パイ生地で作るチーズ風味スティックのリベンジ

昨日作りました余ったパイ生地で作るチーズ風味のスティックですが、失敗でした。

美味しいことは美味しいですが、苦味があります。あれじゃ売り物にはなりません。(笑)

でもどうにも出来ないことでもなさそうですので、ちょっと実験してみました。

まず、ハーブ類は焦げると思うので、胡椒を少々振るだけにしました。胡椒も焦げやすいですが・・・。^^

そしてチーズをタップリ使いました。こんな感じ。

RX1R-02955

チーズは細く細かく削らなくてはならないのですが、我が家にはチーズ用の下ろし金がありませんので、チェダーチーズを普通の下ろし金で削ったものと、刻んで売っているモッツァレラチーズをそのまま使いました。これにラップを掛けて上から強く押しつぶします。

それを3センチぐらいの幅(昨日は2センチ程度)で切り、捩じりますが、2つはチーズが乗っている方を内側にし、他のは外側になるように捩じりました。チーズが細かくないのでうまく馴染みません。

RX1R-02957

これを200度で焼いたのですが、途中で見たところ、これじゃ駄目だと思いました。大量のチーズが流れでて、どうみてもチーズの中でスティックが泳いでいる、まさにチーズフォンデュみたいでしたから。でもそのまま焼き続けました所、どうにかなりそうになってきました。

RX1R-02959

でもまだベトっとした感じがあるので、もう少し焼いてみました。(もしかするとここで取り出して冷やすと固くなるのかも)

RX1R-02961

焼き過ぎ~~~~~。ったくも~~~~~。

最後はしっかり見ていて、調度良い所で出せば良かったものの、適当にタイマーを付けて放置しましたので(アホだ~~)焼き過ぎになりました。orz

でも昨日のような苦味は「殆ど」なく、ちょっと焦げてるなという感じ。きっと2,3分前に出していたなら調度良かったろうと思います。

また、チーズを内側、外側と二種類の捩じり方をしましたが、大きな違いはないものの内側にして巻いたほうが良いと思います。決してまずいわけじゃないし、パリパリのサクサクの感触は良いと思います。

しかしこれって難しいと思います。チーズの種類によって溶け方、焦げ方が違いますし、焼く時間も結構微妙。早ければベチョっとしますし、長ければ焦げちゃう。

チーズってそのものをフライパンで焼いてパリパリのお煎餅みたいにして食べるのも面白いと思うのですが、あれも難しいんですね。何度かやりましたが多くは焦げちゃう。でも時間が短いとお煎餅みたいにはならない。それと今回のスティックも全く同じだと思いました。

テストをしながら何本も食べますと、「もう食いたくねぇ~~~」状態になります。(笑)

こんなもの作ってどうすんだ?みたいな気分にもなってくるのですが、もしかしたらチーズは忘れたほうが精神的な健康を保てるかもしれません。味見をしながら思ったのですが、これって甘くてシナモンの味でもしたほうが美味しいんじゃないかってこと。内側にマーマレードでも薄く塗ったら良いかも。良いオヤツになりそうです。

ま、正直な所、今の時点ではもう「チーズ味はいらね~~~」って思ってます。(笑)

ただ、わざわざ作るべきほどのものではないですが、余ったパイ生地で作るオヤツとしては良いと思います。

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *