日経平均、来ましたね~。15年ぶりの高値

東京株、終値200円高の1万8785円で約15年ぶり高値更新 スカイマーク株いぜん26円 (産経新聞) – Yahoo!ニュース
日経平均、来ましたね~~

株をお持ちの方はホッとしているのか、もう売っちゃってしまったと思っているのか、買い増ししようか悩んでいるのか。

株は一切持たない私は眺めているだけですが、やっぱり嬉しいです。

でもバブルか?って思うわけで、実体経済はどうなるんでしょうね。しかし卵と鶏ではないですが、やっぱり株が上がって困る人っていないわけで、ここから生まれた富があちこちに流れていくんでしょう。企業もお金を集めやすくなるし。

日本はガンガンお金を刷っているわけですし円安ですから、もし株価が上がらないとなると「実質的には目減りしている」ことになりますね。だからそれを考えれば、今の値上がりは大したことではないと言う人もいる。

では世界の中の日本を見た場合はどうか。日経平均をドル建てで見ると日本の姿が見えてくる。

日経平均ドル建て。月足。

2015-02-26_17h52_51
出典:Market newsline

日経平均円建て。月足。

2015-02-26_17h53_29

ドル建ても凄いですね。頑張ってる。でもドル建てのチャートでいうと、このポイントは絶対に通過しないと駄目な場所ですね。前の高値を抜けるかどうかの大事な所で、ここには大きな壁があると思って間違いなし。

でもこれが「世界の評価」とは思えないわけで、私は株価は「海千山千の金亡者が作る」と思っていますから、ま、上がってよかったねと思う程度。風向きが変わればどうなるかわからない。

しかし面白いのは、「はっきりした大手の売り手は見当たらず」「売っているのは日本人の個人」だとのこと。

何を根拠に売っているのか私にはさっぱりわかりませんが、「こんなはずはない」ってことなんでしょうかね。でもま利食い売りが多いのならそれはそれでわかりますが、空売りも増えているんでしょうか。

しかし人間って面白いもんで、株で利益を出すには安く買って高く売るわけですが、安い時には怖くて買えない。でも高くなるとどんどん上がって置いて行かれるような気がして飛びつきたくなるんですよね。まさに今がそれ。

日足を見てみましょう。過熱も頂点に達しています。

2015-02-26_18h11_41

私としては株にかぎらず、また日足だろうが5分足だろうが、こういう形の時には絶対に買いません。

でも勢いがある時ってどんどん上がるんですよね。買わなければ見ているだけになる。で、「損した」って思うのね。(笑)

「損していないのに損したと思う気持ち」、こういうバカな自分が「自分を破滅に追いやる」んだろうと思っています。

「株で利益を出さなければならない立場」があるのならいざしらず、個人投資家なんて「何をしてもよい」わけで、職業投資家の様にああじゃこうじゃ悩む必要なんかないんですよね。利益が出せる商品ならなんでもいいわけで、株に拘る必要もない。やりたくなければ何ヶ月何年でも遊んでいれば良いし。

でも他の商品はわからないけれど、「株ならなんとなくわかる」と思うんじゃないでしょうか。

しかしこれもおかしいと思うんですよ。例えば為替なら、やっぱり「日本円/米ドル」が良くて、「カナダドル/スイスフラン」なんて全くわからないってのが普通だと思うのですが、では本当に「日本円/米ドル」ならわかるの?

これって「わかっているのではなくて」、「馴染みがある」ってだけですよね。

競走馬って「遮眼帯」をつけていて、真ん前しか見えないようにしていますが、我々もそれと同じ状態なんでしょうね。これってうまくないと思います。

こういう私も全く同じで、今みたいに日経平均は見ますが、インド株式なんて何がなんだかさっぱりわかりませんもの。見ようとも思わない。(笑)

でも、「人の行く 裏に道あり 花の山」。これは間違いがないと思うんですよ。

昔、日経225の先物ばかりやっていた私の目を開かせてくれた人がいました。当時、彼は30代だと思うのだけれど、かなりまともな相場師。もちろん9桁稼ぐ人でしたが、たまたま儲かったみたいなよくあるパターンの人じゃないのね。理論と実践、そして十分な経験を持っている人でした。

彼が私に「海外も見てみたら?」という、たった一言。その一言で私の人生が変わったんです。それが私とドイツBundの出会いであったとこのブログに何度か書いていますが、目先の金儲けばかり考えて、それに集中して、目には遮眼帯を付けて突っ走るような私じゃなかったからそれが出来たのかもしれません。

私は相場仲間と勉強会を開いていて、その彼を講師に招いていろいろ教えてもらったのですが、結果的に「海外に目を向けた」のは私だけでした。多くは「トライすること」すらしなかった。

きっと「英語恐怖症」があるんでしょう。

でも今になれば、日経平均は世界の極東にある一つの商品でしかなくて、「値幅は夜作られる」なんて言うほど海外の動きに振り回されて、日経は毎日「窓が開く」のが普通だったんですよ。刻みは10円だし、手数料は高いし、良いことなんか何一つありませんでした。

近年の日経225は全くわかりませんが、あの当時、世界を見たら「なんて世界は広いんだろう」って思いましたっけ。S&P500とかE-mini、Nasdaq、NYダウとか順番に手を出して見ましたが、それぞれ動きに癖があるんですね。だから相性が合う、というか自分の手法に合うような商品があるんじゃないかといろいろ見ましたっけ。

台湾インデックスなんてのも当時の動きは私と相性ばっちりで結構ハマりました。でも規模が小さいからやっぱりいろいろ問題が出るんですね。だからやっぱり大きな市場じゃないと駄目。これは為替も同じですが、結局行き着いたのはドイツ市場でした。DAX、EURO STOXX 50、Bundとかいじくり回しているうちに、Bundに最終的に落ち着きました。DAXってジェットコースターみたいな動き(デイトレの話です)をするんですが、Bundってジワジワ動くんですね。ですからイベントの動きで利益を出すのではなくて、純粋にチャートを見るタイプの私との相性はばっちりでした。そしてなんせ規模がとんでもなく大きくて、どんな注文を出してもそれで値が動くなんてことがないのね。

国債ってのはそういうものだと気がついて、JGBもやりました。でも時間的にBundの方が長く、デイトレにはチャンスが多いのでBundにずっぽしハマって今の私があるという感じ。

でも最近のBUNDを見ると、随分変わったような気がします。CFDで見ているのですが、昔の特徴は見えてきません。

うーーむ、そうでもないかな。どうでしょうか。

結局時代もあるんでしょうね。世界が波乱含みの時と、チンタラと大きな問題もなく動いている時と、相場の動きって変わりますから。

ま、手法にしても「いつも同じ」じゃ勝てないってことでしょうね。私はいつも同じですが。(笑)

私に合う場所、時間帯、そんなものを探してウロウロって感じかな。少なくとも、「俺はこれ専門!」なんてバカなことは絶対に考えません。(でも個別株は違うんですね。銘柄によって癖がはっきりしているのがあって、それだけしかやらないというプロは結構いました)

遮眼帯を掛けて前にだけ走る競走馬と自分を重ねあわせて考えてみるのも、たまにはいいかもしれませんね。

どうしてこんなことを書くかというと、私も「たった一人の一言」で人生が変わったから。

若い方々にはちょっと立ち止まってよ~~く考えて欲しいんですよ。本当に今のやり方で良いのかどうか。これって「今の会社にいて俺の将来は大丈夫か?」と同じなんですね。でも会社を変えても給料が10倍になるなんてことはあり得ませんが、この相場の世界は「自分で稼ぐ世界」ですから、生きる場所を見つけることができたら10倍どころの話じゃないわけですよ。

で、頑張れば数年でどうにかなる世界ですから、相場という人間の欲が渦巻くおぞましい世界からさっさと足を洗って好きなことをするのが良いんじゃないですかね。

当然、場所だけじゃなくて「自分の確固たる手法」を持たないとどこで戦っても流されるだけですが、利益ばかりを考えるのではなくて、ちょっと一歩下がって、自分の手法を磨くことにせいを出したら良いんじゃないでしょうか。これも難しいことではなくて、理詰めで考えていくと結構わかると思うんです。でも深層心理がそれを邪魔するんですね。

チャートの見方なんてどんなややこしい手法を使っても駄目で、自分に問題点がある、つまり「欲と恐怖のコントール」が出来ない限り「絶対に」勝てないんですね。ですから教本を読んだりチャートを見つめるより、たまにはゆっくり座禅でも組んで「自分の心の動き」とはどういうものか知ることのほうが大事かもしれません。

私は相場ってそういう世界だと思っています。

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

日経平均、来ましたね~。15年ぶりの高値” への11件のコメント

  1. 株にしても通貨にしても、買う時は、ある程度勢いみたいなものがあるので、
    そんなには悩まないんですが、売り時って難しいです。
    特に、わたしのように素人で、買う時は相場とか考えてない場合は。

    一昨年でしたっけ、豪ドルが米ドルを大幅に上回った時、
    「今、米ドルに替えておいた方が良いよ」と言われたのですが、
    「やっぱり通貨も、ある程度分散させておきたい」とか言って替えなかったんですね。

    大した金額(本当に)ではありませんが、わたしの全資産の3割程度でした。
    通貨の半分以上が米ドルだったので、それ以上、増やしたくなかったのですが、
    結果的には、すごい「たられば」でしたよね・・・・・。

    日本株は、優待が目的で兄弟が始めたので、
    買ってみたものの、ずっと値下がりしたままの状態でした。
    それが、この3年で260%とかに上がったのですが、
    まだ上がり続けていて、いつ売ったら良いのか・・と悩んでます。

    数年前に、ヘッジファンドで仕方なく損切りした事もありますから、
    利益が上がっていて、売り時を悩むなんて贅沢なんですが。

    でも、21世紀になってから、本当に世界は[一寸先は??]が、
    いつでも起こるようになってしまったので、そろそろ臆病な自分にとっては、
    潮時かな・・と思っています。

    通貨って怖いです。
    だって、3年前の約4割引きで、日本の商品がいろいろ買えて、
    持ってるお金も、その割合で増えて・・・。

    でも、その反対も簡単に起きちゃうわけですよね。
    結局は、やっぱり、臆病者は分散だろうと思います。

    daboさんのブログは料理関係も含めて、
    いろいろ、いつも楽しませてもらっています。

    でも、感心するのは、何でも億劫がらずに試す探究心!!
    いや~、これこそ若さを保つ秘訣でしょうね。
    是非、見習いたいです!!!

    • しかしまぁ、世の中に「簡単なもの」ってありませんね~。突き詰めて行くと果てしなく続く遠い道が見えるようになるだけ。(笑)

      良く「不動産は買いたいと思った時が買い時」って言われますよね。あれっって真髄を付いているような気がするんです。所詮、通貨も投資も同じじゃないかと思って。

      面白いと思うのは、例えば株式でも「よし、500万円を投資してみよう」とか思ったとして、大半の人は1ヶ月以内に全て使って投資しちゃうんですよね。これって考えてみると不思議で、本当に良いタイミングなんて年に何度もないのに「その気になると慌てる」のね。通貨の交換も同じだと思います。どうにかしないとと思うと、替えちゃう。

      これでうまくいくわけがないのだけれど、こういう心理って「絶対に」乗り越えることは不可能じゃないかと思ったり。

      でも投資って賭け事と違って「途中で変更」とか「手当」が出来ますから、そのノウハウを得ればそれでいいのかもしれない。でも多くの人は「買ったら買いっぱなし」。それじゃ駄目だとわかっていても動けないんですよね。これは私も同じ。

      80%以上の人は損するという相場の世界ですが、「人間って損する様にできている」んでしょうね。利益が出ている人は「運がよい」だけかも。(笑)

      私は「利益を得ようとする欲」が「負ける原因」だと思っていて、なおかつ「恐怖」がそれにプラスされますからますます難しくなるんだろうと。

      でも皆が損するから世の中ってうまく動いているわけで、誰にでも勝てる世界だとしたら「世界は崩壊」するような気さえします。真面目に額に汗する人は極端に減るだろうし。

      「臆病者は分散投資」ですが、もしかしたらそれってかなり「進歩的な」臆病者かもしれませんよ。本来色々持っていないわけですから、それを分散させようと考え、行動できるってのは臆病者じゃないのかもしれません。

      私の場合は「正真正銘の臆病者」で、「その通貨とともに心中する」方向を選びます。 (笑)

  2. 日経平均がドル建てで目先の抵抗帯150ドルを超えてきたというのは最近の経済ニュースで知りました。

    次は200ドルだそうですね。

    その頃にはドル/円はいくらなんでしょうね。

    130円?150円?ちょっと怖い気がします。

    私はサプリなどをアメリカのサイトなどから購入することが多いのですが、円安の影響で商品の円建て価格がどんどん高くなっていくそのスピードに毎回怖さを感じています。

    100ドルの商品が以前は8000円以下だったのに今では1万2000円ですから。。

    輸入業者さんは大変でしょうね。

    ところで、FXの世界では円に関するチャートはなぜドル/円、ユーロ/円のように円基準なんでしょう?

    スイス・フランもしかり。

    ドルストレートのチャートの一つとして円/ドルがあればチャートを並べて見るときに見やすいんですが、日本人以外は円の通貨ペアなんて見ないから日本人仕様になってるんでしょうか?

    まぁ、自分で作ればいいだけなんですが。。

    • へーー、次は200ドルなんですか?凄いですね~。円安の状態でそこまで伸びるなんてことがあるんでしょうか。まさか円高になったりして。(笑)

      しかし不思議なのは、円安傾向なのに「株を買っているのは外資」ってこと。これって株投資の利回りがかなり高く無いと円安で目減りしちゃうわけですもんね。でもそれだけ世界には投資対象がなく、お金の行き場に困っているってことなのかもしれませんね。

      確かに輸入業者は大変だと思います。私もかなり昔、貿易関係をやっていましたが、販売での損得より為替の動きの損得のほうが大きくて、こんなバカな商売やってられないと思ったことがあります。でもま、長い目で見るとゴッソリ儲かる時があるのですからそれで良いのかと思ったり。多くの人は「損した時だけ」騒ぎますから。 (笑)

      ところでチャートですが、「円基準」ではないと思いますよ。ドル円にしても1ドルはいくらか?という表示ですよね。だから上がれば円安。下がれば円高と「逆の見方」をしないとならない。

      これってきっと「基軸通貨を基本とする」ってことなんでしょうね。世界中が米ドル1ドルは自国通貨でいくらかという見方をする。またそういう見方をすれば世界の通貨を比べるのは簡単ですし。

      もし多くの国が自国の通貨を基準にして、他国の通貨はいくらか。つまり日本で言えば100円は何ドルか?という見方をすると、他通貨の比較がややこしくなるんじゃないでしょうか。

      チャートを見るときに「どちらを基準にするか」で迷うことがあるんです。特にマレーシアリンギット。普通は1リンギットは何円かというようにドル円と同じようなチャートを見ますが、一般的には日本円は何リンギットかって考えますよね。両替した時に1万円で何リンギットになるかというのが経験として頭に入っていますから。

      その場合は裏返し(笑)になったチャートのほうがわかりやすいわけで、そういう人が多いですので、リンギットに関しては私は裏返しのチャートを使うケースがあります。こういうチャートですと、上がれば円高、下がれば円安で、その方が直感的にわかりやすい。

      でもチャートの多くはどちらを基準にするか変更できない方が多いので面倒ですが。また両方見ていると頭が混乱してきますね。

      ややこしいですね。 (笑)

  3. そうなんです。ややこしいんですよね~。

    チャートでユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪ドル/ドルの並びに ドル/円を並べると一瞬、今ドルって強いの?弱いの?って迷う時があります。

    基準をドルにしたり、またはユーロや円にしたりユーザーが自由に選べるようなチャートがあればなぁと思ったり。。。

    円/ドルと円/ユーロはあっても良さそうですが、需要が無いんでしょうね。

    • いやー、無い方が良いと思いますよ。

      あったら便利みたいな気がしますが、それぞれ違うチャートを見ていると話が通じないようになるんじゃないでしょうか。

      車の左側通行と右側通行とどっちが良い?みたいな話で、慣れてしまえばなんてことないんじゃないでしょうか。俺はこっちだ!なんてことになると・・・。(笑)

  4. 日本人にとってはややこしいかもしれませんね。

    でも通貨先物では普通に円/ドルレートはありますし、アメリカのニュース番組でもドル/円よりも円/ドルレートのほうがよく目にする気がします。

    http://www.cmegroup.com/trading/fx/g10/japanese-yen.html

    どうでもいいといえば、ホントにどうでもいいことなんですが。。

    • あああ、わかった。自分で見やすいのと、実際にある商品とごちゃごちゃに考えるからそういう風になるんですね。

      これって「どうでもよいことではない」ですから、ここでしっかり理解しておかないと。

      CMEのは先物ですよね。これは円の先物だからこれで良いわけです。裏返しのチャートは誰も見ません。

      FXで言えばUSD/JPYという商品はあるけれど、JPY/USDという商品はありませんよね。

      でもチャートとしてはJPY/USDが見やすということはわかりますが、実際に売買するときにはそれじゃ困るわけです。

      USD/JPYの取引をしていて、「今いくら?」と聞かれれば119円だとかそういう答え方をしますよね。この時に、1円はコンマ何セントだと答える人はいません。つまり、その時には皆がUSD/JPYという商品のUSD/JPYのチャートを「共有」しているわけです。ですから「俺は逆のほうがわかりやすい」と言っても混乱するだけですね。

      また自分が裏返しに執着すると、今度は皆の話が見えなくなるわけで何も良いことはないと。 (笑)

      リンギットの場合、私がたまに裏返しのチャートを乗せるのは、単にわかりやすいから便宜上、出すだけで、そういう商品があるわけじゃないんですね。逆にそういうのを出すと、混乱するだけかもしれません。

  5. なるほど。

    FXでの「商品」に円/ドルという商品がないから円/ドルのチャートがない、ということですね。

    円/ドルという商品がないのにチャートだけ提供しても混乱するだろうと。

    そうかもしれませんね。

    そもそも、なんで円/ドルじゃなくてドル/円なんでしょうね?

    ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪ドル/ドル、、とくれば円/ドル・・が自然だと思うんですが。。

    ド素人の戯言です。。

    • 「自然」は関係ないんじゃないでしょうか。

      「そういうことに決めよう」という「歴史」だろうと思ってます。

      でもそれが日本にとっては好都合で、他通貨/JPYで揃ってますから。ですから本来なら「どうしてJPY/USDじゃないんだろう」ではなくて、「JPY/USDじゃなくてよかったね」となるのが道理。 (笑)

  6. ネットで検索していたら偶然回答がありました。

    http://www.fx55.jp/mustsee/pear.html

    通貨には主軸通貨と決済通貨という”格”があり、英ポンド、米ドル等が主軸通貨であり円は格下の決済通貨であると。

    主軸通貨と決済通貨の表記は、「主軸通貨/決済通貨」と言うことだそうです。

    う~ん、知らなかった。

    無知で恥ずかしいです。

    勉強しなくては。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *