ためしてガッテンの「美味しい手羽の唐揚げ」を検証してみた

鶏の空揚げって日本の国民食ですよね。本当に美味しいと思います。

でもやっぱり奥が深くて、あーじゃこうじゃと実験するのですが、フト、ためしてガッテンでやっていた「美味しい手羽の唐揚げ」の実証実験をしてみようと思いました。

どうすると美味しいのかですが、まず手羽って手羽中ですが骨が二本入っていますよね。あれって本当に邪魔で唐揚げでもBBQでも「邪魔くせ~~」といつも思います。ですから、我が家では骨を抜いて揚げることもあるくらい。

で、ためしてガッテンでは「手羽中の【細い骨だけ抜く】」という揚げ方を推奨。

番組の中では「一本抜いたもの」と「二本抜いたもの」とどう違うかの検証をやっていました。そして

「一本抜いたものは「味そのものが違う」」と大絶賛。

ほんとかよ?

こりゃ実験して確かめないと納得できませんから、

○ 骨を一本(細い方)を抜いたもの
○ 骨を二本抜いたもの
○ オマケでドラムスティックの骨をはずしたもの

これらを同じように味付けし、同じように揚げて食べ比べてみました。

まず手羽ですが

RX100-06217

まず、手羽先と手羽中をつないでいる関節を「脱臼」させます。関節が曲がるのとは逆の方向、そして横方向に曲げれば簡単に脱臼する。手羽先がブラブラするような状態をまず作ります。

次に、写真のように「二本の骨をつないでいるジョイントを切る」。

そして、骨にくっついてる「腱」を1センチぐらい奥まで「ハサミ」で切る。そして肉をめくって骨を露出させ、それを掴んでクルクル回せばすぐ抜けました。力がいるだろうと小さなペンチを使いましたが、布、あるいはキッチンペイパーを使えば指で掴んで回すだけでOK。そのままだとヌルヌルしてやりずらい。

RX100-06218

骨を掴んで二周も回せば簡単に抜けました。太い方の骨を抜くときも同じ。(私が今までやっていた骨抜き方法は、手羽先との関節で切りはなし、そこから二本とも一気に抜くやり方。まな板に手羽中を立てて、上から肉を引きずり下ろすようなやり方)

それをいつもと同じように味付けしました。醤油、酒、ショウガ、ニンニク、オイスターソース。ただし、醤油は中国醤油(ドロっとした方)を使ったので、色が濃くなり、また焦げやすくなってしまいました。でも私は醤油はこれのほうが美味しいと思っています。

RX100-06220

これを普通に170度ぐらいの油で2分程度揚げます。そして4,5分置いて、180度ぐらいで二度揚げ1分って感じでしょうか。

RX100-06222

醤油の色が濃いですが、やっぱり焦げやすくて、日本の醤油のほうが良いかもですね。

右二本が骨を二本とも抜いたもの。左二本は骨を一本抜いたもの。縮み具合の差がわかりますでしょうか。写真ではわかりづらいですが、骨を二本とも抜いたものは丸く縮んでいます。

さてさてさて、どちらが美味しかったでしょうか。

まず、骨が一本入ったもの。美味しい~~~~~。骨が一本抜けているだけで食べやすさは段違いですし、非常に美味しかったです。

次に、骨を二本とも抜いて、丸く揚がっている方を食べてみました。これも美味しい~~~~~。骨が一切ありませんから、手羽先のところを指で掴んで、一口でパクリと食べられるからやっぱりこれはこれで好きです。

ヨメさんと二人で実験をしていたのですが、どちらが美味しいかの答えは一緒でした。

「両方共美味しい~~~~」 (笑)

でもためしてガッテンでは「同じ手羽ですか?」みたいなことを言っていましたが、そこまでの違い、「骨一本」の方が【かなり美味しい】という結論は「我が家」では出ませんでした。

それよりですね、オマケで揚げた「ドラムスティックの骨をはずしたもの」が一番美味しかった。(笑)

これはヨメさんも同意見で、「やっぱりドラムスティックが一番だね」という結論。

ちょっと焦げたように見えますが、中国醤油の色が濃いだけで味も濃くありません。でも焦げやすいのは間違いなし。

真ん中の丸いのがドラムスティックの骨を抜いたもの。

RX100-06226

また、手羽はどちらも美味しかったですが、バクバク食べていると気持ち悪くなってくるんですね。やっぱり手羽中は美味しいけれど「脂」が凄い。ジューシーを通り越して、脂を飲んでいるような気さえしてきます。

その点、ドラムスティックは脂の乗りぐらいが丁度良いというより、完璧。(笑)

火の通りぐあいもうまくいきました。真ん中はほんのりピンクっぽい感じで、ジューシーなんてもんじゃない。

RX100-06233

結局、ためしてガッテンと同じ結論は出ませんでしたが、骨一本はかなり食べやすいのは間違いなし。また最近、骨付きの鶏の腿肉を食べることが多いですが、やっぱり骨付きは美味しいと思います。でもそれって、「焼いても(揚げても)縮まない」ってところかもしれませんね。

もしかすると炭火焼きみたいにすると違いがはっきりするかもしれませんね。火力が強いと縮みも大きくなるでしょうし、塩コショウだけなら味の違いもはっきりわかるかも。

そういう意味で、縮まない骨一本抜きはやっぱり美味しいのは間違いがないのかもしれません。でも「唐揚げに関しては」その差は小さく、「ドラムスティックの美味しさにはどうしようとも敵わない」というのが我が家の結論。

ガッテンの比較画像。

2015-02-10_01h12_43

ためしてガッテン。骨の抜き方。どうして一本抜きが美味しいのかの理論。

久しぶりの唐揚げ。美味しかった~~~~~~~。ご馳走様~~~~~~~。

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *