三代目のスロークッカーを買おうと思うのだけれど・・

今のスロークッカーは二台目で別に問題があるわけでもないのですが、やっぱり多機能のものが欲しい。その機能とはもちろん「温度調節機能」。

これがあれば低温調理(湯煎)にも使えるし、スープや料理そのものを好きな温度で調理が可能ということ。

そんなものが必要なのかどうか。さて、そこは疑問。(笑)

ただ調理実験をいろいろやっていると、今の環境ではどうしても真似できないレシピが出てくるんですよ。それは何かというと、中華でスープを80度で蒸らすとか。あるいは洋食では非常に頻繁に出てくるコッコーヴァン(Coq Au Vin)という鶏の煮込み料理みたいに、フライパンで焼いてからオーブンでじっくり火を入れるという調理法。中華なら蒸し器、洋食ならオーブンを使うわけですが、我が家には蒸し器は無いし、オーブンは使用できない状態。またもし出来たとしても温度管理が難しいんですね。材料の中に温度計を入れておいて管理するオーブン料理みたいなことになる。

これって素人にはかなりの重荷なわけです。

でももしスロークッカーのようなものに温度調節機能があれば、それが簡単にできることになる。ターゲットの温度で保持すれば良いんですから。

オーストラリアでは温度調節機能があるスロークッカー、いや、低温調理(Sous Vide)とスロークッカーの両方の機能がある製品がSunbeam社から売りだされています。前に何度か紹介したことがありますが、これ。

38702

MU4000 Duos™ Sous Vide & Slow Cooker  ←クリック

これの取扱説明書がありましたのでそれを見てみたのですが(これ クリック)、案の定、詳しいスペックが書いてありません。低温調理機(Sous Vide)として温度調節が40~90度まで一度単位で出来ること、そしてスロークッカーとしてはLow,High,Warmがあるというだけで、何ワットの伝熱機が搭載されているかとか、Low,Highは何ワットかとかそんなことも書いてない。それどころか、やっぱりLowは温度が低いと勘違いするようなことが書いてある。

機能がわかる表がありますが、この程度のことしか書いていない。

2015-03-07_23h52_39

この表のDefault Cooking Temperatureを見てください。スロークッキングの機能はLowと書いてある。これってデフォルトの温度設定はLOWって意味ですね。でもスロークッカーは温度調節が出来ずに、LowでもHighでも沸騰状態にまで達するわけですから、温度設定という言い方そのものが正確ではない。

私がスロークッカーは誤解を招く器具だというのはこういうことなんですよ。サーモスタットが付いているとも書いてありませんが、この機種に限っては低温調理機能があるのだから間違いなくサーモスタットは付いているはずだと想像するしかない。これはオーストラリアで売っているスロークッカーのほとんどがこんな感じです。でも中には「温度調節は出来ない」と親切に書いてあるメーカーも有る。(笑)

普通、日本ですとメーカーに電話をすればすぐにわかりますよね。販売店だって良く知っている。また日本で売られている製品のサイトを見てみると、きっちり仕様が書いてあるケースが多い。

こういうところが工業先進国と普通の国の違いなんですね。また顧客サービスの考え方がまるで違いますから、電話をしたところで、今私が見た取扱説明書を見てくださいと言うか、あるいはそれを見ながら説明をするかどちらか。書いていないことを聞くと「わかりません」で終わるのが普通。そこを突っ込んでも話が先に進むかどうか、これが難しいんですね。下手をすると「そういうことがわからなくても、書いてある通りにすればちゃんと料理ができます」ぐらいのことを言われてしまう。またこのメーカーはSunbeam社ですが、ここはかなり多くの製品を扱っているんですね。でもメーカーではないというか、中国で作られているものに自社名を付けて売っているだけのよくあるパターンだろうと私は想像しています。小国のメーカーってそんなものでしょう。

あとやっぱり参考にしたい口コミですが、これがほとんど無いのが普通。またあったにしても日本人みたいに突っ込んだレポートがないのね。便利だとか気に入っているとかそんな程度。

スロークッカーの中には良い物もあるのではないかとも思って、また最近はいろいろ出ているはずですからどんな製品があるのか調べてみました。すると、なんとオーストラリアでは44機種もあった。

Slow Cookers Reviews – ProductReview.com.au
44機種もあった。(笑)

これを一つ一つ調べているのですが、気が遠くなりそうです。今の私はスロークッカーがどういうものかわかっていますので、仕様書を見ればだいたい分かるのですが、仕様書そのものがないのが多いんです。上に紹介したサンビームのスロークッカー&低温調理機も同じ。

でもいくつか面白そうなのも見つけました。以前、読者に紹介されたもの(日本で売っている)と同じだろうと思うのですが、マルチクッカーとでもいうのでしょうか、様々な調理ができるものがありました。我が家にはフライヤーもないのですが、油の様子を見て温度が高いとかまだ低いとかそういうことがきっちりわかる私ではありませんから、揚げ物をするときには必ず温度計を使います。

でももし175度なら175度をきっちりキープしてくれるフライヤーがあったらどれだけ助かることか。それもワット数が高くて、材料を多めに入れても短い時間で設定温度まで戻してくれるフライヤーがあったらいいなと、揚げ物をするたびに思っています。

で、これも良いかなと。8in1で、8種類の調理ができるとのこと。80ドルですと。安い!

product1_91848_600x600

オーストラリアではSheffield 8 in 1 Cooking Masterという商品名ですが、日本ではアマゾンでWonderCooker/ワンダークッカー DF-2828Aとして売られているもの。12,300円。あれれ、オーストラリアのほうが安い。こういうこともあるんですねぇ。容量が違うのかも。

Amazon.co.jp: 1台8役 WonderCooker/ワンダークッカー DF-2828A: ホーム&キッチン

詳しい仕様書はないのですが、パワーは1500ワット。これはかなり良いと思います。ただ、温度調節が80~240度。う~~~む、微妙。これでは低温調理機としてはまるで使えません。最低温度が炊飯器の「保温」より温度が高いんですから。ただし、今回、私が新しいスロークッカーが欲しいと思ったのは80度くらいでキープしたいからですから、これでも大丈夫かもしれません。でもそれは低温調理機を持っているからであって、これで低温調理機の代用は不可能。

難しいですねぇ。もしこれが50度からの設定ができればこれで決まりなんですが。

これにしようかなぁ。これが今持っているスロークッカーの代わりになるのかどうか。ワット数が1500ワットってかなり強力なわけですが、スロークッカーの良さは50-60度辺りの「美味しくなる温度」をゆっくり通り過ぎて行くところにあると思うんですよ。あっという間に100度に達したら意味が無い。ただフライも出来る、炒めものも、蒸し物もできるのは良いかも。シチューとかカレーも炒めるものは炒めて、その後、ゆっくり80度ぐらいで調理するとか出来るわけだから。

8種類の調理ができるということですが、それぞれ切り替えるとどう違いがあるのかの詳しいことがまるでわかりません。でもユーチューブにいろいろ映像は出ているので、そこから判断すると8種類の調理とは温度設定が違うだけの様子。ま、値段が値段ですからややこしい機能があるわけでもないのでしょう。

でもこの製品に心が惹かれる・・・・。

その理由ですが、これって煮物ができるわけですよね。それも電源があれば良い。つまり、家の中ではやりたくない豚足の煮込みもベランダに出せば出来ちゃうってこと。(笑)

蓋で密封できるということは、これでスモークもできるかもしれない。

問題はヨメさんにどういう言い訳をするか・・。 (笑)

シンガポールのテレビ通販の動画。

--------(後記)----------

口コミを見つけました。

○ 容器のコーティングがすぐに剥げてしまう。特に電熱器の位置。
○ 水蒸気が蓋の隙間から下向きに吹き出て、テーブルが水浸しになる。中の水分がすぐになくなって焦げ付くことがある。
○ タイマーは120分までしかなく、スロークッカーとして使えない(放置できない)。

日本製の製品だとこういうことはないんでしょうね。海外ものって難しい。

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

三代目のスロークッカーを買おうと思うのだけれど・・” への11件のコメント

  1. もうちょっと説明書を良く見ましょうよ。MU4000説明書の9ページにLowで沸騰すると書いてありますよ。
    そして、何度も言いますが、スロークッカーの料理「スロークック」は料理では1カテゴリー言いますか、1ジャンル言いますか、「スロークック料理」で確立されているんです。LowでもHighでも沸騰状態にまで達すると貴方も言っている通り、スロークッカーとはそう言うものでないと困るのです。例えば古いスロークッカーから買い替えた方がスロークックモードで前の機種とあまりに違う設定だと戸惑うでしょ。スロークッカーとは煮込み鍋でありそう言うものであり常識なんですよ。確立されたスロークッカーのメニューがあり、どのスロークッカーでも同じ様にできる。それが製品として大事な事なんです。そして、モードが2つ分けてある理由も考えれば、おのずと分かるでしょう。スロークックモードで沸騰以下になる意味はないでしょう。沸騰以下にしたければスーヴィッドモードにすればいいわけだし。
    要はスーヴィッドモード90℃以下 スロークックモード沸騰 。この仕様書見て貴方に大事なのは設定上90~100℃は調整できないという事を読み取らなければならない。説明書を良く読むとスーヴィッドモードについて詳しく書いてあります。私ならまず説明書通りの料理を何品か作り、満足出来るような出来になったらアレンジしていきます。日本のスロークッカーですが、角煮は代表料理で説明書のレシピ通り作れば失敗する方が難しいですよ。
    私は温度計測の仕事を25年やってきましたが、はっきりいいますと民生用の温度制御機能はただの目安にしかすぎません。食品衛生責任者の資格もございます。ここで何度と無く教わるのは食品衛生面の事です。スーヴィッド料理を広めるのは結構ですが、最低限「芯温度」の測定をしなければ危険です。お湯の温度でも無く表面の温度でも無く、素材の一番厚い部分の中心の温度が「芯温度」です。よく売っているキッチン温度計では全くあてになりません。Kタイプ熱電対のステンレス管を使用します。温度計とセンサー両方で日本では5,000円もあればそろいます。この組み合わせは仕事でも使える安定性と精度があります。スーヴィッド料理では安全性だけでなく仕上がりも芯温度の測定は欠かせません。特に鶏肉のスーヴィッド(低温調理)は芯温度測定無しでは常に危険が伴います。表面の菌だけを除去するのは難しいからです。

  2. スロークッカーってほとんどが陶器鍋でできていますが、なぜ陶器なのかわかりますか?実は陶器である事とその陶器が何であるかが結構重要なんですが、そう言う意味からするとこのMU4000って陶器鍋ではないので、陶器煮込み鍋の利点がありませんね。それは芯温度を測定すればすぐ分かるんですがね。

    • Lowで沸騰すると書いてあるのも当然わかってます。そもそもそれがスロークッカーですし、でもおかしな書き方もしているところを書いたわけです。

      大変申し訳無いですが、子供じゃないんですから90-100度での維持ができないことぐらいわかりますよ(コトコト煮るのは別にして)。でも「私」はその必要がない(今の時点では)し、80度辺りでの保持をすることが出来る器具を手に入れるのが目的ですから、それが出来るのか出来ないのかが最優先事項です。

      ただそれも低温調理機を使って出来ないこともありませんが、空気の循環が重要だと書いてある所も見つけ、低温調理機では実験程度のことしか出来ませんし、この際、新しいものを買おうか考えているということ。ガスストーブの火も弱いし、フライヤーもあれば嬉しいし、マルチクッカーは魅力的です。

      低温調理をする場合一番気をつけないとならないのは安全面で、それは常に書いています。でもま、何度も強調するべきことですから、貴方の指摘はよろしいと思います。

      このサンビームの製品の内鍋が陶器製ではないことに関しては、私も気になっています。マルチクッカーの方もそうで、こちらは非常に薄くペラペラの様子。

      でも80度近辺での保持が目的ですからその辺は妥協しようか考えている所。

      我が家の問題は、欲しい調理器具をどんどんプラスするわけにはいかず、もしどちらかを買うとなると今のスロークッカーはヨメに出さないとならないこと。ここが一番の悩みです。プラスアルファできるのなら、マルチクッカーに決まりで悩むことは皆無。

  3. まぁその程度の要求ならIH調理器で充分かと思いますが・・・そちらにあるか分かりませんが日本には1℃単位で調整できるIH調理器はありますよ。30℃~200℃。ただこれも表示はあくまでも目安表示。信頼できる外部温度計は必要です。

    • IH調理器でその30-200度の調節が効くというのを昨日偶然アマゾンで見つけました。かなり小型というか、ミニとのこと。

      ただ問題は精度で、口コミの中になぜかいつも設定温度より10度高くなるというのがありました。きっちり10度高いのならそれを計算に入れるだけで良いのですが(笑)、基本的にあの手の調理器具の温度計は全く当てにしていませんし、ましてや素材の温度を測っているわけでもありませんからアウト。

      温度計は低温調理の時にはかなりシビアに温度を決めますので、精度の高いものが欲しいと思っています。でもかなり高価なんですね。またそれでも誤差はある。

      この辺はブログに書いたことがありませんが、低温調理をする場合、その器具の温度表示にキャリブレーション機能があるのかないのかも大きなポイントだと思っています。ただそれとて温度帯によって誤差が違うでしょうが、自分のよく使う温度帯では高い精度が欲しいと思っています。

      でも誤差があるなら誤差があったで自分の料理スタイルは決まるわけですが、物差しがそれぞれ違うとなると情報交換が出来ないんですね。ローストビーフは58度で2時間だとしても、もし2度の狂いがあったら全く別ものになりますし。私の低温調理器具は自分の体温に合わせてキャリブーレションしましたが、1.5度近くの狂いがありました。でも今の状態が本当に正確かどうかはわからず。

      ただ今回の目的である80度前後でホールドというばあい、1,2度の違いで大きな影響があるとは思えないので、大雑把には見ていますが、10度も違うとなると話は別で・・・・

  4. 調整に対して温度が上下し、その温度が測定の結果自分の要求する温度範囲内であればことさら私は気にしませんが。逆に温度が近くても安定しない方が使いにくいと思います。私はこのIH調理器は持っていないので、どういう制御になっているか分かりませんが、一般論としてIHを除く電熱調理器の温度制御はON-OFF制御が普通です。ハンチングとオーバーシュートが大きく機器の温度センサー信号はノコギリ型になります。対してIH調理器はインバータによる火力の無段階調整が理論上可能なので、オーバーシュートとハンチングは小さくできPID制御に近い安定性が可能にはなっています。ただしセンサー部の温度がノコギリ型になっても料理は熱容量が大きいので芯温度はノコギリ型にはなりません。ここらへんはちょっと難しくなってきます。温度計は先ほども書きましたが、高い物も安いものもKタイプが測定できる温度計ならば使っている制御チップは同じ物です。本体が5000円程度のデジタルマルチメーターでスペックを表記しているならば、誤差はその範囲です。食品用はその狭い温度範囲で精度を稼いでいますが、誤差は同程度です。食品用は温度センサー(プローブ)が専用の物が多く、これが断線・故障すると入手困難で高価になります。温度の校正&キャリブレーションですが、これは1℃~2℃にこだわると相当の知識がないと無理と考えた方がよろしいかと思います。それは高精度の測定器自体が1℃以上の誤差を持っているからです。

    • 温度計の精度に関してはこだわりはあるものの所詮料理の範疇でしか無く、科学実験とは違いますからその辺は適当です。

      一番の問題は書きましたとおり「情報の共有」で大きな誤差がでることです。自分で作ってるぶんにはたとえ誤差があろうと、その温度で良ければそれで良いですが、他人様のレシピを真似するときに困るんですね。

      温泉卵やローストビーフを作るときに1,2度の温度が違うとかなり出来上がりが違って、おかしいなぁ、と思ったのがキッカケ。

      でも自分の精度が高かったにしても相手がどうだかわかりませんので、所詮無駄な抵抗だとは思いますが、「情報を共有」するときにはその辺を頭に入れて書き、読むことにしています。

  5. そうですか、まぁどう測ったか分からない他人のレシピの温度と比べるにしても自分の基準となるべきものが無ければどうしようもないとは思いますが・・・でもそこは趣味の範疇ですから人それぞれの考え方でしょうね。

    • 自分の温度は正しいという前提でそれぞれが動けば良いと思ってます。自分の中では自分の定規でどうにかなるわけですから。ただ、もし計るたびに値が違うというようなケースがあったら怖いですね。

      ネットを見ていても、温度計がおかしいんじゃないかと思うことがたまにあります。でもそれは写真を出してくれるからわかることであって、文字の説明だけではまったくわかりません。

      ただ先日見つけたサイトでローストビーフを作ったリポートがあったのですが、加熱時間が30分なんですよ。それで「生過ぎた。温度が低いのかな」なんて書いてありました。芯温が大事だということがわかっていないわけですが、まぁ、そういうことも含めて情報交換は簡単にはいかないと思いました。まだまだ基礎的なことさえわからずに手探りでやっている人が殆どですから。

  6. daboさんは、えらいですよ。実際に活動してるし、データーも残してるし、それでもなにか新しいものを探している。私の様なクドクドうるさい奴にもちゃんと解答してくれますしね。
    今回の新しい調理器買う時もかなり真剣に検討されてましたしね。まぁなんといいますか偉そうだとしたら申し訳ないのですが、昔の自分を見てるようで・・・なんか口を出したくなるといいますか。私は仕事柄計測オタクみたいなところありまして、料理をするのにそんなに計測器使うの?と言うほど揃え新しい調理家電が出るたびテストしています。オーストラリアは昔メルボルンに2ヶ月とシドニーに1月ほど滞在していましたよ。

    • はじめましてさんから見ると私は大雑把かもしれませんが、世間一般から言わせると「狂ってる」部類のようで、ヨメさんには「温度男」というあだ名を付けられました。

      でも実際に自分で作る場合にはあちこちにファジーな部分があるので、ある程度のところで諦めてはいるんですが、ネットの中にあるプロや専門家がきっちりしたデータを出して科学的に色々解明しようとしているのを読むのは非常に好きです。本当に面白いと思いますもの。

      今の時代、我々一般の料理の世界って私にしてみると「迷信の世界」に見えますし、プロがどんどん科学的な方向で進んでいるのに、一般はまるでそれにおいついていなくて差が開くばかりみたいに感じています。調理器具もそうですし。

      でもやっぱり趣味の世界、自分だけの世界でとどめようとも思うんです。ヨメさん相手にうんちくを言うようになったら殺されますから。 (笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *