マルチクッカーが来たけれど・・・

マルチクッカーを買ったのは8日でしたか。今日、届きました。3日目に着くなんて驚異的な早さ。凄い。

これです。

product1_91848_600x600

Sheffield 8 in 1 Cooking Master | Cooking Appliances
ここから買いました。

早速出してみましたが、ペラッペラの安物なのがすぐわかるような調理器具。軽いのは良いけれど、内鍋もペラペラ。電源を繋いでスイッチを探したのですが、スイッチがありません。でも前面にあるPowerのインジケータは点灯してます。よくよく見たら電源をつなぐと電源オンになるという、そういえば昔こういう機械があったっけなんて子供の頃を思い出しました。電源スイッチは時間設定ダイアルを0にすればOFFになるのがわかりました。

まずは水を入れて沸騰するまでどのくらいの時間が掛かるか計ってみました。蓋をして温度は100度に設定。

温度計を持ちながら見ていたのですが、65度で過熱のインジケータが消えました。どうしたのかと見ていると、思い出した頃に点灯してまたすぐに消えます。これじゃいつになっても沸騰しません。

マニュアルを見てみますと、Boilするときには設定ダイアルを220-240度に合わせろと書いてある。この器具の沸騰温度は220度なのかと思いつつ(笑)、その通りにしてみますと加熱インジケータがオンになり、そのまま過熱を続けました。結果的に約20分で沸騰。水を入れた量ですが、内鍋の3分の2ぐらいの量。

蓋を外してみますといつになっても沸騰しません。ワット数は1500ワットですからそれなりに強力だと思うのですが、ま、こんな程度。

私がやりたいのは80度ぐらいでのホールドですので、お湯を捨ててまた水を入れ、温度設定ダイアルを80度にし、放置して今様子を見ています。30分以上経ちましたが過熱インジケータは付いたり消えたりしながらやっと70度。まぁ、これがスロークッカーだと思えばゆっくり温度上昇するのはそれで良いのですが、どうもサーモスタットの働きが期待通りではなさそう。

ちなみにスロークックをするときには温度設定を120-140にしろとマニュアルに書いてあります。これも不思議ですよね。一般的なシチュー系でしたら100度を超えることもないでしょうに、どういうふうになっているのかさっぱりわからず。

フライヤーとして期待しているのですが、揚げ物の場合は180-220度に合わせろと。ま、それはそれで良いにしても、私としては170度、180度、190度の3つの温度を使い分けたくて、温度が下ればすぐ設定温度に回復してくれるのを期待していましたが、それは駄目そうです。

オモチャだろうとは思っていましたが、これじゃ遊ぶことも出来ません。

買ったお店のそのページにレビューが乗っていますが、全部で99件。評価は星4つ半で4.7 outo of 5という、珍しいほどの高得点。私のが壊れているのかなぁ。

ま、温度設定ダイアルの数字を無視して、自分の温度計で温度を計りながら適当に調節するしかなさそうです。

でも考えてみますと、私みたいなド素人が低温調理に目覚めて、温度調節が正確でないとダメだなんて騒いでいますが、世の中ってそういう風にはなっていないのかもしれないと思いました。ヨメさんが私に「温度男」という素晴らしい(笑)ニックネームを付けましたが、温度を気にしながら調理する人って少ないんでしょうね。まぁ、温泉卵じゃローストビーフじゃと普段作る人は多くはないだろうし、まさか1-2度の違いで出来上がりが全く違うなんて知らない人のほうが多いのかも。で、その時その時出来上がりが違っていても、「おお、今日はうまく出来た」なんて感じでやっているのでしょうか。

これとほぼ同じものが日本のアマゾンでも売られていますが、まぁまぁの好評価。そんなもんなんでしょうか。

自分の存在が「場違い」の様な気がしてきましたわ。(笑)

でも私のが壊れているとは思わないんですよ。やっぱり・・って感じで、わけのわからないマニュアルですが、その通りにやれば普通に料理が出来るのはわかりますし、ただ単に作るだけならフライだろうがシチューだろうが作れるわけで、温度がどうちゃらこうちゃら言う人って極々少数派なんでしょうね。もしサーモスタットが壊れているとしたら、マニュアル通りに作ったら大変なことになりますもんね。だからこれはこういう器械なんだろうと思います。

意外にヨメさんはこういう機械を使いこなすかもしれないと思いました。理屈ではなくて結果だけを見る人ですから、特徴を見抜いて使いこなせば良いだけなのかも。

でもやっぱりおかしいですよね。車だって時速100キロと表示されれば100キロじゃないと困るし、クルーズコントロールを100キロに合わせているのに実際には65キロで走ってるなんてあり得ませんもの。

さてさて、これを使いこなす方向で行くべきでしょうか、それともさっさと見切りをつけるべきでしょうか。

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

マルチクッカーが来たけれど・・・” への8件のコメント

  1. 一時期の日本の電気炊飯器にご要望の低温調理可能な機能がついたものがあったようです。サンヨー・パナ・シャープの炊飯器で「マルチ調理」でググっていただくと見つかるかと。ただもう中古でしか手に入らないと思いますし、おまけに海外だと難しいかもですね。私もヤフオクで物色中です、はい。

    • はーい、その三洋の炊飯器は知っております。私も以前、欲しいと思いました。友人にそれを紹介したら喜んで買ったのですが、先日聞きましたらもうとっくに違うのを使っていると聞いてがっかり。(笑)

      今はかなり精度の高い低温調理機を持っていますので、炊飯器で温度調節が出来るものは必要ありません。ただ、このマルチクッカーはいろいろできますし、また低温調理の中の「比較的高い温度で大量の素材を調理する」目的のためだけにほしいと思ったのです。

      あの機種をお探しのようですが、もし低温調理に興味が有るのでしたら、あれはやめたほうが良いと思います。理由はいろいろありますが、近年は専用機の良い物が多く出てくるようになりましたし(三洋があれを売っている頃には安くて性能の良い専用機はなかった)、また細かいことに関してはある日記にまとめましたのでそれを読んで頂ければわかると思います。(低温調理のまとめ 理論、器具、ノウハウというエントリーで右の欄から飛べます)

      そもそも低温調理はかなりの長時間調理しますし、それですとご飯が炊けなくなります。もし炊飯器を二台持ちするとしたらもったいなく、それなら低温調理専用機を買われたほうが良いと思います。

      • アドバイスありがとうございます。やはり素直に専用機器を購入したほうが良さそうですね。色々調べてバケツヒーターや観賞魚用のサーモスタットヒーターまで探したのですが(笑)。個人輸入に初挑戦してみますか~

        • しかしなんで日本のメーカーは専用機を売らないんですかね。本当に不思議です。もっと凄いのが簡単に作れるはずなのに。

          でもサンヨーのあの炊飯器もパナソニックは販売しない、というかあの機能をはずしましたが、日本のメーカーは「事故」を怖がっているような気もするんです。

          自動掃除機のルンバが世界で大ヒットしているのに日本のメーカーはあの手を作りませんよね(今はあるのかもしれませんが)。あれも万が一の事故を想定しているからと聞いたことがあります。

          低温調理機も使い方を間違えると食中毒を起こしますし、それを気にしているのかと思ったり。でもヨーグルトメーカーは作って売るわけだからわけが分からず。

          数が売れないと読んでいるんでしょうね。

          専用機は水温の温度を測るタイプが普通ですから、そうではないタイプの温度調整機能とは別格だと思っています。是非正確な温度調整で、1度2度の違いで出来上がりが違うこと、そしてそれをコントロールすれば自分の狙うものが完璧に、そして何度でも全く同じものが作れる面白さを体験して頂きたいと思います。

          ただ、個人輸入の場合、故障があると困りますね。かなり面倒なことになると思います。

  2. いきなりですが温度ダイヤルが華氏なのでは?と思いました。
    華氏212度が摂氏100度なんで
    ちなみに華氏120-140は摂氏50-60度でもあるんで。
    もうお気づきかもしれませんが蛇足まで

    • どもどもご心配して頂きすいませんです。

      この器具の設定可能最高温度は220-240ですし摂氏に間違いはありません。

      要は温度表記がしてあるダイアルは温度調節のためではなくてワット数を変えるんですね。弱、中、強とかと同じ。ただサーモスタットが付いていますから設定温度以上にはならない(多分)というだけのもの。

      ですから一定の温度まで急速に持ち上げてそれを維持するとか(揚げ物)とか、それ向きではないんですね。

      いつかその内、その温度になりますという器具。

      もし立ち上がりを早くしたければ、最高温度のメモリに合わせ(最高ワット数になる)、目標の温度になったら(自分の温度計を使う)、メモリをその温度に合わすようにするしかないと思います。

      • それはどうしようも無い…
        しかしなんとも理解し難い機械だったのですね。
        それはそれとして一連の記事大変楽しく参考にさせて頂いています。
        ウチではまとめページでご紹介していた「プロが使うタイプ」(科学実験用)の恒温器を使用して低温調理を楽しんでいます。
        こういったものも大分安くなり5万前後で購入が可能になりました。
        これからも記事楽しみに拝見させて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です