アップルパイで遊んでみた

スカイプをしていたところ、甘いもの好きな方がアップルパイの話をしだして・・・・

ったくも~~。私もアップルパイは好きなのっ!糖質制限してるのに悪魔の囁き・・・・

ということで作ることにしました。

ヨメさんと息子に、「アップルパイを作るけれど食べるか?」と聞いた所、「食べる~~」「食べる~~」の返事。返事がよろしい。幼稚園みたい。

しかし、糖質制限中の私が作るアップルパイには砂糖を入れることは出来ません。

「でも、砂糖なしだぞ」と言ったところ、なんやら気に入らないようでブツブツ言っています。しかたがないので、「じゃぁ、蜂蜜をちょっと入れるということで手を打とう」で決まり。(笑)

リンゴはこれ一種類のみ。

RX1R-02908

いつもは鍋でりんごを煮るのですが、今日はフライパンでやってみました。これだと水分が結構飛ぶのでこの方が良い感じ。これからはフライパンでやることにします。

多めのバターを溶かしてから少量の小麦粉を入れちゃんと炒めます。その後にリンゴを投入、頃合いを見て蜂蜜、レモン汁、シナモンたっぷり、ナツメグ少々を入れ、リンゴのシャキシャキ感が残っているところで火からおろして冷ましておきます。

RX1R-02910

いつもアップルパイに使うのは冷凍のパイ生地で多層のもの。でもこれ、ちょっと薄すぎるんです。でも二枚合わさないと駄目ってほどでもなくて、ちょっと使いづらい感じ。

まずは最初の一つ。日本男子としては飾りに「桜の花」を散らしてあるのがわかるでしょうか。(笑)

RX1R-02911

桜の花の形のパイ生地は型で抜くわけですが、この桜の型だけありました。ヨメさんに「他の型はないの?」と聞きました所、「もう子供もいなくなったから必要ないし、あげちゃったのよ。でも桜だけは使うから残してある。」とのこと。

子供はここに一人いるのを忘れちゃっているようですねぇ。ジジーこいている子供ですが。(笑)

でもま、アンパンマンやキティちゃんがあってもしょうがないので、桜で我慢。

なんだか納得がいかないというか面白く無いので、ケーキを作る時に使う器、あれなんていうんでしたっけ?バネで底が外れるようになっているやつ。あれに入れて焼いて、途中から出してしっかり焼く、みたいなややこしいことをやってみました。それで高さを稼ぐわけです。生地が薄いので生地だけでは背の高さを出せませんから。また上部は全部覆うこと無く、桜の花をこれまた散らしてみました。

でもなんだか潰れたアンパンマンに見えて、これもまた納得いかず。

RX1R-02928

こんなものを作っているとヨメさんにバカにされますので、普通に作ることにしました。そして装飾はなんと細く切ったパイ生地で作った「三つ編み」(笑)。そして上にはブラックベリーを乗せました。

これは結構いい感じでブラックベリーも良いアクセントになりました。三つ編みですが、結構作るのは大変ですが焼いてしまうと全く目立ちません。がっかり。

RX1R-02917

しかしアップルパイの大きさって結構大事だと思っていて、いつも私が作るのは大きすぎるような気がします。そのくせパイ生地が薄く、パイ生地が好きな私としては欲求不満。

ということで、一口サイズにしてパイ生地を多く使う方法を考えました。リンゴは少なくして、春巻きのようにぐるぐる巻きにする。この大きさ、パイ生地とリンゴの量の比率は私はこれが一番だと思いました。

左のは二口サイズ。桜の花(笑)。右側は一口サイズで三つ編みにしたパイ生地で飾りました。

RX1R-02940

段々と自分の好みに合ってきましたので、最後はこれがベスト!というのを作ってみました。

我らがご先祖様に習って、縄文土器を真似ました。パイ生地を多く使いたいので、1センチ幅に切ったものを捻って長い綱状のものを作り、それでグルグル巻いて底の部分を作ります。捩じるときには中に空洞が出来るように捩じり、潰さないようにします。その方がパフパフ感が出ますし。

RX1R-02919

同じような綱状のものでトグロを巻いた状態にします。

RX1R-02921

それをいくつか重ねて整形して「縄文土器」の完成。(笑)

RX1R-02924

大きさも一口サイズですし、中には少量のりんごを入れて焼きます。焼きあがったらワンポイントのブラックベリーを乗せます。このブラックベリーは甘く煮てあるわけでもなく、ただそのまんま乗せただけ。(笑)

RX1R-02936

う~~~む、この縄文土器式アップルパイが一番良かったです。大きさも一口サイズで口の中に放り込めますし、少量の結構甘くてレモンとシナモンが効いているリンゴがあって、そしてたっぷりのパイ生地。捻ってあるものを使ったので厚みがあってサクサクして良い感じ。甘くないブラックベリーの酸っぱさも良い感じ。

美味しかった~~~~~。

でも面倒臭かった~~~~~。 (笑)

今後作るときにはやっぱり一口サイズが良さそうです。そして薄すぎるパイ生地を多めに使ったほうがバランスが良い感じ。

ご馳走様~~~~~。

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

アップルパイで遊んでみた” への4件のコメント

  1. 縄文土器式アップルパイ、美味しそうですね~。今度作ってみます。

    • 楽しみながら作ってくださいね~。まじめに作ると落ち込むと思いますから。 (笑)

  2. 美味しそうですね~

    しかし、daboさん糖質制限中なのによく作る気になりますね。

    私は自制心が崩壊しそうで無理です。

    運動をして食べた分を消費すればいいだけなんですが、1時間ジョギングしても200~300kcalしか消費できませんから、ホンのちょっとしか食べられませんよね。

    私は甘いものは食べ始めるとちょっとでは済まないのでなるべく遠ざけています。

    蜂蜜なんてずいぶんとご無沙汰です。

    甘くて美味しいんでしょうね~

    我が家は砂糖の代わりにラカンカットやマービーという糖尿病患者が使用する甘味料を料理に使用しています。

    はじめはちょっと癖が気になりましたが、使ってるうちに慣れました。

    砂糖の代用品としてはいいと思いますよ。

    機会があればお試しあれ。

    • 確かにアップルパイなんて最悪ですね。パイ生地も中身も糖質の固まりですから。

      ただ効果の程は良くわからないのですが、昔から糖質を取るときには「全体の糖質量」「全体のカロリー」を極端に抑えることにしています。つまりアップルパイを食べた時には「他には何も食べない」ぐらいの感じ。 (笑)

      ですから「デザート」という概念は完全に排除しています。

      代替甘味料に関してですが、日本は結構良い物があるようですね。こちらで売られているものはほぼ全て試しましたが、やっぱり美味しくないんです。甘くてもやっぱり違う我慢を強いられる。

      だったら甘さとはもうおさらばしようなんて気にもなってくるのですが、それに慣れてくると「半端じゃなく甘さに敏感になる」んですね。ですから今回のアップルパイも私は「甘すぎる」ぐらいなんですが、ヨメさんは砂糖をかけて食べていました。私はりんごの甘さだけでも甘すぎるぐらいに感じるのに。

      ですから基本的には「甘さを欲しがる欲求」はコントロールできているとは思うのですが、パイ生地にしても果糖にしても糖質量は半端ではないですから本来食べるべきではないですね。

      自分に対してはアップルパイを食べるのなら、その日、次の日は、糖質はもちろんカロリーも極端に下げるという「罰」を課することにしています。そうじゃないと毎日アップルパイを食べることにもなりそうで・・・  (笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *