スロークッカーに関するある日記を削除しました

このブログは料理関係を主にしているつもりはありませんが、いつのまにか料理関係が多くなってきています。いや、料理というか科学の実験に似た調理実験が主なのですが、調理器具にもいろいろ興味があります。

もう6何年ぐらい前になるでしょうか、スロークッカーなるものをテレビの広告(深夜に繰り返しやっているあのタイプ)で見まして、こりゃおもしろそうだと買ってみました。煮込みには使える器具で、これはこれで良いと思っていたのですが、私は大きな勘違いをしていました。このスロークッカーは「温度の切り替えが可能」だと信じ込んでいたのです。

ちょうど低温調理に興味が出だした頃でしたし、炊飯器の「保温」を使った調理もやり始めていましたので、専用機としてスロークッカーが使えたら良いですから。ただ、細かい温度調節はできないものの、炊飯器の「保温」を原点に考えれば良いと思っていました。ところが定温調理(低温ではない)の考え方でスロークッカーを使うと尽く失敗するのです。おかしいなぁと思いつつ、いつの頃か使わなくなっていました。

そしてその後、低温調理機を手に入れしばらく経った頃に、スロークッカーも使わないともったいないと思うようになり、でも定温調理(低温ではない)が出来ない理由を確かめようと思って調べたのです。つまり、スロークッカーで選択可能なLowとは、Highとは、KeepWarmとは何度であるか。

これは買う時点でも調べました。でもわかりませんでした。初代機が小さすぎたので二台目を電気屋で買った時にも確認をしましたが、販売員のいうことはあやふやでしたし、ネットで見てもはっきりした数字が出ていません。ただ70度位だ、90度位だという記述は見つけました。きっと製品によって違うのだろうと私は単純に考えていたわけです。また今では数度の違いが出来上がりに大きな違いとなって出るのがわかっていますが、当時は多少の違いは関係ないぐらいに考えていましたので、あえて深くは調べませんでした。

ところが数年経って、あらためてネットで調べました所、「温度切替は出来ない」という記述があるのを見つけました。まさかと思って調べていくとどうもそれに間違いがなく、Wikiやメーカーのサイトでそれが確認できました。

それでは定温調理ができないのは当たり前で、自分がそれに気が付かなかったこと、そしてネット内では温度切替が出来ると考えている人が多いこともあって(私はそれに釣られたという思いがあります)、「スロークッカーは使いものにならない」と感じました。元々の発端が「定温」「低温」調理であって、「煮込み」が主ではありませんでしたから、そう感じました。

これは私の誤解から生じたものですが、ネットの中には「温度切替が出来る」と思っている人が多いこともあり、そのへんの経緯をある日、日記に書いたのです。でもここに大きな誤算がありました。その日記のタイトルに「使いものにならない」という語句を入れたのです。

私としては「キャッチ」のつもりは全くありませんでしたが、グーグルの検索機能では「タイトルが重視される」んですね。また検索結果の表示には当然タイトルが表示される。そんな「強烈なタイトル」ですからどんどんそれで飛んでくる方が増えました。またそういう方が増えると、グーグルの検索結果表示ではどんどん上位に上がってくるんですね。

そして知らないうちに、グーグル検索で「スロークッカー」と入れると、私のそのページがトップに並ぶようになりました。となると益々アクセスも増えるという事となり、なんと、私のブログでもその日記が突出したアクセス一番になったのです。

私としては、私がどう誤解したのか、それによってどんな失敗をしたのか、そもそもスロークッカーとはどういう器具なのかを書いたつもりですが、多くの方はそれを快く思わなかったんですね。でもそれとは逆に、私のそれを見て理解が出来たというコメント、メッセーを受け取ることもありました。

私としては「スロークッカーはどういうものかわかって使う分には何の問題も無い」わけですし、「私のような誤解を持っている人は少なく無い」と感じていましたし、過去の出来事を書いたという認識で、その日記を放置しておりました。しかしスロークッカー自体は私は三代目の購入を考えているくらいなのですが、「つかいものにならない」という言葉がひとり歩きしてしまっているように感じました。

それに反発して怒りを感じる方のコメントをいくつか頂戴しておりましたが、それはそれとして「スロークッカーとは何か」がはっきりわかる日記だと思うので私はそのままで良いと思っていました。

ところがですね、とうとう「販売」をなさっている方からクレームが付いたのです。

日記をちゃんと読んでいただくと、私はスロークッカーをこき下ろすだけではなくて良い点は良い点として書いているし、どう使えば良いのか、誤解を持たなければ使い道はある、優っている点もあると書いたつもりですが、なんせ日記のタイトルが「使いものにならない」ですから、どうしても「スロークッカー否定」だと考える人が多いのだと思います。これは販売店としては面白く無いでしょうし、また興味があって調べている方々も私のダラダラした長文をきっちり読まずに、流し読みした印象としては「つかいものにならない」と受け止める方もいるんだろうと思いました。

使い物にならないと思ったのは私の誤解があったからでしかないのですが、それを十分に伝えることが出来なかったのは間違いがなく、販売店から実害がある、あるいは妨害であると言われれば、「スロークッカーは持っていたほうが良い」と考える私としては非常によろしくないことです。

ですのでその日記を削除することにしました。

一般論として書いてある内容がどういうものであろうと、書いたものを削除することが良いのかどうかという問題点があります。たかがブログですが、本来、間違えが見つかった、あるいは考え方が変わったとするなら、それを削除するのではなくて訂正するべきだと考えています。ただし、今回の場合は、内容的に「良い、悪い」に傾いた内容だとは私は思わないのですが、なんせ「使いものにならない」というタイトルが強烈過ぎたようです。これも「誤解をしていると使いものにならない」という意味で書いたものが、「スロークッカーを良いと思うのは誤解。使いものにならない」と読む方が多いことにも気が付きました。

ではタイトルだけ変更すれば良いのか、あるいは「(低温調理から考えると)使いものにならない」と書いたことだけ訂正すればよいのかを考えたのですが、最近は「スロークッカーは温度切替が出来ない」のは浸透しているように感じますし、どういう調理器具かというのは以前と違って(ここに異論もあるようですが)巷では理解が進んでいるようですので、私のあの日記そのものに存在価値はもう無いと判断し、販売に実害が出るようではとんでもない話ですので、削除することにしました。

スロークッカーは道具として使い方を間違わなければ家庭に一台あったほうが良い調理器具だと私は考えていますが、それとは逆のイメージを私自身が作っているとしたらその日記の存在自体、無い方が良いと考えました。

ご迷惑をお掛けした方々にはお詫び申し上げます。

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

スロークッカーに関するある日記を削除しました” への12件のコメント

    • うーーむ、私らしさってなんなのか良くわかりませんが、今回の件に関しては私も反省する部分は大いにあるんですよ。発端は私の「誤解」ですから。

      またコミュニケーションの難しさも痛感しました。どうもピントが合わないところで話が進んでいく苛立ちもありましたが、これって私のいつもダラダラ長文を書く癖も関係していると思いますし、話が通じないのは私のせいであろうと。

      ただ、思ったことは書く、遠慮はしないというスタンスは今まで通りで行くつもりです。(笑)

  1. 今日は仕事でちっちゃなミスしちゃいました。
    これからは気をつけないとなぁ。
    ダボさんは、人が言ってくれないような厳しい事を指摘してくださるので
    とても感謝しています。
    今までのダボさんが大好きです。

    • 厳しいことを言うのは、私がサディストだからかもですよ。(笑)

      先日、友人と話していて気がついたことがあるんですよ。自分の人生において「優しい理解者」と「悪態ばかり付く嫌なやつ」とどちらが自分にとって良かったかという話。

      当然、一般論としては、辛い時には慰めてくれて、愚痴も聞いてくれて、それでいて明日の希望に向かって歩けるように背中を押してくれる人が良いに決まっていますが、いや、実は違うのではないかという話になったのです。

      大勢の前で「お前はこんなことも出来ないのか」と罵倒され、恥ずかしく悔しい思いをしたことが何度もありますが、結局、ちくしょー、今に見てろと頑張ったのはそれがあったからじゃないかと。

      出来ないことでも「しょうがないよ。頑張ったんだから」なんて話を合わせてくれる人ばかりだったらどうなっただろうね、なんて話になったのです。

      そのこととこの日記のこととはまるで関係がありませんが、聞きたくない言葉の中に真実があるというのは間違いがないと思っています。職場にうるさい人がいたら、よーし、こいつに自分を認めさせてやろうなんてことにチャレンジするのも面白いかもですよ。自分に優しい人は、実はなんの役にも立っていないと考えてみるのも良いかも。

  2. 初めまして、北米在住のAです。私は半年前スロークッカーを購入しました。その前にいくつかのブログ記事を見て、ほうほうこういうものかと勉強させてもらいました。その中で一番ええっと最初思い、その後よく読んでスロークッカーが低温調理器ではないことを理解したのが使い物にならない、と書かれたダボさんの記事でした。
    販売元からクレームがあり記事が削除されたのは理解しました。同時に、私のようなあまり知識のなかった一般人がとても勉強になったなあ!とその性能を理解したうえで購入できた記事でもあると言いたいです。ありがとうございました。

    • Aさん、コメントを有難うございます。

      スロークッカーって煮物をやらせたら抜群だし、手抜き料理もできるしやっぱり一家に一台はあったほうが良いですよね。

      でもなぜかほとんどのスロークッカーには「Hi」と「Lo」といスイッチがある。これって「高い温度」「低い温度」だと誰しもが思うんじゃないですかね。もう何年も前ですが、販売店のスタッフに聞いても「Hiは90度ぐらい」「Loは70度ぐらい」なんて言っていたくらいです。

      まさかどちらも沸騰点まで上がって、それに掛かる時間が違うだけだなんて気が付きませんよねぇ。

      ま、そんなこともあったということで・・・。

      Aさんは低温調理はやらないんですか?面白いですよ~~~。

  3. SKさん、コメントを有難うございます。

    低温調理とは何かをどう考えるかによると思いますが、私にはスロークッカーではその手のコントローラーを付けても全く役に立ちません。低温調理器がまだ普及していない頃にはその手のコントローラーを導入しようと思いましたが。

    温度は正確であることが何よりも大事で、1-2度の違いでまるで違うものが出来てしまうのはご存知の通り。

    そういう意味で、スロークッカーには「攪拌機能」がないのでどうにもならないのです。冬のお風呂状態になります。嘘だと思ったら是非温度を測ってみてください。スロークッカーの中の温度差って結構ありますから。

    専用機に勝るものは無し。これが私の低温調理に関する考え方であり、読者にもそれをオススメしていく方針に変わりはありません。また専用機にもいろいろあって、正確さを求めると妥協できない点がいろいろあるのが実情。

  4. 確かに私もその点が気になって温度差を測ってみたことがあるのですが、目標温度に達する加熱過程では底部と上部で2〜3℃、目標温度に達してからはほぼ差はありませんでした。

    ダボさんが読者のことを考え専用機を勧めておられるのを踏まえた上で、スロークッカーが専用機に勝ることはない、その点については全く異論ありませんが、温度のバラツキについて計測しているのは水温であって重要なのは食材の中心温度ではないかと。

    そしてその中心温度は水温の平均温度になるのかなあと言うのが私がスロークッカーでの低温調理を許容する根拠です。食あたりは論外ですが、とりあえず入門用としては悪くないな、というのが使ってみた率直な感想です。

    実は私も過去inovaを買いたいと妻に掛け合ったのですが却下されてしまい、苦肉の策としてたどり着いた現状です。そのうち入手して違いを見てみたいと思ってます。

  5. SKさん

    結局ですね、「何をどんな風に作りたいのか」ってことなんですよ。

    例えば蒸し鶏を作るなら、面倒くさいことはしないで「炊飯器の保温機能を使う」ことでほぼ完璧なものができます。温度だって何度かなんて気にすることもない。

    では蒸し鶏は蒸し鶏でも「胸肉」を使ってやると、ちょっと違うなぁと思うようになる。

    ここがポイントで、「もも肉も胸肉も美味しく出来る~~」と喜ぶ人はそれ以上拘ることはしないのね。でも胸肉ともも肉のちょうどよい温度が違うことをわかった人はさてどうするべきか悩むわけですよ。これを突き詰めていくと1度2度の違うがすごく大きいのもわかるようになってくる。

    あるいは温泉卵を作ってみればすぐわかりますが、もうちょっと固く、もうちょっと柔らかくと考えた時に、その温度の差って1度前後なんですよ。

    ここまで拘るようになると温度は正確で、しかも撹拌機能が無いとまるで駄目なのがわかるのね。

    それどころか、ポーチドエッグを作る場合はもっと高い温度で短時間で仕上げるんですが、温度を一定にするのに時間が掛かるようなワット数の低いものだと、水量と卵の数も関係してきて「安定して同じものは作れない」のもわかる。

    ANOVAはプレシジョンなんて正確さを売り物にしていますが、その正確な温度にするために「温度上昇スピードを下げてピッタリ合わす」ように作られているのね。

    これが私に言わすと「余計なお世話」で、大量の卵を使うと「温度上昇スピードがその度に違う」ようになって同じ品質を保てないんです。でも旧型はワット数が高く、一気に指定した温度まで上がった。

    そしてSKさんが言うような「安定した芯温を確保」できる。

    >中心温度は水温の平均温度になるのか

    全くその通りですが、では平均温度は何度なのか。ここに疑問を感じるようなら低温調理(定温調理)は成立しないんです。ましてや高温、短時間で仕上げるものだったら小さな差が大きな違いになって出てきますから。

    でもそこまでやろうとしない人は何を使っても大差はないんでしょう。

    結局ですね、刺し身を切るのにどんな包丁だって切れるわけで、「だから刺し身包丁なんかいらない」と言い切っていいのかどうかってのと同じなのね。

    肉によって、部位によって、ちょうどよい温度、時間は違う。量や形によっても違う。でも低温調理なら細かい設定が可能で、何度やってもどんな形でもどんな量でも同じ様に作れるわけです。

    その前提になるのが「正確な温度」と「撹拌」と「温度を一定に保つ能力」なわけです。もしここに不安があったら、「いつでもどんな時でも同じものが作れる」という低温調理(定温調理)の良さがないわけです。

    どんな自動車でもスピードメーターってちゃんとしていないと駄目なのと同じで、ま、こんな感じかな?というやり方をしている限り、低温調理の良さを極めることは不可能です。

    山は高く、超えなければならないハードルっていくらでもあるのに、一番ポイント中のポイントである「正確で一定の温度を保つ」ところに疑問を感じたら前に進めないし、前に進んでもうまくいかないんですよ。

  6. 確かに低温調理において温度管理が大事なのは痛感しています。数℃の違いで結果が異なることも経験してます。

    私はプロの料理家ではありません。むしろ素人です。その求める点、何をもって成功なのかあるいは成功を求めているかも定かではありません。ただ低温調理が面白い、そしてそこへ至るまでのアプローチや到達点は人それぞれではないかと。

    ダボさんのブログにたどり着いたのも低温調理がきっかけですし、その私が使っているのがスロークッカーであるだけのこと。

    この方法でもまだ研究代はありますし、むしろ私が感じているのは仕込みや味付け、原材料や調理時間のほうが成果に及ぼす影響が大きいかな、と。

    Anovaであればもしかしたらすごく美味しいものができるのかもしれません。でも皆が皆同じ考えでないから面白く、ダボさんの実験を私はなぞれないからこそ興味があります。

    若干記事の趣旨から離れつつあるのでこれ以上は書きません。でもダボさんの料理も投資も「その上」を求める姿勢に魅了されてます。キツイ言葉にめげす今後もお付き合いさせていただきたく。

  7. 結局ですね、低温調理器も一つの道具でしか無いんですね。

    その道具にどこまで拘るかは人それぞれで正解はない。

    ただゴルフでもなんでもそうですが、「もしかしたらこの道具がわるいんじゃないか」と疑い出すとキリがないんですよ。そして「もっと良いクラブを買えば飛距離も出るし、正確さも増すんじゃないか」と自分の道具を疑い出す。

    こういう悩みからどう抜け出たら良いんですかね。

    実は私が低温調理を始めたきっかけは「蒸し鶏」なのは何度も書いていますが、実は未だに自分が納得できるものが作れないんですよ。温度と時間が重要なのはわかっても、本当の原因はわからないわけで、下処理が大事なのかもわからないし、何か根本的にわかっていないことがあるのかもしれない。

    だからこそ、低温調理器を疑いだしたら駄目で、それをしたら振り出しに戻っちゃうんです。せめて低温調理器は自分の思うように正確に動いてくれないと、いつまでも温度管理を疑い続けてしまうのが私の性格。

    下手くそなプロはいくらでもいますが、うなるほど美味しいのを鼻歌交じりで作るプロのどこに秘密があるのかがわからない。本当に悔しいなんてもんじゃありません。

    でもその味に近づくために、低温調理器なり、温度なり、時間なり、使う調味料もそうだし、下処理、そして低温調理後の一工夫ってのもあるわけで、あるいは素材がそもそも違うこともあるわけで、それらを一つ一つ潰して行くしか無いんですね。

    低温調理を何年も続けていますといろいろ覚えましたし今でも新たな発見があって、同時にまた疑問も出てきて終わりがないのはわかっていますが、私はどうしても自分が納得する蒸し鶏を作りたい。

    そのためには何でもする、道具も揃える、そんな心境です。

    このブログには似たような読者もいて、私が作る温泉卵は68度で30分といつも書いていますが、彼は(確か)67.5度で1時間だったかな?そういう細かいことに拘る読者がいて私はびっくりしたんですが、そういう楽しみが低温調理にあるのは間違いがないんです。

    あと2日後にオージー和牛でローストビーフを作った日記をアップロードするつもりですが、温度は57.5度に拘りました。では57度だったら?58度だったら?その違いがわかるのかと思うかもしれませんが、これがわかるようになるから面白いんです。

    でも鶏は本当に難しくて、思うようなものが作れない。

    随分前の日記ですが、私の蒸し鶏は絶対に「鶏皮」がついていないと駄目なんですが、鶏皮のちょうどよい温度って高いんですよ。結局、どうしたかというと鶏皮ともも肉を別々に調理して、合わせて食べたら完璧だった、なんてことがありました。

    凝り性じゃない人にはただのバカだと思われるでしょうが、その時の達成感って凄いものがあったんですよ。

    適温が違うというのは簡単にわかりましたが、ではプロはどうやっているのか。それに注意していると見えてくるものがあったんです。拘るプロは、蒸す(茹でる)前に「熱湯に浸ける、その後、氷水に浸ける。これを何度か繰り返す」なんてのを発見して、プロも苦労しているんだろうなと思ったし、素人は素人でアプローチは違うものの、ある一定のレベルを超えるとそういう世界に入るのは同じなんだと、ますます楽しみが出てきたり。

    この楽しみを続けるためにも低温調理器は非常に重要で、実は今でもANOVAより良いものが欲しいといろいろ考えている所です。またユーチューブの中には私に似たような人もいて、彼らの情報を得ながら私も止まらずにもっと上を目指したいと思っています。

    それは低温調理器に限ったことでもなく、私は素人なのに包丁にも凝りますし、またブログには書いていませんが調味料も凝っていまして、収拾がつかない状態です。でも手をかければ必ず美味しくなるからやめられないのね。

    これはいつも書いているトレードも同じで、妥協はできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください