韓国食材がどんどん良くなってきている

海外住まいで困るのが和食。そして和食材ですが、多くの人が中国や韓国の食材を使っているはず。

我が家もそうで、特定のブランド品じゃないと駄目ってのは別にして、粉類とか冷凍モノは日本食材店で買うと「高いだけ」みたいなものが多いと思っています。

とは言うものの、食の安全とかが気になりますし、やっぱり「安かろう、悪かろう」のイメージは常にありました。

ところがこの数年、韓国ものも中国ものもかなり良くなってきているんですね。まだまだ恐ろしげで手を出したくないものもたくさんありますが、韓国物はかなり良くなってきていると思います。

もしかしたら、我家の場合、一番お世話になっているのは韓国食材店かもです。値段が全然違うのね。

今日は美味しそうな鯖を見つけました。以前から韓国物の鯖を買うことが多かったのですが、今日見つけたのは今まででベストですし、これだけの鯖は日本食材店でも売っていません。鯖と言っても開きで「一夜干し」だろうと思います。

頭を落とした状態で30センチ以上ある大型。

RX1R-02895

私は鯖は小型のは全く食べる気がしなくて、大型の脂がジュルジュル出てくるようなのが好きなんですが、大きさとしてはこれは文句なしです。そしてこれは「マサバ」ですね。「ゴマサバ」ではない。ま、どちらが良いのかって難しいところですが、私は昔から釣りをしていまして、ゴマサバって外道の部類なんですね。いくらでも釣れて、全く嬉しくないのがゴマサバ。市場価格もマサバの3分の1ぐらいかもしれません。

ゴマサバでも型が良ければ、またマサバが美味しくなくなる時期とかはゴマサバのほうが良いとは思いますが、小型のものはどうにもならず。でもここまでの大きさがあれば、これがマサバではなくてゴマサバだとしても全く文句なしです。

我が家は煙を出せる環境ではないので、魚を焼くときもフライパンです。ノンスティックの紙を敷いて焼きます。

RX1R-02899

焼き鯖となれば当然、大根おろしが欲しいわけですが、これっぽっちの大根を一々おろすのは面倒ですので、興味本位で買った「フリーズドライ」の大根おろしを使ってみました。

RX1R-02901

本来はこれを水で戻すのですが、前にそれをやった時に「グズグズ」「ベチャベチャ」「歯ごたえなし」「味もなし」状態でしたので、今回は醤油をそのまま掛けて戻しました。

RX1R-02903

でもこれも駄目。まぁしょっぱすぎてどうにもならず。でも無いよりかはあったほうが良し。冷蔵庫の中に大根はあるのに、こんな中途半端なもので食べようとする自分がアホに思えましたが、ま、これも経験。(笑)

RX1R-02906

見た目は悪いですが、結構美味しいと思いました。日本食材店で売っているものより良いと思います。そして安い!

話は全く変わりますが、前の日記に、「ハムやソーセージは恐ろしい作り方がされている」というのを書きました(ここをクリック)。製造過程を知らない方がおかしいのかもしれませんが、ハムなぞは針が何百本も付いている注射器で、水やタンパク質、味の元になるものを肉そのものの50~100%も注入すると聞いてびっくりしました。最終的にはそれで肉の重さより150%重いようなハムになり、製造期間の短縮にも繋がると。

そもそもハムって手をかけているのに肉そのものより安いってのがおかしいですよね。ここにその謎が隠れている。だから良いハムはとんでもなく高い価格なのでしょう。

それとですね、そういう「溶剤」を注射するのは「魚も同じ」なんだそうです。

生魚には流石にやらないようですが、このような干し物とか、切り身の冷凍はまずそれがなされていると思って間違いがないとのこと。本当ですかね。

そういう処理がなされているかどうかを確かめるのは簡単で、背骨の脆さを見ればわかるとのこと。何百本の注射針を刺すわけですから、背骨には穴があく。だから背骨を曲げてみると簡単に折れる。

今日の鯖もそれをやってみたところ、簡単に折れました。(笑)

私は結構ホッケが好きなんですが、定食屋で出されているようなものはやっぱりその類だそうです。またフライにするような切り身もそうなんだそうです。

注射針で溶液を注入すれば、そりゃしっとりもしますし、油成分も入れれば、「脂が乗ってるね~~」なんてことにもなるんでしょう。

ハムにしても美味しいのならそれで良いとは思うのですが、そういう処理がされているというのが全く消費者には見えないってのはうまくないと思います。

こんなことをするのが業界の常識だなんて知らないほうが良かったかも。  (笑)

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

韓国食材がどんどん良くなってきている” への4件のコメント

  1. 韓国食品を食べるのはちょっと勇気が要りますね。

    我が家では食品に関してはフリーチャイナ、フリーコリアを実践していますがなかなか100%は無理ですね。

    なにかしらに韓国産、中国産は混じっていますから。

    数年前にアメリカのFDAでは韓国産の貝類は人糞汚染がひどく輸入禁止にしましたよね?

    韓国人は自分が食べられないご飯には灰をかけるという連中ですから、まして他人が食べる輸出品などに品質の良いものを提供しようなどとは夢々思わないでしょう。

    こんなこと↓ をする連中ですから。。。

    https://www.youtube.com/watch?v=ffqz1ctYnjI

    • 私は「自己責任」で行くしか無いと思うんですよ。ですから「韓国産」「中国産」と大きな括りで考えることはしないようにしています。「日本産」は別ですが。(笑)

      でも世界中が「金儲け」に走る時代で、モラルの低下はどこにでもありそうで、前の日記に紹介したあの「雪印」にしても嘘だろ?みたいに思いましたし、メーカーとかその特定の商品が大丈夫かどうかは「自分の目」で見て判断するしか無いと思います。

      ご紹介のビデオを見ましたが凄いですね。

      でもそもそも「食」ってああいう危険性がいつもあるという認識を私はしていまして、韓国産、中国産を排除すれば良いということでもないと思っています。若いころにグアムでかなり劣悪な環境を経験しまして、「しっかり見て、匂いも嗅ぎながら確かめる(笑)」ことをしないで済むほうがおかしいと考えます。

      安全を確保するのは提供者の義務ではありますが、そもそもそんなものは信用しないという考え方です。

      これからマレーシアにも行くわけですが、あの国のスーパーや商店で売られているものを見るといろいろ感じますし、やっぱり「自己責任」でやるしかなさそうです。

      中国人は自国の食品の怖さをよく知っているようで、神経質な人は半端じゃなく神経質になっているようですが、あの姿が本来あるべきなんだろうと思うのです。

      世界のどんな僻地へ行こうとそこでどうやって食の安全を確保するべきか考える。それが私の基本です(笑)。「安全であることが当たり前の日本」こそが世界の中では「異常」だと思ってます。

  2. >「安全であることが当たり前の日本」こそが世界の中では「異常」だと思ってます。

    そうですね。安全が当たり前な社会だなんて人間社会としては「理想」に近い、「特別」な状況だと思います。

    世界でも稀なこのような安全な社会環境を築いてくれた先人に感謝すると同時に、我々の世代で「世界標準」や「普通の社会」にしてしまわないようにしなくてはなりません。

    かなり大変なことです。

    • ですよね~。

      TPPにしてもそうだし、これからどんどん移民も増えるんだろうし、日本は大変ですね。

      世界を見ても、結局問題点は貧困と格差に集約できるみたいですし、そこのところをうまく切り抜けてくれれば日本は保てると思うんですが、悪い意味でもグローバル化してくるとうまくなさそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *