ミートパイを作ってみた

昨日のアップルパイ繋がりで、今日はミートパイを作ってみました。あのサクサクしたパイ生地が良いなぁ。アップルパイが好きなのもそのせいかもしれません。だからパフ(多重層)のパイ生地じゃないと駄目で、ショートクラスト(単層)なら食べたくありません。普通ミートパイってショートクラストを使うようですが、我が家は絶対にパフ。(笑)

出来上がりはこれ。器に入れて焼いたのはこれが初めてかも。

RX1R-02766

パフの冷凍パイ生地。いつもこれを使います。

RX100-03063

今回こだわったのは餡です。きっちり美味しい餡を作ろうと思って、これだけで2時間位かかったかも。

肉はこれ。安い煮込み用の肉です。1キロ以上あって、ちょっと多いような気がしましたが、結果的には足りないぐらいでした。

RX1R-02597

肉に小麦粉をまぶしてから、これをしっかり焼いて焦げ目を付けます。この焦げ目が美味しさの元ですから必ず焼く。でもこの時です。我が家の火災報知機がギャーギャー騒ぎ出したのは。煙らしい煙が出なくてもあれって反応するんですね。ほんとにもう高性能で困っちゃいます。(笑)

RX1R-02601

これを冷ましている間にミレポアを用意します。ニンジン、玉ねぎ、セロリ。肉が冷えたら細切れにして、脂身だけは別にしてカリカリになるまで炒めます。これも美味しさの素。(笑)

RX1R-02603

かなり脂が出たので、余分な分は捨てて(油かすは捨てない)ミレポアを炒めます。これも焦がすぐらい。そしてマシュルームを投入。どんどん炒めて行きますが、かなり炒まったところでトマトペースト。そしてそれも炒めてから赤ワイン。それが煮詰まったら細切れの焼いた肉を投入し、また炒めていきます。

RX1R-02605

そしてスープストックを入れて、弱火で煮ていきます。この時間がかなり掛かりました。1時間半ぐらいかなぁ。でも段々といい匂いがしてきて、美味しそうになるのが見ていてわかります。この辺で度々味見をして味を決めていきますが、基本は塩コショウとローリエだけ。それとトマトペーストをちょっと足したり。

煮込んでいくと本当に美味しくなって、シチューのルーのたぐいは入れていませんが、市販のルーを入れたものよりかなり美味しいと思います。私は面倒だとハヤシの素を使うのですが、やっぱり全然違います。この味見の時に、面倒だけれど作ってよかったって思います。

肉を焼くときに小麦粉をまぶしてありますから若干トロミはあるのですが、ここでミートパイに使えるようにもうちょっと固めにしますが、今回はコーンスターチを使いました。最近どうも小麦粉や片栗粉よりコーンスターチのほうが良いような気がするんですよ。説明が難しいですが、口当たりとか、冷めてからとかコーンスターチのほうが良い感じ。

完成直前。

RX1R-02610

調度良い感じになったら冷まして冷蔵庫に入れて取っておきます。でもこの餡、本当に美味しく出来て、あんな安い肉を使ったとは思えないほどでした。これってご飯のオカズにもなるし、パスタソースとしても使えるし、その内、もっと大量に作って小分けして冷凍しておこうと思います。

そして今日、この餡を使ってミートパイです。

我が家は高性能の火災報知機のせいでオーブンを使えないのですが、代わりにあの小さな、魚の切り身を2枚ぐらいしか焼けないオーブントースターを使います。ですから皆のぶんを一度に焼けないんですよ。

でもそれが功をなして、作るたびに改良を重ねることが出来て、良い勉強になりました。

使ったのはこんなお皿。オーブントースターですから背の高い器が使えない(火に近づきすぎる)のですが、調度よい感じでした。

RX1R-02740

これにパイ生地を敷いて、その上にベイビースピナッチを乗せます。

RX1R-02747

そしてお肉の餡、その上にスイスチーズとパルメザン少々を乗せます。その上にまた薄く肉の餡を敷いて、パイ生地で覆い、焼くだけ。

RX1R-02749

焼き上がり第一号。でもこれは失敗でした。そうそう、下に敷いたパイ生地です。焼けていないんですね。

RX1R-02756

ショートクラストを使った大きなパイの場合、最初にパイ生地を敷いただけで焼きますが、なんとなく焼かなくても大丈夫のような気がしたんです。でもそれは大ハズレ。ダメでした。(笑)

そもそもなんでベイビースピナッチを下に敷くかですが、水っぽいから所詮下のパイ生地はぐちょぐちょになりますよね。でもそれも狙いの内の一つで、パイ生地がスープでちょっとベチョっとなったので美味しいじゃないですか。ですからスピナッチ、牛肉の餡と重ねれば、上から汁は垂れてきてスピナッチもそしてパイ生地も美味しくなるという計算。でも考え過ぎでしょうね、きっと。(笑)

そこで第2番目はパイ生地だけ敷いて焼きました。結構膨れていますが、具を入れるときには潰しちゃいます。

RX1R-02759

これはいい感じに出来上がりました。でも最初とは違ってチーズはパルメザンチーズだけで作ったんです。でも餡にはしっかり味がついていますし、パルメザンチーズは塩気も味も強いですから、「味が喧嘩している」と長男の指摘。(笑)

そこで第三番目は最初のパイ生地も焼き、チーズは味の柔らかいモッツァレラにしました所、「ばっちり調和している」と長男の評価。(笑)

もし大きなオーブンを使えたとしたら3ついっぺんに焼きますので、美味しいものは作れなかったと思います。高性能の火災報知機に感謝せねば。(笑)

しかし良い勉強になりました。そして餡の味付けをどうするべきか、チーズを入れるとしたらどんなチーズが良いか。それはまさに全体の調和を考えて合わせないとならないという「当たり前のこと」に気が付きました。

でもねぇ、私が食べる分がなかったんですよ。一番最初の失敗作は「お腹が空いた~~」と騒ぐヨメさんに出したら、「返品扱い」を受けまして、食べ残しを私が食べ、最後の一番良く出来たものをヨメさんに再度出しました。2番めは長男が食べましたし。さて私の分をちゃんと作ろうと思った時にはもう餡が殆ど無い状態。あんなに肉をいっぱい焼いたのにどうしてなんでしょうかね。

そういえば冷蔵庫から出した時に、量が減っているような気がしました。知らない間に泥棒猫が食べたかな? (笑)

ということで、私の分としてちゃんと作れたのはこれだけ。直径5センチぐらいのかわいいやつ。

RX1R-02754

でも美味しかったです。

これを食べてから台所の片付けに入ったわけですが、いろいろ考えちゃいましたよ。私って主婦みたいだと。(笑)

皆が美味しいと喜んで食べてくれればそれで良くて、自分は余り物を食べるみたいな。

でもこういう生活も面白いと思いました。亭主が頑張って外で働いてくれているうちに、「お前の料理は世界一だ」と言ってもらえるように料理を一生懸命突き詰めて毎日努力するみたいな。

10年毎日頑張ったら凄い腕になりそ。でも私のベロじゃ難しいかもだなぁ。

ああ、そういえばヨメさんと結婚するときに、「家で美味しい料理を食べたければ、それなりの店に定期的に必ず連れて行ってくれ」と約束させられましたっけ。それなくして美味しい料理は作れないと。

明日ヨメさんに言ってみましょうか。

「(友達同士で行くばかりじゃなくて)私を美味しい店に連れてってくれ」と。 (笑)

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ミートパイを作ってみた” への4件のコメント

  1. 何事も追求を求めるダボさんらしくていいなと思いました。
    そのうち凄い腕前になるかもですね。楽しみ~。
    それにしても、ダボさんの食べたパイちっこいですね(笑)
    お父さんなのに、家族からまず先。いいですね~。
    私が一番得意な料理はかに玉です。でも最近作ってないです。
    本格的な中華のお店で食べてみたいです。
    お料理も確かに色々な所で食べてみて自分なりに研究って所ありますね。

    • 将来的にどうなりますかね。ってそんなに長い将来があるわけじゃないですが。(笑)

      でも若いうちから料理に凝ったら面白いことになるでしょうね。

      料理って本当に奥が深いと重います。使っている素材や調味料がわかってもどうにもならないのね。火の入れ方とかタイミングでガラッと変わりますから奥の深さって半端じゃ無いと思います。

      でも面白いです。教えてもらって作る料理じゃなくて、自分の経験と勘だけでやっていくのって。観光バスに乗って観光するんじゃなくて、自分の足で歩いて観光しているのと同じ感じ(笑)。どうしてそうするべきかを理解しながら(誤解もしながら)進むのってほんとうに楽しい。(笑)

      こういう風にやりながらプロにちょっと教えてもらうと、「なるほど」という理解がすぐ出来るんじゃないかと思っています。これって料理だけじゃなくて勉強もきっと同じなんでしょうね。予習復習するから身につくんだろうと思ったり。

      かに玉かぁ。いいなぁ。

      私も好きなんですが、美味しいカニ缶がなくて本物を使ったらコストが高いし作るに作れないでいます。といいつつ、実は昨日結構美味しいカニ蒲鉾を買ってきましたので、それでやってみるかな。(笑)

  2. 「家で美味しい料理を食べたければ、それなりの店に定期的に必ず連れて行ってくれ」
    それ、確かにそうですよね。
    おいしいものを食べてなかったら、おいしいものは作れません。

    先日、主人と行ったレストランで出た
    つまみのオリーブがメチャクチャおいしかったので、
    家で同じようなものが作れないかとやってみたら、
    そこそこ似たようなものが作れて大満足です。

    数種類のオリーブが暖かいオリーブオイルに浸っていて、
    ガーリックとオレンジピールの風味がついているんですよ。
    レストランで食べなかったら絶対思いつくようなものじゃありません。

    奥様に一緒に連れて行ってほしいなんて、
    やっぱりdaboさん、奥様ラブなんですね❤

    • ラブというか・・・・。彼女は友人と結構あちこち行くみたいで、私だけのけ者にされているような気が・・・。(笑)

      外食して、「これってどうやって作るんだろう」とか、「こういうふうにするのかぁ」みたいな感覚って今までの自分には一切なかったわけで、自分で作るようになるとそういう視点が出来て、また違う楽しみがありますね。

      自分の中に知識と経験の積み重ねがあれば、似たようなものを作れるようになるんだろうし、料理も面白いですよね。

      若いころにこの楽しみを覚えていたら良かったのに・・、って思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *