移住先を決めるにあたって

これから書くことは「ジジババのロングステイ」とは全く関係なく、「若くして海外に出るケース」の話です。そこのところは勘違いなさいませんように。

たまに思い出したように「海外脱出を簡単に考えるな」的なことを書きますが、初めての方からメッセージを頂きました。

子供のために出ようと考えている方なのですが、私のブログを読んで「簡単に考えすぎていたようだ」と思ったとのこと。行こうと思っている先はマレーシア。

この方が単に「留学」程度の考えなのか、それともマレーシアで成人させてそのまま住んでいたければそれでもよいと考えているのか、そこのところまでは書いてありませんでした。

これって「行ってから考える」ことのように思う人が多いのかもしれませんが、それは大きな間違いなんですね。先に考えても後に考えても同じで、「永住権がなければただのお客様」でしかないわけです。もちろんMM2Hでは就労の自由もありませんし、社会保障も全くなし。

マレーシアの永住権があるとどうなるのか私は知りませんが、少なくとも「就労の自由」があるのは素晴らしいと思います。永住権がなければ就労ビザを取るしかありませんが、それは「取ってくれる就職先を見つける」ということで、「職業選択の自由がある」とは私は思いません。

では「起業」あるいは「自営業」も良いかもしれませんが、子供にどれだけの才能があるのかどうか。

またそれがうまく行っても「継続」は簡単ではないし、もし病気や怪我でもして働けない状態になったらどうなるのか。それの想定は無駄ではないはずです。かなりの資産を持っていても同じで、資産とは「紙切れ」ぐらいに思うべきで、大事なのは「資産の多少」じゃなくて「稼ぐ力」なんですね。「これだけあれば十分だと思ったのに・・」とどれだけ悔やんだ人が過去にも現在にも存在するか。

何を基準に考えるかですが、「もしも自分や家族、こどもにも「障害がでる」ようなことがあったらどうする?」という仮定は良いかもしれません。

「その時は帰る」ではなくて「そういう状態で生きていくなら日本より良い国はないのか?」という発想が大事だと思っています。

そういう状態になったらうまくない国に行く場合は、「いつか引き上げるのが前提」になるはず。稼ぎの根本である「就労の自由」さえない国ならなおさら。

子供が育つスピードって恐ろしく早いですし、学校のこと、言語のこと、文化や習慣のことも考えて「先手を打たないと間に合わない」のが子育てだと思います。その時になって慌てても「流される」だけ。ですからかなりの長期になってもよいという前提だとしても、「いつでも帰れる準備」は常に必要だと思っています。

日本で「地方から東京へ」、あるいは「東京から地方へ」と拠点を変える人は多くいますが、日本国内の場合は「帰る時を常に想定しながら生きる」ことはないのじゃないでしょうか。またその必要も無いのかもしれません。でも国外の場合は「いつまでもそこで自由に生きて良い」という権利、あるいは許可がない限り、そして万が一の時のセイフティネットがなければ安心はできないわけで、国外の場合は「永住権」が必須だというのはそういうこと。

永住権の取得は難しいと考える人は多いですが、でも外国にいる「外国生まれ」ってサービス業やタクシーの運ちゃんにも多いですがほとんどが永住権を取っているんですね。もし本当に「永住権は取れない」ぐらい難しかったらそういう人たちはいないはず。

「日本から出たいから出る」「その国に行きたいから行く」のは個人の都合でしかなくて、相手国にしてみると「冗談は勘弁してくれ」ということなのをきっちり自覚する必要があるんじゃないでしょうか。またもし「どうしても永住権取得は無理」という結論が出たら、「長居はできない」と考えるしかしか無いんじゃないでしょうか。

自分が永住権を取るのは無理でも「子供には取らす」という考え方もあるわけで、アメリカで子供を産もうとする女性は多くいますし、あるいは目的国に留学させてそこでどうにか永住権を取らせると考える親も結構いるんですね。

で、子供が永住権を持つと「親を呼び寄せる権利」も出来るのが普通で、それで自分も永住権を取るという手を真剣に考えている人もいる。

永住権欲しさに「永住権・市民権を持っている人と結婚する」人はかなりの数いますし、またそういうアングラビジネスもあるんですね。

それだけ海外においては「永住権」が大事で「基本的人権は永住権がなければ守られない」ぐらいに考える人は多いし、実際にその通りだと思います。

海外で一番大切なのは?

命。

その次は?

ビザなんですね。

その辺を簡単に考えているってことは将来に関しては「夢」を持っているだけで、「現実」を見ていないってことだと思います。

私が今日書いたことは、「海外在住組」にしてみると「常識」だと思っています。でもマレーシアがらみだと、私が異常みたいな雰囲気なのね。おもしろいと思います。 (笑)

「簡単に行ける」のは良いことじゃなくて、それは「簡単に恐ろしいことが起きる」ってことだと思っています。

でも最初から「足掛け」のつもりでいれば全く問題なし。子供の数年の留学に付き添って行ったのと同じですから楽勝でしょう。楽しい思い出がたくさん出来るんじゃないでしょうか。

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

移住先を決めるにあたって” への4件のコメント

  1. こんにちは。
    わたしはその子連れでマレーシアに来た口なのですが、
    私が来たころは母子で引っ越してくる人なんて本当にまれで
    日本人といえば駐在か年金組でした。

    わたしはここに来る前まで、、というか来た後も、
    「子供はなじむのが早いから海外に住んでいれば英語ペラペラになるわー」などと思っておりました・・・。

    それがつい最近、子供が中学後半から高校生くらいになる時に
    「あーやばい、、、」と初めて異国で生活する子どもの怖さを実感し始めたのです。
    わたしは自分がもともと全く英語が話せませんでしたから、
    語学に対する知識ゼロで、
    行けば話せるようになるくらいにしか思っていませんでした。

    でも実際、親に確固たる覚悟がないとだめなんですよ。
    確かに長くいるので、一見英語も日本語もペラペラに見えます。
    中国語もそれなりにわかります。マレー語もわかります。
    日本に帰ったらすごくみえますよね、きっと。
    4か国語できるの!?てな感じです。

    でもふたあけてみると、そのどれもが中途半端で、
    言語だけでなく、人間性も中途半端です。
    どれかの言語で深く深く考えることがないんです。
    都合悪くなるとほかの言語で紛らわせています。

    じゃあ、母国語が完成した中学生くらいから来ればいいか
    という人もいますが、やはり親に相当な覚悟がないと、
    セカンダリーの5年間で卒業できるレベルまで持っていくのは至難の業です。

    今親子留学とかはやっていますけど、
    Year11の時点での想像図が薄すぎる気がします。
    子供が小学校低学年で数年体験的に海外生活させるくらいなら、
    それはいいと思います。
    でも、高校卒業までとなると話は別です。

    だったら高校卒業して大学で留学したほうがよっぽどいいと思います。

    • ころさん、いろいろ経験なさったんですね。

      結論からいうと、私は(多くの人がそうであるように)大学で留学、あるいは大学院で留学が良いと思っています。息子たちの友人にそういう日本の子女が多くいますが、彼らは「紛れもない日本人」でそれに「海外でプラスアルファ」を得た子供のように見えます。

      親に語学コンプレックスがあるとうまくないんでしょうね。良く「Xヶ国語がしゃべれて」って喜ぶ親がいますが、そりゃ「ガイド業一筋」ならそれでいいでしょうが、語学プロから言わせれば何もできないのと同じだと聞きます。何もネイティブとおなじになる必要はないわけで、それよりも「何が出来るのか」がやっぱり問題で、適当な言語が数カ国語できたところで大した意味もないと思います。

      どう育てるとどうなるかは、「すでに育てた親とその子」を見ればすぐわかるわけで、「同じような環境の仲間」とつるんでもどうにもならないと思います(どこでもその傾向がある)。見るべきサンプルは何も日本人である必要もなくて、また他国でも同じですからいくらでも調べようと思えば調べられるのにそれをしない人が多いのが不思議です。

      小さい時に連れて出るとしたら、「言語の種」を蒔ければ十分だと思います。私の親友に幼少期をシンガポールで数年過ごしたのがいるんですが、外国語の重要性も理解して、またそれを勉強することを楽しいと思うようになったのでしょう。実際にはホンの数年の海外経験ですが、彼は英語に関しては「日本人としては完璧」と入れるレベルまで「日本で勉強」しました。

      また逆に、私の知人の子供ですが、日本に帰国することになって「英語はそこそこ大丈夫だろう」と楽観していたのが、面白いことに子供は英語を「綺麗さっぱり」忘れてしまったと嘆いています。

      結局、海外育ちは得るものはいろいろありますが、日本にいたら当たり前にわかることがわからなくなることが多くあって、「いつ行くのか」「いつ帰るのか」「何に主眼を置くのか」「日本語はどうするのか」「日本の文化伝統習慣はどうするのか」考えるべきことが山のようにありますね。「海外に行ったらどうにかなる」どころか問題がどんどん出てくるだけだということを「想像さえしない」人が多いのが不思議です。

      海外での子育てのことに関して書くといつもコメントをくれる方がいらっしゃるのですが、彼女も「進学を舐めるな」みたいなことをいつも書いています。「マレーシアでのんびりとすくすく育って嬉しい」と思う日本人の親は、マレーシアという「競争社会」を見ていないのでしょうね。現地の子どもたちは必死に頑張っているのに、チンタラしていたら高校の卒業もできない(卒業しても証明が出ない)話もしていました。

      また高卒で良いのならまだしも、それなりの大学、そしてその後のそれなりのキャリアパスを狙うのであるならば、やっぱり「日本語の勉強をしなくてはならない」というハンディがあるわけですから、かなり真剣に考えないと「何のための海外だったのか」ということにもなりかねないと思います。

      本当に海外で育てるのはいろいろ問題を孕んでいると思います。その国を子供が愛するようになっても、なんだかわけのわからない日本に帰らないとならないとしたら可愛そうですし、「海外子女はどこでも大歓迎」という話が嘘だったのにも気がつくはず。では大好きな育った国で・・と思っても永住権がなければどうにもなりません。

      海外に子供を連れて出た親は「語学」のことを気にするのはわかりますが、そんなのは数年もしなううちに「大した問題はない」と思うようになるのが普通ですよね。どんな国でも3歳4歳になればみんなしゃべるんですから、自分の子供だって同じ。で、その時、「日本語は?」と気がついて一生懸命教えるけれど、子供の環境がそれなりじゃないと子供が日本語の勉強を投げ出すのも普通。当たり前ですよね。日本人の子が日本で外国語の勉強をさせられるのと同じなんですから。

      言葉そのものは「必要不可欠」ではあるけれど、それが「武器になるわけじゃない」ってことを理解していない親が多すぎると思います。では「何が出来るのか?」。オーストラリアでもそれに関して話す親は非常に稀でした。子供が大学に入る頃になると子供がそれを言い出すので、親もその頃になってから考えだすんですね。ま、それでも良いのですが、準備ができていなければ進みたい方面にも進めないわけですから、親の責任は大きいと思います。

      そしてそんなことは、事前に調べればすぐにわかることなのに、なぜかそうする人は少ない。自信があるんでしょうかね。

  2. なんだかダボさんに呼ばれているような気がしたので、また出てまいりました。(笑)

    ホントに最近どうして「マレーシアだけ特別」みたいな話になっているのかがさっぱり分かりませんねえ。先日、日本の家族が、「マレーシアで子供に教育を受けさせるといいと書いてある」といって、どこかの雑誌社のサイトを知らせてきました。まあ、日本でマレーシアがいいところだと言われているのは嬉しいですが、本音は「はあ???」ってなもんです。

    マレーシアには自分の母語ではない言葉で教育を受けた子供がどうなるかのサンプルがいくらでもあるので、それを見て私は自分の子育ての参考にさせてもらってきました。
    前に言ったことの繰り返しになるかと思いますが、マレーシア人の教育の失敗例のほとんどは、中学に入る前までに必要とされる(特に核となる)言語能力をきちんと伸ばしてあげられなかったために、中高で学ぶ深い学習内容への理解力が持てず、そのままズルズルと落ちこぼれていく、、、という流れになっていることに周囲を見ていて気がつきました。そして「我が子を”あのようには”ならせるまい」と肝に銘じてきました。これはいわゆる親子留学の方にも当てはまるであろうと思って、ダボさんにお知らせしようと思ったのがコメントさせていただくきっかけのひとつとなりました。

    一生懸命勉強するのはダサい。学歴(専門知識)よりコミュニケーション能力が大事。成績が悪くても英語さえそこそこ出来れば良い。学校の勉強よりマレーシアでの異文化体験に意味がある、、、等々の考えから、ゆるい教育方針がお好みの方々がいらっしゃるのにはビックリです。日本で同様な考えで学校選びをする人がどれだけいるのでしょう?

    あるインターナショナルスクールがらみのサイトで、個性を伸ばす教育方針の学校は、低学年時には「家で勉強するな」とまで言われているが、どうやらこれは家族が子供の周りで英語で込み入った話などを常に耳にしている環境であれば特に家で勉強しなくてもどんどん語彙が増えていくから、高学年になって急激に難しい学習内容になっても対応できる、、、ということであって、家庭内で別の言語で過ごしていたり、たとえ英語であってもネイティブ・スピーカーでない人達が話す英語では、子供の語彙はネイティブスピーカー家庭のそれのようには増えていかないので、英語が苦手な親御さんを持つお子さんがこの教育方法にどっぷりと浸かると、一見英語が問題なく出来るように見えていても、その後勉強についていけなくなる可能性が高いらしい、、、というのを読みました。

    そして、これを読んだあとハタと気がついたのです。なぜ、マレーシアやシンガポールでは幼稚園で「お勉強」するのか?その持つ意味について。。。
    結局、家庭内の使用言語と学校での学習言語が異なるような場合、初期段階で将来の学習に必要な語彙を人工的にどんどん詰め込んでいかないと、将来スムーズな学習効果が得られないということなのだと思いました。表面上ペラペラに話せるだけでは、学校のお勉強にはついていけない。だから、詰め込み式はうんぬん、、、といくら言われてもある程度それをやっておく必要があるのだと思います。

    「マレーシアでは、幼稚園児でも、屋台のおじさんでもマルチリンガル!」なんて大騒ぎしている方々に、この意味がお分かりいただけるでしょうか?

    • は~~い、こびたさん、呼びました。(笑)

      この話になった場合、こびたさんがいないと私の空騒ぎになっちゃうんですよ。

      でもやっぱりこびたさんの意見には重さがありますね。実体験の裏付けがある。(私だってオーストラリアにおいてはあるわけですが)

      マレーシアに子供を連れて行く方は、こびたさんみたいな経験がある人がいるわけですから、そういう人から「盗む」しかないんですね。私も実はそうで、ゴールドコーストに来る前から「数人」チェックしていました。その子どもを観察し、その親御さんに話を聞けば、何がどう危なくて、ではどうすればよいのかがかなり見えてくるんですね。良い所も悪いところもすぐわかる。で、良い所は徹底的に真似をする。また海外育ちの親戚が多く居たので(多くは日本語がわからない)、大体はわかっていました。

      あとは子供の友だち関係を見ているのも勉強になりました。日本人とまるで変わらない子もいるし、日本語が奇しい子(日本国籍)もいるし。

      忘れられないのが、私の友人が子供の自慢話になった時、「パパ、バナナを英語でなんて言うか知ってる?」と聞かれて「バナナはバナナだろう?」と答えた所、「違うんだよ、バナーナっていうんだよ」とのこと。この話を嬉しそうに目を細めて話す友人を見て、私は「この家は危ないな」と思いましたっけ。また、子供が早く学校に慣れるようにと、(なぜか)家の中では英語を話したり。

      なぜ、海外に出たら「日本語が外国語になって」「日本が外国になる」ことに気が付かないんですかね。親が「英語が苦手」で、海外に出たら良いと思ったら「子供は日本語が苦手」になるという。同じ紙の裏表でしかないってことになぜ気が付かないのか。

      じゃぁ、両方出来るようにしないとならないわけですが、地元の学校の勉強だけでも大変なのに、それプラス日本語の勉強ってどれだけ大変か。ここはかなりうまい具合に子供を「誘導」「洗脳」しないと無理なんですね。

      日本語、日本人らしさが消えていく子どもたちは少なくありませんでしたが、でもそれでも良いんですね。永住権がありますから。もし子供が望むならオーストラリア人になっても構わないと思う親は多い。永住権があれば、「日本で育ち生きていく日本人」と同じように「オーストラリアで普通に【一生】生きていけるんですから。

      ですから私の友人にも「子供が国籍を変えた」のはいくらでもいますし、彼らは普通に現地の人と同じように生きている。

      でも永住権がないと話は変わるわけで、どれほどオーストラリアを好きだろうとそんなのは関係ないわけで、「何か起きたら国外に出るしか無い」。

      何かって別に特別なことではなくて、例えば就労ビザを持っていたとしても、その会社から首になったり会社が無くなれば、自分のビザもなくなるわけですし、病気や怪我でもしたらアウト。子供だとして、成人したら「親のビザにぶらさがっていることはできない」ですから、自分でどうにかしないとならない。もちろん、ビザが取れなければ国外に出るしか無い。

      なぜこんな(子供にとって)綱渡りの人生を送らせるのか、私には全く理解ができないのです。綱渡りの人生も勉強にはなるでしょう。でもそれが出来るのは「帰るべき心のふるさと」があるからじゃないですかね。子供にとって長く住んだその外国がふるさとになるわけで、我々がある日ある時、日本から国外追放になるのと同じってこと。「母国を持たない子どもたち」、これを世の中では「難民」という。

      海外に出るなら子供は小さいほうが「現地に馴染むのは早い」ですが、それでは日本、日本語がわからなくなる。でも日本である程度の下地ができていれば、プラスアルファを狙うことは出来るかもしれない。

      私の友人の子供で、上は高校生、下は中学卒業と同時に移住してきたのがいるのですが、二人共優秀で、高校でも大学(有名校に行った)でも良い成績を取りました。

      で、上の子がですね、「通訳になる」のが夢だったんです。ですから卒業と同時に通訳の道に行こうとしたのですが、プロ集団の会社に面接に行った所、「君の英語はもちろん、日本語も全く使えない。お話にならない」と言われ、かなり意気消沈していたのを思い出します。

      幼稚園児や屋台のおじさんレベルで「語学が達者」なんて思うのは、それだけ「語学コンプレックスを持っている証拠」で、まるで現実が見えていないってことですね。

      こんなことをブログに書き続けて何の意味があるのかと思う人も多いでしょう。読めば耳が痛い人もいるだろうし、この野郎と思う人もいるはず。でもですね、「予定を変更することにしました」という連絡を頂いたことがあるんです。それが結果的に良いのか悪いのかはわかりませんが、「頭に血が上った状態から目が覚めた」のは間違いがなくて、そんな方が「たったひとりでも」いれば、私はこのブログの存在価値があると思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *