。

        野菜を50度のお湯に浸けるとシャンとするってのがありますよね。あれを発見した方が温度調節可能な「蒸し器」で低温調理の面白さを広めようとしているようです。なにか面白いアイデアがあるかもしれません。私はまだチェックしていませんが。

        ひらやま式だったと思います。ご存じですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *